川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god died レポート

1212-1

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
大変遅くなってしまいましたが、先日大盛況の中終了した、川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god diedのレポートをお届けします。
搬出は展示が終了してから日にちを空けて行いましたが、片づけてしまうのが本当に惜しくなるくらい、美しい作品たちでした。

1212-2

入口には可動式のついたてを2枚並べて設置し、そこにDMイメージにも使用されたメインビジュアルを展示しました。
アワガミさんにロールのプリント出力をしてもらった、とても大きい作品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
撮影:アワガミファクトリー工藤さん

自分らしさを求めて林檎園をさ迷い歩くイメージで、作品を吊り下げて展示しました。

1212-4

作品に使用されている紙は、写真集と同じ、アワガミファクトリーさんの楮 厚口 生成です。
少し黄色みがかった暖かい色合いが、古めいた古書と、西日にあふれるイメージを見事に再現してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
撮影:アワガミファクトリー工藤さん

ついに、禁断の果実を見つけ、手を伸ばす。
その先に、何があるのか。
神の象徴でもあり、科学の象徴でもある林檎が朽ちて落ちた時、それは神が死んだ瞬間でもあり、求めていたものは禁断の果実からは得られないことに気づく瞬間でもある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
撮影:アワガミファクトリー工藤さん

「When an apple fell, the go died」
「林檎が落ちた時、神は死んだ」

タイトルのインパクトが強く、死生観や宗教的な要素が強い展示なのかと思われたかもしれません。
ですが、神の死は決して悲愴的な意味ではなく、むしろその行きつく先には救いの光があふれているような、そんな作品展でした。

1212-5

オープニングイベントとして最初の2日間だけ、tocolierさんにインスタレーション作品を制作、展示していただきました。
川野恭子さんの今回の展示は、わたくしsaorinとの合作写真集「When an apple fell, the go died」から生まれたもの。
その写真集の世界観を、tocolierさんが見事に表現してくださいました!
インスタレーション作品についての詳細は、tocolierさんによるとても素敵なレポートをご覧くださいね。

1212-6 1212-7

生花を使用した作品のため、2日限定の儚い作品。
ですが、その儚さがまたよいのかもしれませんね。

1212-8

インスタレーション作品がある2日間だけ、鑑賞&撮影イベントを開催しました。

1212-9

皆さん、ぐるぐると順番に周って、さまざまな角度からの撮影を楽しみました。

1212-10 1212-11

撮影会もひと段落し、ちょっとしたギャラリートークがスタート。

1212-12

私も、少し撮影させていただきました。
どこを切り取っても、本当に美しいシーンばかりでした。

1212-13 1212-14

tocolierさんにインスタレーション作品を制作してもらうのは初の試みでしたが、新しいイベントのひな形が生まれた、そんな気がしました。

1212-15 1212-16

作品のテーマは「エデンの園」。そして主役は、中央にある知恵の木。
展示中も、展示終了後も美しい影を作り出してくれました。

1212-17

エデンの園は2日で消失しましたが、後にその名残が。

1212-17-2 1212-18

川野恭子×saorinの合作写真集「When an apple fell, the god died」がどのような経緯で最終的な完成形に向かっていたのか、途中経過の紙選びや素材なども展示しました。
かなり手間のかかる完全手製本のため、今回完全オーダー制で受注しましたが、本当にたくさんの方にご注文いただきました。
(現在、少しずつ制作を進めております。お手元に届くまでかなりお時間を頂戴しますが、何卒ご理解くださいませ。)

1212-19

会場には、あちらこちらにドイツの哲学者、ニーチェの格言が。
Gott ist todt!とは、神は死んだ、という意味。

1212-20

吊り下げた作品の裏側にも、川野恭子さんの心に留まったニーチェの格言をあしらい、全体の世界観を統一させました。

1212-21 1212-22 1212-23

川野恭子さんの写真を用いた来年のカレンダーやポストカードセット、写真パネル、写真冊子を販売。
ちなみに、在庫わずかですが、壁掛けカレンダーとポストカードセットのみ、年内いっぱいホトリ通販部(オンラインショップ)で販売いたします。

