「ASIA GOHAN 16th by padma design 潤う師走タイごはん」 12/9(土)レポート

1210.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
毎回、本当においしく、ほっぺが落ちそうになるイベント、ASIA GOHAN。
今回16回目は、2017年を締めくくるイベントとなりました。
さっそくレポートいたしますね。

1210.1-2

まず、今回のメニューはこちら。

◆豚ナンコツのスパイ―スープ(トム・セーップ・ガドゥー・クオーン)
◆鰤のハーブソース(ブリ・トード・サムンプライ)
◆海老と春雨の香り蒸し(クン・オップ・ウンセン)
◆冬野菜の味噌風味のココナッツミルクのディップ添え(タオチオ・ロン)
◆発酵ソーセージと季節の野菜の炒めもの(バット・バック・サイ・ネーム)
◆レッドカレー味の鶏唐揚げ(ガイトード・サムンプライ)
◆季節の果物のミニデザート

1210.1-3

季節の食材がずらり!
野菜たっぷり、フレッシュでみずみずしいです。

1210.2

まずは、鰤のハーブソース(ブリ・トード・サムンプライ)から。
今が旬の魚、新鮮な鰤の切り身をソテーします。
この青魚が焼ける香り。鰤だなあ・・・(笑)
ちなみにタイでは鰤は食べないので別の魚を使うそう。

1210.3

そしてここからがタイ料理。
魚にミントが合うそうですよ。今度真似してみよう。

1210.4

ミントやレモングラス、レモン、ホムデン(赤小玉ねぎ)を細かくカットしたソースをのせて。
ハーブたっぷりの、さっぱりしたおさかな料理になりました!
赤唐辛子とミントの赤×緑の色の組み合わせがとってもカラフルで、クリスマスチックですね。

1210.5

みんな写真映えするこのメニューをゲキシャ。

1210.6

そして、お次は海老と春雨の香り蒸し(クン・オップ・ウンセン)。
お鍋の底に、豚ばら肉を敷きます。

1210.7

膨大な(笑)量の春雨と、生姜!
春雨は水に浸さずそのまま使うので、うま味を全て吸ってくれるそうです。

1210.8

もりもりですな!

1210.9

海老を投入。ぷりぷり!

1210.10

セロリなどの野菜もたっぷり入れて。

1210.11

できあがり!
しいたけや海老などのうまみが凝縮された1品となりました。

1210.12

お次は、豚ナンコツのスパイ―スープ(トム・セーップ・ガドゥー・クオーン)。
個人的に、わたくしsaorinが一番おいしいと思ったメニューです。

見てください、このコラーゲンの塊のような豚ナンコツ。
圧力鍋で1時間ほど煮込むと、柔らかくぷるぷるになるそうです。

1210.13

レモングラスやバイマクルーなど、スパイス&ハーブをたっぷり入れます。

1210.14

これまたコラーゲンたっぷりのスープをIN。

1210.15

万能ねぎを入れて、少し煮込めばできあがり!
滋養が汁に溶け出した、スパイシーでヘルシーなスープです。

1210.16

そしてデモンストレーション最後は、発酵ソーセージと季節の野菜の炒めもの(バット・バック・サイ・ネーム)。
タイでは使わないそうですが、今おいしい冬野菜、レンコンをまず炒めます。

1210.17

たっぷりの小松菜を追加。

1210.18 1210.19

ネームという、発酵ソーセージを細かくカットしたものを追加して炒めます。
ネームは炒めていくうちに溶けていくそうで、味付けの要となるそうです。

1210.20

カットしたミニトマトも入れました。
ミニトマト?と思われるかもしれませんが、トマトのコクが加わってさらにおいしくなるとか。

1210.21

そして、こちらはレッドカレー味の鶏唐揚げ(ガイトード・サムンプライ)。
ビールに合わないわけがない!

1210.22

冬野菜の味噌風味のココナッツミルクのディップ添え(タオチオ・ロン)。
紫芋が甘くてねっとりしていておいしかった!彩りもきれいですね。
右わきにあるのが味噌風味のココナッツミルクディップなんですが、このディップ自体がおいしくてそのまま食べてました(笑)

1210.23

最後、季節の果物のミニデザート。
サイダーを少しかけてアクセントに。

1210.24

やっぱりASIA GOHANは、食べるのも、撮るのも楽しいですね!

