31才の写ルンです展・ワークショップ1回目 6/25(日) レポート

0625.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日、小雨が降る中「31才の写ルンです展」ワークショップの1回目が開催されました!
わたくしsaorinも参加しましたが、小道具を駆使しつつの写ルンです撮影、とっても楽しかったですよ!
さっそくレポートいたしますね。

0625.2

まずは、参加者の皆さまに写ルンですを1人2台配りました。
最初にやること。裏面の名前欄にそれぞれ自分の名前を書きます!
なるほど、写ルンですはみんな全く同じなので、名前を書かないとどれがどれだかわからなくなってしまいますね。

0625.3

講師のこばぽん先生から、本日のテーマ「マクロ&フィルター」についてレクチャーをいただきます!
マクロレンズ代わりに虫眼鏡を使用しますが、ピントを合わせる時のコツなどを確認。

0625.4

実際にマクロ撮影した作例のプリントをみんなでチェック。

0625.5

もう1つの道具はフィルター。カラーセロファンを重ねてフィルター代わりにします。

0625.6

これは本物のフィルターね。

0625.7

ちょっと雨がぱらついていますが、ではいざ撮影ワークショップ、スタート!

0625.9

ホトリ近所の公園で咲いているお花をみんなで写ルンですゲキシャ。

0625.8

この遊具もなかなかかわいいんですよね。
0625.10

傘を差しながらの撮影はちょっと大変だけど、でも晴れの日にはない雨粒を使った実験的な撮影もできます!
こんな風に、レンズの部分に雨粒をたらして・・・

0625.11

こんな感じで、上にある植物を見上げつつ撮ってみました!(下にある被写体は、雨粒がこぼれてしまうので(笑))
さて、どんな風に写ったかな~
デジタルと違って、すぐに画像を確認できないのが写ルンですのわくわくするところですね。

0625.12

撮影終了!ホトリに戻って、写ルンですのブックを皆で見学。

次回は、夕方スタートでフラッシュを使っての撮影ワークショップです!
また今回撮影した写真をプリントして、皆で見せ合い会もやる予定です。どんな写真が出てくるか、楽しみです!

 

第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」 レポート

0619.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
遅くなりましたが、先日開催された第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」のレポートをお届けします。
毎年異なるテーマで開催しているアワガミ公募展。
今年は“動物”でしたが、出展者の皆さまによる、思い入れたっぷりの動物写真がホトリに集合いたしました!

0619.2 0619.3

DMにも使用したうさぎの写真は、わたくしsaorinの作品。
今、外国人にも大人気のうさぎ島(正式名称:大久野島)で撮影した子ウサギです。
ちょうど来月、広島出張があるのでまたうさぎたちに会いに行こうと思います!

0619.4

ゲスト作家、写真家の香川美穂さんの作品。
ねむねむシリーズ(と勝手に名づけました)の動物たち、なんてかわいらしいんでしょう!
南極や北極で撮影されたホッキョクグマやアザラシ、皇帝ペンギンのヒナの、無防備な寝顔がとってもかわいい作品でした。
アワガミはびざんを使用しており、その紙のほわほわした面質が、動物の毛並みを十分に表現していました。
思わず触りたくなる作品でしたよ!

0619.5

写真集やポストカード、プリントなども販売していました。

0619.6

そして出展者の皆さまの作品紹介です。
点数が多いため、まとめてのご紹介になる作品もございます。ご了承ください。

0619.7

長谷川 泰子/写真右
結/写真中央
「はよかわれ。まだまって。」 海老原 健吾/写真左上
「閑寂」 zaki@仙台人/写真左下

0619.8

河原 英子/写真右・写真左下
「いとしき モモへ」 いしい めぐみ/写真左上

0619.9

「それは、いちのご飯じゃありません」 木全裕美/写真右
「そーっと のぞいてみてごらん」 corgi-love/写真左

0619.10

「ちびスプリンター、登場」 Makiko Mizuno/写真右上
「おててつめたい」 原田 佳実 /写真右下
「鏡」 Chika Matsumaru*/写真左上
「Gift」 吉沢 佐知子/写真左下