1212-24

シークレットパーティーも行いました。
もちろん、乾杯のドリンクはシードル。

1212-25

本当にたくさんの人に来ていただきました。

1212-27 1212-29-3

会期中、写真の残しかたワークショップも毎日行いました。一部ご紹介します。
こちらはジェルメディウム転写パネル。

1212-26
1212-28 1212-29

アワガミの水張りパネル。

1212-29-2

革のカメラ型フォトチャーム、手縫いのワークショップもご参加いただきました。

1212-30

また、会期中1日だけ、アワガミの工藤さんにご協力いただき、プリントコンシェルジュワークショップを開催。

1212-31 1212-32 1212-33

皆さん、思い思いの写真をアワガミ用紙でプリント体験していただきました。

1212-34

特に、この雲流は和紙ならではの繊維が特徴の用紙で、敬遠しがちなのですが、写真によってはとてもはまって素敵に仕上がります。

1212-35

工藤さん、ありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA撮影:アワガミファクトリー工藤さん

工藤さんに撮っていただいた、きょんさんとのツーショット。
ありがとうございます!

1212-37撮影:戸崎さん

最終日、たくさんの方が駆けつけてくださり、皆で記念に集合写真。

1212-38

会期中、雪が降るほど寒い日や、工事でホトリ前の道路が陥没している日もありましたが、無事、全13日間を終了いたしました。
2度も3度もご来場くださる方、北海道や九州、四国、関西など日本全国からはるばる足を運んでくださる方、展示作品をじっくり、何度も鑑賞してくださる方。
前回の川野恭子写真展「そこここ」も素晴らしかったですが、今回はさらにそれを上回る展示となりました。
本当に、きょんさんには感謝の気持ちでいっぱいです!

きょんさん、ご来場くださった皆さま、遠方からご注文くださった皆さま、本当にありがとうございました!

 

【川野恭子写真展】 アワガミプリントコンシェルジュ 12/1(木)のお知らせ

1124-1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先週からスタートした川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god diedは、連日たくさんの方にお越しいただいています。
展示は全てアワガミファクトリーさんの和紙を使用しており、作品の風合いも楽しんでいただいています。
そこで、ご来場の方にもアワガミを気軽に楽しんでいただけるように、予約不要の1DAYイベントをご用意しました。
ちょっと自分の写真で試してみたい・・・そんな方は、ぜひSDカードかUSBメモリに写真データを持参してお越しくださいね。
アワガミのポストカードにその場でプリントし、お持ち帰りいただけます!
また、アワガミワークショップでもおなじみの工藤さんに1日プリントコンシェルジュをお願いしておりますので、和紙やプリントについて色々お話を聞けるチャンスです。

1124-2

プレミオ楮やプレミオいんべなど、何種類かのアワガミのポストカードと2L用紙をご用意します。
ご希望の方は、当日saorinまでお声掛けくださいね。

【川野恭子写真展】 アワガミプリントコンシェルジュ 12/1(木)

◆日時:12/1(木)15:00~19:00(最終受付 18:45)予約不要
◆所要時間:15分程度
◆会場:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆参加費:500円(1枚につき)ポストカードサイズもしくは2Lサイズ
◆持ち物:SDカードやUSBメモリなどのメディアに、アワガミでプリントしたい写真データを入れてご持参ください。

 

川野恭子×saorin 「When an apple fell, the god died」 合作写真集 期間限定で受注制作いたします

川野恭子写真展「When an apple fell, the god died」昨日よりスタートしています。
とても美しい展示に仕上がっておりますので、ぜひご覧くださいね。

img_4057

さて、先日シュタイデルブックアワードのロングリストにノミネートされた合作写真集ですが、もちろん展示会場でもこのようにディスプレイしております。
展示会場に来場くださった方のみの受注制とお伝えしていましたが、会期中のみ、遠方からのオンラインの注文も受け付けることにいたしました。
遠方で展示を観られない方、ぜひご検討くださいませ。

