写真展 私の“好き”を写すんです。レポート

1022.0

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
昨日をもちまして、写ルンですグループ写真展「私の”好き”を写すんです。」が終了いたしました!
さっそくレポートいたしますね。

1022.1

入口すぐの天井から、DMにも採用された保坂さんの写真パネルを吊るして。

1022.2

個性豊かな作品が勢ぞろいでした!

1022.3

初日、搬入設営が終了してからいるメンバーで集合写真。

1022.3-2

総勢18名の作品が展示されました。

1022.4 1022.5 1022.6

コメントシートも用意。
出展作家の作品に対するコメントが見られます。

1022.7

芳名ノートもご用意しました。
お名前を記帳くださった皆さまありがとうございます!

1022.8

では、順番に作品をご紹介しますね。

1022.9

Masa ASANO
「かぶりつき」

1022.10

Hiro Muller
「境界が消えていく」

1022.11

石川省吾
「おいしい牛乳『写スンです』プロジェクト」

1022.12

吉香
「夏休み」

1022.13

保坂梨奈
「めで鯛日」

1022.15

椿原桜果
「時間旅行」

1022.16

矢野巌
「私の”好き”な町」

1022.20

ayano
「変わらないもの」

1022.21

タケヤマシロー
「写ルンですは自由だ」

1022.21-2

金子美香
「HOLIDAY」

1022.22

NiNi
「糸満の時間」

1022.23

石井寛之
「日々」

1022.24

鎮西洋
「犬と散歩」

1022.25

ながせのりこ
「きらきら の うみ」

1022.26

木全裕美
「さくら2ちょうめの日々」

1022.27

スズキトモコ
「「わたし」の好きな街で、「わたし」の好きな時間を過ごす。」

1022.28

Kazusuke Moritani
「暗いとよく写ランです」

1022.17

作品紹介最後は、わたくしsaorinの作品です。

saorin
「いつもそばに」

1022.19

個人的なことを書かせてもらうと、今月の5日、愛犬アビが旅立ちました。
写ルンです展は夏頃から決まっていて、写ルンですはサブ機として登山に持ち歩いているので、北アルプスの蝶ヶ岳山頂から撮った写真にしようと、プリントまでしていました。
けれども、改めてこの展示タイトル「私の”好き”を写すんです。」を考えたとき、山は好きだけど、今私が一番大好きで、展示をしたいと素直に思える被写体は、やっぱりアビでした。
が、残念ながら写ルンですで撮ったアビのいい写真があまりなく(笑)
本当はアビを写した写真を展示したかったけど、一緒に見上げたいつかの空の写真にしました。

1022.18

アビがこんな子だったよ、と来てくれた人に見てもらいたいがために、珍しく感想ノートまで作りました(笑)

1022.29 1022.30

週末は大盛況でした!

1022.31

最終日は、クロージングパーティーが開催されました!
皆さんでカンパーイ

1022.32

出展者によるギャラリートークです。
作品に対する思いなどを存分に語ってもらいました!

1022.33 1022.33-2

へえーそうだったのね!という作品もあったり、この展示方法はそういう意味だったのか~ととてもおもしろかったです。
出展者から直接作品についての話を聞くのはとても楽しいですね。

1022.34

最終日、搬出前に皆で記念撮影。
皆さま、お疲れさまでした!
ホトリを使ってくださって本当にありがとうございます。

もう少し気持ちを書かせてもらいます。

いつも、ホトリ室長&ホトリ写真部部長という立場上、公募展やグループ展には参加していますが、あまり自分の作品に頓着していませんでした。
ちゃんと吟味して出展はしていますが、あまり思い入れがないというか。
自分の作品はどうでもいいというか。
なのでこれまでのグループ展では、感想ノートも置きたいとも思いませんでした。

でも、今回写ルンですのグループ展に参加させてもらって、今回の展示は自分にとってとても意味のあるものとなりました。
同時に、写真を撮って、展示する意味を改めて考えるきっかけとなりました。
写真を撮るだけでなく、展示して人に見てもらうのって、本当によいですね。
アビと一緒に見上げた空を、皆さんに見てもらえてうれしかったです。

