「ASIA GOHAN 5th by padma design」 レポート

0325.1

「ASIA GOHAN 5th by padma design」が、先週日曜に開催されました!
5回目を迎えたこのASIA GOHAN。もう写真企画室ホトリの立派なレギュラーイベントです。
今回も、わたくし室長のsaorinが張り切ってレポートいたします!

0325.2

パクチー、スイートバジル(ホラパー)、レモングラス・・・
今回のごはんも、このハーブたちがいい仕事をしてくれるんですよね。

0325.3

kyokoさん特製の、ジンジャースパイスハイボールももちろんご用意しています!
飲み口すっきりで、ついつい杯を重ねてしまうのですが、前回気がつくと撃沈していたので(注:私が)要注意。

0325.4

毎度おなじみの物販コーナー。

0325.5

kyokoさんのzine写真集と、

0325.6

すでにASIA GOHANスタッフとしておなじみ、DOLOCY’sヤマキさんのTシャツも!

ちなみに、DOLOCY’s ヤマキさんに、ホトリのオリジナルTシャツのデザインをお願いしています。楽しみ!

0325.7

今回、ホトリグッズも並べてみました。
そろそろホトリのオンラインショップもOPENしますが、それに先がけて革工房のOhama先生との
コラボグッズ第1弾、革のレンズキャップケースもおひろめ。

もう少しで、正式に販売スタートしますので、しばしお待ちを。

0325.8

先日取材させていただいた、tocolierさんの花市から連れて帰ってきたヨシノザクラ。

0325.9

ASIA GOHANのメニューカードも、この季節らしい桜色でした。

0325.10

外を通りかかる人も、興味津々でのぞいていました。

0325.11

さて、ASIA GOHANの調理、スタートです!

0325.12

まずは前菜、ヤム・ネームから。
ネームというのは、要するに唐辛子入りのタイのソーセージなのですが、このネーム、生の豚肉を
お米を使って発酵させたものだそうで、独特の酸味があります。

0325.14

「みんな、どれくらいまで辛くても大丈夫ですかー?」

プリック・キーヌー(=生の赤唐辛子)を見せながら、微妙に返答に困る質問を投げるkyokoさん。

0325.13

ライム汁に、

0325.15

先ほどカットしたネームと、プリック・キーヌーを入れます。

0325.16

ほか、たっぷりのセロリ、生姜、紫玉ねぎ、万能ねぎを。
ネームの個性が強いので、いつもはホムデン(=赤小玉ねぎ)を使うところを、辛味が強い紫玉ねぎを使うそうです。

0325.17

そして、レモングラスのスライスも。
スライサーを使うと、きれいにスライスできるそうですよー。今度から真似します!

0325.18

もちろん、パクチーもカット。

0325.19

ASIA GOHANスタッフ内では、辛さからの逃げ道と称されている(?)炒ったピーナッツを添えて、完成!

このネームが、ビールに合いすぎ!ネームだけでおつまみになりますね。

0325.20

さて、お次は今回のメイン料理、パッキーマオ。
今まで、ASIA GOHANのメイン料理は、全てごはんものだったのですが、今回初の麺料理!

パッキーマオの由来は諸説あるそうで、「酔っ払いが作るので、とんでもなく辛い」とか、
「酔っ払いの酔いが覚めるほど辛い」とか、はたまた「お酒に良く合うほど辛くて美味しい」
などなど。(3/26補足済)

ご覧の通り、きしめんのように太くて平たい米の麺を使うそうです。
もともと乾燥していますが、水にひたすとボリュームアップ。

0325.20-1

今回の珍しい食材その2。生の黒コショウです!
乾燥しているのはいくらでも見かけるけど、生は初めて。
ちょこっとかじってみると、小さなぶどうみたいで、本当に生なんだけど、でも味(?)は黒コショウ。
不思議。

余談ですが、スタッフのヤマキさんと、これ梅雨時期によく見かける、子どもの時につぶして汁漬けて遊んだやつに似てる!!
という話になり、なんて名前だっけ??と調べたところ、「山ゴボウ」でした。 そんな名前だっけ??

0325.21

今回も登場!タイの調理道具、クロック。ASIA GOHANでも欠かせません。

0325.22

ニンニク、先ほどのサラダでも登場した、プリック・キーヌー(赤生唐辛子)をクロックでつぶします。

0325.23

パッキーマオで使うのは、スイートバジル(ホラパー)。

0325.24

kyokoさんのASIA GOHANは、とにかく具だくさん。
春のキャベツやきくらげ、スイートコーン、アスパラなど、春を思わせる季節の野菜をさっと茹でます。
ゆで具合は日本人好みに合わせて、少し硬さを残して。

0325.25

イカや海老などの魚介類も、さっと茹でます。

0325.26

先ほどクロックでつぶしたニンニクとプリック・キーヌーをフライパンで炒め、

0325.27

米麺と、シーユーダム(タイの醤油)を投入!

0325.28

野菜、魚介も投入し、ワイルドに炒めます。

0325.29

調味料が麺や野菜、魚介になじんだら、できあがり!
あーいい匂いです。

0325.30

盛り付けたら、てんこもりに・・・ww

0325.31

いただきまーす!

