「DOLOCY’s 3日間だけのT-Shirts屋台」のお知らせ

このイベントは終了しました。詳細はレポートからご覧いただけます。

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
9月の週末3日間のみ開催の、楽しいイベントのお知らせです。
ホトリTシャツをデザインしてくれているイラストレーターのヤマキさんによる、3日間限定のTシャツイベントです!
ぜひ遊びに来てくださいね。

dolocys_tshirts_main

イラストレーターでプリントマニアのDOLOCY’s/ヤマキミドリが、オリジナルのTシャツ展示販売とオーダーを承ります。
期間中、簡単なプリントワークショップも実施。
12日にはASIA GOHANでおなじみ、padma designのkyokoさんが、タイ料理のケータリング弁当で参加してくださいます!

※要予約/詳しくはこちらから http://padmadesign.jimdo.com/

まだまだTシャツの活躍する季節・・・ぜひ遊びにいらしてください。

T_bd_1 T_cutst_bk1   T_but_1   T_kf_bk0 T_dot_bk1

DOLOCY’s  3日間だけのT-Shirts屋台

◆会期:9月11日(金)~13日(日)

11日(金)13:00~19:00
12日(土)12:00~19:00
13日(日)12:00~17:00

◆会場:写真企画室ホトリ
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813 (営業日以外はつながりません)

◆website : http://dolocy-t.jimdo.com
Twitter : @midolocy

◎期間中、ご希望の布製品にプリントするワークショップを行ないます。

新品でも古着でも!Tシャツやシャツ、トートバッグなど、プリントしたい布製品をご持参の上ご参加ください。

※随時開催/予約不要

○ リメイクプリント「シマシマ」

shimashima_1

シルクスクリーンの版やマスキングテープとハケを使ってシマシマをプリントします。
参加費:A4サイズ 500円〜

masute_1  masute_2  masute_3 shimashima_2

○ リメイクプリント「ホトリバス」

FOTORI_1 FOTORI_2

ホトリオリジナルTシャツのイラスト版を使ってプリントします。
参加費:500円

<プリントインク色> ホワイト/ブラック/レッド/ホトリグリーン など

※ポケットやファスナーなど凹凸のあるものやタオル地などの材質によって、イメージ通りにプリントできない場合があります。

※ビニールコーティングされているものやアクリルなどへのプリントはできません。ご注意ください。

Departure PHaT PHOTO 12D class exhibitionのお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください。

departure_main

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今日も写真を楽しむ133のネタ展はお休みです!ご注意ください。

さて、来月ホトリで開催されるグループ展のお知らせです。
PHaT PHOTO 12Dクラスの10人による展示です。
ぜひご来場くださいませ。

Departure  PHaT PHOTO 12D class exhibition

◆会期:8月19日(水)~23日(日)
※平日と週末で開催時間帯が異なります。
(19(水)・20(木)・21(金)・・・13:00-19:00/22(土)・23(日)・・・11:30-19:30)
◆会場:写真企画室ホトリ
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813 (営業日以外はつながりません)

Masumi Ito / 岩崎 恵美 / ウラノコウキ / 小野 顕正 / Tomokata Kawasaki / Chieko Nakata / 桧山 隆義 / Mikiko Fujii / 山浦 智 / 山下 礼子

web : http://pps12d.exblog.jp/
Twitter : pps12d

第一回アワガミ公募展「日本の四季」 開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください。

awagamikoubo_webDM

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
かねてより出展者を募集していた第一回アワガミ公募展「日本の四季」ですが、昨日をもって募集を締め切らせていただきました。
春夏秋冬、季節が織りなす美しい日本の風景を、ぬくもりのあるアワガミの和紙で表現した計27名による作品がそろいます。
会期中には、アワガミを使ったワークショップ&イベントを最終週の週末に開催いたします。
いよいよ来週18日(木)からスタートです。ぜひ、お越しくださいませ。

予定しているワークショップはこちら。

◆スナック白い畔 和紙と灯を楽しむ利き酒の会 6/21(日)
◆水張り木製パネルWS 6/27(土)

◆A4和綴じ写真集作りWS 6/28(日)

FOTORI, the photo gallery at Asakusabashi in Tokyo, will hold the public offering exhibition of “AWAGAMI”.
Awagami Factory” is a brand of Japanese washi papers produced solely in Tokushima, Japan.
Here is the Awagami Factory’s history.