1210.25

そして、今回はメインイベントの前に、ゲスト・波乗りベーカさんによるヴァイクンタ・ヨガワークショップが開催されました!
ホトリの床でできるのか・・・?と思ってましたが、できてた(笑)
ヴァイクンタ・ヨガとは、インドの伝統的なヨガを現代の生活に取り入れやすいように考案された、心と体を健康に保つ新しい予防医療だそうです。
木のブロックやベルトを使うヨガだそうで、わたくしも興味津々!
近日中に、スタジオをオープンされるそうです。
気になる方はぜひこちらのサイトをチェックしてくださいね。>>>

1210.26

そして今回も、アジアンファッション・雑貨のSomOO(ソムオー)さんも。
http://www.somoo.com/
1210.27

1210.28

12月ということで、来年2018年のASIA GOHANカレンダーを販売していました!
毎月、日にちを確認するたびにお腹がなっちゃいそうですね(笑)

1210.29

こちらは海老と春雨の香り蒸し、発酵ソーセージと季節の野菜の炒めもの、レッドカレー味の鶏唐揚げ、豚ナンコツのスパイ―スープのプレート。おいしそう!

1210.30

皆さんでわきあいあい。

1210.31

最初にヨガに参加されていた方たちも、楽しくいただきました!

1210.32

というわけで、今回もおいしく、楽しく終了することができました。
ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!
また来年お会いしましょう。

 

PHOTO! FUN! ZINE! WALL in フォトヨコハマ2018開催のお知らせ ※出展者申込み受付中!

wall-mainbosyu

今度のPHOTO! FUN! ZINE!は、あなたのブースです!

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2013年から毎年開催している、写真とzineのイベント「PHOTO! FUN! ZINE!」。来年2018年は、フォトヨコハマ内の展示メインイベント「WALL」になります!
写真を見せる自由な形と展示作品販売。写真プリントの可能性と楽しみ方に触れる機会です。
会期はカメラと写真の祭典CP+2018と同じ、3月1日(木)~4日(日)の4日間。会場は横浜市民憩いのスペース、象の鼻テラスです。
たくさんの方に作品を見てもらうチャンスですテーマは自由ですので、好きな世界観で展示できますよ!ご希望の方は自身で販売も可能です。
ぜひ横浜エリアをお散歩しながら、写真イベント巡りをしてみてくださいね。

皆さまの出展お申込み、お待ちしています!

前回のPHOTO! FUN! ZINE! vol.5のレポートはこちらをご覧ください

出展申し込みについての詳細は、PHOTO! FUN! ZINE!の公式サイト内、INFO&ENTRYのページをご確認ください。

INFO&ENTRY

linenew1

PHOTO! FUN! ZINE! WALL in フォトヨコハマ2018

会期:2018年3月1日(木)〜4日(日) 4日間 10:00〜18:00(最終日のみ〜17:00)
会場:象の鼻テラス(併催:横浜市緑区主催によるフォトコンテスト優秀作パネル展示)
〒231-0002 横浜市中区海岸通1丁目 みなとみらい線「日本大通り駅」出口1より徒歩約3分、出口2より徒歩約5分

linenew1

ペシの恋人展 1/13(土)~1/21(日)開催のお知らせ

pesi-main

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今年8月、車ごとフェリーで渡り、最北の利尻島まで旅した北海道珍道中の3人旅展をホトリで開催します!
写真・イラスト・インスタレーションの展示です。私は主に写真で参加します!
旅好きの方、北海道好きな方、車中泊の旅が気になる方(笑)ぜひぜひ遊びにきてくださいませ。
ホトリ丸ごと北海道はでっかいどう!でお待ちしてます!

pesi-atena

関東から車ごとフェリーで北海道に渡り、最北の地・利尻島まで旅した14日間。全走行距離2,760kmの旅。
最初2人からスタートし、稚内で合流して3人に。
利尻山に登ったり、ちゃんちゃん焼を作ったり、地面に寝転がって満天の星空を眺めたり、利尻のアイドル、ペシ岬にうっとりしたり。
今でもペシを思ってちょっと切なくなる、3人による旅の記憶をおすそわけ!