0619.11

「いつもいっしょ」 sumi/写真右
「Lovable」 tokky/写真左上
「白縹 -しろきはなだ-」 Hitomi.I/写真左下

0619.12

「万葉」 すんこ

0619.13

渡邉 菜穂子
「孤高」/写真左
「ひとときのねむり」/写真中央上
「a life」/写真中央下
「waiting」/写真右
「challenge」/写真右2列目

南極やアラスカなど、極寒の地で撮影された動物たちの写真がとても印象的だった渡邉さんには、ホトリ賞を送ります!
ホトリ賞についてはこちらの詳細をご覧ください。

0619.14

菊地 達治
「どんなもんだい!」/写真上
「いい湯だな・・・」/写真下

0619.15

「早春賦」 小林 真佐子

0619.16

大木 基弘

0619.17

八木 かおり

0619.18

「おうちに帰ろ?」 高橋 みどり

0619.19

「ちいさきもの」 三嶋 裕子

0619.20

「わが道」 三嶋 裕子

今年のアワガミ賞は、この三嶋さんの作品「わが道」に決定いたしました!
三嶋さん、おめでとうございますー!
以下、アワガミ賞を選んだ工藤さんよりコメントをいただいています。

テーマが動物ということで、ペットの猫や犬が少なからず…と思いきや、種々の動物、様々なシチュエーションでの作品が揃い、見応えたっぷりの会場でした。改めまして、ご応募頂きました皆さま、ありがとうございました。
今回のアワガミファクトリー賞は、三嶋さんの「わが道」とさせて頂きました。どこか微笑ましかったり、自然に生きる彼らの一瞬のシーンをとらえた作品が多い中、静謐で凛々とした佇まいをモノクロで現し、黒のフレーム、黒のマットで一貫して完成させた作品に、ひと際惹かれるものを感じました。

0619.21

たくさんの方にご来場いただきました!

0619.22

一部、アワガミの商品も販売。
サンプル帳も展示したので、皆さん熱心にサンプルを見ていました。

0619.23

そして最後の土曜には、アワガミプリントコンシェルジュも開催!

0619.24

急きょ、ゲスト作家の香川美穂さんによるレタッチ講座も開催されたりして、プリントコンシェルジュに参加された方は熱心に聞き入っていました。
私もフォトショップは仕事で使いますが、知らない機能がたくさんあって勉強になりました!

0619.25

レタッチ前とレタッチ後のプリントを見比べます。ポイントとなる目がはっきり出ましたね。

0619.26

また、三回目にして初めて、懇親会&ギャラリートークを開催しました!

0619.27

ゲストの香川さんによるギャラリートークに皆さん興味津々。

0619.28

出展者の皆さまも、それぞれ自身の思い入れたっぷりの動物愛を語っていただきました!

0619.29 0619.30

どんな作品が集まるか、とて気になった今回のテーマでしたが、以外にも猫が一人もいなかった!(笑)
哺乳類から虫、鳥類に至るまで、さまざまな“生きとし生けるもの”がホトリに集まり、見ごたえのある作品展となりました。
出展者の皆さま、ゲスト作家の香川さん、アワガミの工藤さん、そしてご来場くださった皆さま、ありがとうございました!
ちなみに、来年のテーマは「街角」です。あなたのお気に入りの街写真、お待ちしています!
第四回も、来年2018年の6月開催予定です。

ハチドリ展 vol.2 hopping 開催のお知らせ 7/8(土)~17(月・祝)

hachidoriten2dm_01_ol

こんにちは。ホトリ室長兼、ホトリ写真部部長のsaorinです。
来月開催される、女性たちのグループ展のお知らせです!
今回2回目を迎えるハチドリ展。今回のテーマは「hopping」だそうですよ。
ぜひ、ご来場くださいね。
また、会期中7/16(日)夜は、お久しぶりのBarナダール×スナック畔が開催されます!
saorinママと早苗ママ、2人のママがあなたの写真を導きますよ!
Barナダール×スナック畔の詳細・お申込みはこちら>>>

