同じ名前のカフェに行った話と、名前のつけ方について

20160405195851

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今日から水曜まで、ホトリ写真部グループ展「トリコ」はお休みです。ご注意くださいませ。
いつもこのブログはホトリの業務日誌で、割と事務的なお知らせばかりなのですが、今日はちょっとだけ違う話を。

先日、渋谷にホトリカフェというお店があるのを最近たまたま知り、行ってきました!
ホトリだって!同じ名前!しかもサイトを見たらおしゃれな感じ。
もともと食の好みがオヤジ入っている私は、カフェと呼ばれるお店に入るのも久々です。
渋谷の東急ハンズよりもさらに先、NHKホールがある宇田川町にあります。

20160405195914
基本はサンドイッチがメインのようで、BLTサンドセットを頼みました。
かぼちゃのスープとコーヒー付きです。シンプルで美味でした。
 
20160405195927

お店はうちのギャラリーの後にできたようで、スペルは違いますが鳥をロゴモチーフにしているところは一緒。これはメニューブックです。オサレ。

20160405195906

扉の色が、私の写真企画室ホトリのテーマカラーであるくすんだグリーン!
親近感を覚えてうれしくなりました。
と、おしゃれなカフェに行って満足した話でもありますが、お店の名前の付け方についてもちょっと思うところがあり日記に書きました。

私 自身、お店が横文字の名前だと覚えられないので(特に読めないフランス語)アトリエギャラリーをオープンするにあたり名前でこだわったところは、漢字が入った日本語であること。覚えやすいこと。この2点です。
これは私のお店の営業形態が大きく影響しています。
毎日オープンしているわけでもないし、飲食店 みたいにお店の前を歩いている人がたまたま立ち寄ってくれたら売り上げにつながるというわけではなく、「確かこういう名前の写真のギャラリーみたいなお店 があったな」という人々の記憶のもと、インターネット検索で発見される確率が高いです。となると、お店の名前の覚えやすさがカギ。
「写真企画室ホトリ」と 一発で出てこなくても、「企画」やら「写真」みたいな単語が付いてたような・・・これだけでも検索でヒットする確率が上がります。もちろん「ホトリ」だけ しか覚えていなくてもOK。「写真」と「ホトリ」で検索すれば出てきます。
逆にどちらかというと飲食店って、お客さんが自分の生活圏内でお店を発見して入ってみるというパターンなので、横文字のかっこいい(でも読めない)名前でも大して問題ないんですよね。あのあたりに、かわいいカフェできてた! みたいな感じで覚えてもらえればよいわけで。
だからこそ、同じ名前というところに妙に食いついてしまいました。
「ホトリカフェ」のお店の名前の由来が知り たい!

ちなみに、うちの場合は“foto(=photo)”と“TORI(鳥)”から来ています。もちろん、生き物が集まってくる畔の意味も込めて。
なんで鳥?なのかは、こちらの記事をどうぞ。

3331 Arts Chiyodaにて開催中のRAIEC SATELLITE TOKYO 2015 展を観てきました

0409.6

こんにちは。いいもの見た!と目と心の保養ができてほくほくの、ホトリ室長のsaorinです。

アーツ千代田3331にて開催中のグループ写真展「RAIEC SATELLITE TOKYO 2015 展」を観てきました。
六甲国際写真祭ポートフォリオレビューに参加者した 28人の写真家によるグループ・エキシビジョンです。

0409.1

誰でも参加できるわけではなく、審査を通って参加した写真家たちということもあり、秀作ぞろいでした。
写真がよいというのは言うまでもなく大前提です。
さらに、写真家それぞれが自分の作品をどのように表現するか趣向を凝らしていて、作品の装丁と写真そのものが
昇華され、観る側に強く訴えかけてくる作品ばかりでした。
そこには甘えも妥協もありません。

0409.2 0409.3

ただ額装すればいいってもんじゃないよね!ということがすごくよくわかる展示です。
ベストの装丁って、やはり自分の作品をどれだけわかっているか、ということに尽きますね。

0409.4 0409.5

明日から第二回ホトリ写真部グループ展「トリコ」がスタートします。
比較的ご近所なので、ぜひハシゴしてみてくださいね。

 

