【豆本計画】 オーダー豆本を制作いたしました

0929.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
先日、久々に豆本計画のオーダーをいただき、制作&納品しましたのでご紹介します。

制作させていただいたのは、3回目のリピーターのお客さま。
今回は、この夏旅してきた日本に近いロシア・ハバロフスクの旅豆本です。
ハバロフスクって、新潟(だったかな?)から3時間ほどで行ける都市なんですよね。
ロシアは遠いイメージありますけど、3時間なんて下手したら沖縄の離島よりも近いかもしれない。

0929.2

ロシアの豆本で、今回デザインオプションも注文いただいていたので、表紙はキリル文字の新聞記事を
配置し、ご希望いただいていたブルーのトレーシングペーパーをカバーにして透かしました。

0929.3

寺院の夜景だそうです。ロマンチックですね。

0929.4

そうそう、どれくらいの大きさかというと、これくらい。隣はiPhone5sです。
豆本といっても、皆さんがイメージされるものよりはそこそこ大きいと思います。
それくらいの大きさの方が、写真集としては見やすいかな。

0929.5

1冊1冊、100%手づくりですので、このページの端からのぞいているパーツ(花布と書いてはなぎれと読みます)も
私の好きな色を選びます。
ロシアの国旗が、青、赤、白の3色であることにつなげて、赤と白のボーダー花布を選びました。
説明しなければわからないと思いますが、作った本人だけのちょっとしたこだわりです。

0929.6

中は、たくさんの寺院の写真で構成されています。

0929.7

ハバロフスクの寺院めぐり、楽しそうです。
建物好きにはおすすめの街かもしれませんね。

0929.8

最初のページには、シンプルにタイトルを入れています。

オーダーいただいたS様、ありがとうございました。

作ってみたい!という方、豆本計画のページをご覧くださいね。

 

 

【豆本計画】 大和園様の豆本を制作いたしました

1125.1

色々とお知らせが続き、ご紹介がすっかり遅くなってしまいましたが・・・
岐阜県にあるお花の生産農家、大和園さんよりご依頼いただき、豆本写真集を制作させていただきました。
デザインオプションを付けての注文でしたので、透明感のあるトレーシングペーパーを使って
花の儚さ、美しさがより伝わるように仕上げました。

1125.2

大和園さんのお花の写真を見ていると、ただ花が好きというだけではなくて、この花たちを愛でながら
育ててきたんだなあという優しいまなざしがうかがえます。

1125.3

カバーの袖にも、写真をあしらいました。

1125.4

中はこんな感じです。

1125.5 1125.6

これが実際の写真。(※両写真とも無断転載はNGです)
花にも、一つ一つ顔、表情があるんだなーということがしみじみ伝わってきます。

1125.7 1125.8

ちょこんとのぞいている花布(はなぎれと読みます)は、ゴールドを選びました。

1125.9

クリスマスローズの写真を集めた豆本だったので、タイトルもChristmas Rose。

ちなみに、大和園さんでもホトリの豆本のことをすてきに紹介してくださいました!
とても光栄です。
大和園さん、ありがとうございました!

豆本注文にご興味のある方は、こちらをどうぞ。
豆本計画

 

【ホトリ制作部/豆本計画】 オーダー豆本を制作いたしました

0630.1

オーダーいただいていた豆本が完成しました!
今回はオプションデザインはなしで、カラーの表紙に白フチ写真を貼り、白い帯を巻く、
通常のパターンでの2冊のご注文でした。

0630.2

表紙の色は若草色とご指定がありましたので、手持ちの紙で一番近いイメージのものをセレクト。

0630.3 0630.4 0630.5

中は、ご自身で撮られたお花の写真集に仕上がっています。

0630.6

先日、2冊納品させていただきました。
オーダーくださった佐藤様、ありがとうございました!