hachidoriten2dm_02_ol

以下、出展者の皆さまからのメッセージです。

東京都内で活動している、アマチュア写真愛好家グループ(グループ名:ハチドリ)は、2016年2月に開催した「vol.1 humming」に続き、「vol. 2 hopping」を開催いたします。
写真教室時代からお世話になったギャラリーNADARから一度巣立って、展示方法など色々と
体験してみようということで、まずは第一歩のhoppingです。
展示作品は、メンバーがそれぞれのライフスタイルに合わせ、写真を撮る意味や展示する意味、写真と自分との関わりを考えながら、vol. 1開催後から撮りためた作品としています。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

ハチドリ展 vol.2 hopping

AKIKO FUJIBUCHI / 大塚 順子 / みのも けいこ
さわだ さくらこ / はまの みちこ / 伊藤 潤香 / やまだ ひかる

◆会期:2017年7月8日(土)〜17日(月・祝)
平日13:00〜20:00、土日11:00〜19:00、最終日11:00〜18:00
◆会場:写真企画室ホトリ(〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10)
詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)

<ハチドリ展会期中のイベント・ワークショップ>

Barナダール×スナック畔 vol.3 7/16(日)

「ASIA GOHAN 14th by padma design 夏の美肌とタイごはん」開催 のお知らせ 7/2(日)

AG14

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
ホトリおなじみのタイ料理を味わい尽くすフードイベント・ASIA GOHAN、夏の開催が決定しました!
前回の開催が11月だったので、8か月ぶりの開催です。いやー久々なのでとても楽しみです!
今回は、夏の美肌をテーマにした、おいしく肌にもうれしいメニューが勢ぞろいだそうですよ!
また、今回はマッサージやファッション雑貨のお買い物も楽しめるタイつながりのゲストも登場!
ぜひ、皆さまお誘いあわせの上、ご参加くださいね。

過去の開催の様子は、以下のレポートをご覧ください。

ASIA GOHAN 1st (2013.3.24)
ASIA GOHAN 2nd (2013.6.23)
ASIA GOHAN 3rd (2013.9.1)
ASIA GOHAN 4th (2013.12.15)
ASIA GOHAN 5th (2014.3.22)
ASIA GOHAN 6th (2014.6.15)
ASIA GOHAN 7th (2014.8.23)
ASIA GOHAN 8th (2014.11.15)
ASIA GOHAN 9th (2015.3.22)
ASIA GOHAN 10th(2015.6.13)
ASIA GOHAN 11th(2016.6.12)
ASIA GOHAN 12th(2016.9.4)
ASIA GOHAN 13th(2016.11.13)

以下、ASIA GOHAN主催のpadma design kyokoさんより、メッセージ&イベント概要です。

ag12_24
※写真は前々回vol.13の様子です。

次回のテーマは『夏と美肌とタイごはん』。
夏は楽しい季節ですが、紫外線による肌へのダメージや乾燥も気になる時期。
美肌のために必要な栄養を、タイ料理で美味しく取り入れてみませんか?
味や見た目だけでなく、体の中から元気になれるなタイのごはんをお作りします。

今回はタイつながりのゲストもお招きします。
タイ料理といっしょに、マッサージやお買い物もお楽しみください。

SomOO(ソムオー)/アジアンファッション、雑貨販売
http://www.somoo.com/

dav

タイ古式ヒーリング Lom(ロム)/タイ古式マッサージ施術、ハンドメイドソープ等販売 https://lomthai.jimdo.com/

ASIA GOHAN 14th by padma design 7/2(日)

