「第一回ホトリ文化祭2013」レポート

遅くなりましたが、先日開催された「第一回ホトリ文化祭2013」のレポートです!
大型台風が2つも来ている中で、なんとか無事に終えることができました。
(それにしても暑すぎる夏といい、10月の季節外れの台風といい、今年はおかしかった・・・)

ホトリ写真部メンバーにお借りした映写機が、いいオブジェに。

「トレインスポッティング」 黒川真紀子

「パリ、ジュテーム」 中江 美有紀

「ことしも冬が嫌いなこと、」 mika.takano

「シルビアのいる街で」 佐藤 直子

「恋する惑星」 わたなべ みか

「ロストワールド」 佐藤 翔

「レザボア・ドッグス」 竹本 侑樹

「A bout de souffle」 HI-CONDITION

「パリの恋人」 saorin

「ホノカアボーイ」 saorin

「コーヒー&シガレッツ」 saorin

調子に乗って4作品も展示していた私。(写真を忘れたのですが、「スワロウテイル」も展示していました)

そして目黒の古道具屋さん、maruseさんからお借りしたレトロな映画パンフをはじめとしたシネマ蚤の市。
中にはかなりレアなものも!

初日25日(金)は、私saorinによるワークショップでした。

思い出を閉じ込めた作品ができあがりました!

そして翌日、26日(土)はingenueによるライブ

テーブルを移動させ、ベンチや椅子やらを色々動かして、即席のライブハウスのできあがり!
時間が迫ってきて、お客さんも集まってきました。
一番前のかぶりつきベンチは、さすがに不評・・・(笑)

ボーカルとベースによる二人の演奏は、自然と体が動いてしまう楽しげな曲があるかと思えば、
しっとり聴かせるバラードもあり。1時間くらいのライブでしたが、聴きごたえがありました!
楽しかったのでまたぜひやってほしいです。

そして最終日は、いよいよ珈琲カブ君によるシネマ喫茶

あまり知らない方もいるかもしれませんが、ホトリは3階建てとなっておりまして、1階のすぐ上は、
壁、床、天井全て真っ黒にペイントした、中2階があります。
ここが屋根裏部屋のような空間で、とてもおもしろいんです。(天井が低くて、頭をぶつけがちなのが難点だけど・・・)

今回のシネマ喫茶は、この空間を使いました。
中2階は、まさにこのイベントのための空間のようにしっくりおさまって感動!

台に並べられた、珈琲カブ君の仕事道具たち。

記念すべき第1回目の上映作品は、ジム・ジャームッシュ監督による、「コーヒー&シガレッツ」。
全てモノクロのということで、だいぶ古い映画なのかなと思っていたのですが2004年の作品。
そこまで昔ではないんですね。
淡々と進んでいくオムニバス作品で、ラフに楽しむのにぴったりでした。

映画「コーヒー&シガレッツ」に合わせて、少しクセのあるコーヒーを用意したそうです。

シネマ喫茶は、また今後も開催予定ですので、お楽しみに。

最終日、87cafeさんによるスイーツ販売もありました!
すべて完売!ぱちぱち。

と、3日間限りではありましたが、無事第一回文化祭を終えることができました。

今回改めて感じたのは、こういうイベントを開催できるのは、私一人の力ではなく
周りの皆さんが助けてくれるからだなということ。

ホトリ文化祭に、色々な形でかかわってくれた皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

「PHOTO! FUN! ZINE! in OSAKA」レポート

レポートが遅くなってしまいましたが、先週、大阪Spoolでの「PHOTO! FUN! ZINE!」が
無事終了しました。
Spoolさんでのこじんまりスペースに展示されたzine。今回も力作がそろいました!

大阪Nadarスタッフさんによる設営も見事!
こんなかわいい看板に、PHOTO! FUN! ZINE!のポスターも。

壁にも、すてきなパネル作品がそろいました!

