10月のイベント予定・営業カレンダー

気が付けば9月も終わり。
まだしぶとく夏の名残が残っていますが、からっとして過ごしやすくなってきましたね。

2022年秋の写真企画室ホトリは、史上最大のモテ期(?)到来!(笑)
毎週何かしらの展示イベントが開催されます。
芸術の秋。ぜひこの機会にホトリに遊びに来てくださいね。

写真の残しかたワークショップは、10月22日~川原さんの写真展会期中に開催予定です。
詳細は後日お知らせいたします。

写真展 アコシミキ in東京〜かんじる・しる・ひろがる〜
2022年10月9日(日)~10月12日(水)

煌美術工芸「Kira & ziv」
2022年10月14日(金)~10月16日(日)

川原 和之 写真展 「ここで種を蒔く」
2022年10月22日(土)~11月3日(木・祝)

煌美術工芸「Kira & ziv」10/14(金)~16(日)開催のお知らせ

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
10月に開催される展示イベントのお知らせです。

一つ一つ表情のあるルースから生まれる1点物のジュエリーをお楽しみください。

今回はじめて煌美術工芸の展示販売会を開催する事になりました。
煌美術工芸の作品は石の特徴を活かしたデザイン加工によって、同じものが2つとない天然石の魅力を独自の視点で引き出しています。
一つ一つ異なった形にあわせて丁寧に作られた石枠は熟練の技を持つ職人だからこそ生み出せる逸品です。
シンプルで美しいジュエリーから個性的なジュエリーまで幅広いデザインを楽しめます。
また今回の展示会ではフルオーダーやセミオーダーもお受け致します。
お客様が満足できるようなジュエリーを心を込めてお作りいたします。
ここでしかない希少なジュエリーとの出会いを是非お楽しみください。

煌美術工芸「Kira & ziv」10/14(金)~16(日)

◆会期:2022年10月14日(金)~10月16日(日)11:00~17:00

◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

pon_lab「の、かたち」11/4(金)~11/6(日)開催のお知らせ

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
11月に開催される展示イベントのお知らせです。

出会う人を、粘土で作品として表現してきたpon_laboさん
どんなかたちに出会えるのか、楽しみです。

※同時開催 「CHEKI IS…」

人にはそれぞれの形があります。
いつかのまんまるが、今はこんな形に。
粘土を捏ねながら、出会ってきた人々をみつめます。

pon_laboの、かたち」 11/4(金)~11/6(日)

◆会期:2022年11月4日(金)~11月6日(日)
4日 13:00-19:00
5日 11:00-19:00
6日 11:00-17:00
※営業時間が各日異なります、ご注意下さい

◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

ホトリ公募展「Brownies35! -my usual-」レポート

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日全会期を終了した、「Brownies35! -my usual-」のレポートをお届けします。
台風が接近中の最終日、皆無事撤収を終えて帰れるか心配でしたが、セーフ!

出展者は全部で14人。出展者それぞれのフィルムで撮られた「my usual(=いつもの)」は、やっぱりフィルムっていいなあ、と感じる作品ばかりです。

では、お一人ずつ作品をご紹介していきます。

「プロムナード」
@m_a.r.c_h

「夏の夜」
ヤマモトサヤカ

「誰そ彼時」

「東北旅行2日目」
Hiroshi

「何処と無く、存在する町」
スズキ トモコ

「150年後も」
masa*

「青の世界」
吉岡このみ(桃香)

「静かな景色」
甲斐 康友

「早天の漁」
虎谷泰輔(タイガーバリー)

「妻グラフィー」
鵜飼 啓介

「ふれる」
金原 隆臣

「オッサン」
杉山 祥子

「街と人・東京路上写真」
コウザキ コウイチ(KO)