注文はこちらからどうぞ
http://fotori.thebase.in/items/4694524

合作写真集の詳細、シュタイデルブックアワードについての詳細はこちらから

【川野恭子写真展】 カレンダー&ポストカード、通販スタートしました

wallcalendar01
deskcalendar01
postcard01

こんにちは。写真企画室ホトリ室長saorinです。
今月16日からスタートする写真家・川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god died開催を記念して、オンラインでグッズを先行販売いたします。
オンラインで販売するのは、壁掛けカレンダー、卓上カレンダー、ポストカードセットの3種です。
壁掛けは月日部分を下一行デザインにしているので、写真をポスターのように飾って楽しめます。卓上は紙製スタンド付で自立するので、会社のデスクに飾るのにぴったりです。
いずれのカレンダーも、今までのきょんさんのゆるかわ作品とは少し違う、渋さをまとった落ち着きのある美しい写真たちです!
ちなみに!数は十分ありますので、展示にご来場予定の方は、会場で購入いただけますのでご安心を。
遠方で行けないよ~という方は、ぜひホトリ通販部(オンラインショップ)をご利用ください。
また、奈良のPHOTO GARDENさん、京都の工房絲さん、広島のchiotさんでも販売いたします。

川野恭子×ホトリ 2017壁掛けカレンダー・・・1,300円
川野恭子×ホトリ 2017卓上カレンダー・・・1,200円
川野恭子 ~When an apple fell, the god died ポストカードセット・・・1,000円

いずれも税込です。

img_3833

壁掛けカレンダーはA4サイズです。

wallcalendar02

月日部分を下一行デザインにしているので、写真をポスターのように飾って楽しめます。

wallcalendar03

黒台紙&バチ型クリップ付。

wallcalendar04 wallcalendar05

http://fotori.thebase.in/

http://fotori.thebase.in/

 deskcalendar02

卓上カレンダーは、今年は縦写真なので横デザイン。月日が見やすいのでデスクで飾るのにぴったりです。

deskcalendar03 apple_calendar_desk10 deskcalendar05

紙製スタンド付。(※写真は縦型カレンダーに付けています)

postcard02

When an apple fell, the god diedの作品5点をポストカードセットにしました。
トレーシングペーパーの封筒入りです。

postcard03

アラベール200kgという紙を使用しています。
遠方で来られない方、ぜひご検討くださいね。

川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god died 会期中のワークショップのお知らせ

img_3804
mizuhari01
charm_main
1126-46

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god died会期中、展示が始まるまでの11時から2時間、毎日色んなワークショップを行います。(※11月19日(土)より)
好きな日に来て、作りたい作品を作れる自由度が高いワークショップです!
きょんさんの写真展を見がてら、ぜひ参加してくださいね。
会期中開催するワークショップは、水張りパネル/革のカメラ型フォトチャーム/活版カレンダーアコーディオンアルバム/ジェルメディウム転写パネル です。

皆さまのご参加、お待ちしています!
各ワークショップの詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

現在募集している会期中の日程は全て満席となりました。また来月以降も不定期で開催いたしますので、告知募集をお待ちください。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル(ミニサイズもあり)
http://fotori.net/?p=12792

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 水張り木製パネル作り
http://fotori.net/?p=8689

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 活版カレンダーアコーディオンWS
http://fotori.net/?p=10120

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 革のカメラ型フォトチャーム作りワークショップ
http://fotori.net/?p=12279

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 活版カレンダーアコーディオンWS

0923-1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god died会期中、展示が始まるまでの11時から2時間、毎日ワークショップを行います。
好きな日に来て、作りたい作品を作れる自由度が高いワークショップです!
きょんさんの写真展を見がてら、ぜひ参加してくださいね。
会期中開催するワークショップは、
水張りパネル革のカメラ型フォトチャーム活版カレンダーアコーディオンアルバムジェルメディウム転写パネル です。

こちらは、季節限定!お好きな写真をお預かりして活版印刷カレンダーをホトリで制作し、そのカレンダーを立てて飾れる、アコーディオンアルバムを作るワークショップです!
カレンダーはポストカードサイズです。↓の写真のように、合わせて紙製のスタンドをお付けしますので、カレンダーの代わりにポストカードの写真も飾れるアルバムです!
先日ホトリ4周年記念で初登場したホトリオリジナルの和紙を使ってサンプルを作ってみました。