観照空蓮房トーマス・ロマ「犬」 -Mondo Cane- 蔵前の寺院内瞑想ギャラリーへ

0403.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
蔵前・長応院境内にあるギャラリー、空蓮房さんへトーマス・ロマ「犬」-Mondo Cane-を観てきました。

昨日はよい天気だったので、ホトリから自転車で走ること10分ちょい。
お寺が多い蔵前のこの辺りをうろうろしていたら発見。本当に寺院内にありました。

0403.2

Nadarオーナー林さんに教えていただきました。
こちらのギャラリーは、完全アポイント制です。
空蓮房さんについての詳しい紹介はこちらをどうぞ。

(※写真は、空蓮房を運営する長応院の房主様に許可をいただいています。
作品をアップで写す行為はNGです。ご注意ください。)

0403.3

小さな入口から中に入ると、異空間へつながる(ような)通路が。

0403.4

外界の光はほんのわずか。何かもかもが全てシャットアウトされ、この空間の中には
自分と、作品が語りかける本質だけが残り、静けさの中で対峙させられます。

この展示の冠についている「観照」という言葉は、“本質を見極める”という意味なんですね。
確かに一般的な「鑑賞」という言葉よりも、「観照」の方がこの空間にはふさわしいです。

0403.5
0403.6

壁がどこなのかわからなくなるような、とてつもなく不思議な感覚の理由は、おそらくこのカーブ。
これにより、建物内部の境界線がないので、そのように錯覚させられます。

0403.7

展示は5月1日までの水・木・金に開廊しているそうです。
ご興味ある方はぜひ。
ホトリ写真部グループ展「トリコ」とのはしごなんてのもよいですね。
あ、くれぐれもアポイントはお忘れなく。

0403.8

その後、ちょうどお昼時だったので結わえるさんにランチに行きました。
いつも夜ばかりだったのでお昼は初。

0403.9

お昼はセルフサービス制なんですね。システムがよくわからずまごつきましたが(笑)、
おいしくいただきました!ごちそうさまでした。

 

サビザマ/PHOTO JAM ASAKUSA観てきました

0225.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
まだまだ春にはほど遠いですが、ここ数日は少し季節の移り変わりを感じます。
そんな中、現在開催中の展示イベントを2つはしごしてきました。

まずは、台東区の渋い建物、旧平櫛田中邸アトリエにて開催されている「サビザマ」へ。

0225.2

谷中霊園にほど近い、住宅街の中に佇む建物。
うーん渋い。

0225.3

「サビザマ」は、錆の美しさ、はかなさをテーマにしたアート展です。
映像、音楽、オブジェなどが融合し、錆を表現しています。
私は夕方16時頃訪れましたが、おすすめは夜の時間帯だそうです。

0225.4 0225.5 0225.6

展示期間中は2階も開放されています。
純和風の渋い建物なので、ぜひカメラを持ってお越しください。
展示は3/1(日)までです。

0225.7

そしてホトリとのコラボイベントワークショップ、さびびとツアーでサビ蝋引きカード作りもいよいよ今週末
2/28(土)に迫ってきました。
まだ若干数空きがあるそうですよ。ぜひご検討くださいね。

イベントの詳細はこちらのページをご覧ください。

0225.8

サビザマ展を後にしてからは、浅草に移動。
浅草HATCHにて行われている「PHOTO JAM ASAKUSA」にお邪魔してきました。
ホトリからも近い浅草に、こんなおもしろい建物があったんですねー。知らなかった!
1階-4階、そして屋上まで、写真をベースにしたいい意味でカオスな展示がいっぱいです!
こちらのイベントも、今週末3/1(日)が最終日です。

0225.9

浅草HATCHにはスカイツリーが間近の屋上も!いいなーBBQやり放題ですね。いいないいな。

おすすめの展示イベント2件のご紹介でした。
今週末のお出かけ候補に、ぜひ!

