【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】12月・1月はリクエスト受付です

jyuku_school_banner

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
早いもので今年もあと1ヶ月とわずかですね。

12月と1月の写真の残しかたワークショップは、12月1日(土)のサイアノタイプワークショップを除き、開催可能な日にちだけご提示するリクエスト受付方式といたします。
参加できる日にちがあれば、ご希望のワークショップの開催リクエスト申し込みをすればOK。
最小催行人数はありませんので、今まで日にちが合わず参加できなかったワークショップがあれば、ぜひご検討くださいね!

◆お申込み方法: メールもしくはLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
タイトルを「サイアノプリントWS申し込み」もしくは「リクエストWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。(リクエストWS制作作品一覧と、リクエスト受付日時一覧は↓をご覧ください)

・氏名
・携帯連絡先
・リクエストWSの場合は制作作品タイトル(例:活版アコーディオンアルバム)
・リクエストWSの場合は参加希望日時(例:12月7日(金)10:30~13:00)

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 サイアノプリント体験+パネル作り 12/1(土)詳しくはこちら>>>
syano_mainnew

【リクエスト受付日時】

◆2018年
12月2日(日)16:00~18:00
12月7日(金)10:30~13:00
12月10日(月)14:00~16:00
12月11日(火)14:00~16:00

◆2019年
1月6日(日)14:00~16:00
1月19日(土)10:30~13:00

※1月20日(日)~27日(日)のホトリ公募展「錆と廃墟展」会期中も開催予定です。
こちらは12月に入りましたらお知らせいたします。

【リクエストWS制作作品一覧】

活版カレンダーアコーディオンアルバム
詳しくはこちら>>>
calendaraccordion_main2 IMG_2300

レイヤードコラージュフォトパネル
詳しくはこちら>>>
layeredpanel_main

ジェルメディウム転写パネル
詳しくはこちら>>>
panel01

透明アクリルパネル
詳しくはこちら>>>
acrylpanel05

 

 

 

 

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル

gelpanel1cutting_01

写真がまるで絵画のように仕上がる、インテリアやギフトにぴったりのパネル

おなじみのワークショップとなりました、元祖ジェルメディウム転写パネルと、最近デビューしたフォトカッティングボード。久々の開催となります。
制作方法は同じなので、どちらか選んで作れるようになりました!
昨年日本テレビ系列「ズームイン!サタデー」でも紹介されて、問い合わせも多いこちらの作品は、ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をキャンバスパネルに転写させます。
少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。

gelpanel3

キャンバスパネルは、FSMサイズ(22.7×15.8cm)/F0サイズ(18×14cm)/ミニサイズ(14×10cm)の2種類をご用意いたします。ミニサイズは、2枚までなら複数制作可能です!

cutting_02

また、木に転写させるカッティングボードでの制作も可能です。
作品の詳細は、募集記事の↓をご覧くださいね。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル or フォトカッティングボード

◆日時:リクエスト受付方式(日時一覧はこちらをご覧ください/約1.5時間 ※作品サイズなどで仕上がり時間は変わるため目安です)
◆参加費:
ジェルメディウム転写パネル
FSMサイズ(22.7×15.8cm)・F0サイズ(18×14cm)/4,000円/ミニサイズ(14×10cm)3,500円 ※ミニサイズは2枚まで制作可能、1枚ごとに料金がかかります
フォトカッティングボード
長方形/正方形 4,000円
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名(複数でお申し込みの場合、お連れ様の氏名、メールアドレスをお知らせください)
・携帯連絡先
・ジェルメディウム転写パネル / フォトカッティングボード いずれか
・制作希望サイズ、枚数

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に、パネルにしたい写真データを希望制作枚数分枚お送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※全体的に、白っぽい部分が多い明るい写真がおすすめです。

※ジェルメディウム転写パネルはワークショップの特性上、転写する際にひっかきやこすれ、かすれなどが生じる可能性が高い作品です。
よって、人物やペットの写真などで制作する場合、それらを十分ご理解いただいた上でお申し込みください。

gelmediumu_sample
IMG_5117

ご夫婦で参加された方の作品。猫ちゃんかわいいですね!