「小さな背中」
saorin

まず、DMを制作するときに選んだのはこちらの35mmフィルムで撮った写真です。
今日いらした方から、「沖縄ですか?」と聞かれたのですが、そう!まさに沖縄の浦添・湊川にある外国人住宅地のエリアです。
旅の途中、友人と訪れたこの地を散歩していたら見つけた、小さな後ろ姿を撮らせてもらいました。
(写真を見返してみたら、2013年に撮った写真でした。この子ももう大きくなってるんだろうなあ。。。)

そして、今回欲張りにも2点出展したわたくし(ギャラリーオーナー特権(笑))
というのも、先日ひょんなことからお迎えした中判カメラ・ヤシカフレックスで撮った、尾瀬の朝のシーンです。

実は、ブローニーフィルムを入れるカメラは、HOLGA(しかもピンホールに改造してある)しか持っていなかったわたくし。
中判カメラ、いいなあ欲しいなあと思いつつも、メインがデジタルになってしまった今、そしてフィルムがめっきり高騰してしまった今、なかなか手を出せずにいました(笑)
それが、今年の6月に出張で開催した、保育園ワークショップで園児たちに色々なカメラを見せてあげてほしい、と先生からリクエストがあり・・・
フィルムの一眼レフカメラは持っているけど、中判カメラ(二眼レフ)は持っていないから、いい機会だと思い、秋葉原の東京カメラさんでジャンク品を購入(笑)
何らかの理由でジャンク品ということですが、どうせ園児たちに見せるために買ったカメラなので、撮れたらラッキー、と思うことにしたのですが、これがちゃんと撮れていたというわけです(笑)

ここにきて、中判カメラで写真を撮る、という楽しみが一つ増えました。
フィルムは高いですが(笑)

最終日は、出展者の皆さまが集まります!

作品を撮った皆さまのフィルムカメラを見せてもらいました。
こちらはHiroshiさんのRolleiflex Standard。

ヤマモトサヤカさんのPENTAX6×7、やはりごつくて大きい!

ラスト30分は、恒例のギャラリートークを行いました。
テーマのmy usual(=つい撮ってしまうもの)について、また愛用しているカメラやフィルムの話など、たくさんの話が飛び出しました。

中には自ら手焼きしたプリントで展示した人も。
これまた、一つの”沼”ですね!(笑)

最後に、この時だけマスクを外して出展者で集合写真。
皆さま、出展ご参加ありがとうございました!

実は今年、↑で書いた中判のヤシカフレックスに加え、最近話題のKODAKのハーフカメラ、EKTARを購入したわたくしsaorin。
実はここ数年、メインのカメラはデジタルで、たまに写ルンですで撮るくらいだったのが、今年は「フィルム復活イヤー」となりました(笑)
それにしても、フィルムの値段が高いと話していましたが、いざ再び自分が購入しようと価格を見ると、ほんとに高いですね(笑)
中でもカラーフィルムがとにかくお高い!
だったら、モノクロでも撮ってみようかな~と思う今日この頃です。(せっかく中判カメラ買ったので)

作品を見ていると、やっぱりフィルムはいいなあ。としみじみ思った今回の公募展。
細々とでも、フィルムで写真を楽しむことは続けていきたいなと改めて思いました。

出展者の皆さま、ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった方、今回もありがとうございました!

CHEKI IS…展 ルーニィ・247ファインアーツ×写真企画室ホトリ 開催のお知らせ ※出展者募集中!

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今回、急きょ初の企画が立ち上がりました!

チェキのチェキによるチェキのための公募展!
初となる、ルーニィ・247ファインアーツと写真企画室ホトリ、2つのギャラリーのコラボが実現。
あなたのチェキ作品が、二つの会場・会期で展示されます!


チェキってその佇まいがなんともかわいいですよね。
チェキで作品を撮るのが好きな方!ぜひ、ルーニィ&ホトリの2会場で作品を展示してみませんか?
また、チェキを持っていない・・・という方は、スマホやカメラのデータをお送りいただければ、チェキプリンターのプリントサービスもオプションで付けられます。
スマホのお気に入りの写真、ぜひチェキにプリントして展示してみませんか?