ホトリでは、写真データをお送りいただければ、オリジナルの豆本をおつくりします。
詳しくはこちらのサイトをご覧くださいね。

豆本計画
http://fotori.net/mamehon/

【豆本計画】最近のオーダー豆本

ホトリ制作室内のプロジェクト「豆本計画」
昨年末にオーダーいただいた豆本をご紹介します。

バックデザイナー・手縫いカバン職人として著名な、野谷久仁子先生の新刊『いちばんよくわかる
はじめての革手縫い』の出版を記念した豆本を、編集者の方からオーダーしていただきました。

野谷先生のHP
http://www.kunikosfactory.com/

本の紹介
日本ヴォーグ社
Amazonページ

オーダーいただいたのはデザインなしのベーシックな無地タイプでしたが、革作家さんの豆本ということで、
表紙の紙には「コルドバ」という名前の革のような質感の紙をセレクト。色はマルーンです。

中は、新刊で使用された作品のイメージカット写真集です。
写真データを送っていただき、私が中身を編集してプリントします。
その際、大きなサイズの元写真を見られるので、ブツ撮りの勉強にもなりました。

小物はもちろん、バッグなどたくさんの革作品が掲載されています。
全て手縫いで、しかもはじめての人でも作れるように仕上がっているそうです。

これが本の表紙。
豆本では、最初のページに入れました。

そして別の方からオーダーいただいた豆本がこれ。

スイスっぽく!とデザインオプションを付けてオーダーいただいた豆本です。
ご本人のお好きな色が鮮やかな赤、ということで表紙には無地の赤をセレクト。

エーデルワイスのお花をぜひ取り入れてほしい、ということで色々考えた末、表紙には
エーデルワイス柄のチロリアンテープをぐるり。ちょっと豪華になりました。
下の飾り帯は、以前雑貨屋さんで買った古い包装帯をあしらいました。

豆本写真集のタイトルは「Early Snow」。
オーダーくださった方がスイスを訪れた際、あまりにも早い10月の大雪に、現地の皆さんが
「Early Snow!!」と驚いていたからだとか。

包装帯+チロリアンテープだけでは少しさびしいので、仕上げにエーデルワイス切手をぺたり。

中はスイスらしいさわやかな写真でした。
写真で旅している気分になりますね。

私は残念ながら行けなかったのですが、参加されている写真教室のグループ展にこの豆本も
出展したそうです。
こんな風に、ミニポートフォリオみたいな感じで展示に添えていただけるのもいいなと思いました。

というわけで、最近制作したオーダー豆本のご紹介でした。
ご注文ありがとうございました。

オーダーの詳細はこちら。
豆本計画
http://fotori.net/mamehon/

 

 

 

【雷鳥社ブックフェア】saorinワークショップ 写真の残しかた教室「洋装豆本写真集」

バタバタ続きで、なかなか詳しい紹介ができずじまいでしたが・・・
雷鳥社ブックフェア中の、私saorinのワークショップのご案内です。
おなじみの洋装豆本写真集なのですが、今回はsaorinオリジナルの新作豆本を作っていただきます!
3種類から、お好きなデザインを1つ選んでいただきます。(早い者勝ち!)
詳しくご紹介しますね。

まず1つ目は「Journey」。
タイトル通り、今まで旅した写真を1冊にまとめたもの。
表紙は、世界地図を帯にあしらい、飛行機のタグのようなラベルをあしらいました。
ワークショップでは、この表紙の色(写真では黒)を自由に選べます。

パリ、プロヴァンス、ハワイ、スペイン、ポルトガル・・・
お気に入りの写真を絞って1冊にまとめています。

2冊目は「flowers」。とにかくお花づくしの1冊です。
写真ではわかりづらいのですが、厚めのトレペにプリントしたお花の帯が気に入ってます。
下の表紙の色が透けて、いい感じなんです。

中はこんな感じ。
お花の写真は見てて癒されますね。

3冊目は・・・満を持して(?)「Cats」。
昨年「犬のいる風景」という個展を開催したのもあり、どっちかというと犬の写真の方が多いのですが、
もちろん猫も撮っています。
なので、今回1冊の豆本にまとめてみました。
このカバー、とても気に入ってます!
沖縄・小浜島で見かけた一族なんです。

裏表紙はこんな感じ。
青いドラム缶に赤いたらいが並んでいて(狙ったとしか思えない!)、その周りに
この一家がくつろいでいました。いやーかわいかった。

ほかにも、今まで撮った猫たちが大集合!
自分が思っていた以上に、たくさんありました(笑)。

ワークショップでは、これら3種の豆本の中から好きなものを選んでいただきます。
これらの新作豆本は、今回のイベントに先行登場です。また、お土産として、自分で作れる豆本キットをプレゼント!
久々の豆本WS、ぜひご参加くださいね。
お申込みは、雷鳥社ブックフェアのサイトからメールもしくは電話にて。
5/8から受付開始です!