事務局からのあいさつパネルには、Nadarスタッフさんによる手作りの紙モノオブジェが。

綴じ方、テーマは人それぞれ。
ガチャックで綴じたzine、ただ半分に折ってまとめた新聞のようなラフなzine、ハトメを使って
綴じられたzine、色んなサイズのページが綴じられた凝ったzineなど、バラエティ豊か!
見ごたえがありました。

展示のみのzineは、Spool奥のスペースに、什器を使ってディスプレイ。

イベント前夜、私saorinのワークショップがありました!
色んな表紙の紙と綴じ糸を用意していったので、色んな仕上がりになりました~

できあがった作品をゲキシャする参加者の皆さま。

ワークショップの詳細レポートは、Nadar大阪のブログにUPされています!
こちらから

また、翌日土曜夜に開催された、事務局メンバーこばやしかをるさんによる「スマートフォン撮影教室」
の様子も見られます!
こちらから

過去、東京で2回開催し、今回初の大阪進出が実現。
ほかの色んな都市でも開催してみたいなーと思う事務局メンバーsaorinでした。

zine展示・販売でご参加くださった皆さま、
ご来場くださった方、ワークショップに参加してくださった皆さま、
本当にありがとうございました!

【ホトリ文化祭】Fruit et Fleurワークショップ「ハロウィンアレンジメントとフォトカード」10/26(土)のお知らせ

25日(金)~26日(土)の昼間にかけて、台風の影響による大雨が予想されるため、
悪天候を考慮してこのイベントはキャンセルとなりました。

ホトリ文化祭がある週末は、ハロウィーンですね。
ハロウィーンと来て、映画をかければ、その心は・・・「The Nightmare Before Christmas」!Yeah!!
というわけで、造花を使ったすてきなハロウィーンアレンジメントと、フォトカードのコラボWSのお知らせです!
以下、Fruit et Fleur主宰わたなべみかさんによるワークショップのお知らせテキスト引用です。

この度写真企画室ホトリさんで開催される「第一回ホトリ文化祭2013 10/25(Fri)~27(Sun)」にて、
造花を使ったフラワーアレンジメントと小さな撮影&フォトカード制作のワークショップを開催させて
頂く事になりました。

ドライフラワーのような見た目に仕上げた花材でハロウィンを可愛く演出するアレンジメントを仕上げます。
ハロウィンの期間中はフェルト製のジャック・オ・ランタンのカバーに入れて、その後はカバーを外して
素焼きのままで飾れば、1年中お楽しみ頂けます。

作品が出来上がったらそれをモチーフに、小さな撮影会を予定しています。
「第一回ホトリ文化祭」のテーマが「映画」ということで、特別ゲストとして、「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」の
メンバーが撮影に参加してくれます!

スマートフォンや携帯のカメラやコンパクトカメラなどがあればお持ち下さい。
普段何気なく使っているこれらのカメラでも、実はちょっとした工夫で満足のゆく写真に仕上がります。
もちろん一眼レフをお持ち頂いても構いません。
更にホトリさんからのプレゼントとして、撮った写真をその場でプリントアウト&壁掛けや
栞としても使える素敵なミニカード制作も、という盛り沢山な内容です。

必要な材料や道具は全てこちらでご用意致しますので、お気軽に、手ぶらでお越し下頂けます。
もちろんお子様も大歓迎です。小学生以上でしたらご自分で、それ以下の場合でも
お母様又はお父様とご一緒に。お誘い合わせの上、是非ご参加下さい!

日程:2013年10月26日(土)

時間:1回目:13:00~(定員6名)/2回目:16:00~(定員6名)

費用:¥2,000(フラワーアレンジメント及びフォトカードの材料、税金込み)※当日現地にてお支払い下さい。

講師:わたなべみか

場所:写真企画室ホトリ 東京都台東区浅草橋5-2-10

持ち物:お使いのカメラをコンピューターに接続するためのUSBケーブルなど

☆お手持ちの写真を使ってフォトカードを作りたい場合はデータが保存されたSDカードやUSBメモリなど

受付:こちらのコンタクトフォームからご予約下さい。件名は「ハロウィンアレンジメント予約」で、お名前の他、メッセージ欄へ、ご予約人数、携帯などのご連絡先を、またご質問などございましたら合わせてご記入をお願い致します。

※コンタクトフォームにアクセス出来ない場合、及び、確認のためのお返事がお手元に届かない場合などは、Facebook「第一回ホトリ文化祭2013 」のイベントページへその旨ご投稿下さい。確認次第ご連絡を差し上げます。

