2020年あけましておめでとうございます

2020newyearmini

新年あけましておめでとうございます。ホトリ室長saorinです。
年末にホトリのサイトが諸事情で表示エラーとなっていて、ご迷惑をおかけしました。

今年は、ホトリの新しい試みを色々やっていこうと思っております!

◆その1:ホトリのコンセプトを変更しました

toptitle
「老若男女が楽しめる ボーダーレスな写真遊戯場」から、

toptitlenew

「旅と山、本と写真」に変更しました。

もちろん写真がメインのアトリエギャラリーということは今までと変わらないのですが、今後は写真をベースに、旅と山、そして本という3つの軸で色々な企画をしていきたいと思っています!

◆その2:新企画の公募展「ピンボケ写真選手権」を開催します!

アワガミ公募展4C_original

ホトリ公募展新企画!前代未聞(?!)の、ピンぼけ写真選手権を4月に開催します!
すごーく気に入ってるんだけど、ややピンぼけ、ブレぼけ。失敗写真でも自分は好き・・・。
そんな愛すべきピン・ブレぼけ写真を募集します!
今月中に募集スタートしますので、お待ちくださいね。

◆その3:新企画プロジェクト「本場」スタートします!

honbatitleyetnew

主に写真のzine、写真集、フォトブックなどを自由に販売する新イベント「本場」を今後ホトリで年に1回~2回開催します!(今年は8月に開催予定)
まずは、本場の会員を募集します!(登録は無料!準備完了次第募集しますのでお待ちください)

honbaimage

本場会員は、年に1回~2回ホトリで開催されるイベント「本場週間」で、自身のzineや写真集などの販売が可能です。
本場週間終了後、ホトリのオンラインショップ「ホトリ通販部」で一定期間販売代行いたします。
また、オプションで出展料をプラスすれば壁面展示も可能です!(任意です)
自分で作った写真の本を、みんなで展示・販売しませんか?

詳細は追って告知します!

2020年も、写真企画室ホトリをどうぞよろしくお願いします。

写真企画室ホトリ室長 saorin

 

2008年saorin最初の個展「写真と雑貨と古いもの」

firstdxhibition01

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日インテリア系のWEBマガジン「リノシー」さんで、「素敵空間を写真で生み出すコツ」という記事を執筆、掲載していただきました。
それもあって、少し昔の展示を振り返ってみようかな、と写真を発掘。

これはさかのぼること2008年、神保町にあったAMULETさんをお借りして開催した作品展「写真と雑貨と古いもの」
最初の著書『写真でつくる雑貨』の出版を記念して開催した、わたくしsaorinにとって初めての個展でした。
自分が好きなものをこれでもか!と詰め込んで展示した、思い入れのある作品展です。
もう10年も前の展示なのか、と思うと感慨深いですね。

firstdxhibition02 firstdxhibition03 firstdxhibition04 firstdxhibition05 firstdxhibition06 firstdxhibition07 firstdxhibition08 firstdxhibition09 firstdxhibition10 firstdxhibition11 firstdxhibition12 firstdxhibition13 firstdxhibition14 firstdxhibition15

 

 

旅と山の写真案内サイト「畔の窓」をOPENしました

webtop

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
このたび、WEBサイト「畔(ほとり)の窓」を新しくOPENしました。
「畔の窓」は、物語のある旅と山の写真案内サイトです。

旅といっても、ご紹介している全てがいわゆる“絶景スポット”ばかりではありません。
もちろん有名な観光地もたくさんありますが、主に私が写真を撮りに行きたい!と思えるような、どちらかといえばマイナーかもしれない、でも写真好きさんのアンテナがピン!と立つようなそんな場所を、一つ一つエピソードと合わせて紹介しています。
ただおすすめの場所をそのまま紹介しても芸がないし、私自身もつまらないと思ったので、それならばいっそのこと読み物としてもっとおもしろいものにしよう、と物語をつけることにしました。

日本と世界のスポットは、半分本当のような、でもほとんど作り話のような・・・
本当とうそを、そのエピソードごとに色んな割合でブレンドしています。
MOUNTAN、山は完全なノンフィクション。私の山行にまつわるエッセイです。
ROAD TRIPは、車でする旅シリーズのノンフィクション旅行記。
まだ2017年の北海道編しかありませんが、徐々に増えていく予定です。

このサイトOPENを記念して、ホトリが6歳の誕生日を迎える今年7月、saorinの個展を開催予定です。
新しい記事もこれからどんどん追加していきますので、ぜひ「畔の窓」をよろしくお願いします!