saorin/ヤマキミドリ/Yuriko Fukazawa 3人展
ペシの恋人展 1/13(土)~1/21(日)

◆会期:2018年1月13日(土)~1月21日(日)13:00~19:00 ※17日(水)・18日(木)休廊
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

会期中開催予定のワークショップはこちら>>>

<3人のプロフィール>
saorin

saorin
写真企画室ホトリ室長。
写真にまつわる楽しいことを色々企画してます。
2017年は山にはまって数えてみたら登った山の数、40座以上。
今回の北海道珍道中旅の言い出しっぺ。
来年も行こうともくろみ中。
instagram:saorin_fotori

midori

ヤマキミドリ
フリーランスのイラストレーター/デザイナー。
森林限界域越えでテンションめっちゃ下がる病。
鉄分多め。チャリ好き。水どうマニア。
今回北海道初上陸でした。
HP:https://dolocy-t.jimdo.com
twitter:@midolocy

yuriko

深澤ユリコ
絵描き
絵画・イラスト・雑貨など制作しています。
端っこと岩とドライブが好きです。
blog http://yrkfvino.exblog.jp/
facebookページ @yrkfvino

グループ展「kami-seven」レポート

1127.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日まで、開催されていたPHaT PHOTO 写真教室 14O ハイパークラス 神島美明先生の受講生七人の写真展 「kami-seven」のレポートをお届けします。
PHaT PHOTO 写真教室のハイパークラスを経て開催された卒展は、一人一人の作品がとても力強かったです。

1127.3

PHaT PHOTO 写真教室で神島先生が講師のグループ展を何回か見たことがありますが、そのつど神島先生が寄せる言葉が印象に残ります。
毎回色んな言葉でグループ展のあいさつを書かれていて、素晴らしいです。
初心にかえるあいさつ文ですね。

1127.2

入口にはお花とメモ用紙。

1127.4

ホトリ1階の壁を存分に使っていただきました。

1127.5

stepes
Hisashi Saeki

1127.6

Takeshi Nonomura

1127.7

三代目
AYA

1127.8

Hoping beautiful
bright day
Noriko

1127.9 1127.10

きみとのきょりかん
森宮 恭子

1127.11

Welcome to the forest
ようこそ森へ
Ruby

1127.12

いとう

1127.13

中2階では映像作品と、いとうさんの作品がありました。

1127.14 1127.15

各メンバーのブックも。

1127.16 1127.17

皆さん、PHaT PHOTO写真教室のビギナー→ミディアム→ハイパーとステップアップしてきた方々です。ずっと自分の写真と向き合い続け、作品を作り続けることの難しさ、大変さを越えて、切磋琢磨してきた7名の方々。どれも実力のある作品ばかりでした。
またホトリでさらに磨かれた展示を拝見出来たらうれしいです。
ご来場くださった皆さま、kami sevenの皆さま、ありがとうございました!

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 水張り&水切りパネル作り 11/30(木)・1/31(水)

panel01

アワガミワークショップでも人気のパネル作り。ぜひお好きな写真で作ってみてください。

11051013.7

こちらは水張りパネル。側面まで巻き込まれているのがポイントです。

panel02

こちらは水切りパネル。色和紙を水張りし、水切りと呼ばれる縁の毛羽を出すやり方で仕立てます。

どちらか一つでも、両方共でもOKです!

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 水張り&水切りパネル作り 11/30(木)・1/31(水)
◆日時:11月30日(木)14時~/1月31日(水)14時~(所要時間約1時間)
◆参加費:4,000円(1枚につき料金がかかります)
◆定員:4名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:なし
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

メールの場合タイトルを、LINEの場合は最初の一文を「和紙のワークショップ 水張り&水切りパネル」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・水張り or 水切り どちらを制作するか
・ワークショップ参加日( 11/30(木)or 1/31(水))

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真をお送りいただきます。(〆切・・・来場日の3日前まで)
水張りパネルの場合は1枚、水切りパネルの場合は希望の写真数(2枚まで)