【雷鳥社ブックフェア】saorinワークショップ 写真の残しかた教室「洋装豆本写真集」

小さな手製のミニ写真集を作ってみませんか。
ポストカードの約半分くらいで、手のひらに乗るほどの小さなサイズですが、 洋装くるみ製本の
手順を踏んだ本格的な作りです。
今回のイベントに先行して初登場するsaorinの新作豆本「Journey」「Cats」「flowers」の
どれかお好きなものを1つ選んでいただきます。
ご自身の写真で復習できるように、豆本キットもお付けします!
はじめての方も、自称ぶきっちょさんも大歓迎です。
1日に2回開催いたしますので、ご都合のよい時間帯をお選びください。

日時:2013年6月2日(日)(1)11:00~13:00/(2)15:00~17:00
場所:写真企画室ホトリ
定員:各 8名
参加費:4,000円(豆本キット付)
持ち物:筆記用具

お申込みは、雷鳥社ブックフェアのサイトからメールもしくは電話にて。(5/8~受付開始)

 

ソープデザイナー・ホノさんの豆本&展示会巡回のお知らせ

ソープデザイナー・ホノさんの作品カタログ的な豆本を作らせていただきました。

ホノさんの生み出す石鹸たちは、それこそ色んなカラーとデザインがあるのですが、やはり私のイメージとして、
ブルーの石鹸にカレンデュラ(黄色のお花のハーブ)が乗ったデザインがインプットされているようです。
なので、ブルー×イエローに徹底してデザインしてみました。

表紙にはブルーの紙をセレクトし、石鹸のラッピングをイメージして、透け感のある包装紙を。

ホノさんのHonoBono-Labのロゴを、帯にあしらいました。
今頃、ホノさんの手元に届いている頃かな?

昨年11月に、ホトリで3日間限定で開催された、ホノさんの展示会「日々の暮らしの中の石鹸展」。
その巡回展が、ホノさんの地元、福岡と、兵庫の2箇所で行われるそうです!
まずは、福岡・albusさんで、22日(金)からスタート。もうすぐですね!
また、来月の3月23日(土)からは、兵庫・FRAME*さんで開催されるそうです。
詳細はホノさんのサイトをご覧くださいね。

ホノさんサイト
HonoBono-Lab
blog

というわけでこの豆本も、展示会で一緒に見ていただけることになりそうです。
ホノさんの世界観がぎゅっと凝縮された小さな本も、ぜひ会場で見てみてくださいね。

 

 

【豆本計画】saorinポートフォリオ豆本、完成

私、saorinのポートフォリオ豆本が完成しました。
タイトルは「saorin’s works portfolio book 」

2008年4月に出版した最初の著書『写真でつくる雑貨』から始まり、最新刊 (といっても2年近くも前の出版ですが)
『フォトブック レシピ』に至るまでの 4冊に収録している作品はもちろんのこと、その間お仕事で雑誌などに
提供した作品など、かなりの数を収録しています。

カバーは、人目で私のポートフォリオとわかるようにシンプルなデザインに。
柔らかい雰囲気を出したくて、和紙にプリントしました。

懐かしい作品も、最近の作品もみーんなまとめて収録。
が、もちろん省略している作品も半分くらいあります。

自分の豆本なのでちょっと贅沢をしようと思い、このちょこんと出ている部分 (花布)は、
以前買ったままだった、フランスアンティークの材料を使いました。
といっても、普通のとの違いがよくわからないと思います。自分だけわかる贅沢。

最後のページには、今まで出版した4冊の著書の紹介を。
裏表紙には、英語で感謝の気持ちを綴ってみました。

ホトリをオープンしてから、初めての方とお話しする機会が多くなりました。
その際、自分のやっている活動や作品などを言葉で説明しても、なかなか伝わりにくく・・・(苦笑)
まあ、当然ですよね。 写真=光沢のプリント写真という認識が普通ですから。