ご来場くださった皆さま、また気にかけてくださった皆さま。
御礼申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

KOMONEST Gallery こもねすとギャラリー vol.9 11/23(金・祝)~25(日)開催のお知らせ

komone_main komone_ura

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
11月末に開催される、クラフト系イベント開催のお知らせです。
296珈琲・クラフト小物の展示販売のほか、会期中、シルクスクリーンやアイレット綴じノート作成などのワークショップも開催されるそうです!
芸術の秋ですね。ぜひホトリにお出かけください!

KOMONEST Gallery こもねすとギャラリー vol.9 11/23(金・祝)~25(日)

◆日時:2018年11月23日(金・祝)~25(日)12:00~19:00(最終日のみ18:00CLOSE)
◆会場:写真企画室ホトリ(台東区浅草橋 浅草橋駅から徒歩6分)
http://fotori.net/?page_id=94

問い合わせ先:板橋区立小茂根福祉園
サイトはこちら>>>

第四回アワガミ公募展「街角」ホトリ賞副賞・和綴じ写真集を制作しました

1018.1

今年6月に開催された第四回アワガミ公募展「街角」で、ホトリ賞を受賞されたtomoko yoshizawaさん。
ホトリ賞として、アワガミを使った和綴じ写真集「海風は山縁に向かって吹く」を制作し、お届けしました。
とても素敵な一冊に仕上がったので、こちらでもご紹介しますね。

0626.29
受賞されたyoshizawaさんの作品

針穴HOLGAカメラワークショップに参加されて、受賞した作品の続きのシリーズを一冊にまとめたい、と写真をお送りいただきました。
針穴写真、これがまたアワガミとすごく相性がよいのです!
私も作っていて、うれしかったです。

1018.2 1018.3 1018.4 1018.5

全体的にブルーの写真が多かったので、綴じ糸も色が変化するブルー系の糸を選びました。

1018.6

裏表紙もくすんだブルーに。

1018.7

奥付ページもあります。

ちなみにこちらの和綴じ写真集、ホトリの写真オーダーサービス「gifoto」で注文が可能です。
ご興味ある方はぜひ!

ホトリの写真オーダーサービス「gifoto」

 

「ASIA GOHAN 19th by padma design 深まる秋のタイごはん」開催のお知らせ 11/10(土)

AG19

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
ホトリおなじみのタイ料理を味わい尽くすフードイベント・ASIA GOHAN。
もうかれこれ5年くらい開催しているのですね。今回で19回目です!
徐々にASIA GOHANファンが増えてきていて、最近はこのホトリのサイトで告知する前に一部の席が残席わずかになるほどの人気のイベントとなりました。
2018年秋のASIA GOHANは、秋の味覚たっぷりのごはんです!
食欲の秋。
秋の日本食材をふんだんに使ったタイの秋ごはんをぜひ味わってくださいね。

また、今回もファッション雑貨のお買い物も楽しめるタイつながりのゲストも参加されます!
さらに、ASIA GOHANの前に、タイマッサージワークショップも開催予定です。
おいしいタイ料理と合わせて、タイマッサージやかわいいアジアンなお買い物をお楽しみください。
ぜひ、皆さまお誘いあわせの上、ご参加くださいね。

過去の開催の様子は、以下のレポートをご覧ください。

ASIA GOHAN 1st (2013.3.24)
ASIA GOHAN 2nd (2013.6.23)
ASIA GOHAN 3rd (2013.9.1)
ASIA GOHAN 4th (2013.12.15)
ASIA GOHAN 5th (2014.3.22)
ASIA GOHAN 6th (2014.6.15)
ASIA GOHAN 7th (2014.8.23)
ASIA GOHAN 8th (2014.11.15)
ASIA GOHAN 9th (2015.3.22)
ASIA GOHAN 10th(2015.6.13)
ASIA GOHAN 11th(2016.6.12)
ASIA GOHAN 12th(2016.9.4)
ASIA GOHAN 13th(2016.11.13)
ASIA GOHAN 14th(2017.7.2)
ASIA GOHAN 15th (2017.10.1)
ASIA GOHAN 16th(2017.12.9)
ASIA GOHAN 17th(2018.4.1)
ASIA GOHAN 18th(2018.8.5)