※水張りパネルには、前面に出る部分と側面部分でちょうど写真がおさまるようにA4サイズで余白をつけてプリントします。
写真のアスペクト比によっては上下左右がトリミングされます。
被写体が中央に配置された写真、もしくは全体的に配置された写真(例:お花畑)をご用意ください。
被写体が端に来ていると、パネルにした時に側面部分に配置されてしまいます。

mizuhari_sokumen
このように、側面を白くレイアウトすることも可能です。写真送付時にお知らせください。

※ 若干ですが色が沈みます。
色の再現域が光沢紙に比べ狭いので、モノクロの階調を際立たせたい写真には向きません。
暗い部分はモニターで見ているよりもつぶれる可能性があります。

0725.13
1031.30
0725.7

角はこのようにきれいに処理します。
水張りという方法を使った、家庭でお手軽にできるDIYパネル。
ぜひ和紙で作ってみませんか?

panel03 panel04 panel05

水切りパネルは、実はカラー和紙を水張りしてから、さらに水切りをした和紙を貼りこんでいるので、二つのやり方を一度に学べちゃいます!
皆さまのご応募、お待ちしています。

FRIDAY, noun. HiRaKu / Jesse Freeman二人展のお知らせ 12/29(金)~1/2(火)

Print

去年、年末年始に開催された二人展、今年もあります!HiRaKuさんとJesse Freemanさん、お二人による5日間です。
新しい年を迎えるその時に、ぜひご覧ください。

Works off the concept of Tuesday, adj. that imagined the average day in the
life of a 9-5 office worker, Friday, noun will be the average day in our
lives. Tuesday, adj. was expressed through ikebana, that was then
photographed, with an actual video of the day being shown. Friday, noun will
be all done in photography with a video. I will shoot the seven photos in
black and white all in film detailing my day and taku will do his in color
digital seven photos detailing his. We both will shoot a short video each
that will be screened side by side mine in 8mm black and white, and his will
be digital color. There will be a theme of duality.

昨年の展示では、会社員の普通の1日を生花と写真と映像で描きました。
今年は、ヒラクとジェシーの普通の生活を描きます。
ジェシーは、モノクロフィルムで7枚の写真で普段の生活を表現します。
ヒラクは、カラーのデジタルカメラで撮影した写真7枚で普段の生活を表現します。
ジェシーは、8ミリモノクロフィルムの映像で、ヒラクは、デジタルカラーの映像で表現します。
その映像、写真共に、横並びで表現して行きます。

FRIDAY, noun.  HiRaKu / Jesse Freeman二人展 12/29(金)~1/2(火)

◆会期:2017年12月29日(金)~2018年1月2日(火)13:00~19:00
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

HiRaKu  https://www.instagram.com/affableman/
Jesse Freeman http://jessefreemanportfolio.tumblr.com

【広島出張WS】 写真の残しかた教室 in 広島(全4回) のお知らせ

2018hiroshima

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今年7月にワークショップ&展示でお世話になった広島のAtelierFoco(アトリエフォコ)さんにて、来年2018年の2月スタートで全4回の写真の残しかた教室を開催させていただくことになりました!
ジェルメディウム転写パネルなどホトリで人気の作品はもちろん、フォトキャンドルやフォトハーバリウムなど、まだホトリで開催していない新作も含まれています!
1日につき2種類×全4回=全部で8種類の作品を制作する、写真の残しかた教室の集中コースです!
金曜コース(2/23・3/23・4/27・5/25)もしくは、土曜コース(2/24・3/24・4/28・5/26)のいずれかでお申込みいただけます。
単発の申し込みも可能ですが、全4回まとめて受講された方が断然お得です!
詳細・お申し込みは以下をご覧ください。

【広島出張WS】 写真の残しかた教室 in 広島(全4回)

◆日時:金曜コース・・・2018年2月23日(金)・3月23日(金)・4月27日(金)・5月25日(金)
土曜コース・・・2018年2月24日(土)・3月24日(土)・4月28日(土)・5月26日(土)

金曜コースは午後13時スタート、土曜コースは午前10時スタート/所要時間 約4~5時間(その回によって所要時間は変わります)

◆レッスン内容:
2月・・・ホトリ人気のレギュラー作品を作ろう!
01-1
  01-2 01-4
ジェルメディウム転写パネル&透明アクリルパネル(もしくは検視用レンズ&ミニケース)