Exhibitors express Japanese beautiful four seasons in their photo by Awagami washi, and we’ll have
several lessons and events during it.
Please come to enjoy the Japanese seasonal beauty photos by Japanese traditional culture, washi.

第一回アワガミ公募展「日本の四季」

◆会期:2015年6月18日(木)~28日(日) 12:00~19:00 (23日(火)・24日(水)休廊/最終日は17時終了)
Thu 18 to Sun 28 June 2015/Tue 23 and Wed 24 are closed
◆会場:写真企画室ホトリ(FOTORI) 入場無料 / admission free
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
Asakusabashi 5-2-10, Taitoku,Tokyo 111-0053
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

Atsuko Sakamoto / kanae* / 菊地 達治 / 北尾 辰也 / 喜多村 章子 / きみたろう / corgi-love /
小林 真佐子 / 佐々川 陽一 / すんこ / 高橋 みどり / 田坂 暁子 / 多田 正利 / 田村 弘之/
東北♡LOVE仙台人 / 難波 由記子(にわ) / 林 昌子 / MAMI TAMURA / masuko / 三嶋 裕子 /
momography  / 満石 豊 / 宮村 雅代 / 八木 美恵 / yoko  川野恭子 / saorin

◆スナック白い畔 和紙と灯を楽しむ利き酒の会 6/21(日)
◆水張り木製パネルWS 6/27(土)

◆A4和綴じ写真集作りWS 6/28(日)

 

「ナダール・林の肖像写真館」レポート

0608.1

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
今日は珍しく真夜中の更新です。

先日開催された、ナダール・林の肖像写真館のレポートをお届けします。
まだ終了後10日くらいしか経ってないんだけど、既に1~2ヶ月前の記憶のような気がするのは何ゆえか、、、

0608.2

最近私の中でちょっとしたブームの、iPhoneパノラマ撮影してみました。
あはーやっぱりギャラリーで撮るとおもしろくなりますね。

0608.3

そして、写真のモデルさんたちコレクションのはじまりはじまり。
写真に写っている被写体と本人と、似てるようでちょっと違うような、
双子を見ているような不思議な感覚でした。
印象が全然違う人もいるし、並んでみるとほぼ同じ印象の人もいるし。
人の写真っておもしろいなーと改めて感じました。

0608.4.5 0608.40608.5

ボーダー好きの八木さん。写真も本人もボーダー着てる。。。

0608.6

ほうほう、自分ってこういう感じなのかーと自分の写真に見入る八木さん。

0608.7

土曜日には、「ナダール・林の写真生活のススメ」を開講。
まずは、プロジェクターの映像を見ながら、林さんの講義を聞きました。

0608.8

ここからは林さん撮影の写真で。
ホトリ近くの公園に出向き、実演スタートです。

0608.9

お互いがお互いを撮り合って、

0608.10

こんなん撮れたよー
いいですねー、楽しそうです!

0608.11

最後に、記念で集合写真。はい、チーズ!
あれーこんな遊具あったっけ?と、なかなか新鮮でした。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございましたー。

0608.12

そして、再びモデルコレクションに戻ります。
林、男性を撮る!!!と豪語しつつも、なんだかんだで1枚だけの紅一点ならぬ、白一点?のモデルさん。

0608.13

私はこちらですー。みたいな感じ?
私の中で、モデルさんの実物と写真から受ける印象がほぼ一緒だった方。

0608.14 0608.15

ナダール店長・早苗さん。
髪形が変わって大人っぽくなった!!!と皆さんに大好評ですよん。
なんだか色っぽいですね♥

0608.16

この日の夜は、林さんと私saorinによる、Bar Nadar×スナック畔のギャラリートーク。
その後、集まった皆さんでわいわい飲み会となりました。

0608.17

と、楽しんでいたら、地震!
けっこうな揺れで危険を感じ、一時外に退避。
この時、ビールをそのまま持って出る人、なぜか1.5Lのペットボトル飲料を持って出る人、
さまざまでございました。

0608.18

3枚横並びのモデルたちが集合してくれたので、ゲキシャ!

0608.19

皆、はりきってゲキシャ!
なかなかすごい光景。

0608.20

さて、翌日、最終日でございます。
この日は暗室フォトグラム体験ワークショップでした。
ホトリ中2階が、暗室に様変わりです!

