【室長の徒然コラム】フィルムの整理、どうしてますか

1205.0
ファーストフィルムの1枚。なんてことないベランダで撮った写真だけど、フィルムの描写に感動した

来年3月に、アビとの日々を綴った個展を開催することにした。それにともなって、今、昔のフィルムの大捜索中である。
7~8年くらい前からのフィルムはばさっと束になってあるのだが、どうしてもそれ以前の、フィルムカメラで撮り始めた頃の、初期のネガフィルムが見つからない。
一応全てデータ化されてPCに保管されているけれど、最初のフィルムのデータサイズなんて、長辺が900pxにも満たないのだ。プリントするにはサイズが圧倒的に足りない。L判かポストカードくらいが関の山だろう。
今日も自宅のパンドラの箱状態だったクローゼットや棚などを捜索したが、いまだ見つからず。もしかして捨ててしまったのだろうか。私のファーストフィルムは、かれこれ15年近く前にさかのぼる。当時どのように保管したか、そもそもどこに現像に出していたかなど、さっぱり記憶がない。人は本当に忘れていく生き物なのだなと思う。
けれども、写真を見返すと、それを撮った時の気持ちや情景がよみがえる。写真ってタイムマシンみたいだ。

もともと整理整頓が苦手でずぼらな性格な私は、撮ったフィルムを特に整理するわけでもなくずっとそのままで保管していたが、どうやらこのフィルム大捜索に引きずられて気分が整理整頓モードに突入したらしく(早めの大掃除のようなものだ)、このフィルムの山をどうにかしよう!とフィルムの整頓に着手した。

1205.1

数えてないが、一体何本分あるのだろう。いやむしろ数えるべきか。
一時期現像に出していた写真屋さんは、プリントなしでもインデックスを付けてくれていて、それは整理に大いに役立った。ネガフィルムは光に透かして見てもいつ撮った写真なのかわからないことが大いにある。

1205.3

マメだった時の私はインデックスをネガフィルムが入った袋の表面に直接貼り付けていたが、これだけ数が多くなるとその袋すらも物理的にかさばるということに気づき、インデックスをネガフィルムのシートに直接ホチキスで留めることにした。

1205.2

パリを旅していた時の写真。旅は旅ごとにまとめることにした。
ただフィルムって、枚数全てが同じ時に撮られたものではないことも多々あるのが悩ましい。
ほぼパリの写真だけど、数枚家の近所で撮った写真もある・・・みたいな。

1205.4

不要になったフィルムの紙袋を処分。
チリも積もれば、で結構な量になった。

で、インデックスが付いていたフィルムはやり終えたけど、問題はインデックスがないフィルム。光に透かしてみて、何が写っているのかとりあえず袋に書いてみたが、さてどうしようか。。。(既に力尽きた感がある)

1205.5

本当に、私のファーストフィルムはどこにあるのだろう。
自宅の、ここにきっとあるだろう!と目星をつけたところになかったので、ややあきらめかけている。もしかして本当に何もわかっていなかった昔の私、フィルムを捨ててしまったのかもしれない。記憶がないのが致命的だ。悲しい。

今は作品を撮るのはデジタルがメインになった私だが、フィルムで撮られた昔の写真を見ていると、センチメンタルな気持ちになる。これは、私が口笛を吹いたらアビが首をかしげまくっていて、めちゃめちゃかわいくてシャッターを切った。同じ首かしげ写真が6枚もある。こんな室内でも、その時のアビを残したくてフィルムで撮ったのだ。(もう一度、大きいサイズでスキャンしたいのだが・・・)

ネット社会の昨今、フィルムで撮ることが全て正しいとはもちろん言わない。けれども、デジタルと違う点は、写真のもととなるもの(=フィルム)に質量があること。その点がデータとは違う。写真に手触りを感じること、それは今の時代においてなかなか貴重なことだと思う。

そうそう、ホトリで人気のmasa*さんとのフィルムカメラレッスン、次回は平日開催で来年2月の4日(月)に決まった。また、針穴写真家の遠藤先生による針孔箱カメラを作る1DAYワークショップは2月16日(土)に開催予定だ。ここのところ、写真はデジタルから入った人がフィルムに興味を持っているな、ととみに感じる。近日中に告知するので、ご興味ある方はぜひどうぞ。

 