IMG_5119

毛羽の流れや端の千切り方で、雰囲気が変わります。

カッティングボードの詳細はこちら。

cutting_03 cutting_04

白木のカッティングボードに直接転写させるので、下の木目が見えてとてもナチュラルな雰囲気です。

cutting_05 cutting_06 cutting_07

木でできたフォトボードは、どんなインテリアにもなじむことうけあいです!
キャンバスパネル版に比べ、少し雑貨要素が強くかわいらしい雰囲気になりますので、サンプルのようにペットや子ども、お花、雑貨などの写真がマッチしそうです。
スクエアか長方形か、お好きなサイズをお選び下さい。

ジェルメディウム転写パネルか、フォトカッティングボードかお好きな方をお選び下さい。
皆さまのお申込み、お待ちしています!

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 透明アクリルパネル

acrylpanel01
0427.9
IMG_5137
acryl12cm_02

ホトリでおなじみのレギュラー作品となりました。透明アクリルパネルのワークショップです。

10×15cm(約ポストカードサイズ)か、12×12cmのアクリルパネルに、透明にプリントした写真を貼りつけます。
作業は貼るだけ。どんなに見積もっても30分はかからない内容です。
そのまま2回分受講してもよし、透明アクリルパネルだけ作ってもよし。
ちなみに希望者には、アクリルパネルは2枚まで同日に制作OKです。

透明アクリルパネルの詳細は、WS募集要項の下をご覧くださいね。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 透明アクリルパネル作り

◆日時:リクエスト受付方式(日時一覧はこちらをご覧ください/制作時間 30分程度)
◆参加費:4,000円(2枚の場合は5,500円)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:なし
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームでお知らせください。
タイトルを「透明アクリルパネルWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・パネルのサイズ(10×14cm or 12×12cm)
・希望制作枚数
・参加希望日

※事前に写真をお送りいただきます。(〆切:WS開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)

※お友達同士のお申し込みの場合も、必ず全員分のお名前と連絡先をお願いします。

※アクリルパネルの表面に、透明ラベルの写真を貼りつけます。手作業となりますので、若干の気泡が入ることがあります。
内容を考慮しご了承願います。(ただし、気泡が目立たないようにコツをお教えします)

※色が淡すぎると、何が写っているのかわかりづらいので、ある程度暗い部分もある写真が向いています。
また、のっぺりした部分は気泡が目立ちやすくなります。
↓のピンクのお花の写真のように、淡いところと色が濃くてごちゃごちゃしたところがMIXされた写真が気泡が目立ちにくいです。
写真を選ぶ際の参考にしてみてください。

アクリルパネルの詳細・サンプルは以下をご覧ください。

acrylpanel02

色が淡い写真と、濃い写真とで仕上がりのイメージが異なります。

acrylpanel03

マチの中に写真が映りこんできれいです。

acrylpanel04

濃い色だとわかりづらいですが、色が淡い写真だと、その中の濃い部分(この写真だと窓の黒いところ)が
下に影に映りこんで、立体的に見えておもしろいです。

acrylpanel05

1cmの厚みがあるので、自立します。立てて飾ることもできます。
壁に飾る場合は、棚に載せたり、釘を打って留めるとよいでしょう。

皆さまのお申込み、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 サイアノプリント体験+パネル作り 12/1(土)

syano_main
syano20903.12
ホトリ写真塾・野澤教室の受講生作品

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
saorin著書『写真を楽しむ133のネタ帖』
作品No.043で紹介している「サイアノタイプ」。
俗に“青焼き写真”と呼ばれる古典的技法です。
この藍染を連想させる日本人にはなじみ深い、濃い美しい青で描かれたサイアノプリント。
理科の実験みたいなプリント体験と、さらにそのできあがったプリントを利用して、そのまま飾れる パネルを作りましょう!