 

 

 

8月のイベント予定/営業カレンダー

0731

こんにちは。室長のsaorinです。
明日から8月。夏本番ですね。
暑い日が続きますので、皆さま、熱中症にはくれぐれもご注意を。

8月のイベント予定/営業カレンダーです。

<8月のホトリオープン日>

8日(金)12:00~20:00 写真展「FUJIYAMA KYUDO COMPLEX」
9日(土)12:00~20:00      〃
10日(日)12:00~20:00     〃
21日(木)13:00~19:00 ホトリ通常オープン日/ホトリ写真塾・ピクトリコワークショップ
22日(金)13:00~19:00      〃
23日(土)13:00~21:00      〃       /ASIA GOHAN 7th
24日(日)13:00~19:00      〃
28日(木)15:00~18:00 ホトリ写真塾・アワガミプリントワークショップ

<8月のイベント>

◎8日(金)~10日(日) 写真展「FUJIYAMA KYUDO COMPLEX」

奥野浩次さんによる弓道をテーマにした写真展です。

◎21日(木) ホトリ写真塾・ピクトリコワークショップ

ホトリ写真塾初の、ピクトリコワークショップを開催いたします。

◎23日(土)  ASIA GOHAN 7th by padma design

今回で7回目を迎えるホトリレギュラーフードイベント「ASIA GOHAN」。
今回のテーマは“青いパパイヤの夏宵”ということで、初!夜の開催です。

◎28日(木) ホトリ写真塾・アワガミワークショップ

毎回大好評につき、もはや毎月のレギュラーワークショップにまで成長したアワガミワークショップ。8月も平日に開催いたします。
ホトリの通常オープン日は、ホトリのオリジナルグッズやおすすめの写真用紙、saorinの写真雑貨作品&キット、
また室長saorinセレクトのカメラ・写真関連のグッズを扱う、ショップとして営業いたします。
また、 ホトリが所有するさまざまなプリンターをお試しできるコーナーもオープンしています。
通常オープン日の詳細はこちらから

現時点で通常オープン日に設定されている週も、展示&イベントスペースとして貸出し可能です。
詳しくはお問合せください。 info@fotori.net

 

 

「リビング東京東」で紹介していただきました

7/9追記:リビング東京東さんのブログ内で紹介いただきました。
http://mrs.living.jp/tokyo/event_leisure/reporter/1586962

0623

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
地域情報誌「リビング東京東」の6月21日発行分の「地元元気人」というコーナーで、わたくしsaorinのことを
紹介していただきました。

こちらの電子版からも見れます。(多分、スマフォからは見れないようです)
リビング東京東

ホトリについては、まだまだこうしていきたいなーという理想が先行していますが・・・
こんな風に、ホトリを知らない人にも知ってもらえて、新たな輪ができればいいなと思います。

取材していただき、ありがとうございました。

 

 

ホトリの通常オープン日の取り扱い商品&サービスのお知らせ

0612.1

こんにちは!室長saorinです。
色々お知らせしなければいけないことがてんこもりで、何から書こうか迷います・・・が、
今日約1年ぶりに復活した、ホトリの通常オープン日の取り扱い商品&サービスについて
ご紹介しようと思います。

0612.2

今回、ホトリに小さなプリンターワンダーランドがOPENしました。
富士フィルムさんのスマートフォン用プリンター「スマホdeチェキ」と、キヤノンさんの小型プリンター
「SELPHY」を、ホトリ店頭でお試しできるようになりました。(料金は、ページ下部をご参考ください)

0612.3

スマホdeチェキ用のアルバム(800円)をご用意しました。
プリントしたら、そのままアルバムに入れて持ち帰りませんか?

0612.4

立てて飾れるので、お部屋のインテリアにも。ちょっとしたギフトにもおすすめです。

0612.5

革のボタンがポイントです。
現在在庫がかなり少ないのですが、また新たな材料で制作予定です。
(万が一、売り切れの場合はご容赦ください)

0612.6

そして、こちらはSELPHYのスクエアシール。
昨年はこのスクエアシールプリントを使ったワークショップを何度か行い、好評でしたので、
ホトリ店頭でプリントできるようになりました。
ちなみに、このプリントは国内では販売しておりませんので、ぜひお試しください!