3月・・・アワガミワークショップで和紙を味わい尽くす!
02-2 02-1

水切りパネルor水張りパネル/和綴じミニブック

4月・・・写真の世界がぎゅっとつまった雑貨を作ろう!
03-3 03-1

フォトハーバリウム&フォトキャンドル

5月・・・製本にチャレンジ!とっておきの写真の本を作る04-1 04-2
洋装豆本&L版アコーディオンアルバム

各作品の詳細は以下↓をご覧ください。

◆参加費:全4回まとめてのお申込み・・・30,000円/単発のお申込み・・・10,000円
◆定員:20名(最少催行人数・金曜コース・土曜コース合わせて10名以上で開講します)
◆場所:AtelierFoco(733-0011 広島市西区横川町2-4-15) JR横川駅より徒歩5分 アクセス詳しくはこちら
◆お申込み方法: メールかLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「広島WS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・金曜コースか土曜コースどちらか(または単発申し込みの場合は日にちをお知らせください)

※ワークショップ代金は事前にお振込みいただきます。

※出張ワークショップという特性上、1週間前からキャンセル料を頂戴します。
1週間以内・・・50%
前日・当日キャンセル・・・100%

※作品用に写真を事前にお送りいただきます。写真送付の〆切はワークショップ開催10日前までです。(※申込み受付後、詳細ご連絡します)
各作品の写真についての詳細は、この募集記事下部をご覧ください。

各月の詳細です。

2月・・・ホトリ人気のレギュラー作品を作ろう!(ジェルメディウム転写パネル&透明アクリルパネル(または検視用レンズ+ミニケース)

01-1
【ジェルメディウム転写パネル】(サイズ:F0(18×14cm)
ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をキャンバスパネルに転写させます。
少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。

acrylpanel01
【透明アクリルパネル】(サイズ:10×14cmもしくは12×12cm)acryl12cm_02
【透明アクリルパネル】(サイズ:10×14cmもしくは12×12cm)
アクリルパネルの表面にラベルを貼りつけた透明感のあるパネルに仕上げます。
濃い色だとわかりづらいですが、色が淡い写真だと、その中の濃い部分(この写真だと窓の黒いところ)が下に影に映りこんで、立体的に見えておもしろいです。
長方形と正方形のいずれかを選べます。長方形は10×14cm、正方形は12×12cmです。

3月・・・アワガミワークショップで和紙を味わい尽くす!(水切りパネルor水張りパネル/和綴じミニブック)
02-1
【アワガミ水切りパネル or 水張りパネル】(サイズ:水切りパネルはA4、水張りパネルはA5)
水張りパネル(右)は、アワガミ和紙に写真をプリントし、木製パネルに張り込んでパネルを作ります。側面まで巻き込まれているところがポイントです。
水切りパネル(左)は、色和紙を水張りし、水切りと呼ばれる縁の毛羽を出すやり方で仕立てます。
mizuhari_sokumen
水張りパネルは、側面をこのように白くレイアウトすることも可能です。

02-2
02-3
【和綴じミニブック】(サイズ:ポストカード)
10枚の写真を和紙(ポストカードサイズ)にプリントし、小さな和綴じのブックを作ります。

4月・・・写真の世界がぎゅっとつまった雑貨を作ろう!フォトハーバリウム&フォトキャンドル)
03-1
【フォトハーバリウム】(サイズ:ボトル長さ約10cm・幅約3cm)
透明な写真をスリムなボトルに閉じ込めた、とてもきれいなフォトハーバリウム。
いつまでも眺めてしまう作品です。

03-2
縦長の写真をお送りいただきます。

03-3
【フォトキャンドル】(サイズ:キャンドル高さ約8cm、直径約5.8cm)
03-5オリジナルのフォトキャンドルを作ってみましょう!とても簡単に作れます。

5月・・・製本にチャレンジ!とっておきの写真の本を作る(洋装豆本&L版アコーディオン)
04-1
【洋装豆本】
手のひらに乗るくらいの小さなフォトブックを作ってみましょう。
中身の写真は20~40枚ほど必要ですが、表紙をオリジナルの写真にした白紙のノート本でもOKです。

04-2
【L版アコーディオンアルバム】
立てて飾れるところがポイントのアコーディオンアルバム。L版写真は持参いただき、アルバム部分を制作します。表紙の包装紙や紐を自由に選んで、オリジナルの1冊を作ります。

お送りいただく写真の詳細は、お申込みいただいてからまとめてお知らせいたします。
広島の皆さま、お申込みお待ちしています!