0923-2

包装紙(もちろん、ホトリの和紙以外にもたくさんあります)と革ボタンのデザインや、

0923-3

先日ホテル花月様に納品した、シンプル平ゴムタイプ、

0923-4 0923-5

包装紙+リボンタイプと、3つのパターンから好きなデザインでアルバムを作ることができます。

0923-6

包装紙もたくさんご用意していますので、お好きな柄をお選び下さいね。

0923-7

がつんとへこんだ文字がかっこいい活版印刷。
ハーフエアというざらっとした空気感のある紙に印刷された写真も、なかなか味わいがあります。

0923-8

こちらの、紙製スタンド+木製ピンチもお付けします。
ちなみに、もし写真がない場合でも私saorinのカレンダーをご用意いたします。

皆さまのご参加、お待ちしていますね!

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 2017活版カレンダー アコーディオンアルバム

◆日時:11月19日(土)~12月2日(金)のいずれか希望の1日 ※月・火を除く 11時~(約1.5時間)
◆参加費:5,500円(活版カレンダー、紙製スタンド、アルバム材料費込)
◆定員:各日6名
現在募集している会期中の日程は全て満席となりました。また来月以降も不定期で開催いたしますので、告知募集をお待ちください。
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:はさみ、希望者は表紙用の包装紙(縦22cm×横16cm×2枚)
◆お申込み方法: メールにてお申し込みください。
info@fotori.net 宛に、タイトルを「活版アコーディオンアルバムWS」とした上で、

・氏名
・メールアドレス
・日中連絡のつく電話番号
・参加希望日
をご記入の上お申し込みください。

※事前に写真を12カ月分お送りいただきます。(〆切:参加希望日の5日前
1月、2月・・・の指定がある場合は、ファイル名をわかりやすいように変更してください。
長方形の写真は、正方形にトリミングいたします。(可能な方は、あらかじめ正方形の写真をお送りください)

写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、圧縮ファイル一つにまとめて
以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。

メールアドレス:info@fotori.net

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※写真を送るのが難しければ、saorinオリジナルのカレンダーをご用意いたします。その旨お知らせください。

アコーディオンアルバムについての詳細は以下の写真もご覧ください。

1203.b

色んな種類の包装紙&リボンをご用意します。(写真の包装紙はイメージです)
もしご自分のお気に入りの包装紙を使いたい場合は、縦22cm×横16cmの紙(薄すぎない方がベター)を
2枚ご用意ください。

1203.c

カレンダーはポストカードサイズなので、自分の好きなポストカードを飾ってもよいですね。

1203.d

フォトコーナーを使うので、ポストカードサイズの写真との入れ替えが可能です。
またフォトコーナーは、色んなカラーをご用意します。

1203.e

カレンダーの月日の部分が、味のある活版印刷で刷られています。
独特のへこみやかすれが魅力的です。

1126-45

これらは昨年開催したワークショップの皆さまの作品。シンプル平ゴムタイプです。

1126-46
img_2300

こちらは包装紙+リボンタイプです。
皆さまのお申込み、お待ちしています!

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル(ミニサイズもあり)

gelpanel1
panel01

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god died会期中、展示が始まるまでの11時から2時間、毎日ワークショップを行います。
好きな日に来て、作りたい作品を作れる自由度が高いワークショップです!
きょんさんの写真展を見がてら、ぜひ参加してくださいね。
会期中開催するワークショップは、
水張りパネル革のカメラ型フォトチャーム活版カレンダーアコーディオンアルバムジェルメディウム転写パネル です。
こちらは、saorin著書『写真を楽しむ133のネタ帖』で紹介しているジェルメディウム転写パネルのワークショップ。ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をキャンバスパネルに転写させます。
少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。
FSMサイズ(22.7×15.8cm)とミニサイズ(14×10cm)の2種類をご用意いたします。
ミニサイズは、2枚までなら複数制作可能です!
作品の詳細は、募集記事の↓をご覧くださいね。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル

◆日時:11月19日(土)~12月2日(金)のいずれか希望の1日 ※月・火を除く 11時~(約1.5時間)
◆参加費:FSMサイズ(22.7×15.8cm)4,000円/ミニサイズ(14×10cm)2,500円
※ミニサイズは2枚まで制作可能、1枚ごとに料金がかかります
◆定員:各日6名 現在募集している会期中の日程は全て満席となりました。また来月以降も不定期で開催いたしますので、告知募集をお待ちください。
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールでお申込みください。 メールアドレス:info@fotori.net
タイトルを「ジェルメディウム転写パネルWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日
・制作希望サイズ、枚数

<事前にお送りいただくデータについて>
※参加希望日の4日前までに、写真データを希望制作枚数分枚お送りください。
メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/


panel03
panel02

かすを地道に、丁寧に取り除くのが、きれいな仕上がりのコツです。
複数枚作る方は、ちょっと時間がかかります。

gelmediumu_sample
img_3804

毛羽の流れや端の千切り方で、雰囲気が変わります。

皆さまのご応募、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 革のカメラ型フォトチャーム作りワークショップ

cameracharm01

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god died会期中、展示が始まるまでの11時から2時間、毎日ワークショップを行います。
好きな日に来て、作りたい作品を作れる自由度が高いワークショップです!
きょんさんの写真展を見がてら、ぜひ参加してくださいね。
会期中開催するワークショップは、
水張りパネル革のカメラ型フォトチャーム活版カレンダーアコーディオンアルバムジェルメディウム転写パネル です。
そしてこちらは、ホトリの新作革グッズ、カメラ型の革フォトチャームです!
中にはお子さまやペットの写真を入れてみてはいかがでしょうか?
革の手縫い作業は難しそう・・・と思われがちですが、あらかじめ革に穴を開けてから縫うのでそれほど大変ではありません。
ぜひオリジナルのチャームを作ってみてください。
ブラック・レッド・ブラウン・ブルー・ベージュ・イエロー・ダークブラウンの中から好きな色を選べます!

cameracharm02

愛犬アビの写真を入れたチャームを、さっそくバッグにつけてみました。
写真は入れ替えができますので、お気に入り写真が増えるたびに差し替えてみてくださいね。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 革のカメラ型フォトチャーム作りワークショップ

◆日時:11月19日(土)~12月2日(金)のいずれか希望の1日 ※月・火を除く 11時~(約1.5時間)
現在募集している会期中の日程は全て満席となりました。また来月以降も不定期で開催いたしますので、告知募集をお待ちください。
◆参加費:3,500円
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら) ◆お申込み方法: メールでお申込みください。 メールアドレス:info@fotori.net
タイトルを「フォトチャームワークショップ申込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
フォトチャームの中に入れる写真が必要な方は、事前に写真をお送りいただきます。(〆切・・・参加希望日の4日前まで)

チャームの窓枠は直径2.2cmです。窓から出したい被写体がわかるような写真をお送りください。

cameracharm03

サイズはこんな感じ。ボールチェーンの長さは15cm程度です。

0921-16

ワークショップで制作していただいた作品。プレゼントにするそうです!

0921-15
cameracharm04

希望者は、裏側にお名前などの刻印ができます。

cameracharm05

ボールチェーンは3種類から好きな色を選ぶことができます。

皆さまのお申込み、お待ちしています!

 

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 水張り木製パネル作り

mizuhari02

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
川野恭子写真展 ~When an apple fell, the god died会期中、展示が始まるまでの11時から2時間、毎日ワークショップを行います。
好きな日に来て、作りたい作品を作れる自由度が高いワークショップです!
きょんさんの写真展を見がてら、ぜひ参加してくださいね。
会期中開催するワークショップは、
水張りパネル革のカメラ型フォトチャーム活版カレンダーアコーディオンアルバムジェルメディウム転写パネル です。
こちらは、アワガミワークショップでおなじみ、水張りパネル。A5サイズでパネルを制作します。
作品の詳細は、募集記事の↓をご覧くださいね。

mizuhari01
こちらは前回のきょんさんの個展「そこここ」のコラボワークショップで制作したF0サイズ(18×14cm)の水張りパネルです。今回はもう少し大きいA5サイズで制作します。

側面まで写真が巻き込まれているところがポイント。
ですので、なるべく中央に被写体が寄っている写真をお選びくださいね。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 水張りパネル