0612.7

こちらも、スクエアシールプリント専用のアコーディオンブックをご用意しました。
スクエアシール8枚分と合わせて、700円でお持ち帰りいただけます。

0612.8

リボンや紐を結ぶと、プレゼントっぽいルックスになるので、こちらもちょっとしたギフトにおすすめです。

0612.9

8枚もいらないんだけど、ちょっとプリントして持って帰りたいな・・・という方にはこちらがおすすめ。
スクエアシール用のミニカードです。
台紙と紐の組み合わせを自由に選べます!プリントした写真に合わせて、選んでくださいね。

0612.10

サンプルはこんな感じです。
台紙と紐の組み合わせで印象が変わりますね。

0612.11

穴部分のハトメもポイントです。

プリンターワンダーランドのメニュー料金表は以下の通りです。

【スマホdeチェキ】
1枚プリントにつき・・・100円
チェキ用ミニアルバム(チェキ2枚用)・・・800円(※チェキプリントは別料金)

【SELPHY】
スクエアシールプリント・・・3枚100円
スクエアシールプリント用アコーディオンアルバム+シール8枚付・・・700円
スクエアシールプリント用ミニカード・・・1枚100円

L版・・・1枚30円
ポストカード・・・1枚50円

通常オープン日以外のイベント時にも、ご希望があればプリント可能です。
ぜひ、室長saorinにお声掛けくださいね。

0612.12

そして、豆本計画コーナーも再登場です。
豆本はオーダーが可能です。豆本計画のサイトと、過去のオーダー例をご覧ください。

豆本計画
過去のオーダー例

0612.13

ホトリにオリジナルTシャツが登場しました!
こちらについては、後ほど詳しく商品をご紹介します!!

0612.14

あとは、ホトリオリジナル革レンズキャップケースや、その他saorinオリジナルの写真雑貨などを
色々ご紹介しています。
今後少しずつ、室長セレクトの雑貨も仕入れていく予定です。

0612.15

アワガミファクトリーさんのインクジェット用和紙もご紹介しています。
今月28日(土)には、初のアワガミワークショップも開催します!ちょっと告知が遅れておりますが
もうしばらくお待ちください。

0612.16

久々に登場したこの棚、すかすかですね笑

今までホトリはイベント開催時のみの不定期オープンがずっと続いておりましたが、今月からこのように、
レギュラーサービスが登場しました。

ホトリがもっと写真を楽しめる場所になるように、努力していきますのでよろしくお願いします!
ぜひ遊びに来てくださいませ。

室長saorinでした。

懐かしの著書、台湾&中国バージョン

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
GWも終わり、今日からいつもの日常が戻ってきていますね。

ところで、先日ホトリの本棚を眺めていたら、ふと目についたこの2冊。
私の最初の著書、「写真でつくる雑貨」の台湾版と中国版です。

以前台湾に行ったとき、本屋さんに台湾版が平積みされていたのには感激しました。

10326366_572797476166938_852211636_n

掲載されている作品や、誌面デザインはほとんど同じなのですが、このように、カバーデザインが本家と違います。
ていうか台湾版は丸ごと異なるデザインになっていて、これまたおもしろいなと感心。

cover

中国語で、写真は“照片”っていうんですね。

左の中国版は、同じように見えるんだけど、はさみとかクリップが違うものになってます。
あと、フィルムの写真が増えています。
謎です。

481246020ea09d1965349110.L

これが本家の日本バージョン。

実は海外版が出ていたことをすっかり忘れていたんですが・・・(笑)
異国でこの本を見ている人がいるのかなーと思うと、不思議です。

そして!今、5冊目の著書を少しずつ制作中です。

今まで4冊出版したこともあり、これまでの著書をさらに超えるものにするべく、かなりじっくり作りこんでいます。
なのでお届けできるのはかなり後になりそうですが、出版記念の個展を自分の場所で開催できるので、それが楽しみです。

今までにない、新しくて楽しい本になるようにがんばります!