【イベント概要】

◆日時:2017年7月2日(日)13:00開場~18:00 ☆2部制です
1部:13:00~ 2部:15:30~ のお好きな会をお選びください。
調理実演は13時からと、15:30からの2回。開場時間内入退場自由です。
(1部のお客様は、2部が始まり満席になり次第、テーブル席から椅子席に移動していただく可能性があります)
◆会場:写真企画室ホトリ(台東区浅草橋 浅草橋駅から徒歩6分)
http://fotori.net/?page_id=94
◆参加費:2,500円(別途ビールやオリジナルカクテルなどの追加販売もあります)
約5種類のおかずから3種類お選びいただきます。(※詳細は未定です。公式サイトでご確認ください。http://padmadesign.jimdo.com/
◆美肌のためのトムヤムスープ(※手羽先でコラーゲンとハーブたっぷりのトムヤム)
◆季節の魚介のヤム(サラダ)
◆季節の果物のミニデザート
ほか
※料金には1ドリンク、ジャスミンライス、デザートが含まれます。
※追加料金で追加のおかずもお選びいただけます。
※ご注文の多いおかずは、なくなり次第終了します。ご了承ください。

◆ASIA GOHAN予約フォーム
http://goo.gl/forms/noYu1RdCEQ

※キャンセルされる場合は、前日までに必ずご連絡ください。

※混雑時には、お食事提供までに少々お時間をいただいたり、まだお食事がお済でないお客様にお席をお譲りいただくなど、適宜お願いすることもあります。
恐れ入りますがご了承ください。

【アワガミ公募展・和紙のワークショップ】 水張り&水切りパネル作り 6/15(木)・16(金)・18(日)

panel01

アワガミワークショップでも人気のパネル作り。ぜひお好きな写真で作ってみてください。

11051013.7

こちらは水張りパネル。側面まで巻き込まれているのがポイントです。

panel02

こちらは水切りパネル。色和紙を水張りし、水切りと呼ばれる縁の毛羽を出すやり方で仕立てます。

どちらか一つでも、両方共でもOKです!

【和紙のワークショップ】 水張り&水切りパネル作り

◆日時:6月15(木)・16日(金)・18日(日)いずれか 13:00~18:00(制作時間約60分、来場時間自由、最終受付時間17時)
※注:複数作品を制作したい場合はさらに来場時間を早めていただく必要があります。
◆参加費:各 4,000円
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら) ◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

メールの場合タイトルを、LINEの場合は最初の一文を「和紙のワークショップ 水張り&水切りパネル」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・水張り or 水切り どちらを制作するか
・ワークショップ参加日と希望時間

※混雑時はお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真をお送りいただきます。(〆切・・・来場日の2日前まで)
水張りパネルの場合は1枚、水切りパネルの場合は希望の写真数(2枚まで)

※水張りパネルには、前面に出る部分と側面部分でちょうど写真がおさまるようにA4サイズで余白をつけてプリントします。
写真のアスペクト比によっては上下左右がトリミングされます。
被写体が中央に配置された写真、もしくは全体的に配置された写真(例:お花畑)をご用意ください。
被写体が端に来ていると、パネルにした時に側面部分に配置されてしまいます。

※ 若干ですが色が沈みます。
色の再現域が光沢紙に比べ狭いので、モノクロの階調を際立たせたい写真には向きません。
暗い部分はモニターで見ているよりもつぶれる可能性があります。

0725.13
1031.30
0725.7

角はこのようにきれいに処理します。
水張りという方法を使った、家庭でお手軽にできるDIYパネル。
ぜひ和紙で作ってみませんか?

panel03 panel04 panel05

水切りパネルは、実はカラー和紙を水張りしてから、さらに水切りをした和紙を貼りこんでいるので、二つのやり方を一度に学べちゃいます!
皆さまのご応募、お待ちしています。

2DAYSハンドメイド販売イベント 化ワ叉堂雑貨店(かわまたどうざっかみせ)レポート

0608.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先週開催されたハンドメイド雑貨販売イベント「化ワ叉堂雑貨店(かわまたどうざっかみせ)」のレポートをお届けします。
今年は2日間の開催となりましたが、やはり昨年同様オープン前から長蛇の列!
人気っぷりは健在です!