サイアノプリントについての詳細は、募集概要の↓にありますのでご覧くださいね。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】サイアノプリント体験+パネル作り 12/1(土)

◆日時:2018年12月1日(土)10時半~(約2.5時間)
◆参加費:6,000円(サイアノプリント体験薬剤・パネル用材料費込)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:なし
◆お申込み方法: メールもしくはLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
タイトルを「サイアノプリントWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先

※制作するパネルサイズはF0サイズ(18×14cm)です。

※お預かりした写真をモノクロに変換し、さらに明暗を反転させてOHPネガフィルムを作成します。
全体的に色が薄かったり、淡かったりする写真は不向きです。
色が濃い部分と薄い部分が両方ある、コントラストがはっきりした写真をお送りください。
info@fotori.net のアドレスに1枚添付すればOKです。(〆切:ワークショップ5日前/LINEでの送付もOK)

syano1

白い画用紙に薬剤を塗り、印画紙を作ります。
ハケの毛羽感がそのまま生かされるのがおもしろいですね。

0825.14

syano3

ネガフィルムに使うのは、ピクトリコさんよりご提供いただいている「ピクトリコプロ・デジタルネガフィルムTPS100」

0706.2

syano4

露光が終わり、水洗しています。
色が変わってきましたね!

ちなみに露光に必要な紫外線は、太陽光が一番簡単なのですが、天気に左右されるため
UVランプと併用して実験します。

syano5

きれいな青色になりました!

syano6

薄めたオキシドールを吹きかけると、さらにくっきりとした藍色になります。

薬剤は入手が若干面倒なため、自分でやると少々ハードルが高いサイアノプリント。
ぜひ体験して、飾れるパネルを作ってみませんか?

皆さまのご応募、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 レイヤードコラージュフォトパネル

layeredpanel_main

かわいいペットやお子さま、また結婚式の新郎新婦など、スマフォなどで撮ったお気に入りの写真が、小さなアクリルパネルになりました。
厚みがあって自立するので、お部屋のちょっとしたところに飾れます。
インテリアの邪魔をしないシンプルなデザインなので、ギフトにもぴったりです。

厚さ5mmのアクリルパネル3枚が重なっており、その中に写真がはさみこまれているので、まるで浮いているかのような立体的なパネルに仕上がっています。
こちらでご用意している美しい風景写真の中から背景をお選びいただき、お好きな英語書体でメッセージ吹き出しを入れられます。
背景はもちろんご自身で撮られた写真でもOKです。
一つ一つハンドメイドで仕上げる、世界で一枚のオリジナルパネルです。

サイズ:10cm×10cm
厚さ:約1.5cm

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】コラージュレイヤーパネル

◆日時:リクエスト受付方式(日時一覧はこちらをご覧ください/約2.5時間)
◆参加費:3,500円(材料費込)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。
メールの場合タイトルを、LINEの場合は最初の一文を「コラージュレイヤーWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先

<注意事項!必ずお読みください!>

※主役の写真データをお送りいただきます。主役写真はなるべく輪郭がくっきりしているものをお選び下さい。(〆切:ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)
一部体が切れているものは、配置場所が端に限定される場合があります。

※また、背景写真とメッセージの書体を選んでいただきます。入れたいメッセージの文面も合わせてお知らせください。(なしでもOKです)
日本語のメッセージでも可能です。ご相談ください。

背景や吹き出しメッセージについての詳細は以下をご覧ください。

layeredpanel_caption

layeredpanel_3

裏側はホトリのロゴマークをエンボスでお入れしたペーパーを張り付けています。

layeredpanel_2

約1.5cmの厚みがあるので自立します。

font

吹き出しメッセージは、お好きな書体をお選びいただけます。
日本語も可能です。ご相談ください。
ちなみに、「Hello, What up?」とは「こんにちは、元気?」という意味です。

