【ホトリ通販部】 革のカメラ型フォトチャーム、通販スタートしました

charm_main

先日ワークショップで初お披露目した本革製のカメラ型フォトチャーム。
通販スタートいたしました。こちらのホトリ通販部(オンラインショップ)からお買い求めいただけます。
一針一針手で縫った、中にはお子さまやペットの写真を入れてみてはいかがでしょうか?
写真は入れ替えが可能です。

サイズ:中の窓 2.2cm
カラー:ブラック、レッド、ブルー、ベージュ、イエロー、ダークブラウン、ブラウン

charm_image charm_size charmcolor1 charmcolor2

 

【ホトリ制作部】 革のフォトベースフレーム

0701.1

先日のアワガミワークショップで、“水切り”という和紙に人工的に和紙の耳を作る方法をご紹介しました。
その中で、耳付き和紙を気軽に飾れる革のラフなベースフレームみたいなのはどうだろう?と思い
前日にちょこっと作ってみたのがこちらです。

0701.2

四つ角をゴムで固定してあるので、写真は簡単に入れ替えられます。
ベースフレームの四隅はハトメで穴を開けてあるので、虫ピンなどで壁に飾ってみてくださいね。

0701.3

壁に飾ってみたところ。
もちろん耳付き和紙でなくてもOKです。

今回は四辺をきちんと切りそろえていますが、切りっぱなしのワイルドな切り口を活かしたバージョンの
ベースフレームも作ってみようかと思います。

 

革のペンケース その2

今日は革のバッグ教室でした。
前回制作したペンケースを見せたところ、旦那さんが気に入ったそうなので、もう1個作りました。
私の持っているサイズはペンが3本ほど入ったらいっぱいになるほどスリムなのですが、もう少し
大きい方がよいとのことで、型紙から先生に教えてもらうことに。
そしたら、時間がぎりぎりになって必死に縫っていたら一目飛んでしまった・・・(ま、いっか)

いつも、引き手の作り方を忘れてしまう。
いい加減覚えよう、と今日はiPhoneで途中の写真を撮ってみました。これできっと次回からは作れる。(はず)

私のペンケースと並べてみると、大きさの違いがわかります。

1.5㎝ほど、高さを足してみました。
これはこれで使いやすそうです。

ここのところ、小物ばかり作っていたので、そろそろまたバッグに取り掛かります!
今日、工房で見たバッグがとても素敵だったので、先生おすすめの新しい革で作りたいです。
また近々、Ohama先生とホトリとのコラボ作品を開発予定!
これまた楽しみです。

 

 

革のペンケース

革教室は、ただいま小物街道、まっしぐらです。
ペンケースが完成しました。(1回で作れるのは、やはり達成感がある)

消えるペンフリクション、HI TEC、そして万年筆と、その時に応じてペンを使い分けているのですが
いつもバッグのポケットにぽいぽい差していて、みんなバラバラ。
かといって市販のペンケースは大きすぎるー
と思っていたら、革教室のOhama先生のところにあった作品が、細くてちょうどよい!!
必要最低限の筆記具しか持たない私にとってはいい感じのサイズです。

今年は、ホトリをもう少しショップっぽくしたいなと思っていて、販売アイテムを増やしたいところ。
Ohama先生と何か革アイテムを開発したいです!

 

革のiPadケース

先日の革のバッグ教室で、iPadケースが完成しました。もちろんすべて手縫いです。
バッグを作り終えたら、一度小物に戻るのが最近のパターン。

濃紺の革に赤いステッチ、そして黄色の耳がポイント。

片側だけマチが付いています。

そのまま開いて使えるiPadケースもありますが、私の場合、実際に使うときはケースはいらないので、
持ち運び用として簡単に出し入れできるタイプのものを作りました。

次も、小物を作る予定。