0608.2

朝から出展者の皆さま、設営準備中。
化ワ叉堂さんの愛犬、梅ちゃんが見守ります(笑)(注:わたくしsaorinもダックスを飼っているため、梅ちゃんのかわいい姿にめろめろでした)

0608.3

Texasmuffin mohicanさん
今日もマフィンがおいしそう。

0608.4

こむぎ堂さん

0608.5

るぅまに屋さん

0608.6

ヒキノユキチュンさん
あみぐるみストラップは、時間で販売個数に制限がかかっておりました。

0608.7

cocorollさん

0608.8

化ワ叉堂さん

0608.9

0608.10 0608.11

ぼんぼん堂さん

0608.12

暗黒電波美術家ボブ山さん
ホトリの中2階を上手に使ってくださいました!

あと、日曜だけの出展者さんもいらっしゃったのですがすみません写真がありません~

0608.13

準備OK!では、開店です~

0608.14

どやどや~

0608.15

去年も思いましたが、ホトリ1階がここまで人口密度高めになるってあまりないのですごい光景です。

0608.16

かわいいものに目がない皆さまの熱量を感じたイベントでした!

0608.17

化ワ叉堂さんの猫提灯。かわいい!

というわけで、2日間のイベントでした。
ご来場くださった皆さま、出展者の皆さま、ありがとうございました!
毎年6月のイベントになるとよいなあと勝手に思っております(笑)

 

【NadarWS】 MYBOOK LIFEアコーディオンブックWSと展示レポート

0602.24

少し間が空いてしまいましたが、5月上旬にゲスト作家として参加させていただいた「MYBOOK LIFE 6×6ましかく展」と、会期中に開催した「アコーディオンブックWS」の様子をレポートいたします。
MYBOOK LIFEアコーディオンは、男女問わずとても好評でしたので、またホトリでも開催いたします。

この記事で掲載している写真は、ほぼNadar店長早苗さんに撮影していただきました!
ありがとうございました~

0602.25

今回、カバー・紐ともにさまざまな色の材料をご用意しました。

0602.26

サンプルはこんな感じです。
MYBOOK LIFE boxが全部で15枚収納できるアルバムBOOKです。

0602.27

では皆さん、いざ制作スタートです!

0602.28

アコーディオンの仕上がりの肝とも言える、台紙を蛇腹に折る作業です。

0602.29

皆さん、真剣です!

0602.30

台紙を折ってつなげる作業が終わると、3分の1くらいは終わったようなものです(笑)

0602.31

台紙が出来た人から、表紙と平ゴムの色選びに入ります。
ここでああでもない、こうでもないと組み合わせに迷ってもらえると、用意したこちらもうれしいです。

0602.32 0602.33

というわけで、完成しました!
見てみると、おやおや、2人ずつ同じカラーを選んでいますね。

0602.34

さっそく撮影~、しているところを撮影してもらいました(笑)

0602.35

表紙の色が同じでも、台紙が違ったり、フォトコーナーの色も変えていたりと、それぞれ個性が出ています!

0602.36

こちらは次の週、14日に開催されたワンシーン。どの写真を入れるか、迷う・・・。

0602.37

14日の皆さんは、落ち着いた色が多かったです。
赤とか紫なども用意してみたのですが、今回参加された皆さんは渋めの色がお好みのようでした^^

0602.38

展示させていただいた作品その1。「Walk around in the world」(with them)

過去に旅したさまざまな国で見かけた犬・猫がいるシーンを切り取った作品です。
そこに息づいている犬猫たちを見ながら、そこを散歩している気分になってもらえたらな~と。

0602.39

ポイントは、ハレパネの側面にほどこしたカラフルなマステと、撮影した国・場所の印字。
「テプラですか?」と何度も聞かれましたが、正解はカラーのマスキングテープを側面に貼り、その上に透明なラベルシートに文字を印字したものを貼りつけています。

0602.40

展示した作品その2。「Walk around my home」(with him)

どちらかというとこちらがメインといっても過言ではないかも。タイトル通り、私が愛犬と自宅の半径100m以内を一緒に歩いて感じたこと、四季折々の記憶をぽつぽつと綴ったもの。

0602.41

まとめてzineにして販売いたしました。

0602.42

新聞紙みたいな紙「タブロ」にプリントしています。
また別の機会で展示・販売ができたらと思っています。

というわけで、展示・ワークショップともに無事終了いたしました。
ゲスト作家として参加させていただき、大変光栄でした!
ナダールさん、ワークショップにご参加くださった皆さま、展示に来場して見てくださった方
本当にありがとうございました!