layeredpanel_5

このサンプルのように、複数の主役でも制作が可能です。
ただし、主役が増えるほどサイズが小さくなります。

layeredpanel_4

少し浮いているような立体感が楽しめます。

注文はこちらから>>>

basephoto

お好きな背景をお選びください。
また、ご自分で撮られた背景写真でも制作可能です。
主役の写真と合わせてお送りいただきます。

base_flowerA

FLOWER-A(国営ひたち海浜公園)

base_flowerB

FLOWER-B(八丈植物公園)

base_flowerC

FLOWER-C(世良高原農場)

base_skyA

SKY-A

base_skyB

SKY-B

base_seaA

SEA-A(オアフ島・ハナウマ湾)

base_seaB

SEA-B(種子島・浦田海水浴場)

base_grassland01

GRASSLAND(宗谷丘陵)

base_mountainA

MOUNTAIN-A(北アルプス・燕岳)

base_mountainB

MOUNTAIN-B(北アルプス・雲ノ平)

注文はこちらから>>>

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 活版カレンダーアコーディオンアルバム作り

calendaraccordion_maincalendaraccordion_main2
0923.1 (2)

こんにちは、室長のsaorinです。久々の(笑)写真の残しかたワークショップのお知らせです。
カレンダーの季節がやってまいりました!
毎年秋に開催しているこちらの季節限定ワークショップ。今年も開催いたします!
来年2019年のカレンダー、ご自身の写真でオリジナルを作りませんか?活版印刷がすてきなカレンダーですよ!
広げて飾れる、アコーディオンアルバムも作ります!

カレンダーだけの注文も受け付けています!
こちらからどうぞ>>>

calendaraccordion_sub1

アルバムは、ザ・シンプルでユニセックスなデザインか、
kyon_calendarWS7

豊富にご用意する包装紙を表紙にあしらい、リボンと組み合わせる華やかなタイプか、どちらか当日選べます!
事前に12か月分の写真をお送りいただき、参加者様だけの活版オリジナルカレンダーをご用意し、ワークショップ当日にアコーディオンアルバムを作って入れていただきます。
来年の卓上カレンダー(しかも活版印刷!)と、アコーディオンアルバムの2つがゲットできるお得なワークショップです。

calendaraccordion_main3
calendar_base

あと、普通に束ねて机の上に置ける、紙スタンド&木製ピンチもお付けします。

アルバムや活版カレンダーの詳細は、ワークショップ募集要項の↓をご覧ください。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】活版カレンダーアコーディオンアルバム作り

◆日時:リクエスト受付方式(日時一覧はこちらをご覧ください/約2~2.5時間)
◆参加費:5,500円(カレンダー・材料費込)
◆定員:6人
◆集合場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:なし
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

メールの場合タイトルを、LINEの場合は最初の一文を「カレンダーアコーディオンWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先

※データ送付について(!重要!)

※ワークショップ開催5日前までに、カレンダー用の写真を12枚お送りください。
1月、2月・・・の指定がある場合は、ファイル名をわかりやすいように変更してください。
長方形の写真は、正方形にトリミングいたします。(可能な方は、あらかじめ正方形の写真をお送りください)

写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、圧縮ファイル一つにまとめて
以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。

メールアドレス:info@fotori.net

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※写真を送るのが難しければ、saorinオリジナルのカレンダーをご用意いたします。その旨お知らせください。

calendaraccordion_sub4

昔ながらの活字を使用した、独特のかすれやへこみが魅力の活版印刷。
月日の部分が2019年のカレンダーとなっていて、上の部分をご自身の写真でプリントいたします。
日祝日は右下のドット.マークが目印です。
シンプルなデザインで、紙はハーフエアという少し厚みのある柔らかな手触りです。
紙好きは必ず好きなこと間違いなしです。

calendaraccordion_sub3

ナチュラルタイプのデザインの方は、今のところ、ブラックとナチュラルの2色をご用意します。(もしかしたら、もっと増えるかもしれませんが)
古い味のあるラベルを色々ご用意します。ワンポイントに1枚貼りましょう。

calendaraccordion_sub2new

アコーディオン台紙には、このようにフォトコーナーを留めてカレンダーを入れます。
卓上タイプの紙スタンドもご用意しますので、カレンダーは卓上にして、このアコーディオンアルバムには別のポストカードを入れて飾ってもOK!
というわけで、皆さまのご応募、お待ちしています。