【室長の徒然コラム】本当に残したい、飾りたい写真のかたち

layeredpanel_6

今年リリースした、旅と山の写真案内サイト「畔の窓」に続き、ホトリの本家サイトでもわたくしホトリ室長saorinのコラムを綴ることにした。
いつものお知らせやレポートとは趣向も文体も変えて、とつとつと吐き出していく。
本当にお暇な方はお付き合いください。

avi
親ばか承知ですが超かわいいと思うんです

先月、10月の初めに、我が子のような存在だった愛犬アビが旅立った。
14歳と7カ月だった。
私が写真を形に残す制作活動を始めたのが2008年頃。そのもっと前からアビはずっと私に寄り添ってくれ、時には作品のモデルもつとめてくれていた。著書を持ってくれている方は、ちらほら紙面に登場する黒いミニチュアダックスに見覚えがあるかもしれない。
14年半もの間ずっと一緒に暮らしていたから、生活のすべてにアビが組み込まれていた。アビを失った最初の頃は、何か一つこなすたびに涙が出た。
でも1か月がたって、思い出すとまだまだ悲しいけれども、少しずつ心が癒えてきている自分に気づいた。時間ぐすりというのは本当だ。
時が痛みやつらさをやわらげてくれる。

改めて、アビの写真を飾る、ということを考えた。
今まで「写真を飾る、残す」ということが仕事になってきた私だが、本当の意味で真剣に、自分の家にアビの写真を形に残して飾る、ということを振り返った。
写真を残すことを仕事にしてきてよかった。
私自身が本当に飾りたいアビの写真の形を、具現化できるのだから。

どんなインテリアとも喧嘩せず、遊び心もあって、なおかつとてもかわいい、そんな作品を私は過去に残していた。3冊目の著書「たいせつなものを撮ろう、残そう」に掲載している、レイヤードアクリルパネルだ。
たまにホトリでもワークショップを開催しているのだが、どうもコラージュが複雑で難しそうなのか、あまり人気がない(笑)。
けれども、今回新しく、わかりやすくシンプルなデザインで再リリースしてみた。
オーダーも始めてみた。
私が何よりほしいこのパネル、ぜひペットやお子さんの写真で注文してほしい。

layeredpanel_main

必要なのは、主役の写真と、背景の写真と、吹き出しメッセージだけ。
背景は私の写真を用意しているけれども、もちろん自分の写真でもOK。

layeredpanel_4

写真ではわかりづらいけれども、浮遊感がとてもかわいい。

layeredpanel_6

10cm×10cmとどこでも飾れるサイズで、1.5cmある厚みで自立する。
ぜひ、あなたの愛するペットやお子さまで注文してほしい。

注文についての詳細はこちらをどうぞ>>>

 

旅と山の写真案内サイト「畔の窓」をOPENしました

webtop

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
このたび、WEBサイト「畔(ほとり)の窓」を新しくOPENしました。
「畔の窓」は、物語のある旅と山の写真案内サイトです。

旅といっても、ご紹介している全てがいわゆる“絶景スポット”ばかりではありません。
もちろん有名な観光地もたくさんありますが、主に私が写真を撮りに行きたい!と思えるような、どちらかといえばマイナーかもしれない、でも写真好きさんのアンテナがピン!と立つようなそんな場所を、一つ一つエピソードと合わせて紹介しています。
ただおすすめの場所をそのまま紹介しても芸がないし、私自身もつまらないと思ったので、それならばいっそのこと読み物としてもっとおもしろいものにしよう、と物語をつけることにしました。

日本と世界のスポットは、半分本当のような、でもほとんど作り話のような・・・
本当とうそを、そのエピソードごとに色んな割合でブレンドしています。
MOUNTAN、山は完全なノンフィクション。私の山行にまつわるエッセイです。
ROAD TRIPは、車でする旅シリーズのノンフィクション旅行記。
まだ2017年の北海道編しかありませんが、徐々に増えていく予定です。

このサイトOPENを記念して、ホトリが6歳の誕生日を迎える今年7月、saorinの個展を開催予定です。
新しい記事もこれからどんどん追加していきますので、ぜひ「畔の窓」をよろしくお願いします!

畔の窓
http://mado.fotori.net/

【写真コラム】zineって何?の声にこたえます!photo zine、作ってみませんか?

0215.0

zineってそもそも何?

