mika takano photo exhibition まぼろしだったかもしれないし展 レポート

0921maboroshi.01

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日開催されたmika takano photo exhibition 「まぼろしだったかもしれないし展」のレポートをお届けします。
3日間限定で展示自体がなんだかまぼろしのようでした。
“まぼろし”という言葉を目にするたびに、この展示を思い出すことになりそうです。
ホトリの中に、透明感あふれる爽やかな風が吹いた3日間でした。

0921maboroshi.02

—————————————————————

まぼろしのはじまり

たった一日、「まぼろしのようだね」と誰かが言いました
その言葉に引っぱられるように
たった一日きらきらと雨の降る古民家で七人で
写真と古本とおいしい料理
「まぼろしだったかもしれないし展」を開催したことがはじまりです
(本当にあったかもしれないしなかったかもしれない!)

いつだって過ぎてしまえば
あったかもしれないしなかったかもしれない
そんな瞬間の連続の中で
私にだって誰にだってある
「まぼろしだったかもしれないし!」
という気持ちと風景を感じてもらえたらうれしいです

—————————————————————

0921maboroshi.03 0921maboroshi.04 0921maboroshi.05

いつだって過ぎてしまえば
そこにあったかもしれないし
なかったかもしれない。

私たちはいつも瞬間の連続を歩いています。
その過去の瞬間を写真でタイムスリップすることができたら
いつでも瞬間の旅ができるんですね。
写真って瞬間だったり、積み重ねだったり。
時間を絡めて考えたとき、
1枚の絵にストーリーが生まれたり、その人の過去が透けて見えたりします。

0921maboroshi.06

こちらは高野さんが学生の頃に行ったベトナムの写真。
10年くらい前の写真だそうで、現在のベトナム・ホーチミンとは少し違う風景が写っているかもしれません。

0921maboroshi.07

私も真似したい!と食いついた、布の作品。
下からサーキュレーターを当てて、風で揺れ動く展示にしました。
これがとても爽やかでした~

0921maboroshi.08

透け感があるので光も当てて。
テーブルに置いてある写本(写真集やzine)、撮るの忘れました・・・しまったー

0921maboroshi.09 0921maboroshi.10

同じ2L写真なのですが、額装とアクリルパネルだと大きさの印象が変わります。不思議ですね。

0921maboroshi.11

ちなみにこのアクリルパネルは販売していて、わたくしsaorinも1枚お買い上げ。
空の写真なのですが、色のトーンとグラデーションがなんだか不思議で、惹かれました。
これを飾ると、そこが窓になりそう。どこに飾るか考え中です。

0921maboroshi.12 0921maboroshi.13

そうそう、3日間の会期中、ポスターをホトリ看板に貼っていたのですが、

0921maboroshi.14

なんとポスターが日替わりに!
2日目、貼りかえる高野さん。

0921maboroshi.15 0921maboroshi.16

初日のポスターを撮るのも忘れた、、、

0921maboroshi.17
0921maboroshi.18

初日は台風と秋雨前線の影響で大雨でしたが、友人たちが駆けつけてシークレットパーティーを開きました。

0921maboroshi.19

0921maboroshi.20

悪天候にも関わらずお友だちがたくさん!

0921maboroshi.21

ところで最後に余談ですが・・・
わたくしsaorinは高野さんとは10年来の付き合いで、一緒に沖縄に行ったりキャンプに行ったり焼き鳥食べたりと仲良くさせてもらってるのですが、今まで展示した作品のモデルとしてもちょくちょく登場してもらっていることに気づきました!
というわけでちゃっかりついでにご紹介します。
↑は去年のホトリ写真部グループ展で展示した作品です。

0921maboroshi.22

これは一昨年の作品。
私はポートレートはほとんど撮らないんですが、なんかいい感じに撮れたのでポスター風にして展示しました。やっぱりモデルがいいんですね~
考えてみると写真は2枚とも一緒に行った沖縄旅行で撮った作品です(笑)
また沖縄行きたいなあ。

0921maboroshi.23

と、3日間のまぼろしが終了しました。
またいつか展示してもらえたらうれしいな~
ご来場くださった皆さま、展示してくれたミカリン、ありがとう!

 

mika takano photo exhibition まぼろしだったかもしれないし展 9/17(日)~19(火)

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらからご覧いただけます。>>>

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
9月に開催される個展のお知らせです。
Mika Takanoさんは、一緒に沖縄に行ったり、キャンプしたりと、個人的に親しいつながりなので、ホトリで個展を開いてくれるのがとてもうれしく、楽しみです!
会期中、ワークショップも開催予定です。追ってお知らせしますね。(※8/12追記 この展示会期を含む、9月のワークショップの募集を開始しました。詳細はこちら>>>

maboroshi_0804_CS5_ol
maboroshi_0804_CS5_ol

いつだって過ぎてしまえば、そこにあったかもしれないしなかったかもしれない

mika takano photo exhibition まぼろしだったかもしれないし展 9/17(日)~19(火)

◆会期:2017年9月17日(日)〜19日(火)
17.18 /12:00〜19:00
19 /13:00〜18:00
◆会場:写真企画室ホトリ(〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10)
詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)

いくつになっても、これからも。「31才の写ルンです展」 開催のお知らせ 出展者募集!