大盛りなんですが、麺の量はそうでもなくて、野菜や魚介でボリュームUPしているので、意外にヘルシーです。
春野菜、おいしかったー。

0325.32

今回は麺料理なので、kyokoさん保有のこんな道具まで登場www
ナンプラー、酢、砂糖、乾燥赤唐辛子などで、自分好みに味を調節するのが、まさにタイ流です。

0325.33

この時点ですでにお腹いっぱいですがw、ラストのデザートへ。
今が旬のとろけるようなマンゴー入手に成功したそうで、ASIA GOHAN初回のデザートとして登場した、
カオニャオ・マムアンが再登場!ひゅーひゅー!これ大好き!

0325.34

タイ人にはおなじみの、カオニャオ(=もち米)に、カットしたマンゴーを乗せ、あまじょっぱい不思議な味わいの
ココナッツミルクソースをかけるこのスイーツ。

0325.35

もち米にフルーツ?!と、初めて食べた時は衝撃を受けましたが、すぐに大好きになりました。
(マンゴーの美味しいこと!)
日本のおやつで言うと、桜餅に近いです。

0325.36

おいしいですね!!
既にレギュラーメンバーの参加者の皆さま。

0325.37

今回、5回目を迎えたASIA GOHANに、一度も休みなく参加してくださっている皆さまに、
kyokoさんから皆勤賞のプレゼントがありました。
タイのセラドン焼きの小さなプレートです。何とも言えないセージ色が美しいですね~

0325.38

そして!私、ホトリ室長saorinと、スタッフのヤマキさんから、ASIA GOHAN1周年おめでとうの
サプライズプレゼントも。
電気ブラン、初めて飲みました。

0325.39

と、今回も大盛況で終了したASIA GOHANでした。
ホトリのレギュラーイベントとして、どんどん成長していくのはうれしいですね。

寒い時期を乗り越えて、kyokoさんも徐々にパワーアップ!
次回のASIA GOHANのサブタイトルは、おそらくビール祭りですw

ASIA GOHAN 6th(6月くらいかな?)をお楽しみに!

 

「ASIA GOHAN 5th by padma design」 のお知らせ

このイベントは終了しました。詳細レポートはこちらからご覧いただけます。>>>

きっと、待ってました!!という方も多いのでは?
ホトリで大人気のフードイベント、「ASIA GOHAN」の5回目の開催が決定しました!
今回は麺料理!きゃー!楽しみです。
皆さまのご予約、来場をお待ちしています*

以下、padma designのkyokoさんからイベント詳細と、メッセージです。

AG5_02

3/22(土)に『ASIA GOHAN by padma design 5th』を開催いたします。

ASIA GOHANは、本場のハーブや調味料を揃え、
目の前で調理したお料理を召し上がって、体感いただくイベントです。

今回のメニューは、前菜にタイソーセージのサラダ(ヤム・ネーム)。
タイ特有の美味しいソーセージを、たっぷりのハーブで和えたヘルシーなサラダです。
もちろんお酒にもぴったり。

そしてメインは、酔っ払い炒め麺(パッ・キーマオ)。ご要望にお応えして、できたての麺料理を
召し上がっていただきます。不思議な名前の由来は諸説あるようですが、魚介などの具を豊富に加え、
もちもちの米麺と炒め合わせるスパイシーなお料理です。
季節のデザートもどうぞお楽しみに。

そして、「少しだけ、様子を覗いてみたい…」という方も、お気軽にお立ち寄りください。
着席の試食は予約制ですが、展示スペースからご観覧もしていただけます。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。

【イベント概要】
○日時:2014年3月22日(土)
1回目11:30~、2回目14:00~、3回目16:30~ (着席試食は予約制、各回定員あり)
○会場:写真企画室ホトリ(東京都台東区浅草橋5-2-10)http://fotori.net/
○内容:調理実演、料理等のご紹介、試食、質疑応答、雑貨販売など。
○メニュー(予定のため変更の可能性もあります):

ヤム・ネーム(タイソーセージのサラダ)、パッ・キーマオ(酔っ払い炒め麺)、季節のデザート

※料理教室ではないため、お客さまが調理することやレシピの配布はありません。

○参加費:2,500円(前菜、お食事、デザート、飲み物つき)

※別料金でタイ産ビール、オリジナルカクテルなどの販売も行います。

〇観覧のみ(着席試食なし)のお客さまは、予約なしでご来場いただけます。

【予約方法】
○ASIA GOHAN予約フォームからお申込みください。
https://docs.google.com/forms/d/19BQDEJ5lZDDL1eqHHYYGNYSir1R2tDcUkSVM73Qd4sc/viewform

(イベントの性質上、キャンセルはご遠慮願います。
別の方が参加される場合は、前日までにご連絡いただければ結構です)

【主催者プロフィール】
kyoko(フォトグラファー、フードコーディネーター)
旅、アジア、蓮花をテーマに、
padma design(パドマ・デザイン)として個展やイベントで作品を発表。
北から南までタイ全土を旅し、
タイ本国と日本でタイ料理を学び、研究を続けています。

padma designオフィシャルサイト
http://padmadesign.jimdo.com/