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2018年3月1日から4日間、CP+フォトヨコハマという写真とカメラの祭典が横浜で開催されます!
その会期中、わたくしsaorinも運営事務局メンバーである、写真とzineのイベント「PHOTO! FUN! ZINE! WALL」も開催されます。
26組の出展者が決定し、もうイベントまで残り2週間を切りました。
フォトヨコハマのサイトでもパートナーイベントとして紹介していただいています!
詳しくはこちら>>>

ですが、今回初めてこのコラムを見る人は、「ていうか、zineって何??」と思っているかもしれません。
というわけで、このコラムで「そもそも、zineってどういうもの?」という疑問にお答えしつつ、zineをばっちり紹介したいと思います!

0215.1

※ZINE(ジン)・・・有志の人々が制作する、少部数で非商業的な(利益重視ではない)出版物のこと。
リトルプレス、ミニコミ誌とも呼ばれています。

うーんわかりづらいですね(笑)。
簡単に言うと、手製の写真の冊子、でしょうか。
写真集みたいにがっちりした作りでなくてもOK。
ホチキス止めのしおりみたいな感じでも十分zineです!
写真だけでまとめる写真集的なzineでもよいですし、中に絵や文章を入れたりしてもOK!
photo zineは、主に写真をまとめたzineのことを指しますが、本来zineはイラスト、文章、写真、なんでもありなんです。

では、photo zineではどんなものがあるのか、ざっと紹介いたしますね。
すべてホトリ室長saorinの作品です。

0215.2

◆ホチキス留めzine

裏表に印刷したページを重ねて、半分に追ってホチキスで留めたzine。
簡単に作れるのですが、写真の面付が意外に大変かも?
ただし、プリンターを使うのであればブックレット印刷機能があるので、それを駆使するのも手です。詳しくはこちら>>>

0215.3

見開きを考えるのが楽しいです。
これは、「a fine line」という作品。
“a fine line”=紙一重、という意味です。
美しいものも、汚いものも、実は紙一重なのだ。という内容。(ざっくり)

0215.4

◆クリップ留めzineその1

これはとても単純!写真を片ページで印刷し、クリップなど(写真の作品はガチャックを使用)で留めただけ。
考えるのは写真の順番だけ。見開きを考えなくてよいのでとても簡単です。

0215.5

1枚1枚めくって楽しむタイプのzineがよいですね。
これは「Walk around my home」というzine。私の家の半径100m以内を愛犬と歩いたときに撮った写真をまとめています。
それぞれにコメントも付けています。

0215.6

◆糊付け製本zine

これはちょっとだけ特殊。製本機を使って背の部分を糊付けしたzineです。
個人で作る場合、キンコーズに持っていけば製本してくれますよ!

0215.7

昨年訪れた北海道の写真と、旅の日記をまとめたボリュームたっぷりのzineです。
こちらのzine、PHOTO! FUN! ZINE! WALLで展示いたしますので、ぜひご覧ください!

0215.6-1

こんな風に写真日記みたいな部分もあります。とにかく盛り込みたい内容をまとめたら、それはzineです!

0215.8

◆糸綴じzine

紙に穴を開けて、用紙同志を糸で綴じたzine。
ちょっとした製本の技術が活きています。

0215.9

糸の色にこだわるのもかわいいです。

0215.10

このタイプは開きがよいので見やすいのが特長です。
「moment」のタイトル通り、心に残った瞬間をまとめました。

0215.11

◆クリップ留めzine2

クリップと呼ぶべきなのか?ちょっと不明ですが(笑)、穴を開けて綴じるタイプのzineです。
これも片ページ印刷なので、レイアウトはそこまで考えなくてOK。

0215.12

パリに行きたくなる写真をまとめました。

0215.13

◆和綴じzine

製本技術の中でも、日本古来から親しまれてきた和綴じの技術を使ったzine。
和綴じというとどうしても和風なイメージの作品になりがちですが、デザイン次第でスタイリッシュにもなりますよ!

0215.14

和綴じはときどきホトリでもワークショップを開催しています。ぜひご参加ください!

このようにzineってとても自由なんです!
1冊のzineに写真をまとめるのは、ただ写真を撮るのとはまた違う楽しさがありますよ。

0215.15

こちらは昨年2017年のPHOTO! FUN! ZINE!の様子です。
出展者それぞれ、壁面作品と制作したzineを展示販売します。(※今年は展示メインなので、出展者が在廊している時のみ購入可能です)

0215.16

写真作品とzine、両方楽しめるのがPHOTO! FUN! ZINE!です!