0608.21

暗室道具がずらー。いいねーいいねー。

と、ここからの実際のワークショップは、わたくしは見れていないので割愛。

できあがったフォトグラム作品はこちら!

0608.22

おおー!やっぱりよいですねー!
ホトリが用意した素材も色々試してくれてうれしいです。
持参していたサングラスを置いて試したものの、イマイチだったみたい。
どうなるか予測がつかないのがフォトグラムの楽しさですね。

0608.23

夫婦合作のすばらしい作品。
多重露光みたいにできるのもフォトグラムの楽しさです。

0608.24 0608.25

と、こんな感じであっという間の5日間でした。
写真の存在意義を時々考えますが、やっぱり人の写真って絶対撮っていくものだし、残していかなければ
いけない写真だなーと思います。

林さん、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

ところでどうでもいいんですけど、明日の豊橋出張のためにがむしゃらに仕事してたら、ホトリのトイレの
水は止まらなくなるわ、仕事スペースの電球は切れるわ、帰りの電車は遅れてるわ、駅に着いたら
雨が降ってるわ、で今日は結構な厄日でございました。
明日は豊橋の搬入設営日。明後日からは豊橋のmercy’sさんにて、プチ作品展&ブックフェア
開催いたします。
10日(水)初日には、アクリルパネル作りのワークショップも開催します。
既に自分の写真での参加申し込みは〆切っておりますが、何枚か私の写真で用意していますので、
当日の飛び入り参加も可能です。
ぜひ、遊びに来てくださいね!

 

 

 

 

【ホトリ写真部】 「トリコ」 第二回ホトリ写真部グループ展のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらからご覧いただけます。>>>

2015DM_out

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
今週で2月も終わりですね。早いなー!
というわけで、4月に行われる第二回ホトリ写真部グループ展「トリコ」のお知らせです。

2015DM_out_sumi

第一回の昨年に比べ、二期生も加わり総勢26名の展示となります。
ホトリの1階と中2階をまるごと使ったグループ展です!
この頃はもう春真っ盛り。ぜひ、ホトリに足を運んでくださいね。

ちなみに、ホトリとは別に、ホトリ写真部のFacebookページもあります!
こちらで、「トリコ」のメイキング情報をどんどんUPしていきますので、ぜひいいね!をお願いしますー。
3月中旬から、ホトリ写真部メンバーのプロフィールも更新していきます!

ホトリ写真部FB
https://www.facebook.com/fotoriphotoclub

そうそう、それから今年もホトリ写真部の三期生となる新メンバーを募集します!
まだ募集人数その他は検討中ですが、写真部に入りたい!という熱い思いをお持ちの方は、
ぜひ「トリコ」にご来場くださいね。

トリコ 第二回ホトリ写真部グループ展

◆会期:4/10(金) ~19(日) 12:00~19:00 ※4/13(月)、14(火)休廊
4/11(土) 18:00~ オープニングパーティー
◆会場:写真企画室ホトリ(〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10)
詳しいアクセスはこちら
     TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

【一期生】
aozora01 / 小野 雅江 / 金子 優 / 神津 剛 / 佐倉 ひかる / 佐藤 翔 / 三斗美 /
sayaendouh / sara / tica / maki / yoko / ヤベタカコ / saorin(部長)

【二期生】
Aki / うっちー / Emi / タナカアヤ / natsu# / ハギー / Hitomi.I / まっちぃ /
mi. / ミキコウヘイ / 友紀 / yuko /

 

「冬の手仕事展 織・cross ito/革・Ohama」レポート

1217.0

こんにちは。室長のsaorinです。
少し間が空いてしまいましたが、先日開催された「冬の手仕事展 織・cross ito/革・Ohama」レポートをお届けします。

1217.1

またホトリががらりと雰囲気が変わり、すてきな品ぞろえのお店のようになった5日間でした。
私は、毎日意味もなく帽子をかぶってみたり、革財布をなでてみたり。
作品たちが本当にどれもすてきでした。

1217.2 1217.3 1217.4

Ohama先生の帆布+革のトートバッグ。
ちなみに今、私もこれと同じようなタイプのバッグをOhama先生の革教室で作ってます。(しかも手縫いで)