出展者募集は〆切りました。

アワガミ公募展4C_original

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨年、富士フイルムのレンズ付きフィルム「写ルンです」が30周年を迎えたのは記憶に新しいですよね。
今年も、「もっと写ルンですで写真を撮ろう、フィルム写真を楽しんで行こう!」テーマに自由な作品を発表いただく公募展を開催いたします!
この夏、31才となる写ルンです。ぜひ、楽しんでみませんか?

kobapon&saorin
(左:わたくし、ホトリ室長saorin/右:こばやしかをるさん)

今年は、写真家こばやしかをるさん主宰のエンジョイフォトルームと写真企画室ホトリのコラボ企画です!
展示の9月に向けて6~8月までの全3回、こばぽん先生による写ルンですワークショップも実施いたしますよ!(詳細は下記、もしくはエンジョイフォトルーム募集記事をご覧ください)
さらに!スペシャルゲストとして、写ルンですの開発に携わった富士フイルム関係者の方々にも参加していただきます!
初日23日(土)夜のオープニングパーティーでは、開発時のおもしろ談義が聞けるかも?!

31_01写真:こばやしかをる

31_02 31_03
写真:こばやしかをるLF_img02

【写ルンですワークショップ実施内容】全3回/定員8名 講師:こばやしかをる
Aのワークショップ参加型コースでお申込みいただくと、全3回の写ルンです講座に参加できます!
写ルンですの撮り方のコツや、フィルターやフラッシュなど、さまざまなテクニックをレクチャー。最終回はプリント講評会で、プリントと作品見せの両方を楽しめます。
写ルンです2本と、ホトリオリジナルBOXが特典として付く、写ルンですの魅力を存分に楽しめるワークショップです。

◆ワークショップ1回目:6月25日(日)11時~(約2時間)
小物を使ってマクロ&フィルター撮影を楽しもう 会場:写真企画室ホトリ
終了:レポートはこちら>>>

◆ワークショップ2回目:7月30日 (日)16時~(約2時間)
フラッシュを使いこなそう 会場:写真企画室ホトリ
終了:レポートはこちら>>>

◆ワークショップ3回目:8月27日 (日)11時~(約2時間)
作品講評会およびプリントワークショップ 会場:ワンダーフォトショップ2F
終了:レポートはこちら>>>(※エンジョイフォトルームサイトブログ内)

※ワークショップの詳細は、こちらのページもご覧ください。>>>

ワークショップでは、写ルンですでこんな写真を撮りますよ!

Filter&flash
写真:こばやしかをる フィルター&フラッシュ
filter_03 filter_02
写真:こばやしかをる フィルター  Flash_02
写真:こばやしかをる フラッシュ  macro&filter写真:こばやしかをる マクロ&フィルター0715.2

ワークショップ参加型コースでお申込みいただく方には、写ルンです2本とホトリオリジナルBOX(L版)をプレゼント!

ぜひ、皆さまふるってご参加くださいませ。

写真企画室ホトリ×エンジョイフォトルーム コラボ企画
31才の写ルンです 展

◆会期:2017年9月23日(土)~30日(土)13:00~19:00(最終日は18時終了)
※9月23日(土)18時~ オープニングパーティー トークイベント予定
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<参加要件>
・富士フイルム社製「写ルンです」で撮影した作品であること。
・テーマは自由です。
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。

<展示作品>
幅80cm内で点数自由。
※自身で設営する場合は9月23日(土)10時から搬入。ホトリで委託設営する場合は9月22日(金)14-16時元払い必着で郵送してください。その場合、作品レイアウトの指示を同封してください。
※作品の天地をわかるように明記してください。

<参加費>※写ルンですの現像代・プリント代は含まれません
A:ワークショップ参加型コース(定員8名満席・募集は〆切りました)・・・税込 15,000円
(Aコースの参加費には以下が含まれます・・・全3回の写ルンですワークショップ参加費/ギャラリー使用料/DM1人20枚/ネーム&タイトルプレート制作/写ルンです2本/ホトリオリジナルBOX(L版)1個)

B:出展のみコース(定員6名満席)・・・税込 6,000円
(Bコースの参加費には以下が含まれます・・・ギャラリー使用料/ネーム&タイトルプレート制作/DM1人20枚)

Aコース特典の写ルンです2本とホトリオリジナルBOX(L版サイズ)は、ワークショップ初回の6月25日(日)にお渡しします。

<注意事項>

・参加費はホトリ店頭でのお支払か、指定の口座にお振込みいただきます。お申し込み後お知らせいたします。

・複数で応募される場合、レイアウトはこちらで決定させていただきます。

・Aコースでお申込みいただく方は、6月25日(日)/7月30日 (日)/8月27日 (日)全3回の写ルンですワークショップにご参加いただきます。万が一不参加の回があっても出展料の返金はできません。

<応募〆切>
Aコース:2017年6月27日(木) ※2回目以降からの参加も可能。出展料は一律とさせていただきます
Bコース:2017年8月5日(土)

<搬入・搬出について>

・自身で設営される方
初日9月23日(土)の10時~13時までに来場・設営完了してください。

・自身で設営できない方(郵送:ホトリ委託搬入)
9月22日(金)14~16時元払い必着にてお送りください。

・搬出日・・・9月30日(土)18時

来場し搬出される方は、18時までにお越しください。
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

<お申込み>
タイトルもしくは1行目を「31才の写ルンです展申込み」とした上で、メールまたはLINE、ホトリ店頭にてお申し込みください。

メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
LINEでお申込みいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・参加コース(A or B)
・展示作家名(任意)
・郵便番号、住所
・電話番号
・メールアドレス
・搬入(来場 or 委託設営)
・搬出(来場 or 郵送)