【2018年10月のホトリ写真塾のワークショップのお知らせ&新講座告知】

calendaraccordion_main calendaraccordion_main2

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
7月以降しばらく開催していなかった(長い夏休みをいただいておりました(笑))ホトリ写真塾・写真の残し方教室。10月にいくつか開催します!
9月は諸事情により開催はありません。

気が付けば秋の風。そろそろ来年のカレンダーも気になる頃ですね。
先日、オリジナル活版カレンダーのオーダースタートをお知らせしましたが、そのカレンダー付のアコーディオンアルバムワークショップ、今年も開催いたします。
また、「写真展のいろはワークショップ」や「透けない透明アクリルパネル」など、新旧織り交ぜて開催いたします。
ぜひご参加ください!

現在募集中のワークショップ一覧は、こちらをご覧ください>>>

それから、いくつか予告を。

filmcameramain

【次回のmasa*photoフィルムカメラレッスンは12/2(日)】

人気の「masa*photoフィルムカメラレッスン」、次回開催は12月2日(日)に決定しました!
10月に入りましたら募集告知スタートしますので、ぜひ予定を空けてお待ちくださいね。

selfbookmain04

【新講座「ホトリ写真塾・自家製写真本を作る!完全マスターレッスン (全3回)」2018年11月スタート】

さらに!ホトリ室長saorinが全力で教える本気の新講座(笑)「自家製写真本を作る!完全マスターレッスン(全3回)」11月開講に向けて準備中です。まずは日程が決まりましたので、先にお知らせします。

◆2018年11月スタート 火曜コース
2018年11月13日(火)・12月11日(火)・2019年1月8日(火)
◆2019年1月スタート 日曜コース
2019年1月6日(日)・2月3日(日)・3月3日(日)

気軽なphoto zineから本格写真集まで、本気で自家製写真本作りをマスターしたい人のためのレッスンです。
写真の組み方、レイアウトの理論などの編集のコツから、手製で作る実践的な製本方法、さらにプリンターでの出力、印刷所に出すデータまでの、印刷の全てをカバーしたプリント方法、プリンターで出力できる自家製写真本におすすめの紙のことについてなど、自分で珠玉の一冊を自由自在に作り出したい人に本気で応えます。
こちらも、10月に入りましたら告知いたしますので、お待ちください。

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 透けないアクリルパネル 10/12(金)

newacryl01

自分で作るアクリルパネルが登場

2018年4月、ホトリ写真塾・写真の残しかた教室に新たに登場した透けないアクリルパネル。
半年ぶりの開催となりました。

newacryl02

アクリルパネルは業者に頼むのが一般的ですが、工夫すれば自作できるんです!
ワークショップでは2Lサイズを2枚制作します。

newacryl03
newacryl04

裏側に木の棒をゲタとして付けるので、釘や画鋲などで留めることができますよ!

newacryl06

皆さまのお申込み、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】  透けないアクリルパネル  10/12(金)

◆日時:10月12日(金)10時~(約2時間)
◆参加費:5,000円(2Lサイズ2枚分)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「透けないアクリルパネル申込み」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名(複数でお申し込みの場合、お連れ様の氏名、メールアドレスをお知らせください)
・携帯連絡先

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に写真データを2枚お送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです。)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

newacryl05

皆さまのお申込み、お待ちしています!