0215.17

いかがでしたか?
PHOTO! FUN! ZINE! WALLでは、たくさんの出展者のzineと壁面展示作品を楽しめますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

 

【写真コラム】ミラーレスカメラ(SONY α7II)とオールドレンズの写りについて語る話

mirrorlessoldlenz01

昨年2017年は私的にカメラ周りが激動した1年だった

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今日は最近使っているカメラとレンズについて、ちょっとしたコラムをお届けします。

ずっと、35mmのフィルムカメラ、Contax Ariaで作品を撮っていました。
デジタル全盛のこの時代になぜフィルムカメラで撮るのか、と聞かれたらこう答えます。「デジタルでは出ない質感、アナログ感がよい」
フィルムならではの粒状感、デジタルでは出ない(と思っていた)とろみ、ボケの感じ、柔らかさ。とにかくフィルムはよい。理屈じゃないよさ。
(フィルムカメラレッスン、今月あります!2/25(日)詳細はこちら>>>

と、最初からフィルムについて好きな理由を語ってしまいましたが・・・
わたくし、昨年ついに主機をフィルムからミラーレス一眼に乗り換えたのでした。
フィルムをやめたわけではないのですが、ミラーレス+オールドレンズの組み合わせが思っていた以上によくて、フィルムみたいな柔らかさが出るので、最近はもっぱらミラーレスで撮っています。

というわけで、今日はそのミラーレス一眼と、オールドレンズの組み合わせ、写りについてまとめておきます。
ちなみにオールドレンズとは、昔作られたカメラのレンズのこと。
今は、デジタル一眼レフやミラーレス一眼でも、マウントと呼ばれる専用のアダプターみたいなものがあれば、古いレンズも付けられるんですね。
しかも現行のレンズに比べて、クラシカルな写りとなるため、割と今人気です。

私が持っているミラーレス一眼は、SONY α7II。
今回作例をご紹介するオールドレンズは、主に使っているのがNOKTON classic Voigtlander(フォクトレンダー) 40mm F1.4。
あとはロシアの有名なぐるぐるボケレンズ、HELIOS-44-2 M42 2/58。
あとおじいちゃんから受け継いだLeicaのSUMMICRON M 50mmです。

mirrorlessoldlenz02

NOKTON classic Voigtlander(フォクトレンダー) 40mm F1.4 SC

最近はもっぱらこのレンズ。もともとフィルムカメラに45mmの単焦点レンズを付けて撮っていたので、大体同じような画角で撮る時の感覚が同じ。
絞りを開放すると、被写体の周りがふわっとなるあの不完全な感じがとても好き。
ボケ感も私がフィルムでいいなと思っていたとろみ、柔らかさはそのままです。

ちなみにこのレンズ、マルチコートとシングルコートの2種類があるそうで、コーティングの種類が少し違うそう。よりレトロでクラシックな感じはシングルコート、と中古カメラの店員さんに言われてシングルコートを選びましたが、店頭での確認ではあまり違いはわかりませんでした。まあ言っても同じレンズだしね。

f:id:saorin_fotori:20180123160526j:plain

この、周りの草がふわっとボケる感じが好きです。

mirrorlessoldlenz04

仙石原のすすき。この時は朝の光が美しく、すすきについた朝露がキラキラでした。

f:id:saorin_fotori:20180123160540j:plainmirrorlessoldlenz06

と、最近の写真はほとんどこのレンズ。超気に入ってメイン機となっているんですが、あえて挙げるならAriaに比べて超重い。

mirrorlessoldlenz07

Leica SUMMICRON M 50mm

ひょんなことから譲り受けることになった、Leica(ライカ)のレンズの一つ。
もともとこのライカレンズを使いたくて、ミラーレスに手を出したんでした。
これは標準レンズ(人が自分の目で見ているのと大体同じ感じで撮れるレンズのこと)の50mmです。

f:id:saorin_fotori:20180123160602j:plain

木曽駒ケ岳に持っていって撮ってみました。
このレンズは、今ほぼ100%使っている↑のフォクトレンダーを手に入れる前で、オールドレンズというものに過剰な期待を抱いていた頃(笑)。
いざ撮ってみたら、「あれ?結構シャープだなあ・・・(オールドレンズのフィルムっぽい柔らかさを期待してたんだけどな・・・)」