【広島出張WS】 写真の残しかた教室 in 広島 透明アクリルパネルほか 7/23(日)のお知らせ

0723hiroshima_mainnew2

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日予告した通り、7月に広島出張ワークショップが決定いたしました!
広島では初開催なので、昨年12月の大阪と同じく、透明アクリルパネル・アワガミ水張りパネル・フォトペーパーバッグ&ロウ引きカードと、3種類のワークショップを同時に開催いたします。(各作品の詳細は、募集要項の下に記載しています)
3種類全てコンプリートしてもよし、どれか1種類だけでもよし、2種類でももちろんOK。
ぜひ、ご参加くださいね。お待ちしています。

また、会場のAtelierFocoさんにて、「写真を楽しむ133のネタ展」を開催させていただくことになりました!
色んな作品を展示させていただきます。合わせてぜひお楽しみください!

写真を楽しむ133のネタ展 in 広島 Atelier Focoの詳細はこちら
http://fotori.net/?p=14748

【広島出張WS】写真の残しかた教室 in 広島 透明アクリルパネル・アワガミ水張りパネル・ペーパーバッグ&ロウ引きカード 7/23(日)

!申し込み受付スタートは6月1日(木)22時からです!

◆日時:2017年7月23日(日)11時~(所要時間:1作品につき1時間程度)
◆参加費:各 4,000円(材料費込) 3つ受講・・・10,000円 2つ受講・・・7,000円 ※ワンドリンクが付きます ※3つ受講してくださった方には、saorinの著書「写真でつくる雑貨」もしくは「写真と古道具のくらし」のいずれかを特典としてプレゼント!
◆定員:20名
◆場所:AtelierFoco(733-0011 広島市西区横川町2-4-15) JR横川駅より徒歩5分 アクセス詳しくはこちら
◆持ち物:昼食(複数のワークショップを受講される方)
◆お申込み方法: メールかLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「広島WS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・受けたいワークショップ名(透明アクリルパネル/水張りパネル/フォトペーパーバッグ&ロウ引きカード)※3つ全て受講したい方は「3つ全て」、1つもしくは2つの方はその作品名を記入してください。
・透明アクリルパネルは長方形か正方形か

※出張ワークショップという特性上、1週間前からキャンセル料を頂戴します。
1週間以内・・・50%
前日・当日キャンセル・・・100%

※作品用に写真を事前にお送りいただきます。〆切は7/15(土)です。
各作品の写真についての詳細は、この募集記事下部をご覧ください。

saorinprofilemini
講師:写真企画室ホトリ室長 saorin
浅草橋の写真アトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」を主宰。
“写真を形あるものに残そう”をテーマに、写真雑貨制作や写真の残しかた教室を開催し、また自身のギャラリーでも公募展を企画するなど、様々な企画活動を行っている。また写真を軸にしたワークショップ・講座の企画も多数企画・開催。
「写真を楽しむ133のネタ帖」「写真でつくる雑貨」「フォトブックレシピ」(雷鳥社)「たいせつなものを撮ろう、残そう」(MdN出版)など5冊の著書がある。
http://fotori.net

cover_150405写真を楽しむ133のネタ帖(雷鳥社) NEW!!!
2015年6月出版

写真を楽しむのに、「こうでなくてはならない」という決まりはない!
もっとラフに、もっと自由に、もっと楽しんで、写真を撮ったり、飾ったり、 贈ったりする方法133を紹介している写真のハウツー本です。

1.撮る/2.デジタル加工する/3.アナログで工夫する/4.プリントする/5.飾る/6.展示する/7.カタチにする/8.贈る/9.まとめる/10.おすすめ撮影スポット など、10のカテゴリーで、写真の楽しみ方をまんべんなく解説!
アナログもデジタルも、両方のよさを知っていれば、写真の楽しさは掛け算のように何倍にも大きくなります。
Amazonページ