 

【ホトリご近所情報】浅草橋&馬喰町ギャラリーめぐり

こんにちは。室長のsaorinです。
今日は、4月のホトリ写真部グループ展のDMを置いてもらうべく、チャリであちこちギャラリーめぐりをしました。
寒いとギャラリーめぐりも億劫で、かなりお久しぶりのギャラリーもありました・・・(笑)

以下、DMを設置してもらったギャラリーです。

◆馬喰町ART+EAT(http://www.art-eat.com/

現在、松本智秋さんの写真展「続・続 散歩とごはんのくりかえし」開催中です。

0314.1

0314.2

◆ギャラリーアムコ(http://www.amco-cj.jp/gallery/

時折遊びに行く雑貨屋さん兼ギャラリー。
前回行ったのが12月の1周年記念パーティーの時だったので相当お久しぶりでした。。。
今まで3階だったギャラリーが、2階にリニューアル。現在アクセサリーの展示イベントが開催されています。

◆KOKI ARTS(http://www.kokiarts.com/)

勝又 公仁彦「Plura-Monism」開催中。
とてもきれいで、いつまでも眺めていたい写真展でした。

「トリコ」の展示会期中も開催中ですので、ぜひはしごしてくださいね!

0314.3

0314.4

◆GALLERY&STUDIO HI CONDITION(http://www.hi-condition.com/

久々に遊びに来ました。HI CONDITIONさん。
昨年秋のホトリ文化祭の「映画にまつわる作品展」の際には、作品も展示していただきました!

0314.5 0314.6

くまさんやサクマドロップスみたいな形のアクセサリーや、

0314.7

こんなかわいいメモ用紙がありました!(思わずお買いあげ。)

あとですね、写真を撮っていないのですが、以下のホトリのご近所にも設置いただいています。

◆みちくさアートラボ(http://michikusaartlab.com/
◆Gallery Drain(http://gallerydrain.com/
◆マキイマサルファインアーツギャラリー(http://www.makiimasaru.com/
◆Photons Art Gallery(http://photonsgallery.com/
◆iia gallery(http://iiagallery.jp/

最近ホトリの周りに新しいギャラリーがOPENしているみたいなので、四谷~新宿界隈みたいに、
ギャラリーめぐりMAPみたいなのが作れたらいいなーと思っています。

 

 

 

ホトリ1階の全体写真

ホトリ1階の各箇所から撮影した写真をご紹介します。展示をお考えの方、ぜひ参考にしてくださいね。
各数字は、写真の数字に対応しています。矢印の向きは撮影した向きとお考えください。

写真1:入口から
図面で5350(=5.35m)のところにあたる、ホトリで一番長いメインの壁面です。

写真2:中央から右奥
ホトリ図面の右奥、3770(=3.77m)の壁の部分です。ただ実際、展示時は卓球台収納のため
このようにスクリーンを下していることが多く、実際に展示壁面として使用できるのは2.8mくらいです。

写真3:1階中央から奥
卓球台はスクリーン奥に収納できますが、茶色のテーブルは収納不可です。

写真4:ホトリ左奥の2810(=2.81m)の壁部分です。
通常は、下部に写っている引出棚を常設します。この棚はキャスターが付いており移動が可能なので、
イベントによっては中央に配置して仕切りのような使い方も可能です。

写真5:ホトリ奥から
写真でもわかるように、ホトリ1階は中央で天井の高さが変わります。この天井の段差の部分に
展示をすることも可能です。(ただ、床が斜めになっているのでちょっと難しいですが)
また、天井も木でできているので、装飾も可能です。

写真6:ホトリ図書コーナーです。
基本的にこの本は常設でお願いしていますが、この机は使用可能です。
そしてばっちり写真に写っていますが、冬季は灯油をひんぱんに使用するため、容器をこの下に
収納しています。ご了承ください。

写真7:可動式壁(幅90×180㎝)×2枚
キャスター付の自立壁なので、別の場所に移動が可能です。

写真8:図面の左下、入口すぐのスペースです。
独立しているので、おもしろい使い方が可能だと思います。

そしてスペースの写真ではないけれど、ホトリの立て看板。
ここにDMやポスターを貼って外に立てておくとよいと思います。

こんな感じです。大体イメージわかりましたかね?
一番いいのは事前に見学に来ることなのですが、事前の見学が難しい遠方の方などは
ぜひ参考にしてくださいね。