じゃあ、それなら、一目瞭然の作品集を作ればいいんだ! しかも、自身の作品でもある豆本にして。
というかどうして今までそうしなかったのか不思議ですが、とにかくそういうわけで、今頃になって
ポートフォリオができました。

豆本は、ポストカードの約半分と、いつも持ち運べる小さなサイズが魅力。
作家としての自己紹介代わりに、名刺並に常に持ち歩こうと思います。

豆本計画では、こんな感じで自身の作品ポートフォリオとしての オーダーも受け付けます!
サイトは、予定よりかなり遅れましたが、今月末リリース予定です。 もうしばらくお待ちを。

 

 

【豆本計画】デザインオプション付豆本、完成!

大量注文をいただいていた、豆本4種×8冊が完成!
先日、無事ホトリを旅立ち、依頼主様に届きました。
今回は4種とも、オプションのデザインを付けたタイプの豆本です。(オプションなしの通常バージョンはこちら)
色々デザインを考えるのは楽しいです!

注文くださったのは、新潟にあるアロマサロン&スクールのアロマティカさん。
自身がデザインされているせっけん編、スクール編、ラボ編、せっけんの花編と、4種類ご注文をいただきました。
(アロマティカさんのブログでも、豆本を紹介していただいてます!)

これは、その中のデザインせっけん編。
帯に写真をあしらい、デザインされたせっけんが目立つようにしてみました。
今回はvol.1。またvol.2、vol.3と注文いただけるとうれしいです。

そして、ラボ編、スクール編、せっけんの花編。
スクール編(右上)は、表紙に模様のついたシックなグレーの紙をあしらい、厚めのトレペにデザインした帯カバーをぐるり。
ちょっと大人っぽい仕上がりです。
せっけんの花編(左上)は、手元にあったお花がプリントされた包装紙を使用。表紙はピンクの紙を使い、
ラベルタイトルをぺたりと貼っています。
かわいい透け感を楽しんでいます。
ラボ編(手前)は、今回一番気に入っているデザイン。
お送りいただいたイラストをクラフト紙にプリントしてオリジナルの包装紙にし、それを表紙に。
帯に本のタイトルをデザインしてぐるりと巻きつけました。

ホトリの豆本は、帯もデザインの一部と考えています。あるとないのとでは、全然違ってきますよね。
これからも、帯とカバーで楽しいデザインを考えていきたいです。

一般のオーダー受付は、ただいま準備中です。

こちらは、私の販売用豆本。パリ編、ポルトガル編、スペイン編、プロペラブックを増刷しました。

 

 

【豆本計画】オーダー豆本、完成&発送完了!

オーダーをいただいていた、豆本写真集(一般オーダー、第1号!)が完成しました。(12月の話ですが)
11月に行われた東トーキョーのイベント、SPEAK EASTのビンゴ景品です。

豆本計画(サイト制作中)のはしりとして試しにやってみたら、合計6組もの方がビンゴ景品として
引き換えをしてくださってびっくり!

まさにうれしい悲鳴です。

中身は、オーダーしてくださった方の思い出の旅写真など。
結婚式や新婚旅行(多分)のショットも数多くありました。

何となく、写真を見ていてブルー系がいいかなーと表紙にはターコイズブルーの紙をセレクト。
ちょこんとのぞく花布(“はなぎれ”と読みます)は、ビビッドなレッド×イエローのボーダーにしました。
大きさとしてはとても小さなものなのに、デザイン的には結構目立ちます。

一般オーダーのデザインでは、この本のように無地の表紙に中の写真を1枚あしらって貼り、白い帯を付けます。
オプションで、表紙・カバーにデザインをあしらうことも可能です。

本では、一般的に奥付と呼ばれる、最後のページ。
よく、著者名や出版社名が書かれているところです。
写真を送ってくれた方のお名前と、ホトリのショップデータを入れてあります。

本格的にオーダー受付開始できるのは、サイトが完成してからと思っているのですが、色々なご縁のおかげで
早くも大量注文をいただいており、幸先のいいスタートを切りました。

早く体裁をととのえられるようにがんばります。