各作品の詳細です。

acrylpanel01
acrylpanel02
acryl12cm_02

まずは人気の透明アクリルパネルです。
長方形と正方形のいずれかを選べます。長方形は10×14cm、正方形は12×12cmです。

acrylpanel05

厚さが1cmあるので自立します。

acrylpanel03 acrylpanel04

acryl01 acryl02 acryl03

アクリルパネルの表面に、透明ラベルの写真を貼りつけます。
手作業となりますので、若干の気泡が入ることがあります。内容を考慮しご了承願います。(ただし、気泡が目立たないようにコツをお教えします)

濃い色だとわかりづらいですが、色が淡い写真だと、その中の濃い部分(この写真だと窓の黒いところ)が下に影に映りこんで、立体的に見えておもしろいです。

roubiki01
fotori04

そして、こちらは蝋引きフォトカードとフォトペーパーバッグ。
お気に入りの3枚を、少し変わったポストカードに仕上げましょう。また小さなフォトバッグもかわいいです。

roubiki roubiki01

写真を蝋引きすることで、普通にプリントした写真が全く別物の雑貨カードに生まれ変わります!
蝋引きを覚えれば、包装紙などにも応用できるのでおすすめです。

roubiki02 roubiki03 roubiki04 roubiki05 roubiki06

roubiki05

透け感がとてもきれいです。

roubiki02

紐も何種類かご用意しますので、写真に合わせてお選びくださいね。

roubiki03roubiki04

蝋引きは簡単ですので、覚えれば家でもできます!

皆さまのお申込み、お待ちしています!

【アワガミ水張りパネル】

imgp5359

アワガミというインクジェット用和紙の楮厚口に写真をプリントし、木製パネルに水張りという方法で張り込んでパネルを作ります。
一度覚えればおうちでもパネル作品が簡単に作れるようになります。
パネルのサイズはA5サイズ(21×14.8cm)です。

mizuhari01 mizuhari02

mizuhari03
mizuhari04
mizuhari05 mizuhari06
11051013-7

和紙のフォトパネルを自分で作ってみましょう!

<お送りいただく写真について注意事項>

◆フォトペーパーバッグ&ロウ引きカード
推奨サイズ・・・ペーパーバッグ(横写真推奨):3000px×2000px程度/ロウ引きカード:1500px×1000px程度
ペーパーバッグに1枚、ロウ引きカード用に2枚、計3枚の写真をお送りいただきます。
必ず、3枚のうちどれがペーパーバッグでどれがロウ引きカード用なのか、ファイル名を変えるなどしてわかるように送ってください。難しければ、別々にお送りください。

※なるべく大きいサイズのデータをお送りください。特にペーパーバッグの方はA4サイズの和紙にプリントします。
サイズが小さい写真は粗くプリントされることもありますのでご了承ください。

※ペーパーバッグは、A4横にプリントした用紙を組立てます。
被写体が中央に来ている写真は、脇のマチ部分に絵柄が出る場合もあります。
(※↑のたくさんバッグが並んでいる中の、上から3段目、中央のひまわりの写真)

◆アワガミ水張りパネル(A5サイズ(21×14.8cm))
推奨サイズ・・・2000px×1500px程度
アワガミ 楮厚口という和紙にプリントするため、若干ですが色が沈みます。
水張りパネルは、側面を巻き込むため被写体がなるべく中央に来ている作品か、全体的にまんべんなく写っている写真にしてください。被写体が端に来ていると、パネルにした時に側面部分に配置されてしまいます。
もし側面を白いままにしたい場合はその旨お知らせください。

mizuhari_sokumen
こちらが側面を白くレイアウトした作品です。

◆透明アクリルパネル
推奨サイズ・・・2000px×1500px程度
アクリルパネルの表面に、透明ラベルの写真を貼りつけます。手作業となりますので、若干の気泡が入ることがあります。
内容を考慮しご了承願います。(ただし、気泡が目立たないようにコツをお教えします)
色が淡すぎると、何が写っているのかわかりづらいので、ある程度暗い部分もある写真が向いています。また、のっぺりした部分は気泡が目立ちやすくなります。
↓のピンクのお花の写真のように、淡いところと色が濃くてごちゃごちゃしたところがMIXされた写真が気泡が目立ちにくいです。写真を選ぶ際の参考にしてみてください。

1回で3つの作品を作れるワークショップ。
皆さまのお申込み、お待ちしています!