ASIA GOHAN 17th 『春タイ料理でデトックス』

以下、ASIA GOHAN主催のpadma design kyokoさんより、メッセージ&イベント概要です。

ag12_24
※写真はvol.13の様子です。

【ASIA GOHANご予約フォーム】→ http://goo.gl/forms/noYu1RdCEQ
当日は、ご予約順にお料理をお選びいただきます。

IMG_5893
oIMG_1190 aIMG_9484

今回のテーマは『深まる秋のタイごはん』。
タイ料理の特徴である、酸っぱい、甘い、辛い、しょっぱい、を賑やかに楽しめる秋の味覚たっぷりのタイごはんをお作りします。
ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。

タイつながりのゲストもお招きします。
タイ料理といっしょに、ヨガやお買い物もお楽しみください。

・タイ古式ヒーリング Lom(ロム)/タイ古式マッサージ施術、ハンドメイドソープ等販売
https://lomthai.jimdo.com/
0402.26
11:30~12:30は予約制でタイマッサージ施術

リンク先ブログ記事をご覧ください。

タイ料理といっしょにお買い物もお楽しみください。

SomOO(ソムオー)/アジアンファッション、雑貨販売
http://www.somoo.com/

ASIA GOHAN 19th by padma design 11/10(土)

【イベント概要】メニュー詳細は公式サイトから随時更新します>>>
※お買い物だけのご参加はご予約不要です。お気軽にご来場ください。
◆日時:2018年11月10日(土)13:00開場~18:00 ☆2部制です
1部:13:00~ 2部:15:30~ のお好きな会をお選びください。
調理実演は13時からと、15:30からの2回。開場時間内入退場自由です。
※11:30~12:30まで予約制でタイマッサージの施術を開催しています。
※1部のお客様は、2部が始まり満席になり次第、テーブル席から椅子席に移動していただく可能性があります。
※お申し込み順にお料理の注文を承ります。お早目のご予約をお勧めします。

◆会場:写真企画室ホトリ(台東区浅草橋 浅草橋駅から徒歩6分)
http://fotori.net/?page_id=94

◆参加費:2,500円(別途ビールやオリジナルカクテルなどの追加販売もあります)

メニュー予定:約5種類のタイ料理から3種類お選びください。
(旬の素材を使用するため、変更の可能性もあります。詳細随時更新します)

◆秋刀魚のスパイス炊き込みごはん(カオモック・サンマ)
…日本の秋を代表する秋刀魚を香り高いタイスタイルで炊き込みます。
◆いろいろキノコとハーブの和え物(ヤム・ヘッルアム)
…旬のキノコとハーブをタイのサラダに。
◆森の味覚のスープ(ゲーン・パー)
 …季節の野菜がたっぷり味わえるスパイシーで滋味深いスープ。
◆秋の魚介料理
…旬のお魚をハーブたっぷりの蒸し料理にして消化を助けます。
◆秋のお肉料理
…スパイスを使ったお肉料理で食欲を刺激します。

※料金にはおかず3種、1ドリンク(ビールorお茶)、ミニデザートが含まれます。
※追加料金で追加のおかずもお選びいただけます。
※ご注文の多いおかずは、なくなり次第終了します。ご了承ください。メニュー詳細は、公式サイトでご確認ください。)

◆ASIA GOHAN予約フォーム
http://goo.gl/forms/noYu1RdCEQ

※キャンセルされる場合は、前日までに必ずご連絡ください。

※混雑時には、お食事提供までに少々お時間をいただいたり、まだお食事がお済でないお客様にお席をお譲りいただくなど、適宜お願いすることもあります。
恐れ入りますがご了承ください。