チェキ(instax mini)3枚 or 5枚素敵に飾れるフレーム付きのコースもあり!(しかもマット&アクリル付き!チェキプリントのセットもお手伝いします)
展示会期終了後、そのままフレームごとおうちで飾れますよ!

展示の前に、実際の額のお披露目&チェキプリントご相談会(会場:ルーニィ・247ファインアーツ予定)も予定しています。

チェキプリント体験&額装相談ワークショップ 10/21(金)& 10/23(日)↓の画像をクリック

出展お急ぎの方↓


今回ご用意するのは3つのコース。

◆ Aコース・・・3枚用フレーム+出展料+チェキプリント額装手数料/11,000円(税込)

◆ Bコース・・・5枚用フレーム+出展料+チェキプリント額装手数料/12,500円(税込)

◆ Cコース・・・出展者制作自由。サイズ50cm×50cm以内、1点/7,500円(税込)
※Cコースは既にチェキ用フレームを持っている方、または別の展示方法を希望される方が対象です。またCコースのみ、instax mini以外のサイズもOK。額、またはそれに準じる作品1点となります。壁の幅内の複点数設営はありません。

プリントオプション
デジタルカメラまたはスマホの写真データをお送りいただき、チェキプリンターでプリントするオプション。(データ送付〆切 10/25(火))

3枚・・・1,500円
5枚・・・2,000円
パノラマ5枚・・・3,000円(パノラマ写真加工費・プリント料金込)

詳細は以下の通りです。
皆さまのご応募、お待ちしています!

チェキのチェキによるチェキのための公募展!
初となる、ルーニィ・247ファインアーツと写真企画室ホトリ、2つのギャラリーのコラボが実現。

CHEKI IS…展 ルーニィ・247ファインアーツ×写真企画室ホトリ、コラボ企画のチェキ公募展

会期&会場

第1弾:11月4日(金)~6日(日)13:00~19:00
会場:写真企画室ホトリ
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813
http://fotori.net

第2弾:11月15日(火)~20日(日)12:00~19:00(最終日は16時閉場/会期中無休)
会場:ルーニィ・247ファインアーツ 

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F 詳しいアクセスはこちら
TEL & FAX 03-6661-2276
https://www.roonee.jp/

同時開催:pon_laboの、かたち」

参加条件

・チェキカメラ、またはチェキプリンターで出力されたチェキプリントの作品であること。(チェキフレーム付きのAコース&Bコースは、instax miniのみとなります)
・カラー、モノクロは問いません。またチェキプリントフレームの色も自由です。
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。
・作品下には作家名のプレートも合わせて展示いたします。

展示コース&参加費

(A)(B)(C)複数口の参加も可能です。
設営は全て会場が行います。

(A)3枚用フレーム+出展料+チェキプリント額装手数料 11,000円(税込)
・・・こちらが用意する3枚用チェキフレームに、チェキをセットして展示いたします。
チェキプリントをお送りいただくか(到着〆切10/25)、またはオプションのチェキプリントサービスをご利用いただきます。

(B)5枚用フレーム+出展料+チェキプリント額装手数料 12,500円(税込)
・・・こちらが用意する5枚用チェキフレームに、チェキをセットして展示いたします。
チェキプリントをお送りいただくか(到着〆切10/25)、またはオプションのチェキプリントサービスをご利用いただきます。

(C)出展者制作自由。サイズ50cm×50cm以内、1点 7,500円(税込)
・・・Cコースは既にチェキ用フレームを持っている方、または別の展示方法を希望される方が対象です。
またCコースのみ、instax mini以外のサイズもOK。
額、またはそれに準じる作品1点となります。壁の幅内の複点数設営はありません。

プリントオプション
デジタルカメラまたはスマホの写真データをお送りいただき、チェキプリンターでプリントするオプション。(データ送付〆切 10/25(火))

