新作写真集「panoramountain」できました

0119.1 0119.2 0119.3 0119.4 0119.5 0119.6 0119.7 0119.8

山に登って絶景を目にすると、その大展望をパノラマ写真で撮ることが多々あるのですが、その細長い形状で何とも扱いづらく、SNSでも日の目を見ることがほぼありません。
そんなかわいそうな(笑)パノラマ写真たちにスポットライトを当ててみよう!と思いついて作ったのがこの新作「panoramountain」です。わたくしホトリ室長saorinが今まで登った山々の絶景パノラマ写真を30点以上おさめています。
山道具ではおなじみのカラビナを綴じ具として使っているのもポイント。
今のところどこかで展示・発表するというわけではないのですが(笑)
今年は自家製写真本に力を入れていこうと思っているので、久々の新作のお披露目でした。

【自家製写真本レッスン第2期満席・第3期日程予告】

あと、第2期3月スタートの自家製写真本レッスンは、土曜コース・水曜コース共に満席となりました。お申込みいただいた皆さま、ありがとうございます。
まだ先ですが、5月スタートの日程が決まりましたので先にお知らせしておきます。

金曜コース 5/10(金)・6/7(金)・7/5(金)
日曜コース 5/12(日)・6/9(日)・7/7(日)

こちらは3月くらいに募集スタートします。

よろしくお願いします。

【ホトリ通販部】ホトリオリジナル・2019山写真卓上活版カレンダー通販開始しました

IMG_9449

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
来年2019年の卓上カレンダー、ホトリおなじみの活版印刷カレンダーで制作しました。来年はついにオール山の写真(笑)
実はわたくしsaorin、ここ数年は登山にどはまりしておりまして、最近は山の写真を撮るのがもっぱらの楽しみなのです。(山については、そのうちホトリ室長コラムで熱く語ります!(笑))
自分のために作ったカレンダーですが、欲しいという声があったので、限定15部で販売します。
ホトリ通販部(オンラインショップ)で税込1,000円(送料200円込)か、直接のお渡し税込800円です。直接手渡しの場合は、ホトリのイベント時、店頭に限ります。1月のイベントは20日からの錆と廃墟展となってしまいますが、ご了承ください。
直接渡し希望の方は、メールかLINEでご一報ください。

メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

◆ホトリオリジナル2019活版卓上カレンダー・・・税込800円(ホトリ通販部の場合送料+200円)オンラインショップ購入はこちら>>>

IMG_9443 IMG_9444 IMG_9446

カレンダーの玉部分が活版印刷のカレンダーです。
ハーフエアというふわっとした厚みとあたたかみのある紙が使われているので、活版印刷ががつんとへこんでいい感じです。
日曜と祝日は、右下の点が目印です。

2016calendar04

自立するスタンドと木製ピンチをお付けします。

01web
1月 金峰山(奥秩父)
04web
4月 鍋割山(丹沢)
08web
8月 雲ノ平(北アルプス)10web
10月 白馬岳(北アルプス)
11web
11月 月山(山形)

他の月の山は、届いてからのお楽しみ!

ホトリ通販部も、ぜひのぞいてみてくださいね。

ホトリ通販部
http://fotori.thebase.in/

 

大人の科学の付録・小さな活版印刷機で活版印刷にチャレンジしてみた 後篇

0316.12

昨日書いた前篇の続きです。

さて、小さな活版印刷機の組み立てと、試し刷りがまあまあの出来だった前篇ですが、ここからが本題。
持っている活版印刷の名刺用版で、名刺が刷れるのか実験のはじまりはじまり~。

0316.13

版を実際の名刺サイズの用紙に貼りつけます。
こんな感じの余白でOK。

0316.14

付録についていた文字の厚みを定規で計測。約6mm。
これと同じ厚みでないと同じように名刺には刷れないので、

0316.15

さらにスチレンボードパネルを貼って厚みを調整します。

0316.16

うんまあまあいい感じ。

0316.17

昨日と同じく水で濡らし、インクをまんべんなく付けます。

0316.18

準備OK・・・なのかな・・・?