ハチドリ展 vol.3 hiking レポート 

1015.0

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先週開催されたグループ写真展「ハチドリ展 vol.3 hiking」のレポートをお届けします。
前回のvol.2 hoppingに続いてのhiking。次のタイトルが気になるところですね(笑)

1015.1

入口すぐの壁には、メンバーの集合写真が。

1015.2

ホトリの中はハチドリメンバーの写真の熱量でぽかぽかに。

1015.3

街×におい
伊藤潤香

1015.4

ゆっくり歩いていきましょう
みのもけいこ

1015.5

この作品はお手紙がとてもしびれます。

1015.6

カンボジアの日常
やまだひかる

1015.7

屋根より高く、ジャンボジェットより大きいもの、な~んだ?
さわださくらこ

1015.8

吹き出して。
大塚順子

1015.9

ルーティーン
AKIKO FUJIBUCHI

1015.10

つながり
はまの みちこ

1015.11

メンバー個々の作品だけでなく、見に来た人が参加できる色んな企画がありました!
こちらは「コケコッコー企画」。
見に来た人をチェキで写真に撮って、好きな卵料理を書いてもらうもの。

1015.12

私は悩んで結局TKG。(=卵かけごはん)。
でもプリンも捨てがたい。。。と後から書き足す(笑)

1015.13

こちらはモチーフ統一展。前回もやって好評だった企画です。
一つのモチーフを写真に撮ってきて、そのモチーフが何なのか来場者にクイズ形式で当ててもらうもの。
わかりやすいモチーフもあれば、難問もあり、で皆さん楽しんでいました。

1015.14 1015.15

ポストカードは自由にお持ち帰りいただきます。太っ腹!

1015.16

感想コメントシートは、ハロウィン使用。🎃

1015.17

芳名カードもきちんと用意。
ハチドリさんたちの展示は、細かいところまで丁寧に準備されてすばらしいです!

1015.18 1015.19 1015.20

毎日、和やかな雰囲気でした。

1015.21

そして、13日(土)はBarナダール×スナック畔が開催されました!
昨年もハチドリさんのグループ展会期中に開催。毎度おなじみのイベントになっていますね。
参加者は常連さんもいるし、初めましての方もいて、とても盛り上がりました。

1015.22

料理の説明をする早苗ママ。

1015.23

早苗ママのおつまみは、
・根菜のトマト煮
・いろいろきのこのオイルソテー
・かぼちゃのスペイン風オムレツ
・キャロットラペ

わたくしsaorinママのおつまみは、
・ハイナンチキンライス
・プッタネスカ
・じゃがいものアンチョビ炒め
・煮卵
・プッタネスカ

でした!
1年ぶりの開催ということで、ママ二人ともおつまみ作りに気合が入りました(笑)

1015.24

まずはハチドリメンバーからギャラリートーク。

1015.25

参加者のプリント写真もまわして皆で見ます。

1015.26

遅くまで盛り上がりました!
盛り上がりすぎて、saorinママは少々飲みすぎました・・・(笑)

1015.27

9日間の会期が終了しました。
昨年に続いてホトリでは2回目のハチドリ展。
「展示をする意味って何だろう」「写真を何のために撮るのか」
写真をやっている人が根本的に向かいざるを得ない永遠の命題を、彼女たちは自分なりに考え、そのつど解答を導き出し、今自分たちができるベストを尽くそうとします。
写真をやっているとふてくされたり、捨て鉢になったり、何を撮っていいかわからなくなったりと袋小路に迷うこともありますが、そういうことを飲みこみつつ、邁進していこうとするハチドリさんたち、本当によいメンバーだなと思いました。
何よりも自分たちが写真を楽しんでいるし、展示を見に来てくれた人たちにも楽しんでもらおうとしている姿勢が伝わってくる展示でした。

見に来て下さった皆さま、ハチドリメンバーの皆さま、そしてBarナダール×スナック畔に参加くださった皆さま、早苗ママ、ありがとうございました!