3枚・・・1,500円
5枚・・・2,000円
パノラマ5枚・・・3,000円(パノラマ写真加工費・プリント料金込)

パノラマ写真についての詳細は、こちらのワークショップページをご覧ください。

※展示作品(A)(B)(C)共に合わせて20名ほどの募集で先着順で受付いたします。
また複数段組の展示となる場合もあります。

応募〆切

2022年10月23日(日)・・・出展エントリー〆切
2022年10月25日(火)・・・A・Bコースのチェキプリント必着日/チェキプリントオプションデータ〆切日
2022年11月3日(木・祝)・・・Cコース作品必着日

搬入・搬出について

搬入・・・すべて会場が設営いたします。
(A)(B)で、ご自身でチェキプリントを用意される方は、10月25日(火)までにプリントを写真企画室ホトリに送付ください。チェキプリントオプションを利用される方は、チェキにプリントしたいデータを10月25日(火)までにメールでお送りいただきます。
(C)11月3日(木・祝)14~16時に写真企画室ホトリに元払いで作品を送付いただきます。

搬出・・・2022年11月20日(日)16時 会場:ルーニィ・ファインアーツ247
直接取りに来られる方は、上記の日時にご来場ください。
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

お申込み

メールまたはLINE、予約フォームにてお申し込みください。
LINEは1行目に、メールはタイトルを「CHEKI IS…」と記入し、以下の情報をお知らせください。
(※基本的に当公募展の問い合わせ受付はすべて写真企画室ホトリで行います)

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

メールもしくはLINEからお申し込みの方は、以下の項目をお知らせください。

・氏名
・出展者名(任意)
・郵便番号、住所
・電話番号
・メールアドレス
・展示コース(A or B or C)
・決済方法(銀行振込or店頭/クレジットカード/オンラインショップ決済)
・搬出方法(持ち込みor郵送)

チェキフレームについて

3枚用 or 5枚用、またホワイトとナチュラルの2色から好きな組み合わせでお選びいただけます。

3枚組用(写真はナチュラル)
5枚組用(写真はホワイト)

立てかけ用の棒もついているので、壁に設営しなくても机の上にそのまま飾れます。

チェキフレームは、マットとアクリルもついています!
マットは、ちゃんと裏側に溝がついていて、チェキの厚みが考慮されている設計。すばらしい!

皆さまのご参加、お待ちしております!

チェキプリント体験&額装相談ワークショップ 10/21(金)・10/23(日)

posted in: 11. CHEKI IS...展 | 0

スマホやデジタルカメラの写真をチェキにプリント!

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
このたび緊急企画(?!)となった、写真企画室ホトリ×ルーニィ・ファインアーツ247さんとのコラボ展、「CHEKI IS…」の前に、チェキのプリント体験ワークショップを開催することになりました!※申し込み受付はホトリですが、ワークショップ会場はルーニィ・ファインアーツ247です!ご注意ください)

3枚組、5枚組の組写真の考え方や、パノラマ写真を5枚組分割チェキにする方法、またチェキ公募展「CHEKI IS…」でもセットになっているチェキフレームを実際にお見せして、それぞれのチェキプリントとの合わせ方を相談するワークショップです。スマホロールの中の写真でもOK!
「CHEKI IS…」に出展を検討していて、でもチェキカメラを持っていない。。。という方はぜひご参加いただきたい内容です!(公募展に出展エントリーしていなくても参加可能です)

こんなパノラマ5枚組もプリントできます!