f:id:saorin_fotori:20180123160609j:plain

よくも悪くも、色んな意味で私が抱いているデジタルのイメージそのまま。
写りはとてもシャープで繊細。とてもいいレンズというのはわかるんですが、やっぱりデジタルっぽさは抜けないんだよなあ・・・

f:id:saorin_fotori:20180123160618j:plain

こういう感じで、全体をぱっきり撮りたいときにはよいと思います。

f:id:saorin_fotori:20180123160625j:plain

お花のアップ。絞りを開放すればもちろんボケもすばらしいんだけどね。

f:id:saorin_fotori:20180123160631j:plain

ちょっとイケメン過ぎたこのレンズ。今はあまり使っておりません(笑)

mirrorlessoldlenz013

HELIOS-44-2 M42 2/58

こちらは、オールドレンズの中では有名なロシアのレンズ、ヘリオス44-2。
オールドレンズの特徴の一つでもある、おもしろいボケが際立って出るのと、5,000円前後と割安なため、オールドレンズの入門として買う人が多いです。私もその一人。

mirrorlessoldlenz014

このヘリオスで有名なのは、絞りを開放した時に出るぐるぐるボケ。

f:id:saorin_fotori:20180123160652j:plain

背景の緑、ぐるぐるしてますね。

f:id:saorin_fotori:20180123160659j:plain

ちなみに同じ構図で、もう少し絞りを上げるとぐるぐるが少なくなります。

f:id:saorin_fotori:20180123160708j:plain

毎回このレンズだとさすがにちょっと飽きてしまうのですが、この作例を撮ったときみたいに太陽の光がきらきらしている時を狙ってみると、ヘリオスのよさが最大限に発揮できます。

f:id:saorin_fotori:20180123160715j:plain

ね、↑と同じ構図で今度は絞り開放に。ぐっるぐるです。
このときはヘリオスで初めて撮った日で、おもしろくて何枚も撮っていました。
そう、フィルムカメラだとそんなに枚数撮れないんですが、デジタルなら同じ構図で絞りを変えて試し撮りがばんばんできます。

mirrorlessoldlenz019

光がたくさんあふれている時が効果的!

mirrorlessoldlenz021

フォクトレンダー Voigtlander
VM-E Close Focus Adapter クローズフォーカスアダプター

最後に。レンズではなく、クローズフォーカスアダプターの紹介です。
これ、レンズ並みにお高い(30,000円くらいしたような)のですが買って大正解のシロモノ!

クローズフォーカスアダプターって・・・?という方に少し説明すると。
私が今使っているレンズは、最短撮影距離が0.7mでして、要するに70cm以上被写体に近づくことができません。70cmって結構ありますよね。風景ならそれでよいのですが、例えば今日のランチとか、素敵な雑貨とか、そういうものにぐっと寄って撮ることができないんですね。

今まで使っていたフィルムカメラのレンズもそうでした。でも、その時はクローズアップフィルターを付けて撮影していました。
レンズにかぶせて付ける虫メガネレンズみたいなものです。それを付ければ、より近く寄って撮ることができました。

でも、まあいつもいつも寄って撮りたいわけではないので、普段は外していて、寄るときだけフィルターを付けていたのですが、割と面倒でした。

しかし!このクローズフォーカスアダプター。レンズより本体手前側にまずつけるものなので、つけっぱなしでいけるんです。30cmくらいまで寄れるのでとても便利。
しかも、撮影距離の調整ができるので、レンズの距離と組み合わせて自由に寄ることができます。

このアダプターを付けて、寄って撮った作例がこちら。

f:id:saorin_fotori:20180123160742j:plain

f:id:saorin_fotori:20180123160749j:plain

f:id:saorin_fotori:20180123160755j:plain

ほとんどがアウトドアごはんでしたが(笑)
少しお高いのですが、でも買って大正解でした!

というわけで、ミラーレス一眼+オールドレンズについて割と熱く語ってみました。
今年も写真、いっぱい撮りたいです!

 

 

【ホトリ写真部】仙石原すすき撮影会&金時山登山

1208.1

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
いつも、ワークショップなどのお知らせやレポートばかりで、さかのぼってみるとなんだか事務的でつまらない日誌だなあ・・・と思いまして(笑)
たまには、撮った写真や、思ったことなどをぽつぽつ載せていこうかなと思います。

先日、ホトリ写真部の活動(私と、部員Sちゃんの2人だったけど、一応写真部の活動(笑))すすきの名所、仙石原へ行ってきました。箱根湯本駅からバスで50分ほどのところにある仙石原高原です。
時期としてはもうほとんど終わりかけなんだけど、まだぎりぎり楽しめました!