 

「写真展サークル・十人十色」展 Vol.17 11/11(日)~18(日)開催のお知らせ

1010-mainkakunew 1010-mainura

こんにちは。ホトリ室長saorinです。昨年も秋にグループ展を開催してくれたサークル「十人十色」さんの展示が今年もホトリで行われます。他の会場でも精力的に開催される「十人十色」展。ホトリでは3年目となり、何と17回目の開催となります。
「十人十色」とても良い言葉ですよね。
メンバー一人一人の個性が発揮されるグループ展、とても楽しみです。

ちなみに昨年開催されたレポートはこちらからご覧ください>>>

以下、幹事の藤井さんからのコメントです。

昨年の11月ホトリさんにて秋の「十人十色」展を開催させて頂きました。秋の作品展は今回が3年目となります。
作品のテーマは十人十色で様々ですが展示方法はスクエアパネルに統一しています。
壁面に大きなタイルを貼りつけた様に写真パネルで埋め尽くします。

「写真サークル・十人十色」展  Vol.17 11/5(日)~12(日)

◆会期:2018年11月11日(日)から15・16・17・18日の5日間(月・火・水は休み)
◆開催時間:それぞれOPEN・CLOSE時間が日によって異なりますのでご注意ください。また月~水は休廊です。
11月11日(日) 12:00~18:00
(11月12日(月)、13日(火)、14日(水)休廊 )
11月15日(木)11:00~18:00
11月16日(金)11:00~18:00
11月17日(土)11:00~18:00
11月18日(日)11:00~17:00

入場無料

◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

◆出展者 サークル「十人十色」
福生 ひとみ/江口 かな/ 小笠原 康子/河野 貴美子/武田 かよ/守屋 満子/吉原 よしえ/兼重 昌行/大野  哲/斉藤 謙太郎・藤井 哲 (十人十色幹事)

第四回 蟲恋展 9/19(水)~25(火)レポート

0925.0

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日開催された、「蟲恋展」のレポートをお届けします!
“虫に興味を持ってもらうこと”がコンセプトの「蟲恋展」。
正直、私も虫は興味ないしどちらかというと苦手かも?と思っていたのですが、なかなか見応えがありました!
五人の作家それぞれの恋する虫たちに対するアプローチもおもしろくて、本当に虫達に恋をしてるんだなあ…というのが伝わってきました。

0925.1 0925.2

入口には、こんな大きなクワガタ君がお出迎え。

0925.3

この質感、本物みたいですね。

0925.4

蟲恋展のあいさつパネルとタイトル。
5人それぞれ、恋している虫たちへメッセージを兼ねてのプロフィールがありました。
この「拝啓、○○様」のメッセージが、ディープですごい!もうしょっぱなからディープです。

0925.5

作品は、虫と聞いて最初に思い浮かぶ標本はもちろんのこと、絵画、オブジェ、染め布物、写真などアプローチが豊かでした!

0925.6 0925.7 0925.8 0925.9 0925.10

個人的に一番すごいと見入ってしまったのが、この「オトシブミ」の標本。
す、すごい。。。
このすごさは実物を見ないと伝わらないと思われます(笑)

0925.11 0925.12
42568936_414597502404717_3934292473811042304_o

私が不在の時、ホトリにいらしてくれた常連のお客さまが撮ってくれた、蟲恋展の出展者の皆さま。
実は私はすっかり忘れていたのですが、この前放映されたNHKの番組「ヘウレーカ!」のヒアリ特集で、ホトリがスタジオとして使われていたのでした。
出展者の皆さん、結構それを見ていたそうで、その話も合わせて盛り上がったとか。(すっかり忘れていたホトリ室長・・・)