↓↓↓レッスンの詳細・様子は募集要項の下部をご覧ください。↓↓↓

チェキプリント体験&額装相談ワークショップ 10/21(金)or 10/23(日)

※申し込み受付・お問い合わせはすべてホトリにお願いします(info@fotori.net)

◆日時:
2022年10月21日(金)13~15時(参加最終受付14時半)
2022年10月23日(日)10~12時(最終参加受付11時半)
予約の際は、どちらかお好きな日時をお知らせください。

来場自由/予約優先
※10/21(金)は13~14時半、10/23(日)は10~11時半の間でお好きな時間にご来場ください。
予約なしでも参加可能ですが、参加希望者多数の場は予約優先とさせていただき、お待ちいただくこともあります。
※「CHEKI IS…」に出展エントリーしていなくても参加可能

◆参加費:枚数などで異なります。(※プリントはすべてinstax miniの白のみ、税込)

3枚プリント・・・・・・・1,500円
5枚プリント・・・・・・・2,000円
5枚パノラマプリント・・・3,000円
(※パノラマプリントについては↓に記載しています)

◆場所:ルーニィ・ファインアーツ247(〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F アクセス詳細はこちら

◆持ち物:
・チェキにプリントしたい写真データ
スマホまたは、SDカードに保存した写真データをご持参ください。

※大きいデータ(長辺3,000px以上、パノラマをご希望の場合は長辺5,000px以上推奨)をご用意ください。

◆定員:同時4名

◆お申込み方法: メールかLINE、または予約フォームからお申し込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、予約できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルもしくは1行目を「チェキWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日(10/21(金)or 10/23(日))

スマートフォンをお持ちの方は、以下のアプリを事前にインストールしてください。

instax mini Link

使用するのは、スマートフォン用プリンター “チェキ” instax mini Link 2です。

こちらは、パノラマ5枚組でプリントしました。
元はiPhoneで撮影したパノラマ写真です。

これがもとのパノラマiPhone写真。

パノラマ写真をPCに取り入れて、Photoshopでこのようにで分割します!
分割した5枚を、チェキにそれぞれプリントしているというわけです。

もとがパノラマ写真じゃなくても、横位置の写真ならトリミングして作れますよ!
スマホの写真もしくは、SDカードに写真データを入れてきてもらえれば対応いたします。(トリミングが難しい場合もあるので、候補が何枚かあると安心です)

5枚用フレーム。(色はホワイト、↓のナチュラルの2色から選べます)

3枚フレームには愛犬アビのチェキを組み写真で入れてみました。

番外編。ワークショップではプリントできるのは白フレームのみですが、チェキには様々なフレームタイプがあります。
白をヨドバシに買いに行ったのになんと在庫切れ。。。しょうがないので、黒を買ってきてプリントしてみましたが、あら!なかなかよいですね(笑)
写真が引き締まる印象です。
が、申し訳ないのですが現時点ではプリントは白のみですので、ご容赦を!(笑)

ぜひ、チェキプリント体験に参加してみてくださいね!
何か不明な点ありましたら遠慮なくご質問ください。

写真展 アコシミキ in 東京〜かんじる・しる・ひろがる〜 10/9(日)~10/12(水)開催のお知らせ

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
10月に開催される写真展のお知らせです。

国際協力団体で働きながら、NGOフォトグラファ-としてフィリピンで活動しているMikiさん。
現地で撮りためたありのままのフィリピンを、ホトリで写真展という形で開催いたします。

ここ数年、情報が閉ざされたフィリピンの状況をぜひ知ってください。
皆さまのご来場をお待ちしております。

アコシミキ
現地のことばで「私はミキです」
写真は絆。
撮るときにはいつも、このことばで友だちになってから、って決めています。

写真展のオモイ、写真展に向けて、また両国での写真展の様子など
下記サイトから随時発信していくので、お楽しみに!!
https://www.instagram.com/ngo_photographer_miki/

写真展 アコシミキ in 東京〜かんじる・しる・ひろがる〜 10/9(日)~10/12(水)

◆会期:2022年10月9日(日)~10月12日(水) 11:00~18:00
◆入場料:お気持ち
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

川原 和之 写真展 「ここで種を蒔く」10/22(土)~11/3(木祝)開催のお知らせ 

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
このたび2022年10月に写真企画室ホトリで、富山在住でご家族の写真を撮り続けている川原和之さんの個展「ここで種を蒔く」を開催する運びとなりました。