*材料の手配上、事前予約をお願い致します。但し当日空きがあった場合には予約無しでもご参加を受け付けます。

*アーティフィッシャルフラワー(造花)を使ったアレンジメントになります。

*「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」のお人形は撮影小物です。お持ち帰り頂けません。

*各回定員になり次第閉め切りとなります。

*キャンセル料などは特別に設定しておりませんが、ご予定の変更、体調不良等でキャンセルなさりたい事もあるかもしれません。その場合は出来るだけ早めにご連絡下さい。また、材料の手配等の都合もございますので、ご連絡無しでのキャンセルは出来る限りご遠慮頂けますようお願い致します。みなさまのご理解とご協力に感謝致します。

 

【ホトリ文化祭】シネマ蚤の市(by maruse)のお知らせ 10/25(金)~27(日)

告知が遅くなってしまいました!
ホトリ文化祭の3日間、目黒にある古道具屋maruseさんによる、シネマ蚤の市がオープンします!
maruseオーナー黒川さんのコレクション、映画のパンフレットがどどーんと大放出!
中には猿の惑星の第一作目とかの2001年部宇宙の旅などの超有名作品もあれば、
誰が知ってるの?ってコメントがつけられてるくらいマニアックな作品も(笑)
60年代後半から80年代初頭の珍品パンフが約60冊そろいました。中にはかなり貴重なパンフもありますよ~
(パンフ一例:
バリーリンドン/オリエント急行殺人事件/ハリーとトント/チキチキバンバン/スティング/ダーティーハリー2/
カッコーの巣の上で/未知との遭遇/レニー・ブルース/卒業/ロッキー/ゴッドファーザーII/
サンダーボルト/シャイニング/悪魔の追跡/タクシードライバー/ベンジー/ザ・ヤクザ/ラスト・ショー/
ジャッカルの日/フリービーとビーン大乱戦/冒険また冒険/ほか多数)

また、フィルム缶や、こんなにコンパクトなスライド機など、映画にちなんだ(?)古道具類も販売します。
(※スライド機は現役で使えます)

映画のパンフレットは自由に見学が可能です。
映画好きな人も、そうでない人も、ぜひ手に取って見てみてくださいね!

【古道具提供・協力:maruse】
maruse
http://www.shopmaruse.com/index.html

 

「弘前女子展」レポート

10月5日(土)・6日(日)の2日間、グループ写真展「弘前女子展」が開催されました。
毎回、展示される写真のテイストで、ホトリの雰囲気ががらりと変わるのですが、今回は出展者が
女子限定ということで、ほっこりカフェのようになりました。
この、手づくりの三角フラッグオーナメント、かわいいですね。(影がいい感じ!)

メンバーの皆さんの写真をご紹介します。
(作家名とタイトルは省略させていただきました)

キャンバス画材に、写真が転写された不思議な雰囲気の作品。

出されるお菓子や、こうして飾られているところに、青森・弘前の名物リンゴが。
地元の雰囲気いっぱいの展示ってなんかよいですね。
お国自慢みたいな企画展もおもしろいかも!

彼女たちの写真展は、撮るものやテイストは違っても、どこか流れている空気が同じ印象を受けました。
学生時代を共に過ごした仲間同士の展示だったからなのかな、と思ったり。

グループ展は何度か開催されていますが、女子オンリーの展示って初かも!
弘前女子展の皆さま、ありがとうございました!

 

 

【ホトリ文化祭】saorinワークショップ「和綴じフォトブックzine」10/25(金)

PHOTO! FUN! ZINE! in OSAKAで開催するワークショップ「和綴じフォトブック」を、ホトリ文化祭でもやります!
ポストカードサイズの和綴じタイプのzineです。
ご自身の写真を、1冊の和綴じ本にまとめてみませんか?

サンプルには、今年2月に行ったタイの写真を使っています。表紙も、タイで買ってきた手すき紙を使いました。
表紙はわざと半分のデザインにし、中からトレペに印刷したタイトルをのぞかせました。
ご参加いただく皆さまにも、事前にタイトルをお聞きし、ご用意します。

中の写真用紙は、越前和紙という厚めのOA和紙を使います。
和紙ならではの柔らかい発色が、とてもいい感じなんです。

ちなみに、横長デザインなので、できれば写真は横位置がいいのですが、縦位置でもOK。
その場合、横位置よりも小さくなって配置されますのでご注意を。

もちろん、材料も色々選べるようにご用意します。
色んな綴じ糸と、

表紙の和紙も、何種類かから選べるようにします。

そして!今回も、ワークショップにご参加くださる皆さまに、おまけをご用意しています!