ともあれ、皆さんの虫に対する愛情と情熱に感服いたしました!
ご来場くださった皆さま、出展者の皆さま、ありがとうございました。

【広島出張WS】 写真の残しかた教室 in 広島 10/28(日)or 29(月)開催のお知らせ  ※一つずつ制作可能になりました

・10/1追記:開催が確定しました
・9/24追記:制作する作品を一つずつ選べるようになりました!詳しくは↓をご覧ください。

1028hiroshima

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今年2018年10月、広島での単発の写真の残しかた教室を開催させていただくことになりました!
制作する作品は二種類。ジェルメディウム転写パネルと、活版アコーディオンカレンダーアルバムです。
※9/24追記 制作する作品を、一つずつから選べるようになりました!もちろん、二種類とも制作も可能です。
開催日は10月28日(日)か、翌29日(月)のいずれかです。1日だけの単発開催ですので、お気軽にお申し込みくださいね。
会場は、昨年2017年に、ワークショップ&展示でお世話になったAtelier Foco(アトリエフォコ)さんです!

詳細・お申し込みは以下をご覧ください。

【広島出張WS】 写真の残しかた教室 in 広島 10/28(日)or 29(月)

◆日時:2018年10月28日(日)or 10月29日(月)

10月28日(日)・・・14時~18時まで
10月29日(月)・・・10時~15時まで(昼食休憩1時間含む)

◆レッスン内容:
・ジェルメディウム転写パネル(F0サイズ)
・活版アコーディオンカレンダーアルバム

※二つセットでも、いずれか一つのお申込みでもOKとなりました。
各作品の詳細は以下↓をご覧ください。

◆制作コース&参加費:材料費、講習費全て含む
A】ジェルメディウム転写パネル+活版アコーディオンカレンダーアルバム両方・・・12,000円11,000円 ※二つセットで少しお値引きしました!
B】活版アコーディオンカレンダーアルバム・・・7,000円
C】ジェルメディウム転写パネル(F0サイズ)・・・5,000円

◆定員:各曜日 20名(最少催行人数・日曜コース・月曜コース合わせて10名以上で開講します)
◆場所:AtelierFoco(733-0011 広島市西区横川町2-4-15) JR横川駅より徒歩5分 アクセス詳しくはこちら
◆お申込み方法: メールかLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「広島WS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日・・・10月28日(日)or 10月29日(月)いずれか
・制作するコース(A or B or C)

※ワークショップ代金は事前にお振込みいただきます。

※出張ワークショップという特性上、1週間前からキャンセル料を頂戴します。
1週間以内・・・50%
前日・当日キャンセル・・・100%

※作品用に写真を事前にお送りいただきます。写真送付の〆切は10月14日(日)です。
各作品の写真についての詳細は、この募集記事下部をご覧ください。

作品の詳細です。

作品その1:ジェルメディウム転写パネル
gelpanel1
【ジェルメディウム転写パネル】(サイズ:F0(18×14cm)

写真がまるで絵画のように仕上がる、インテリアやギフトにぴったりのパネル

ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をキャンバスパネルに転写させます。
少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。

01-1gelpanel3

作品その2:活版アコーディオンカレンダーアルバム
calendaraccordion_main
【活版アコーディオンカレンダーアルバム】(サイズ:F0(18×14cm)

自分だけのオリジナルカレンダー(ポストカードサイズ)を入れられるアコーディオンアルバム

1月から12月まで、12か月分のお気に入り写真を事前にお送りいただき、皆さんそれぞれの来年2019年のオリジナル活版印刷カレンダーをご用意します。
ワークショップで作るのは、その皆さんのオリジナルカレンダー(ポストカードサイズ)を入れて、広げて飾れるアコーディオンアルバムです!