今年2022年5月に、川原さんが富山・氷見のHOUSEHOLDさんにて二人展「かそけきひかりのたねを蒔く」を開催することをSNSで知り、それを知った時は飛んでいきたいと思ったほど。
が、残念ながらGWは富山を訪れる予定がなかったため(よく立山は行くのに!)、見ることは叶いませんでした。

だったら、ホトリで展示してくれないかな。

そう思い、思い切ってだめもとで川原さんにコンタクトを取りました。
もちろん直接お会いしたことも、今までSNSでやり取りしたこともなく、断られても仕方ないと思いつつ・・・

そんな突然のお声がけに、川原さんは快くOKをくださり、このたびこの写真展の告知となりました。
また写真展会場にて、川原さんの写真集「ここで種を蒔く」も販売いたします。

秋の深まる季節、川原さんがカメラのファインダーと、ご自身の目を通して見ているご家族への眼差し、ぜひホトリで感じてください。
皆さまのご来場をお待ちしております。

幼かった頃、両親が共働きだったため、学校から帰ると祖父母と過ごすことが多かった。祖父は、朝早くから畑仕事に精を出し、祖母は夜遅くまで薄暗い明かりの下でミシンの内職をしていて、一日中休むことなく働いていた。
祖父母からはいつも土の匂いがして、僕はその匂いが好きだった。
実家を離れて生活するようになり、写真に興味をもつようになってから祖父母にカメラを向けるようになったことはごく自然なことだった。
あるとき、ファインダーを通して祖父母と娘を見ていると、自分の幼い頃にタイムスリップしたような感覚を覚えた。懐かしさとともに、湧き上がる祖父母に対する幼き日の想い。
それは僕を今まで支えてくれていた記憶だった。
この写真は祖父が亡くなり、その後次女が生まれ、長女が小学生になるまでの10年分の家族の記録だ。
子どもの頃から永遠に続くと思っていた実家の景色も祖父を失ってから、少しずつ変わっていくけれど、祖父が残した畑に立つ祖母の姿だけは今も変わっていない。
僕は、祖母がカメラの前に立ち、伝えようとしてくれたことを娘に伝えたいと思う。
いつの日か訪れる実りの日を待ちながら。

川原和之/Kazuyuki Kawahara

1983年生まれ / 富山県在住 / 祖父母の写真を撮り始めたことをきっかけに独学で写真を学び、現在は祖母と娘の日常を記録する中で、世代を超えた家族の関係性をテーマに写真作品を制作している。

Instagram @kazuyukikawahara

川原 和之 写真展 「ここで種を蒔く」10/22(土)~11/3(木祝)

◆会期:2022年10月22日(土)~11月3日(木・祝) 13:00~19:00 (最終日は17時閉場/火曜休廊)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

ホトリ公募展「Brownies35! -my usual-」 9/11(日)~19(月祝)開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちら>>>

ブローニーフィルムに焼きつけられた、それぞれの“my usual”
あなたの“my usual(=いつも撮ってしまうもの)”はなんですか?

出展者募集ページはこちらから>>> 

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

ホトリ公募展「Brownies 35 ! – my usual -」 9/11(日)~19(月・祝)

スズキ トモコ / Hiroshi / 虎谷泰輔(タイガーバリー) / masa* / 甲斐 康友 / 金原 隆臣 / 吉岡このみ(桃香)/
杉山 祥子 / コウザキ コウイチ(KO)/ ヤマモトサヤカ / 鵜飼 啓介 / 凛 / @m_a.r.c_h /// saorin

◆会期:2022年9月11日(日)~19日(月・祝) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

【会期中開催予定のレッスン・ワークショップ】

ホトリ公募展「第三回 ピンぼけ写真選手権」レポート

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
先日終了した、ホトリ公募展「第三回ピンぼけ写真選手権」のレポートをお届けします!
今回も、「そう来たか―!」とか、「なるほどこれもピンぼけなのねふむふむ」など、色んな感想が飛び出しました(笑)