1217.5

色んな織の組み合わせがすてきなハンチング帽。

1217.6

先生曰く“幼稚園バッグ”。ころんとした四角いフォルムがかわいいですね。

1217.7

cross itoさんの織は、好きな糸の組み合わせでオーダーできます。

1217.8

人気の長財布。単色もいいけど、コンビカラーがかわいい。

1217.9

私は、左奥のダークブラウン+グリーンの帽子をお買いあげ♪
帽子をかぶると、なんだか急におしゃれな感じになりますね。
今まであまり帽子をかぶる習慣がなかったので、これからちょくちょくかぶって慣れたいと思います♪

1217.10

1217.11

スマフォケース&ストラップ付財布は、イベント時などに便利そう。

1217.12 1217.13

先生のぷっくり革ゴム、ねらっていたんですが髪を切ってしまったので不要に。。。
そうそう、Ohama先生の著書「ほのぼの革小物教室」の韓国語版が出版されたそうで、手仕事展の
搬入日に届くというタイムリーなできごとがありました。

1217.14

Ohama先生作の、革&内布見本帳。

1217.15

cross itoさんが、バンド用の織り器を展示していました。
幅が小さいものならこれで織れるそうです。おもしろいですね!体験してみたい。

__

ストールのオーダーで糸合わせ中。差し色で入る糸をセレクトしています。

1217.16

今回は帽子を買ったのでストールは見送りましたが、自分だけの1枚、いつかほしいなあー。

1217.17

と、お二人の作品をどどーんと紹介しましたが、奥には私のカレンダー写真展も同時開催していました。

1217.18

カレンダーに使用した12枚の写真を、アクリルパネルに仕上げました。(自作。)
また来年開催する個展でも展示しようかなと思っています。

1217.19

厚さ1㎝の透明なアクリルパネルに、インクジェットプリンターで写真を印刷できる透明タイプのラベルを貼っています。
壁に写真の影が映りこんで3Dみたいに立体的に見えて、なかなかおもしろい展示になりました。

1217.20

反対側の壁には、急きょ制作した壁掛けカレンダーも展示しました。

1217.21 1217.22

新しく制作した、アコーディオンアルバム。今回は中に2015年の卓上カレンダーを入れてセットで販売しました。
まだ在庫があるので、アルバムとして販売します。

1217.23

初日には、オープニングイベントとしてバイオリンのゆうべを開催しました!
バイオリンの阿部明子さんと、ピアノ伴奏の吉田宏志さんによるミニコンサート。
生演奏は本当に久々だったので、癒されました。。。

1217.24

13日(土)には、saorinによるアコーディオンアルバム作りのワークショップを行いました。
今回は、冬の手仕事展にならって特別に表紙に革をセレクト。いつもの紙と違って高級感がUPです。

1217.25

Ohama先生に提供いただいたブルーの革に、キャメルのボタンをあしらって。
この色の組み合わせ、かわいいです。

1217.26

こちらは白い革にブルーのボタン、そして黄色い糸。ブルー×イエローの組み合わせが、この会期中
IKEAカラーと呼ばれてブームでした。

1217.27

ワークショップにご参加くださった方の写真で、活版卓上カレンダーを制作いたしました。
来年1年が楽しみですね。

1217.28

こちらは私の写真。
アコーディオンは、毎回言ってますが台紙の色が違うだけで印象もがらりと変わります。

1217.29

そして、翌日14日(日)はOhama先生による革レンズキャップケース作りのワークショップ!
ホトリオリジナルのレンズキャップケース、初めて開催のワークショップです。

1217.30

針に糸を通しているところ。
革は独特な作業が多いので、口頭で説明するのって難しいんだなあと改めて思いました。

1217.31

馬と呼ばれる、手縫い用の器具を使い、いよいよ縫い始めます!
革の手縫いは、2本の針を使用し、八の字に交差させながら塗っていきます。
よく、革はかたいから縫うのが大変なのでは?と言いますが、あらかじめ目打ちで穴を開けるので、
それは全然無問題。

1217.32

皆さん、縫いあがりました!
革レンズキャップは初めて開催したワークショップでしたが、皆さんさくさく縫えて、1時間程度で全て終了ー。
今回は革の組み合わせも事前にお選びいただき、糸の色もワークショップ当日に選んでもらったので、
その人オリジナルの組み合わせの作品ができました!

1217.33

とってもすてきです。

1217.34

裏はこんな感じ。
Ohama先生があらかじめベルトを付けてくれていました。

1217.35

今回ご参加くださった中にお一人男性がいらっしゃいましたが、お持ちのカメラのケースが、黒地に
赤いステッチということで、レンズキャップケースも同じ組み合わせをセレクト。
おそろいのグッズみたいでいいですね!