0316.19

まず1枚目。
左側が活版印刷屋さんに刷ってもらったもの、右側が今回刷ったもの。
う、うーん。

0316.20

範囲が広いからか圧にムラがあってかすれたりにじんだりしています。
味があるという範疇ではないですね。。。しかもインク付きすぎたところが案の定汚れてるし。

0316.21

こちらは活版印刷屋さんの名刺。全然違うわー

0316.22

気を取り直してもう1枚。やっぱり汚れる!

0316.23

余分な部分が多いから汚れるのかな、とはみ出ているパネルの部分をカット。

0316.24

これでどうだ!!・・・

0316.25

と刷ってみたけど、やはり難しい!
昨日の付録についていた文字は小さくてきゅっと固まっているので、おもちゃのこの印刷機でも圧がかかりやすいんだろうけど、これくらい範囲が広いとまんべんなく刷るのはかなり難しそうです。

もう少し研究の余地ありっぽいですが、今回はとりあえずあきらめてプロに名刺発注します(笑)
※なんとCP+直前に名刺が切れてしょうがないからプリンター名刺でしのいでいた

大人の科学の付録・小さな活版印刷機で活版印刷にチャレンジしてみた 前篇

0316.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日忘れていた頃に届いた雑誌 大人の科学マガジンの付録、小さな活版印刷機。
届いてから2か月以上経った今、ようやく組み立てて活版印刷を試してみました。
なかなか興味深かったのでレポートいたしますね。

0316.2

昨年発売になりTwitterで話題となっていた小さな活版印刷機。
ネットで色々探したけどほとんど売り切れになっていて、そうこうしているうちにAmazonで再販となったので即ぽちったのですが、その後アキバヨドバシの上にある有隣堂さんで普通に店頭で山積みになっているのを発見。なーんだ(笑)。

0316.3

中に入っているキットはこちら。
必要なドリルやネジ類なども入っているので、自分で用意するものはハサミだけ。
届いたらすぐ作れます。

詳しい図解付きの作り方が載っているので、こういう組み立て系に慣れていない人でも30分くらいあれば何とか完成するはず。

0316.4

組み立て完成!
どっちが前でどっちが後ろなのかいまいちわからない。

0316.5

文字を組んでみました。
穴に差すだけなので簡単です。

0316.6

名刺用紙をセット。

0316.7

この部分にスポイトで水をたらして濡らします。
おそらく、インクをまんべんなく全体に行き渡らせるためなのかな。

0316.8

インクも付いてます。
なくなったらアクリル絵具とかで代用できそうです。

で、記念すべき1枚目を刷ってみると・・・

0316.9

あ。。。。
他の人のブログでもこのありがちミスを見ていたのに、もれなく自分もやってしまいました。

0316.10

というわけで気を取り直して、“ほとり”の活版印刷、できました!

付録には、ひらがなとアルファベット(大文字&小文字)が入っています。
紙モノで楽しめそうですね。

0316.11

思っていた以上にきれいに刷れたと思います。
後篇に続く。>>>

 

zine「ROAD TRIP Breeze is nice」/北海道車中泊の旅日記、公開

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
いつのまにやら、年の瀬が迫ってきましたね。
ホトリは年内のワークショップは全て終了。
12月29日より、FRIDAY, noun. HiRaKu / Jesse Freeman二人展がスタートしておりますが、わたくしは1月13日からの旅展「ペシの恋人展」の準備真っ最中です。

IMG_2713

北海道の旅をまとめたzine「ROAD TRIP Breeze is nice」が完成しました!
A5サイズ、全85pの大作です!