calendaraccordion_sub1
calendaraccordion_sub4

昔ながらの活字を使用した、独特のかすれやへこみが魅力の活版印刷。
月日の部分が2019年のカレンダーとなっていて、上の部分をご自身の写真でプリントいたします。
日祝日は右下のドット.マークが目印です。
シンプルなデザインで、紙はハーフエアという少し厚みのある柔らかな手触りです。
紙好きは必ず好きなこと間違いなしです。

calendaraccordion_sub3

ナチュラルタイプのデザインの方は、今のところ、ブラックとナチュラルの2色をご用意します。(もしかしたら、もっと増えるかもしれませんが)
古い味のあるラベルを色々ご用意します。ワンポイントに1枚貼りましょう。

calendaraccordion_sub2new

アコーディオン台紙には、このようにフォトコーナーを留めてカレンダーを入れます。

データ送付について(!重要!)
ジェルメディウム転写パネル用に1枚、活版カレンダーアコーディオンアルバム用に12枚、事前に写真データをお送りいただきます。
〆切は10月14日(日)です。

送付先アドレス:info@fotori.net

◆ジェルメディウム転写パネル(必要データ:1枚)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※全体的に、白っぽい部分が多い明るい写真がおすすめです。
※転写する際にひっかきやこすれ、かすれが生じる可能性がありますので、人物やペットの写真などで制作する場合、それらを十分ご理解ください。

◆活版カレンダーアコーディオンアルバム(必要データ:12枚(正方形))

事前にカレンダー用の写真を12枚お送りください。正方形がおすすめです。
長方形の写真は、正方形にトリミングいたします。(※トリミングを希望されない方はその旨お知らせください。)

1月、2月・・・の指定がある場合は、ファイル名をわかりやすいように変更してください。
写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、圧縮ファイル一つにまとめて以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。

メールアドレス:info@fotori.net

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※写真を送るのが難しければ、saorinオリジナルのカレンダーをご用意いたします。
その旨お知らせください。

広島の皆さま、お申込みお待ちしています!

グループ展 Le bouton レポート

0918.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
3連休のうち2日間、グループ展「Le bouton」が開催されました。
写真やイラスト、リメイク服、出張カフェなど、それぞれ思い思いの表現があった展示でした!
さっそくレポートいたします。

0918.2
0918.3
0918.4

皆さん何を真剣に見ているのかというと・・・

0918.5

このアイディア、おもしろい!photo zineをお客さんに自由に作ってもらうんです。
ページがばらばらになっていて、好きな写真やイラストを組み合わせてオリジナルのzineを作ってもらうというもの。

0918.6

ちょっと真似したくなりました!

0918.7

リメイク服やアクセサリーもかわいかったです。
思わずピアスをお買い上げ(笑)

0918.8 0918.9

中2階も展示に活用していただきました。

0918.10

出展者の皆さまが学生さんで、お客さまの平均年齢がすごく若かった(笑)

0918.11

ご来場くださった皆さま、出展者の皆さま、ありがとうございました!

 

踊ってみた写真部2018写真展 10/27(土)・28(日)開催のお知らせ

odottemita_main

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
10月末の2日間、ホトリが“踊ってみた空間”となります!
昨年の春、主催のゆたけもさんが開催してくれた写真展「踊ってみた」レポートはこちら>>>

ニコニコ動画で人気のコンテンツ「踊ってみた」で活躍する踊り手さんがモデルの写真展。今回はさらにパワーアップして、“踊ってみた写真部”としてのグループ写真展だそうです!
ホトリが踊ってみたワールドに変身する2日間。ぜひ遊びに来てくださいね。

以下、主催のゆたけもさんからのメッセージです。

—————————————————————————-

「踊ってみた」が大好きな6人のカメラマンのグループ展。
ニコニコ動画で活躍する「踊り手」さんをモデルとした展示です。
踊ってみたをあまり知らない方も、是非お気軽に遊びに来てください。
踊ってみたは、写真もいいぞ。

Twitter:@odosya2018

踊ってみた写真部2018写真展 10/27(土)・28(日)

◆日時:2018年10月27日(土)13:00~18:00/10月28日(日)11:30~18:00
◆会場:写真企画室ホトリ(台東区浅草橋 浅草橋駅から徒歩6分)
http://fotori.net/?page_id=94

入場無料