1217.36

さっそく付けて帰った方も。
ブルーの地に黄色いステッチ、これぞまさにIKEAカラー。

1217.37

と、こんな感じで冬の手仕事展、5日間の会期を和やかに終えることができました。
個人的にとても楽しかったので、毎年この時期の恒例イベントになるといいなーーーなんて思ったり。

最後に、ご来場くださった皆さま、そしてOhama先生、cross ito池上さん、ありがとうございました!

【冬の手仕事展】 ワークショップのお知らせ

冬の手仕事展では、革作家Ohama先生や私saorinによるワークショップを予定しています。
詳細は以下の記事をご覧ください。

【冬の手仕事展】 Ohama ホトリオリジナル焼印・レンズキャップケース作りWS(12/14)
詳細はこちらから

1111.11

【冬の手仕事展】 活版カレンダー革アコーディオンアルバムWS (12/13・12/15)
詳細はこちらから

1121.11121.5

「冬の手仕事展 織・cross ito/革・Ohama 二人展」のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらからご覧いただけます。

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
12月に開催される、冬の手仕事展のお知らせです!
私が6年前からお世話になっている革作家のOhama先生と、織物のcross itoさんの二人展です。

革のOhama先生による革レンズキャップケースのワークショップや、私saorinのワークショップも予定していますよ~
そして!初日の11日(木)には、オープニングパーティーもあります!
無料のバイオリン演奏会もありますので、皆さまぜひぜひお誘いあわせの上ご来場くださいね。
(※ワークショップについては、また追ってお申込み詳細をお知らせいたします)

teshigoto_omote

cross ito
羊毛(獣毛)を原毛から紡いだ糸と紡績糸を組み合わせて織った軽くて暖かな巻物や帽子。
カシミア山羊の空気を含んだ肌に柔らかなマフラーはセミオーダーしていただくことが出来ます。
お好きな色の組み合わせをお選びいただけます。

http://crossito.blog10.fc2.com/

Ohama

植物の渋で鞣した革を使い、ひとつひとつ手仕事で制作するバッグや革小物の受注会。
お好みの革色とステッチの色を合わせたオリジナルバッグや小物をオーダーすることができます。

http://www.ohamabag.com/

calendarDM

会期中、私saorinによるカレンダーミニ写真展も同時開催いたします。

冬の手仕事展 織・cross ito/革・Ohama 二人展  (※saorinによるカレンダー写真展同時開催)
◆会期:12月11日(木)~15日(月)12:00~19:00(最終日は18:00close)
◆会場:写真企画室ホトリ ホトリの詳しいアクセスはこちら
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)

※12月11日(木)18:00~20:00 オープニングパーティー開催(詳細下記)
※12月13日(土)・・・saorinワークショップ、14日(日)・・・Ohamaワークショップ開催

<両作家在廊日>※予定が変更になる場合もあります

cross ito・・・ほぼ毎日
Ohama・・・土曜日以外毎日

作家プロフィール

cross ito

岡山生まれ
2003 織りを始める
2004~2008 東京テキスタイル研究所にて染織、紡ぎの基礎を学ぶ
2009~ イベント、グループ展を中心に活動開始

1111.3
1111.5
DM_4
1111.4

1111.10

Ohama

東京生まれ
1999年 女児美術大学芸術学部デザイン科卒業
2001年~2005 ハンドバッグ職人の下で制作技術を学ぶ
2008年 Ohamaとしてハンドバッグの制作・販売を始める
手縫いの革教室「Ohama」を開講
2011年 著書「ほのぼの革小物教室」発刊
イベントグループ展を中心に作品発表

1111.6 1111.7 1111.8 1111.9

「冬の手仕事展 織・crossito 革・Ohama 二人展」オープニングイベント開催のお知らせ

12月11(木)より「織・crossito 革・Ohama 二人展」がスタートします。
初日の夕方よりオープニングイベント「バイオリンのゆうべ」を開催いたしますので
皆さま是非ご参加下さいませ。
バイオリニスト・阿部明子さんによるクリスマスに因んだ選曲、バイオリン演奏会を一緒にたのしみましょう。