到着したのは朝で、霜がちょうど溶けてキラキラでした。
都心のイルミネーションよりよっぽど美しかったです。

1208.2

よく見るとすすきの穂先もだいぶ細っていて貧弱なんだけど、遠目に見るとまあまあ見れますね。

1208.3

撮影に夢中のSちゃん。

1208.4 1208.5

この日は朝だけ太陽がキラキラで、あとは曇っていたので朝のうちにすすきを撮れてよかったです。

すすき撮影を満喫した後は、金時山に登りました!

1208.6

途中見かけたかわいい赤い実。

1208.7

さくっと登りました。
ちょっと曇っていたけど富士山ばっちり!どどーん。

1208.8

山頂に猫がいました。しかも3匹。

1208.10

お昼を食べている人間たちににじり寄ってはにゃーにゃー鳴くこの子たち。
もらい慣れているね^^;

1208.9

この日の山ごはんはシンプルにおにぎり+ソーセージ無印ラーメン。
カイワレをラディッシュにしたら茎が赤かった。しかも煮たら紫になってちょっと微妙(笑)

帰りは金時神社のバス停から新宿行きの高速バスで一気に帰りました!

それにしても、今年2017年もあと半月ちょっとなんて、本当に早いですね。
今年は、本格的に山登りにはまったり、またカメラがContax Ariaのフィルムカメラから、SONY α7IIのミラーレスになったり。色んな変化がある年でした。
来年もたくさん写真を撮りに行きたいなと思います!

 

 

【ホトリ室長つれづれ・写真子コラム】カメラはなんだっていいと思う

今年から、お知らせだけでなく、ホトリ室長のsaorinが思うことや日々のできごとなどもホトリブログにUPしていこうと思います。
ホトリってこういう人が運営してるんだ、と知ってもらえたらうれしいです。
(よく間違われますが、ホトリは私一人でやってます。)

今日はフィルムVSデジタルについて。
(注:これは、商業写真の話ではありませんのであしからず)

昨年撮った写真のネガフィルムをスキャンし、ゴミ取りレタッチするという作業をえんえん続けており、右手が腱鞘炎になりそうです。

こんな感じで、フィルムは面倒だし、お金もかかる。
けれども、全く同じシチュエーションでデジとフィルムとを撮り比べると、やっぱりフィルム写真に軍配が上がるんですよね。うまい、へたではなく単純に自分の好みの問題です。

デジタルにはないざらっとした感じが、フィルムだと難なく写真に表れていい味に仕上がるので、そのざらつき、質感に頼っているのでは、という意見があると思うけど本当にまさしくその通りです、ハイ。

もともと新品ぴかぴかよりも少し色あせた紙だったり、ちょっと古くなった雑貨が好きだったりする嗜好の持ち主なので、この基準は、もはや理屈ではない。
楽に撮れるけど好みでない(というか好みの質感がある写真を撮れない)ことと、
手間&お金がかかるけど好きな写真が撮れることを天秤にかけた時、後者を選んでいるに過ぎません。

なので、撮るならフィルムカメラでなくてはというこだわりは全くありません。
正直選ぶネガフィルムについてもポリシーゼロ。写真屋さんで売っている最安値のコダックを使ってます。
フィルムカメラを神聖視もしていないし、正直、自分が好きな質感を撮る瞬間に作れるなら、今すぐにでもデジタルにしたいと思ってたりする。(フィルム風に後処理するのは筋違いなので置いといて)

その点、唯一、好きな質感に近い仕上がりになるのがiPhoneかなと思います。

なので、フィルムはデジタルよりもよい写真が撮れるのではないか、とか、
フィルムの方がデジより格上、というような話を聞くと、はなはだ疑問を感じる。

フィルムカメラに変えてみたところで、そんな劇的にいい写真が撮れるようになるわけないですよね。
現に私がそうだし。

そもそも、いい写真って何だろう?

と、この写真の永遠の命題とも言える疑問を胸に抱きつつ、みんな撮りつづけていくのかなあと思います。

今回UPしたのは、11月末に行ったホトリ写真部バス遠足のフィルム写真です。