IMG_2715

前半は写真ページ、

IMG_2716

後半はボリュームたっぷりの旅のジャーナルページとなっています。

IMG_2714

「ペシの恋人展」で、限定部数販売予定です。価格は1冊税込1,500円。
何冊作れるかわかりませんが、年明けにがんばります(笑)

そして、今回は初の試みで、ジャーナル部分を先にこのブログで公開することにしました!
14日間をマイカーでめぐった旅の記録です。長いです(笑)
年末年始でヒマだなーと思った時に、のぞいてみてくださいね。
そしてぜひ、展示にも遊びに来てください!

A2

ROAD TRIP  Breeze is nice. 北海道車中泊の旅2017 もくじ

プロローグ 旅のきっかけは、天気

01 車ごとフェリーで、北の大地へ 8/17(木)~8/20(日)大洗~札幌~新十津川~旭川

02 絶景、また絶景 8/21(月)美瑛

03 一気に北上し、パーティーは3人に 8/22(火)美瑛~稚内~利尻

04 利尻で、ペシの歓迎を受ける 8/23(水)~24(木)利尻島・礼文島

05 利尻山に挑む 8/25(金)利尻山

06 一旦解散 8/26(土) 利尻~稚内~小樽~余市

07 積丹ブルーと、神仙沼グリーン 8/27(日)積丹半島~ニセコ

08 羊蹄山ソロ登山 8/28(月) 羊蹄山~長万部~砂原

09 弾道ミサイルから始まった朝 8/29(火)砂原~函館

10 東北経由で、帰路へ 8/30(水)函館~青森~岩手~宮城~東京

エピローグ 自由なスタイルの旅に、夢中になる

 

川野恭子×saorin 「When an apple fell, the god died」 合作写真集 期間限定で受注制作いたします

川野恭子写真展「When an apple fell, the god died」昨日よりスタートしています。
とても美しい展示に仕上がっておりますので、ぜひご覧くださいね。

img_4057

さて、先日シュタイデルブックアワードのロングリストにノミネートされた合作写真集ですが、もちろん展示会場でもこのようにディスプレイしております。
展示会場に来場くださった方のみの受注制とお伝えしていましたが、会期中のみ、遠方からのオンラインの注文も受け付けることにいたしました。
遠方で展示を観られない方、ぜひご検討くださいませ。

注文はこちらからどうぞ
http://fotori.thebase.in/items/4694524

合作写真集の詳細、シュタイデルブックアワードについての詳細はこちらから

写真家・川野恭子さんとの合作写真集「When an apple fell, the god died」がシュタイデルブックアワードのロングリストにノミネートされました

写真展会期中限定で、オンラインでも受注制作いたします。
こちらをご覧ください。

applebook_01

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
昨日、とてもうれしいお知らせがありました。
わたくしsaorinと、写真家・川野恭子(きょん♪さん)との合作写真集「When an apple fell, the god died」が、Steidl Book Award Japan(シュタイデルブックアワード)のロングリストにノミネートされました!
川野恭子さんが写真を、わたくしsaorinが装丁を担当しています。

ドイツのSteidl 社は、世界最高峰のアート出版社と謳われており、名だたる著名な写真家・アーティストたちから絶大な信頼を寄せられるパートナーとして名高い会社です。
同社の創業者ゲルハルト・シュタイデル氏は、「世界一美しい本を作る男」と称されており、昨日偶然知ったのですが、映画にもなっているとか。(見なければ!)
映画「世界一美しい本を作る男」
シュタイデルブックアワードは700以上のエントリーがあったそうで、準候補作品のロングリスト44作品の中に選んでいただけたこと、本当にうれしく思います。

近年、写真のデジタル化が進み、フォトブックサービスも身近なものになりました。
ですが、この写真集は時代を逆行するかのごとく、1冊1冊丁寧に手作業で仕上げています。
今回の結果は、今自分がやっていることに自信がつく一つの励みになりました。

