「素敵空間を写真で生み出すコツ」という記事を執筆、掲載していただきました

0616

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日インテリア系のWEBマガジン「リノシー」さんで、「素敵空間を写真で生み出すコツ」という記事を執筆、掲載していただきました。

それで、まだホトリができる前に開催した個展の様子を振り返ってみようと思います。
その時に足を運んでくださった方もいるかもしれません。
最初の個展「写真と雑貨と古いもの」は2008年、次は「写真と古道具のくらし」展は2009年と、かれこれ10年ほど前というのも、感慨深いです。
写真や作品に対する考え方、自分の好きなものがこの10年で少し変わってきてはいますが、根底にあるものは一緒だなと常々思っています。
とはいえ、当時の作品を振り返ると自分にとってもとても新鮮です(笑)

0616.2
DM、取ってありました。
左が「写真と雑貨と古いもの」展、右が「写真と古道具のくらし」展です。

firstdxhibition01

2008年saorin最初の個展
「写真と雑貨と古いもの」展の様子はこちら>>>

secondecxhibition01

2009年saorin個展
「写真と古道具のくらし」展の様子はこちら>>>

 

 

 

2008年saorin最初の個展「写真と雑貨と古いもの」

firstdxhibition01

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日インテリア系のWEBマガジン「リノシー」さんで、「素敵空間を写真で生み出すコツ」という記事を執筆、掲載していただきました。
それもあって、少し昔の展示を振り返ってみようかな、と写真を発掘。

これはさかのぼること2008年、神保町にあったAMULETさんをお借りして開催した作品展「写真と雑貨と古いもの」
最初の著書『写真でつくる雑貨』の出版を記念して開催した、わたくしsaorinにとって初めての個展でした。
自分が好きなものをこれでもか!と詰め込んで展示した、思い入れのある作品展です。
もう10年も前の展示なのか、と思うと感慨深いですね。

firstdxhibition02 firstdxhibition03 firstdxhibition04 firstdxhibition05 firstdxhibition06 firstdxhibition07 firstdxhibition08 firstdxhibition09 firstdxhibition10 firstdxhibition11 firstdxhibition12 firstdxhibition13 firstdxhibition14 firstdxhibition15

 

 

2DAYS ハンドメイド販売イベント 化ワ叉堂雑貨店 レポート

0611.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先週末、この時期おなじみのイベントとなってまいりました、2DAYSハンドメイド販売イベント「化ワ叉堂雑貨店(かわまたどうざっかみせ)」が開催されました!
本当に、毎年ホトリがバーゲン会場みたいになるイベントです!(笑)
さっそくレポートいたしますね。

0611.2

通常営業は土日の2日間ですが、今年はヒキノユキチュンさんが金曜からホトリ入り!
平日しか来れない!という方のために、プレオープンしていました。
大人気の羊毛フェルトのお人形、こんなにずらりとそろっているのは珍しいです!

0611.3

いつも、初日のスタート前に設営して、そのうちわわーっとイベントが始まるので、ゆっくりお話ししたり、お人形を愛でることができました(笑)

0611.4

見てください!このかわいくて小さくて細かい手仕事!
お人形にはかせるパンツをぎりぎりまで縫っていたヒキノユキチュンさん。すごすぎる。

0611.5

るぅまに屋さんのかわいいゲスト君も!
うちの犬はミニチュアダックスなので、こんなに大きい子とたわむれるのは初めて。
かわいいですね~

0611.6

そして、イベント初日。
皆さん、準備OKのようです。

0611.7

ホトリの前には今年も大行列が!

0611.8

さて、皆さん準備はいいですか~とヒキノユキチュンさんが出店者さんにお声がけ。

0611.9

では、オープンです!

0611.10

Texasmuffin mohicanさん
私はトマトとクリームチーズ、鴨とバジル、そしてフレッシュオレンジの3つをお買い上げ。おいしかったです。

0611.11 0611.11-2

るぅまに屋さん

0611.12

にゃん家の団欒さん

0611.13

ヒキノユキチュンさん

0611.13-2

ヒキノユキチュンさんのブースには案の定人だかりが・・・(笑)

0611.14 0611.15

cocorollさん

0611.16 0611.17

化ワ叉堂さん

0611.18

中2階にもお店が!

0611.19 0611.20

ぼんぼん堂さん

0611.21

暗黒電波美術家ボブ山さん

こむぎ堂さん、ニャラベラさんは6/10のみの出店だったため、写真が撮れず。すみません!

0611.22

いやあー本当にすごい熱気です。

0611.23

入口に展示してあったヒキノユキチュンさんの作品。

というわけで、今年も2日間(+1日プレ)ホトリがかわいい雑貨ワールドになった週末でした!
また来年の今頃も、ぜひ開催してほしいですね~

ご来場くださった皆さま、出店者の皆さま、主催のヒキノユキチュンさん、ありがとうございました!