畔の窓
http://mado.fotori.net/

新年あけましておめでとうございます

2018

新年あけましておめでとうございます!写真企画室ホトリ室長、saorinです。
2018年のはじまりですね。
去年同様、今年も写真にまつわる色んな展示・イベントをホトリで企画していきますので、2018年も写真企画室ホトリをどうぞよろしくお願いします。

わたくしsaorin、個人的には、昨年は山にはまった1年でした!
年賀状↑に使った写真は、夏に登った北アルプスの燕岳。(つばくろだけと読みます)
去年夢中になった山と、愛犬アビを年賀状に組み合わせました。

皆さま、HAPPYで実りある1年をお過ごしください。

 

見かけたらHAPPYなことが起こるかも?幸せのハート鳩

1220.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
幸せのハート鳩、と勝手に命名している鳩がいます。(インスタでもハッシュタグ付けてる(笑) #幸せのハート鳩)
出没するのは、ホトリ近くの公園とか、浅草橋駅近くの神社のあたりとか。

1220.2

真っ白で、でも背中にこんな風にハートっぽい模様があるんですよ。
けっこう目立ちます。

1220.3

あ!いた!って感じで、見かけたら何となくその日はHAPPYなことが起こるかも、というジンクスを勝手に作りました(笑)
写真撮ろうと追っかけまわすと当然逃げてくんですけどね。

1220.4

白い鳩ってだけでも結構珍しいのに、背中にこんな模様があるのはなかなかレアなんじゃないかなー
もしホトリに来るときがあったら、ぜひ探してみてくださいね。
ホトリ斜め向かいの公園によくいます!

 

3331 Arts Chiyodaにて開催中のRAIEC SATELLITE TOKYO 2015 展を観てきました

0409.6

こんにちは。いいもの見た!と目と心の保養ができてほくほくの、ホトリ室長のsaorinです。

アーツ千代田3331にて開催中のグループ写真展「RAIEC SATELLITE TOKYO 2015 展」を観てきました。
六甲国際写真祭ポートフォリオレビューに参加者した 28人の写真家によるグループ・エキシビジョンです。

0409.1

誰でも参加できるわけではなく、審査を通って参加した写真家たちということもあり、秀作ぞろいでした。
写真がよいというのは言うまでもなく大前提です。
さらに、写真家それぞれが自分の作品をどのように表現するか趣向を凝らしていて、作品の装丁と写真そのものが
昇華され、観る側に強く訴えかけてくる作品ばかりでした。
そこには甘えも妥協もありません。

0409.2 0409.3

ただ額装すればいいってもんじゃないよね!ということがすごくよくわかる展示です。
ベストの装丁って、やはり自分の作品をどれだけわかっているか、ということに尽きますね。

0409.4 0409.5

明日から第二回ホトリ写真部グループ展「トリコ」がスタートします。
比較的ご近所なので、ぜひハシゴしてみてくださいね。

 

観照空蓮房トーマス・ロマ「犬」 -Mondo Cane- 蔵前の寺院内瞑想ギャラリーへ

0403.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
蔵前・長応院境内にあるギャラリー、空蓮房さんへトーマス・ロマ「犬」-Mondo Cane-を観てきました。

昨日はよい天気だったので、ホトリから自転車で走ること10分ちょい。
お寺が多い蔵前のこの辺りをうろうろしていたら発見。本当に寺院内にありました。

0403.2

Nadarオーナー林さんに教えていただきました。
こちらのギャラリーは、完全アポイント制です。
空蓮房さんについての詳しい紹介はこちらをどうぞ。

(※写真は、空蓮房を運営する長応院の房主様に許可をいただいています。
作品をアップで写す行為はNGです。ご注意ください。)