【アワガミ公募展2017】 アワガミプリントコンシェルジュ 6/17(土)のお知らせ

printWS01

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
6月に開催される「第三回アワガミ公募展 生きとし生けるもの」の会期中、ご来場の方にもアワガミを気軽に楽しんでいただけるように、予約不要の1DAYイベントをご用意しました。
ちょっと自分の写真で試してみたい・・・そんな方は、ぜひSDカードかUSBメモリに写真データを持参してお越しくださいね。
アワガミのポストカードにその場でプリントし、お持ち帰りいただけます!
また、アワガミワークショップでもおなじみの工藤さんに1日プリントコンシェルジュをお願いしておりますので、和紙やプリントについて色々お話を聞けるチャンスです。

printWS02

プレミオ楮やプレミオいんべなど、何種類かのアワガミのポストカードと2L用紙をご用意します。
ご希望の方は、当日saorinまでお声掛けくださいね。

1212-30

【アワガミ公募展2017】 アワガミプリントコンシェルジュ 6/17(土)

◆日時:6/17(土)15:00~18:00(最終受付 17:30)予約不要
◆所要時間:15分程度
◆会場:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆参加費:500円(1枚につき)ポストカードサイズもしくは2Lサイズ
◆持ち物:SDカードやUSBメモリなどのメディアに、アワガミでプリントしたい写真データを入れてご持参ください。

以下、昨年のプリントコンシェルジュで体験いただいたアワガミプリントです。

1212-31 1212-32 1212-33

皆さん、思い思いの写真をアワガミ用紙でプリント体験していただきました。

1212-34

特に、この雲流は和紙ならではの繊維が特徴の用紙で、敬遠しがちなのですが、写真によってはとてもはまって素敵に仕上がります。

一度自分の写真をアワガミでプリントしてみたい・・・そんな方は、ぜひ一度お試しください!
お待ちしています。

 

第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」 開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください。>>>

写真を楽しむ133のネタ展_4c

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」開催のお知らせです。

この地球に暮らす動物たちを、ぬくもりのあるアワガミの和紙で展示いたします。
動物たちの息遣いまでも感じさせる数々の作品を、ぜひご覧ください。
期間中はアワガミのイベント・ワークショップも開催いたします。(下記参照)

第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」

◆会期:2017年6月11日(日)~18日(日) 13:00~19:00 (会期中無休/最終日は18時終了
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<出展者一覧>
いしい めぐみ / 海老原 健吾 / 河原 英子 / 菊地 達治 / 木全 裕美 / 大木 基弘 / 小林 真佐子 /
zaki@仙台人 / すんこ / sumi / 高橋 みどり / Chika Matsumaru* / 長谷川 泰子 / 原田 佳実 /
Hitomi.I / Makiko Mizuno / 三嶋 裕子 / 八木 かおり / 結 / 吉沢 佐知子 / 渡邉 菜穂子 / corgi-love
香川美穂(ゲスト作家) / saorin

≪アワガミ公募展会期中のイベント・ワークショップ≫

◎ゲスト作家を交えたギャラリートーク&懇親パーティー 6/17(土)
・・・写真家・香川美穂さんをゲストに迎え、それぞれの作品について色々お話ししましょう!出展者でなくても参加可能です。詳細はこちら>>>

◎アワガミ和紙のワークショップ「水張りパネル or 水切りパネル」6/15(木)・16(金)・18(日)いずれか
・・・今ではすっかりおなじみとなったパネル作りのワークショップ。開催日のいずれか、好きな時間に来て制作ができます。詳細はこちら>>>

◎アワガミ・プリントコンシェルジュ 6/17(土)
・・・昨年、川野恭子写真展「When an apple fell, the god died」でも好評だった、アワガミプリントコンシェルジュ。今回も開催いたします。予約不要!詳細はこちら>>>