 

saorin photo exhibition 「旅と山と、」開催のお知らせ 7/8(日)~17(火)

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日お披露目しました、物語のある旅と山の写真案内サイト「畔の窓」OPENと、7月14日のホトリ6周年を記念して、わたくしsaorinの2年ぶりとなる個展を開催します。
旅と山のzineも新しく制作・展示販売予定です。

旅と山とjournal_4C

旅をしている時も、山に登っている時も、
心が動く瞬間見えたものには、物語がある気がする

旅と山と、 saorin photo exhibition  7/8(日)~17(火)

◆会期:2018年7月8日(日)~17日(火)13:00~19:00(会期中無休・最終日18時閉場
◆会場:写真企画室ホトリ
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813 (営業日以外はつながりません)

※会期中、イベント・ワークショップ開催予定。追ってお知らせします。

【アワガミ公募展2018】ゲスト作家を交えての撮影散歩会&ギャラリートークのお知らせ 6/24(日)

shikano写真:鹿野貴司

DSC05931 DSC05945
photo by saorin

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今月6月17日(日)からスタートする「第五回アワガミ公募展 街角」の会期中に、ゲスト作家・写真家の鹿野貴司さんと行くホトリのご近所を歩く撮影散歩会を開催します!
また、撮影散歩の後、午後にはギャラリートークを兼ねた懇親パーティーも開催予定です。
出展者の皆さまの作品についてのトークでも盛り上がりましょう!1枚1枚の作品に込められたエピソード、ぜひ教えてくださいね。
公募展の出展者でなくてもご参加いただけますので、お気軽にお越しください。

※撮影散歩は要予約。先着15名 → 満席となります。
※ギャラリートーク&懇親パーティーは当日予約なしでもご参加できますが、人数把握のため、なるべく事前予約をお願いいたします。

【鹿野貴司 プロフィール】
1974年東京都生まれ。多摩美術大学映像コース卒業。さまざまな職業を経て、広告や雑誌の撮影を手掛ける。その一方、さまざまなテーマで作品を制作。写真集に『日本一小さな町の写真館 山梨県早川町』(平凡社)など。日本大学芸術学部写真学科や埼玉県立芸術総合高等学校で非常勤講師も務める。
http://www.tokyo-03.jp/

【アワガミ公募展2018】 ゲスト作家を交えての撮影散歩会&ギャラリートーク 6/24(日)

◆日時:
撮影散歩/6月24日(日)10時~満席(※約1時間半~2時間程度を予定)ホトリ集合です。
・ギャラリートーク/6月24日(日)13時半~
◆参加費:
・撮影散歩/1,000円(※アワガミ公募展出展者は500円)※参加費の中には損害保険料が含まれます。交通費や食事代は自己負担です。
・懇親パーティー&ギャラリートーク/500円もしくは一品お持ちください
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:  メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルもしくは1行目を「アワガミ公募展撮影散歩」または「アワガミ公募展ギャラリートーク」(※両方参加希望の場合は「アワガミ公募展両方参加希望」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先

※鹿野さんによる写真の講評はありません。一緒に歩いて写真を撮る交流会です。教室ではないため、過剰な質問などはご遠慮ください。

DSC05935
DSC05950
photo by saorin

【アワガミ公募展2018】 和紙のワークショップ

ws_banne2018r

アワガミ公募展会期中は“和紙のワークショップ”と称して、和紙の写真を使ったワークショップを行います。
予約は必要ですが、ワークショップの日時は定めません!(ご希望の日にちと時間をお知らせください)

好きな日時に来ていただき、ご希望の作品を作っていただけますよ~
作ってみたい、参加してみたいワークショップがあっても日程が合わない・・・と思っていた方、ぜひご参加くださいね。
全部で5つの作品の中から、好きなものを選んで自由に作っていただけます。
一度に2つ、3つの作品を作るのもOKですよ!(※ただし、時間がかかるので早目の時間にご来場くださいね)

詳細は、作品タイトルをご覧ください。

1.水張り&水切りパネル
panel01

2.ポストカード和綴じブック
postcard_watoji_mini

3.写真の御朱印帳
gosyuin_mini

4.蛇腹写真帳
jabara01 mini

5.水切り和綴じ芳名帳
watojinote01

 

【アワガミ公募展2018・和紙のワークショップ】 ポストカード和綴じブック作り

0910.1
0120ws2

IMG_3069

お気に入りの写真10枚を、日本古来の和綴じでまとめます

根強い人気の和綴じブック。ポストカードサイズの和紙を10枚、好きな和紙の表紙と糸で綴じましょう!
タイトルと作家名も入れられますよ。
※3番目の写真は、違うサイズの和綴じも含まれています。