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 フォトペーパーバッグ+ロウ引きカード 10/18(木)

photopaperbagroubiki_postcard1
roubiki_postcard4

ロウ引きフォトカードとペーパーバッグのワークショップ、久々に開催です!
10×12cmくらいと小ぶりで、とてもかわいらしい写真のペーパーバッグと、ロウ引きカード2枚をセットにしました。
ペーパーバッグには、ミニLEDライトをおまけでおつけします。バッグは和紙に近い用紙で作るため、中に入れれば、ちょっとした写真ランプに早変わり。
写真好き、雑貨好きにおすすめの内容です。
ぜひご参加くださいね。

ことりっぷWEBサイトの特集「フィルムカメラことはじめ」ロウ引きカードを紹介していただきました!

過去に開催したレポートはこちらからご覧ください

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】フォトペーパーバッグ+ロウ引きカード10/18(木)

◆日時:10月18日(木)10時~(約2時間)
◆参加費:4,500円(材料費込)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:なし
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

メールの場合タイトルを、LINEの場合は最初の一文を「ペーパーバッグ+ロウ引きカードWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先

※ペーパーバッグに1枚、ロウ引きカード用に2枚、計3枚の写真をお送りいただきます。 (〆切:ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)
必ず、3枚のうちどれがペーパーバッグでどれがロウ引きカード用なのか、ファイル名を変えるなどしてわかるように送ってください。
難しければ、別々にお送りください。

※なるべく大きいサイズのデータをお送りください。特にペーパーバッグの方はA4サイズの和紙にプリントします。
サイズが小さい写真は粗くプリントされることもありますのでご了承ください。

A4ひながたzu

A4の用紙に、上の写真のようにレイアウトします。赤い縦のラインのところで折って組み立てます。よって、下の写真のように、赤いラインとラインの細いマチの部分に被写体が来てしまうと見えなくなってしまいますので、お花畑など全体的に同じように被写体が写っている写真の方が無難です。
ですが、こちらでうまいことレイアウトしますので、ご相談ください。

photobag03

詳細は以下もご覧ください。

photopaperbag2

ミニLEDランプをおつけします。バッグの中に入れるとこんな感じになります。

roubiki roubiki01

写真を蝋引きすることで、普通にプリントした写真が全く別物の雑貨カードに生まれ変わります!
蝋引きを覚えれば、包装紙などにも応用できるのでおすすめです。

roubiki02 roubiki03 roubiki04 roubiki05 roubiki06

roubiki05

透け感がとてもきれいです。

roubiki02

紐も何種類かご用意しますので、写真に合わせてお選びくださいね。

roubiki03roubiki04

蝋引きは簡単ですので、覚えれば家でもできます!

皆さまのお申込み、お待ちしています。

 

【PFZ in 代官山】 写真の残しかた教室/ZINEの編集のコツ教えます 7/21(土)

満席となりました。

IMGP9853

PHOTO! FUN! ZINE! in 代官山の会期中の7月21日(土)は、事務局メンバーによるイベントデーです!
わたくしsaorinは、「ZINEの編集のコツ教えます」セミナーを開催します。
写真のセレクト・編集レイアウトなど、zineや写真集を作る上で必要となる基本的な知識やコツをレクチャーします。
今回だけの特別ワークショップということで、2,000円の特別価格での開催!
しかも、saorinのzine「Carpe diem」1冊をお土産でお付けします。
皆さまふるってのご参加をお待ちしています。

saorin02

写真集の組み立て方を、わかりやすくモニターでご説明します。

saorin03

こちらがお土産のzine「Carpe diem」

saorin04

1冊1冊手づくりで綴じているzineですので、遊び心満載のデザインとなっています。

【PFZ in 代官山】写真の残しかた教室/ZINEの編集のコツ教えます 7/21(土)

◆日時:7月21日(土)10:30~11:30
◆参加費:2,000円(saorinの手づくりzine「Carpe diem」1冊のお土産付)
◆定員:6名満席 
◆会場:代官山北村写真機店
〒150-0033  東京都渋谷区猿楽町16-15 代官山T-SITE 詳しいアクセスはこちら>>>
TEL 03-5728-3958

◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「代官山WS申し込み」としてください。

・氏名
・メールアドレス
・日中連絡のつく電話番号

※ワークショップの申し込みや質問などをLINEでいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。