では、さっそく出展者の各作品をご紹介していきます。


Toward the light
TREK

想い出は夕焼けの中に
フルヤ マモル

ひらばやし

猫目十目
きたがわれいこ

部室前、記憶の輪郭
スズキ トモコ

日日是好日
金原隆臣

ぽかんと、ぼんやりと / BLANK STARE
solakazov

しっかりフォーカシングしましょう
杉山 祥子

ごめんなさ〜い!
吉岡 このみ(桃香)

夏祭り
コウザキ コウイチ(KO)

東京G街
虎谷泰輔(タイガーバリー)

あしたのことば
ATTI(ふくしまあつこ)

モネの愛した庭で
saorin

わたくしsaorinの作品は、DMに採用されたこちらの写真です。
タイトル通り、ここは睡蓮の絵画で有名な画家、モネが生涯最後に暮らした家。
パリから1時間ほどの、ジヴェルニーという街にあります。
睡蓮のモデルになった池はもちろん、百花繚乱の花々が咲き乱れる庭園が敷地内にあり、人々は魅了されています。
私が訪れた時、まさに写真のおばあちゃんが夢中になって撮っていて、おっ!!とすかさずシャッターを切ったものの、やはり距離が近すぎたらしくピンぼけ。
でも、なんか既に一眼レフを肩からぶら下げ、さらにコンパクトカメラ(?)で撮っているおばあちゃんをとらえたこの瞬間がかわいくて、今回のピンぼけ写真選手権のDMに採用いたしました。

そして、今年第三回目のナイスピンぼけ大賞は・・・

きたがたれいこさんの「猫目十目」に決定いたしました!!

他の出展者の皆さまも感想に書かれていましたが、いやーこの黒猫ちゃんの目のブレボケ具合!たまらない!
シャッターを切った時、黒猫ちゃんが頭を偶然にも動かさないと、こんな風には撮れないですよね。
これぞ、ピンぼけ・ブレぼけの神髄を極めた写真だ!と見た瞬間思いました^^

というわけで、きたがわさん、おめでとうございます!
ナイスピンぼけ大賞副賞は、本日作品と一緒に同梱して発送いたしました。

最近仲間入りした、コットンマルシェバッグ(ホトリフィルム柄)と、10周年記念ホトリフィルム柄マスキングテープです!

ぜひ、ホトリオリジナルグッズ使ってくださいね!

ブック・名刺も設置。
今回はちょっと少なめでしたね^^

引き続きホトリオリジナルグッズの物販も行いました!
次回9月開催の「Brownies35!」でも引き続き販売いたします。

平日は比較的ゆっくりでしたが、最終日はにぎやかでした。

愉快な仲間たちが駆けつけて、大盛り上がりです。

撤収30分前は、最終日恒例のギャラリートークを行いました!

最後、出展者の皆さまで集合写真!(この時だけマスクを外して撮影しました)
皆さま、出展ありがとうございました!

今年も無事、ピンぼけ写真選手権の全会期を終了いたしました。
最初募集をスタートした時、ぽつりぽつりとしかお申込みがなく、うーん今年は厳しいか(><)と思った7月・・・(笑)
もともと、企画自体はおもしろいと自負しているのですが、いかんせんそのピンぼけ・ブレぼけ写真を作品として展示したい!と思う人は、やっぱり少ないかな~ということも理解できます。
でも、実際に展示を見に来た人からは、間違いなく「おもしろい!」という感想をいただいているのです!
「来年、探して展示出してみようかな?」という方もちらほら。
こんな偶然性が作品になったのか!とか、あれ?これもピンぼけでいいなら私の写真はピンぼけだらけだ(笑)とか、とにかく写真を自由に感じることができる、そんなテーマがピンぼけ写真選手権です!

また来年、第四回を開催できることを楽しみにしております。
出展者の皆さま、ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった方、今回もありがとうございました!