オープニングパーティー 18:00~20:00
バイオリン演奏会  19:00~20:00

会費は無料です。
飲み物はこちらでご用意して、食べ物は一品持ち寄りというスタイルで開催しようと思っております。
一品は、手作りでも買い出しでも、どちらでも大丈夫です。お好きな食べ物をお持ち下さい~。
もちろん、一品お持ちでなくてもお気軽にご参加頂けますのでみなさまのご参加、お待ちいたしております♪

:::::::::::::::::::::::::::::

プロフィール

阿部明子 (バイオリン)

東邦音楽大学卒業。卒業生代表演奏会出演。在学中にコンサートミストレスをつとめる。
卒業後はプロオーケストラのエキストラ、歌手のサポート、レコーディングなどに参加。
2007年ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン街角コンサート、丸ビル、新丸ビルでのロビーコンサートにゲストとして出演。
近年は、ライブハウスなどを中心に活動。

吉田宏志 (伴奏)

武蔵野音楽大学卒業。第3回万里の長城杯国際音楽コンクールピアノ部門第1位。
平成18年度夢熱ウィークエンドコンサート優秀演奏者賞受賞。
これまでに、武道館、大阪城ホール、福岡メッセ、すみだトリフォニーホール他に出演。
また、自身が所属するユニット「Blue☆Rose」にて童謡を中心としたアルバムをリリース。
クラシックはもちろんの事、叙情歌からポップスまで自由に弾きこなし、アレンジャーとしての才能を期待されている。

皆さまのお越しをお待ちしております!

 

 

「千葉工業大学Photo Club写真展」のお知らせ

IMG_1091

来週開催されるグループ展のお知らせです。
千葉工業大学Photo Clubの皆さんが、ホトリでグループ展をしてくださることになりました。
日程は来週の土日2日間です。私はホトリ写真部の合宿のため、2日間とも在廊できませんが
ぜひ足を運んでみてくださいね!
テーマは「ガリバーアート」だそうです。

千葉工業大学Photo Club写真展
8月30日(土)・31日(日) 11~18時
会場:写真企画室ホトリ
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10
TEL 03-5809-3813
千葉工業大学Twitterアカウント @cit_photo_club

弓道写真展 「FUJIYAMA KYUDO COMPLEX」レポート

0819.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
少し時間がたってしまいましたが、今月8日~10日に行われた弓道写真展「FUJIYAMA KYUDO COMPLEX」
のレポートをお届けします。
会期中、台風が心配でしたが東京に直撃ということはなく、3日間無事に終了しました。
どうも、今年は天気に振り回される1年のような気がします。

0819.2

大判ポスター看板と一緒に、作家の奥野さんも。

0819.3

0819.4

弓道の所作はとても美しいですね。
凛とした表情、その場の張りつめた空気感まで伝わってくるようです。

0819.4-1

モデルの弓道家さんたちも来場!(奥野さん、写真お借りしました)

弓道をしている時と普段と、印象が違いますね。
私も弓道やったらちょっとはかっこよくなるのかな?!

0819.5

京都に工房をお持ちの、弓作家さんによる竹弓。
弓ってこういう風に作られていくんですね。全然知りませんでした。

0819.5-1

弓作家さんからのお花。
京都在住の方ですが、初日フランスから帰国された折、成田経由で見に来てくださいました。

0819.6

超・大判の作品。
モデルさんが等身大ということもあり、こちらに矢が飛んできそうに見えるくらいの迫力です!

0819.7

矢もディスプレイ。
どうでもいいけど、刺さったら間違いなく死にますね。

0819.8

芳名帳等も、写真展の雰囲気に合わせて、ザ・和風。

0819.9

弓道の書も置かれていました。
所作やルールなど、全て英語で書かれたテキストも。

0819.10

3日間とも、この着物袴姿で在廊された奥野さん。
弓を引く姿勢、さすがかっこいいです!

0819.12

ちなみに、わたくし室長saorinも弓を引かせていただきました。
弦がものすごくかたくて、全然さまになっておりません笑
奥野さんが引いているくらいにまでなるには、相当な修業が必要ですね。

0819.11

会期中、ホトリのFacebookページには外国人の方のコメントも多くみられ、弓道×写真という新しいスタイルへの
関心がうかがえました!
弓道写真家・奥野さんの展示は、大阪・名古屋から海外開催も視野に入れているそうです。
新しい展開がとても楽しみです。

あと余談ですが、今回奥野さんが展示に使用したのはホトリ所有の額で、貸出し可能です。
近々こちらで正式にお知らせしますのでお待ちください。