◆日時:11月19日(土)~12月2日(金)のいずれか希望の1日 ※月・火を除く 11時~(約1.5時間)
◆参加費:4,000円(A5サイズ 21×14.8cm)
◆定員:各日6名 現在募集している会期中の日程は全て満席となりました。また来月以降も不定期で開催いたしますので、告知募集をお待ちください。
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールでお申込みください。 メールアドレス:info@fotori.net
タイトルを「水張り木製パネルWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日

<事前にお送りいただくデータについて>
※参加希望日の4日前までに、写真データをお送りください。
メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※水張りパネルには、前面に出る部分と側面部分でちょうど写真がおさまるようにA4サイズで余白をつけてプリントします。
写真のアスペクト比によっては上下左右がトリミングされます。
被写体が中央に配置された写真、もしくは全体的に配置された写真(例:お花畑)をご用意ください。
被写体が端に来ていると、パネルにした時に側面部分に配置されてしまいます。

※ 若干ですが色が沈みます。
色の再現域が光沢紙に比べ狭いので、モノクロの階調を際立たせたい写真には向きません。
暗い部分はモニターで見ているよりもつぶれる可能性があります。

0725.13
0725.7

角はこのようにきれいに処理します。
水張りという方法を使った、家庭でお手軽にできるDIYパネル。
ぜひ和紙で作ってみませんか?

覚えておいて損はない、水張りの技法が学べるワークショップ。
ぜひお申し込みくださいね!お待ちしています。

 

【川野恭子写真展】 インスタレーション鑑賞&撮影会 by tocolier 11/16(水)・17(木)

満席となりました。

tocolier_main
※画像はイメージです

川野恭子写真展「When an apple fell, the god died」のオープニングイベントとして、初日11/16(水)と2日目11/17(木)の2日間、草木・花のインスタレーション鑑賞と撮影会を行います。
インスタレーション作品を手掛けてくださるのは、服と花のアトリエショップ&ギャラリーtocolier(トコリエ)さん。
今回の展示の、哲学的で重厚なイメージにインスパイアされた作品が、期間限定で登場します。
インスタレーション作品を鑑賞しつつ、きょんさんのプチレッスンも交えながら撮影しましょう!
きっと、その時だけのとっておきの作品が生まれるはずです。
この写真展だけのスペシャルコラボ企画です!ぜひぜひ、ご参加くださいね!

tocolier00

(申し込み方法は、この記事の下部をご覧ください。)

!必ずお読みください!

※お申し込みはお一人ずつでお願いします。友人同士の複数人のお申し込みは受付できません。
10/31(月)12時より受付開始、先着順で申し込み受付いたします。
※メールの返信は3日以内に行います。返信がない場合は届いていないことも考えられますので、再送ください。

※撮影会以外の普通の展示会期中の鑑賞・撮影は基本的にはOKですが、カメラを問わず、1カットか2カットくらいの記録にとどめる程度でお願いします。

※インスタレーション作品を鑑賞できるのは16日(水)・17日(木)の2日間のみです。18日以降は入口付近に解体してまとめます。

 

【川野恭子写真展】 インスタレーション鑑賞&撮影会 by tocolier 11/16(水)・17(木)

◆日時:11月16日(水)/11月17日(木)(各日 11:00~1時間半程度)
◆参加費:5,000円
◆定員:8名 → 両日共に満席
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:カメラ
◆お申込み方法: メールでお申込みください。メールアドレス:info@fotori.net

タイトルを「インスタレーション撮影会申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日 11/16(水) or 11/17(木)
・メールアドレス(info@fotori.netのアドレスが受信できるよう設定お願いします)

tocolier01

個展は13時からスタートですので、イベント参加者&きょんさんだけでゆっくり鑑賞・撮影できます。
草木・花のちょっとした撮影のコツ・テクをきょんさんから学べるチャンスです♪

tocolier02

tocolierさんでは、毎月花撮影会を開催されていて、独自のお花のセレクトに定評があります。
インスタレーション作品も、とても楽しみですね!

tocolier03 tocolier04 tocolier05

皆さまのお申込み、お待ちしています。