私の過去2冊の著書『写真でつくる雑貨』と『写真と古道具のくらし』のいずれか1冊と、以前ご紹介した
樹脂を使ったフォトブローチをプレゼント!
どちらの本をご希望か、お申込みの際にお知らせください。(※フォトブローチの柄は選べません)

皆さまのお申込み、お待ちしています!

これから、毎月ワークショップが続きます。
ホトリで開催するのと、出張と色々ですが、皆さまぜひ!

【ホトリ文化祭】saorin ワークショップ『和綴じフォトブックzine』

和紙ならではの柔らかさが魅力の、和綴じフォトブックzineを作るワークショップを開催します!
お気に入りの写真を、1冊のzineに仕上げてみませんか。
事前に写真をお送りいただき、中身も全て印刷して当日ご用意いたします。
当日は、お好きな表紙の和紙と綴じ糸を選び、楽しく和綴じ製本しましょう。
おまけとして、『写真でつくる雑貨』と『写真と古道具のくらし』のいずれか1冊と、樹脂フォトブローチをプレゼント!

日時 10月25日(金)14時からスタート(※2時間程度)
会場 写真企画室ホトリ
定員 最大6名(先着順)
会費 3,500円(材料費込/著書1冊+樹脂フォトブローチのおまけ付)
講師 saorin

申込み方法:info@fotori.net のアドレスに、件名を「10/25(金)ホトリ文化祭saorinワークショップ」とした上で、

・氏名(お友だちと一緒の参加の場合は、人数とそれぞれの氏名)
・連絡先(携帯番号/メールアドレス)
・おまけの希望著書(『写真でつくる雑貨』 or 『写真と古道具のくらし』)
・作品のタイトル、作家名(任意)

をご連絡ください。先着順の受付となります。
私からの受付完了のメール返信をもって、予約完了とさせていただきます。

★事前に写真を10~15枚お送りいただきます。詳細はお申込み受付時にお知らせします。

【ホトリ文化祭】ingenueライブのお知らせ 10/26(土)

ベースとボーカルのユニット、ingenueさんのライブがホトリ文化祭にやってきます!
ジャズのような、ボサノヴァのような・・・すごくスタイリッシュで新鮮な演奏ですよ~
ひょっとしたら、今回のテーマ“映画”にちなんだ曲も聴けるかも?

秋の夜長は、心地よい音に酔いしれましょう♪

◆日時:2013年10月26日(土) 19:00開場/19:30開演(1時間程度)
◆会場:写真企画室ホトリ(東京都台東区浅草橋5-2-10) http://fotori.net/
◆チケット:1,000円(ワンドリンク付)・当日券のみ

※ライブ演奏中の録音はご遠慮ください。
※携帯はマナーモードに切り替える配慮をお願いします。
※来場数によっては入場できない可能性もあります。

【ingenue(アンジャニュー)】

ベース西原幸男と、ボーカルyoshimiのDuo。
2004年11月結成。
東京を中心に様々な場所でライブ活動を行う。
2009年1stアルバム「okappahat」を発表。
2012年活動休止。
2013年9月再始動決定。
KIRYU MUSIC FRONTSが再開後、第一弾ライブとなる。

http://ingenue.jp/index.html

 

【ホトリ文化祭】シネマ喫茶のお知らせ 10/27(日)

鬼子母神手創り市をはじめ、さまざまなイベントでおいしい珈琲を提供している珈琲カブ君による
シネマ喫茶が、ホトリ文化祭にやってきます!
記念すべき第1回目の上映作品は、『コーヒー&シガレッツ』。
秋が深まるよい季節、珈琲と映画をお楽しみください。

美味しい珈琲と至福の映画。

『すこしクセのあるショートムービー』を、
『すこしクセのある珈琲』と共に、
愉しんでいただく時間をご用意いたします。
当日は映画に合わせた珈琲をご用意してお待ちしております。

ぜひお気軽にお立ち寄りください。
上映作品はジム・ジャームッシュ監督の『コーヒー&シガレッツ』を予定しています。

◆日時:2013年10月27日(日)  13:00~18:30
◆会場:写真企画室ホトリ(東京都台東区浅草橋5-2-10)http://fotori.net/
◆参加費:1,000円(珈琲1杯付)