タイトルをトレーシングペーパーに入れるので、最初の写真が透けてとても素敵に仕上がります。

【アワガミ公募展2018・和紙のワークショップ】 ポストカード和綴じブック作り

◆日時:6月17日(日)~23日(土)13:00~19:00(制作時間約60分、来場時間自由、最終受付時間17時)
◆定員:4名
◆参加費:4,500円
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールかLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。
タイトルを「ポストカード和綴じブック作り」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真を10枚お送りいただきます。(〆切・・・ワークショップ3日前まで)

データを送る際、写真集のタイトルと作家名も合わせてお知らせください。(※なければその旨お知らせください)

※可能であれば、写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、圧縮ファイル一つにまとめて以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。

※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

1103.17

0910.2

中はもちろん、アワガミさんの和紙でご用意いたします!
和綴じ用フォトブックの写真10枚は、事前にお送りくださいね。

0910.3

もちろん、材料も色々選べるようにご用意します。
色んな綴じ糸と、

0910.4

表紙の和紙も、何種類かから選べるようにします。

ぜひお申し込みくださいね!お待ちしています。

【アワガミ公募展2018・和紙のワークショップ】 写真の御朱印帳作り

gosyuin_01

自分のお気に入りの写真で、オリジナルの御朱印帳を作りましょう!
神社サイズ・お寺サイズどちらでもOKです。

【アワガミ公募展2018・和紙のワークショップ】 写真の御朱印帳作り

◆日時:6月17日(日)~23日(土)13:00~19:00(制作時間約60分、来場時間自由、最終受付時間17時)
※注:複数作品を制作したい場合はさらに来場時間を早めていただく必要があります。
◆参加費:各 4,500円
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:  メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。
タイトルを「和紙のワークショップ 写真の御朱印帳作り」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・神社サイズかお寺サイズか  (神社・・・11×16cm)/寺・・・12.4×18cm)
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

※混雑時はお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真をお送りいただきます。(〆切・・・来場日の3日前まで)

横写真の場合は1枚、縦写真の場合は1枚もしくは2枚、メールに添付してお送りください。
※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。
※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

gosyuin_02

表紙には、アワガミの楮厚口白を使います。

gosyuin_03

御朱印帳には、神社用とお寺用、2種類のサイズがあります。
左はお寺用で12.4×18cm、右は神社用で11×16cmです。

gosyuin_04

横写真の場合、二つに分割してプリントして仕上げます。こうして後ろから見ると1枚の絵につながっておもしろいですね。
横写真で作りたい方は、被写体が中央に来ている写真は避けてください。

gosyuin_05

縦写真は、2枚異なる写真を裏表それぞれ貼って作ります。
もちろん、同じ写真を両面とも貼ってもOKですよ。

gosyuin_06

奉書紙という和紙を蛇腹に仕立てます。

gosyuin_07

どなたでもきれいに仕上げることができます。

皆さまのお申込み、お待ちしています。

【アワガミ公募展2018・和紙のワークショップ】 蛇腹写真帳作り

jabara01
jabara07

ホトリでは色々なアコーディオン形式の写真集アルバムを作っていますが、今回登場した新作の蛇腹写真帳は、写真を貼りつけるタイプではなく、直接プリントしたものをアコーディオンにしているのが特徴です。中がとてもすっきりしていてスマートですよ!
もちろん、アコーディオンですので立てて飾ることも可能です。
募集要項の↓の写真のように、スマフォより小さいくらいのかわいらしいサイズですので、お友達にプレゼントしてもよいですね。
今回、基本は6枚、希望の方はオプションで12枚の写真で蛇腹写真帳を作っていただきます。

【アワガミ公募展2018・和紙のワークショップ】 蛇腹写真帳作り

◆日時:6月17日(日)~23日(土)13:00~19:00(制作時間約60分、来場時間自由、最終受付時間17時)
※注1:複数作品を制作したい場合はさらに来場時間を早めていただく必要があります。
◆参加費:各 4,500円
※写真は6枚が基本。倍の12枚で制作をご希望の方は、オプション料金500円を追加で徴収します
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:  メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。
タイトルを「和紙のワークショップ 蛇腹写真帳作り」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先

・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

※混雑時はお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。

<事前にお送りいただくデータについて>
※蛇腹写真帳の中身用に、事前に写真を6枚(もしくは12枚)お送りいただきます。(〆切・・・来場日の3日前まで)
写真集に仕上げたい写真データをメールに添付してお送りください。横なら横、縦なら縦でそろえた方がきれいです。

※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。
※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

jabara02

表紙には、和紙の写真帳にふさわしい、さまざまなかわいらしい和紙をご用意します。

jabara03 jabara04

横なら横、縦なら縦と向きをそろえた方がよいです。

jabara05

綴じ糸と革ボタンの色も迷いますね!
この組み合わせもぜひお楽しみください。

jabara06

私のiPhone5Sと並べてみました。
これくらい小さいので、持ち運びも楽ですし、プチギフトとしてもおすすめです。

皆さまのお申込み、お待ちしています。