写真家の川野恭子さんと、写真集のコンセプトから写真の並び、イメージまで一緒に作り上げたこと、手作業でなければ不可能な装丁をあれこれ考えたこと、そうして生まれた作品が光栄にもシュタイデル氏に選んでいただけたこと。
どれをとっても非常にうれしく思います。
このブックは、川野恭子写真展「When an apple fell, the god died」で展示いたします。
ぜひ、手に取って見てくださいね。

applebook_02 applebook_03 applebook_04 applebook_05 applebook_06 applebook_07

【ホトリ通販部】 革のカメラ型フォトチャーム、通販スタートしました

charm_main

先日ワークショップで初お披露目した本革製のカメラ型フォトチャーム。
通販スタートいたしました。こちらのホトリ通販部(オンラインショップ)からお買い求めいただけます。
一針一針手で縫った、中にはお子さまやペットの写真を入れてみてはいかがでしょうか?
写真は入れ替えが可能です。

サイズ:中の窓 2.2cm
カラー:ブラック、レッド、ブルー、ベージュ、イエロー、ダークブラウン、ブラウン

charm_image charm_size charmcolor1 charmcolor2

 

【豆本計画】 オーダー豆本を制作いたしました

0929.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
先日、久々に豆本計画のオーダーをいただき、制作&納品しましたのでご紹介します。

制作させていただいたのは、3回目のリピーターのお客さま。
今回は、この夏旅してきた日本に近いロシア・ハバロフスクの旅豆本です。
ハバロフスクって、新潟(だったかな?)から3時間ほどで行ける都市なんですよね。
ロシアは遠いイメージありますけど、3時間なんて下手したら沖縄の離島よりも近いかもしれない。

0929.2

ロシアの豆本で、今回デザインオプションも注文いただいていたので、表紙はキリル文字の新聞記事を
配置し、ご希望いただいていたブルーのトレーシングペーパーをカバーにして透かしました。

0929.3

寺院の夜景だそうです。ロマンチックですね。

0929.4

そうそう、どれくらいの大きさかというと、これくらい。隣はiPhone5sです。
豆本といっても、皆さんがイメージされるものよりはそこそこ大きいと思います。
それくらいの大きさの方が、写真集としては見やすいかな。

0929.5

1冊1冊、100%手づくりですので、このページの端からのぞいているパーツ(花布と書いてはなぎれと読みます)も
私の好きな色を選びます。
ロシアの国旗が、青、赤、白の3色であることにつなげて、赤と白のボーダー花布を選びました。
説明しなければわからないと思いますが、作った本人だけのちょっとしたこだわりです。

0929.6

中は、たくさんの寺院の写真で構成されています。

0929.7

ハバロフスクの寺院めぐり、楽しそうです。
建物好きにはおすすめの街かもしれませんね。

0929.8

最初のページには、シンプルにタイトルを入れています。

オーダーいただいたS様、ありがとうございました。

作ってみたい!という方、豆本計画のページをご覧くださいね。

 

 

【豆本計画】 大和園様の豆本を制作いたしました

1125.1

色々とお知らせが続き、ご紹介がすっかり遅くなってしまいましたが・・・
岐阜県にあるお花の生産農家、大和園さんよりご依頼いただき、豆本写真集を制作させていただきました。
デザインオプションを付けての注文でしたので、透明感のあるトレーシングペーパーを使って
花の儚さ、美しさがより伝わるように仕上げました。

1125.2

大和園さんのお花の写真を見ていると、ただ花が好きというだけではなくて、この花たちを愛でながら
育ててきたんだなあという優しいまなざしがうかがえます。

1125.3

カバーの袖にも、写真をあしらいました。

1125.4

中はこんな感じです。

1125.5 1125.6

これが実際の写真。(※両写真とも無断転載はNGです)
花にも、一つ一つ顔、表情があるんだなーということがしみじみ伝わってきます。

1125.7 1125.8

ちょこんとのぞいている花布(はなぎれと読みます)は、ゴールドを選びました。

1125.9

クリスマスローズの写真を集めた豆本だったので、タイトルもChristmas Rose。

ちなみに、大和園さんでもホトリの豆本のことをすてきに紹介してくださいました!
とても光栄です。
大和園さん、ありがとうございました!

豆本注文にご興味のある方は、こちらをどうぞ。
豆本計画