※出入り自由
(短編オムニバス形式の映画を上映予定です。
時間内であれば好きな時間に出入りしていただいて構いません)

※定員が限られますので、満席の場合はお待ちいただくことがございます。
あらかじめご了承ください。

◆お問い合わせ:coffeekabu@gmail.com (珈琲カブ)

【主催者プロフィール】
珈琲カブ
珈琲を通した小さな幸せと穏やかな時間の提案をしております。http://coffeekabu.web.fc2.com/

当日、87cafeさんによる出店が決定しました!
秋の味覚たっぷりのスイーツをお楽しみくださいね。

hanako(87cafe)

誰でも真似できる簡単メシ」がモットーの二番煎じのhanaのズボラ飯。
年3回の「旬を食す会」では、アシスタント兼デザート担当。
その他、イベントフード、カフェ案内など、細々と活動中。

メニュー:サツマイモと林檎のケーキ

グループ展「弘前女子展」のお知らせ

このイベントは終了しました。詳細レポートはこちらからご覧いただけます。>>>

10月最初の週末に開催されるグループ展のお知らせです。
序文からしてなんだか懐かしい気持ちになるような・・・
秋の始まりの写真展、ぜひ。

余談ですが、私東北地方に行ったことがない!行ってみたいなー

弘前女子展
http://hirosakijoshi.choumusubi.com/

写真:
杉山 芙美
関 望代子
土谷 美樹
出島 鮎美
ナナオ ケイコ

会期:
10/5(土) 12:00-18:00
10/6(日) 11:00-18:00

青森県弘前市、おなじ学校の写真部で
おなじ時間をすごしたみんなで集まって
写真展をします.

ひさしぶりって笑いあって、懐かしがって
あのころのおたがいのことや
これまでとこれからをおもいうかべて
ことばをかわすように、手をつなぐように
みんなの写真をならべてみたいとおもっています.

 

【ホトリ文化祭】映画にまつわる作品展 出展者募集!

<出展者募集要項>
映画にまつわる作品であれば、写真・使用カメラのジャンルは問いません。
また今回は、写真以外のイラスト・絵画などの作品でも参加が可能です。

・映画のロケ地で撮影した作品
・映画のワンシーンのような写真
・その他映画にまつわる作品だったらOK!

ホトリの文化祭に、あなたも作品で参加してみませんか?(もちろん、遠方参加も可能です!)

<展示作品サイズ※9/13(金)一部変更になりました
70㎝幅の壁面内で自由に展示してください。作品点数は問いません。
(※ただし搬入に来られない方で、展示方法が複雑な方は紙に書いて作品に同梱するなどして
詳しくお知らせください。
壁面用作品のすぐ下に、作品集や名刺、DM、感想ノート等置けるスペース(棚 W90×D25cm)を
ご用意します。
また、作品の販売も可能です。(手数料として30%頂戴します)

壁面写真作品のほかに、作家名、タイトル、あればイメージする映画タイトル、作品についてのキャプションを
ミニパネルにして展示します。

<搬入について>
郵送の場合、10月22日(火)午後必着。
直接持ち込みの場合は、10月25日(金)10時に直接搬入ください。
(※展示スペースは写真企画室ホトリで決定させていただきます。ご了承ください)
一緒に搬入のお手伝いをしてくださるボランティアさん、合わせて募集!

<搬出について>
10月27日(日)20:00~(※時間変更の可能性あり。追ってご連絡します)
(当日ご都合の悪い方は着払いにて返送します。着払い伝票をご用意ください)

<応募締切>
10月20日(日)20時

<参加費>
3,000円(※別途募集する、珈琲カブ君主催のシネマ喫茶も合わせてお申し込みの方は、500円割引の2,500円でご参加いただけます。)

<参加申込み>
お申込み・お問合せメールアドレス info@fotori.net
こちらのアドレスに、件名を「ホトリ文化祭展示申込み」とした上で、

・氏名(本名/作家名)
・ご住所/携帯番号
・作品タイト
・イメージする映画タイトル(任意)
・作品についてのキャプション(任意)

をご記入のうえ、メールでご連絡ください。
ホトリからの受付完了のメール返信をもって、予約完了とさせていただきます。
3日待っても返信が来ない場合は、事故が考えられますのでお手数ですが再度ご連絡ください。

汚損、盗難、火災などの不慮の災害の場合はその責を負いかねますので、御了承ください。