 

「ASIA GOHAN 16th by padma design 潤う師走タイごはん」開催のお知らせ 12/9(土)

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください。>>>

AG16

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
ホトリおなじみのタイ料理を味わい尽くすフードイベント・ASIA GOHAN。2017年最後の開催です!
寒さが本格的になってくるこの季節。日本ではあったかい鍋が冬料理の定番ですが、タイごはんも冬を楽しめるメニューがいっぱいです!
日本の食材をふんだんに使ったタイの冬ごはんをぜひ味わってくださいね。
また、今回もファッション雑貨のお買い物も楽しめるタイつながりのゲストも参加されます!
さらに、12時からは初の開催となるヨガワークショップもあります!
おいしいタイ料理と合わせて、ヨガやかわいいアジアンなお買い物をお楽しみください。
ぜひ、皆さまお誘いあわせの上、ご参加くださいね。

今回のメニューはこちら!

・豚ナンコツのスパイシースープ(トム・セープ・ガドゥー・クオーン)
とろとろに煮込んだ軟骨は旨味とコラーゲンの塊です。
・鰤のハーブソース(ブリ・トード・サムンプライ)
独特の風味の旬の鰤。たっぷりのタイのハーブといっしょに。
・海老と春雨の香り蒸し(クン・オップ・ウンセン)
海老の出汁を含んだ温かいつるつるの春雨をスパイシーな特製ソースで。
・冬野菜のスパイシーサラダ(ヤム・パック)
力強い美味しい日本の冬野菜をタイの味に仕上げます。
・発酵ソーセージと季節の野菜の炒めもの(パット・パック・サイ・ネーム)
火を加えたソーセージの風味で野菜がさらに美味しく。
・季節の果物のミニデザート

過去の開催の様子は、以下のレポートをご覧ください。

ASIA GOHAN 1st (2013.3.24)
ASIA GOHAN 2nd (2013.6.23)
ASIA GOHAN 3rd (2013.9.1)
ASIA GOHAN 4th (2013.12.15)
ASIA GOHAN 5th (2014.3.22)
ASIA GOHAN 6th (2014.6.15)
ASIA GOHAN 7th (2014.8.23)
ASIA GOHAN 8th (2014.11.15)
ASIA GOHAN 9th (2015.3.22)
ASIA GOHAN 10th(2015.6.13)
ASIA GOHAN 11th(2016.6.12)
ASIA GOHAN 12th(2016.9.4)
ASIA GOHAN 13th(2016.11.13)
ASIA GOHAN 14th(2017.7.2)
ASIA GOHAN 15th (2017.10.1)

以下、ASIA GOHAN主催のpadma design kyokoさんより、メッセージ&イベント概要です。

ag12_24
※写真は前々回vol.13の様子です。

次回のテーマは『潤う師走タイごはん』。
すっかり寒くなりました。
とはいえ、タイ料理は暑い時期だけのお料理ではありません。
日本の冬の美味しい食材を豊富に使い、忙しい年末に向けて、心と体をほっと潤します。
タイのハーブやスパイスを加えて、ASIA GOHANでしか味わえないタイ料理お楽しみください。

タイつながりのゲストもお招きします。
タイ料理といっしょに、ヨガやお買い物もお楽しみください。

SomOO(ソムオー)/アジアンファッション、雑貨販売
http://www.somoo.com/
0704.4

ヴァイクンタ・ヨガ”ワークショップ 12時~
ご予約はこちらから>>>波乗りベーカ・ヨガスタジオ

ASIA GOHAN 16th by padma design 12/9(土)