0403.3

小さな入口から中に入ると、異空間へつながる(ような)通路が。

0403.4

外界の光はほんのわずか。何かもかもが全てシャットアウトされ、この空間の中には
自分と、作品が語りかける本質だけが残り、静けさの中で対峙させられます。

この展示の冠についている「観照」という言葉は、“本質を見極める”という意味なんですね。
確かに一般的な「鑑賞」という言葉よりも、「観照」の方がこの空間にはふさわしいです。

0403.5
0403.6

壁がどこなのかわからなくなるような、とてつもなく不思議な感覚の理由は、おそらくこのカーブ。
これにより、建物内部の境界線がないので、そのように錯覚させられます。

0403.7

展示は5月1日までの水・木・金に開廊しているそうです。
ご興味ある方はぜひ。
ホトリ写真部グループ展「トリコ」とのはしごなんてのもよいですね。
あ、くれぐれもアポイントはお忘れなく。

0403.8

その後、ちょうどお昼時だったので結わえるさんにランチに行きました。
いつも夜ばかりだったのでお昼は初。

0403.9

お昼はセルフサービス制なんですね。システムがよくわからずまごつきましたが(笑)、
おいしくいただきました!ごちそうさまでした。

 

サビザマ/PHOTO JAM ASAKUSA観てきました

0225.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
まだまだ春にはほど遠いですが、ここ数日は少し季節の移り変わりを感じます。
そんな中、現在開催中の展示イベントを2つはしごしてきました。

まずは、台東区の渋い建物、旧平櫛田中邸アトリエにて開催されている「サビザマ」へ。

0225.2

谷中霊園にほど近い、住宅街の中に佇む建物。
うーん渋い。

0225.3

「サビザマ」は、錆の美しさ、はかなさをテーマにしたアート展です。
映像、音楽、オブジェなどが融合し、錆を表現しています。
私は夕方16時頃訪れましたが、おすすめは夜の時間帯だそうです。

0225.4 0225.5 0225.6

展示期間中は2階も開放されています。
純和風の渋い建物なので、ぜひカメラを持ってお越しください。
展示は3/1(日)までです。

0225.7

そしてホトリとのコラボイベントワークショップ、さびびとツアーでサビ蝋引きカード作りもいよいよ今週末
2/28(土)に迫ってきました。
まだ若干数空きがあるそうですよ。ぜひご検討くださいね。

イベントの詳細はこちらのページをご覧ください。

0225.8

サビザマ展を後にしてからは、浅草に移動。
浅草HATCHにて行われている「PHOTO JAM ASAKUSA」にお邪魔してきました。
ホトリからも近い浅草に、こんなおもしろい建物があったんですねー。知らなかった!
1階-4階、そして屋上まで、写真をベースにしたいい意味でカオスな展示がいっぱいです!
こちらのイベントも、今週末3/1(日)が最終日です。

0225.9

浅草HATCHにはスカイツリーが間近の屋上も!いいなーBBQやり放題ですね。いいないいな。

おすすめの展示イベント2件のご紹介でした。
今週末のお出かけ候補に、ぜひ!

 

 

 

2015年もよろしくお願いします

0101
あけましておめでとうございます! ホトリ室長のsaorinです。
気がつけば前の投稿から10日以上が経っておりました・・・
あれこれ予定をこなしていたら年が明けていましたよ。光陰矢のごとし。
今日から2015年のはじまりですね。
私の今年の抱負。
春に本を久々に出版するので、それを機に、今年は全国あちこちで個展イベントができたらいいなと思っています。
7月のホトリ3周年イベントも、もちろんこの作品展です。
抱負というかむしろ予定ですね。
前著は2011年春の出版なので、約3年ぶり。
今思えば、前著は震災直後の混乱時期に誕生したのですね。ちょっと感慨深いものがあります。
ホトリとしても、今年は6月にアワガミの公募展を開催したり、もっと積極的にワークショップをやったりと、
もっと写真を楽しめる場所として成長していけたらいいなと思っています。
1月17日のアワガミワークショップは既に満席となっていますが、別の日に豆本などのワークショップを
開催する予定です。近日中にお知らせしますね。
というわけで、2015年もよろしくお願いします!