【イベント概要】メニュー詳細は公式サイトからもどうぞ>>>

◆日時:2017年12月9日(土)13:00開場~18:00 ☆2部制です
1部:13:00~ 2部:15:30~ のお好きな会をお選びください。
調理実演は13時からと、15:30からの2回。開場時間内入退場自由です。
(1部のお客様は、2部が始まり満席になり次第、テーブル席から椅子席に移動していただく可能性があります)
◆会場:写真企画室ホトリ(台東区浅草橋 浅草橋駅から徒歩6分)
http://fotori.net/?page_id=94
◆参加費:2,500円(別途ビールやオリジナルカクテルなどの追加販売もあります)
(メニュー詳細は、ASIA GOHANの公式サイトでご確認ください。)
5種類のおかずから3種類お選びいただきます。

・豚ナンコツのスパイシースープ(トム・セープ・ガドゥー・クオーン)
とろとろに煮込んだ軟骨は旨味とコラーゲンの塊です。
・鰤のハーブソース(ブリ・トード・サムンプライ)
独特の風味の旬の鰤。たっぷりのタイのハーブといっしょに。
・海老と春雨の香り蒸し(クン・オップ・ウンセン)
海老の出汁を含んだ温かいつるつるの春雨をスパイシーな特製ソースで。
・冬野菜のスパイシーサラダ(ヤム・パック)
力強い美味しい日本の冬野菜をタイの味に仕上げます。
・発酵ソーセージと季節の野菜の炒めもの(パット・パック・サイ・ネーム)
火を加えたソーセージの風味で野菜がさらに美味しく。
・季節の果物のミニデザート

※料金には1ドリンク、ジャスミンライス、デザートが含まれます。
※追加料金で追加のおかずもお選びいただけます。
※ご注文の多いおかずは、なくなり次第終了します。ご了承ください。

◆ASIA GOHAN予約フォーム
http://goo.gl/forms/noYu1RdCEQ

※キャンセルされる場合は、前日までに必ずご連絡ください。

※混雑時には、お食事提供までに少々お時間をいただいたり、まだお食事がお済でないお客様にお席をお譲りいただくなど、適宜お願いすることもあります。
恐れ入りますがご了承ください。

「写真サークル・十人十色」展 Vol.13 レポート

1113.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日、十人十色展 vol.13 グループ展が開催され、無事終幕を迎えました。
オールスクエアの世界、さっそくレポートいたしますね。

1113.2

壁だけでなく、天井も使ってホトリの空間を活かした展示でした。

1113.3

空間に動きが生まれますね!
今年は昨年より人数が増え、13名での展示だったとか。
レイアウトなどとても工夫されていました。

1113.4
1113.5 1113.6 1113.7 1113.8 1113.9 1113.10 1113.11 1113.12 1113.13 1113.14 1113.15 1113.16

皆さん、撮っている被写体もテーマもそれぞれ個性豊かです。
でも、スクエアというしばりで統一感が出ていますね!

1113.17

自由に持ち帰れるポストカードもありました。

1113.18

こちらは陶芸家の方の作品。

1113.19

中2階へ誘うパネルで階段を登ってみると・・・

1113.20

おお!中2階はこんな感じになっていました。
こんな風に、この真っ黒い空間を素敵に使ってもらえるのはとてもうれしいです。

1113.21

明かりが優しいですね。
こちらは木工作家さんの作品です。

1113.22

最後の土日2日間は、大盛況だったとか。(出展者さんの写真をお借りしました)

1113.23

見ごたえ十分だったグループ展でした!
また来年、ホトリで開催してくれたらとてもうれしいです。
十人十色の皆さま、ありがとうございました!

 

denimba展2017 in 東京 レポート

1105.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
11月の3連休、ホトリがデニム屋さんになりました!
これだけデニムが並ぶと圧巻ですね。さっそくレポートいたします。

1105.2

10月、週末はずっと雨続きでしたが、3日間お天気に恵まれました。

1105.3

外には看板と目印のデニムが!これは目立ちますね~。

1105.4

中に入ると、ずらり!
denimbaさんのコレクションが並びます。

1105.5

入口にはガチャガチャが!

1105.6

1点1点表情が違います。

1105.7 1105.8

生穿き1年、洗1年、奥さまに洗われる・・・(笑)
洗っちゃいけないんですね。

1105.9

すごい年季が入ったデニムです!

1105.10

肉体労働するとこんな感じの色落ちになるそうですよ~

1105.11

1点1点、育てていく作品なんですね。
元は同じデニムでも、全く同じようにならないところがおもしろいなと思いました。

denimbaさん、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!