ホトリ公募展「オールドレンズ・オーケストラ」 3/6(土)~14(日)開催のお知らせ

錆と廃墟公募展_4C_original

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
ホトリ新企画の公募展!「オールドレンズ・オーケストラ」開催のお知らせです。

オールドレンズで撮った写真って、味があってなんかいいですよね。
わたくしホトリ室長saorinも、2~3年前からオールドレンズをミラーレスカメラに付けて撮影を楽しんでいます^^
古い時代に生まれた故の、独特の柔らかな雰囲気が魅力のオールドレンズ。
ホトリ初・オールドレンズ好きの人たちによる、オールドレンズの公募写真展を開催します!

※まだ出展者若干名募集中です。募集概要ページはこちら>>> 

※会期中、写真の残しかたワークショップと自家製写真本レッスンを開催いたします。詳細・お申し込みはこのページの下部をご覧ください。

古い時代に生まれた故の、独特の柔らかな雰囲気が魅力のオールドレンズ。
ホトリ初・オールドレンズ好きの人たちによる、オールドレンズの公募写真展。
個性豊かなレンズたちが奏でる写真の交響曲(オーケストラ)をぜひ!

ホトリ公募展「オールドレンズ・オーケストラ」

hide / みゆき / 中耶 莉佐 / ろびこ / spiral / Yukari.Tera / うらりん / 中村 羽 / erico /
Emi Ootaka / 新関 晃弘 / 菓子 京子 / あかり@akari._u / とも / さつき@may / くるりん
solakazov / moritani kazusuke / 竹生 陽介 / 石澤 寛 / tomohan / akane /// saorin

◆会期:2021年3月6日(土)~14日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)※昨今の事情により、会期が延期となる可能性がございます
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

会期中開催予定のワークショップ&レッスン

【写真の残しかたワークショップ】2021年3月・4月自由開催3・4alltext

会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます

フォトキャンドル
透けないアクリルパネル
半透明アクリルパネル
木のアートパネル

詳細はこちら>>>

◆【ホトリ写真塾】自家製写真本を作る!完全マスターレッスン (全3回)第8期
selfbookallmainnodate

ノウハウ丸ごとお伝えする「自家製写真本を作る!完全マスターレッスン」。
1回目は、写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」について。
2回目は、名付けて「製本ノック!」具体的な製本方法をレクチャー。
3回目は、プリント用のデータを作る実践テクニックについて、お伝えします。



ホトリ 冬の本場週間 レポート

0216.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日終了した「ホトリ 冬の本場週間」のレポートをお届けします。

0216.2 0216.3 0216.4 0216.5 0216.6 0216.7 0216.8

後半会期では、各作品に紹介のしおりをつけました。
中を見なくても内容がわかるようになりました!

0216.9

本場会員の壁面展示作品を紹介していきます。

0216.10

「Memory of him」
saorin

0216

「わたしの故郷 亀戸三丁目1983」
林 朋彦

0216.12

「江古田のマスターに捧ぐ」
Andy’s Photo Journey

0216.13

「あの日の思い出」
Mayumi Nakamura

0216.14

「変わる日常
変わらない風景」
masa*

0216.15

早苗 久美子

0216.16

「きらめきの記憶」
金子 美香

0216.17

「in the air」
小野崎 由美子

0216.18

木全 裕美

0216.19

「イコンタとコニカ」
MINEO YOSHIDA

0216.20

YOSHIDAさんは、zine作品のもととなったイコンタカメラも合わせて展示。
かっこいいカメラですね!

0216.21

「わるいゆめ」
moritani kazusuke

0216.22 0216.23

「春を想う」
細田 葉子

0216.24 0216.25

最終日には、こんなかわいいお客様が!(ご近所のワンちゃん、さくらちゃんです)

0216.26

実は最終日ではなく初日の集合写真なのですが、出展者そろってはい、チーズ。

0216.27

私も加わり謎のやる気ポーズ(笑)

0216.28

というわけで、1月と2月に渡って開催した「ホトリ 冬の本場週間」。
緊急事態宣言下ではありましたが、無事全会期を終えることができました。
積極的に来て下さいと言いづらい状況ですが、出展してくださる方、足を運んでくださる方、来れないけどオンラインショップで購入してくださる方、SNSで気にかけてくださる方。
本場週間に限らず、写真企画室ホトリは常に皆さまによって支えられていると改めて実感しています。

気が早いですが、今年の7月でホトリは9周年を迎えます。
まだまだコロナの影響が続きそうな2021年ですが、今年もさまざまな楽しいイベント・ワークショップを開催していきます!

ひとまず、皆さまに向けて感謝の気持ちをお伝えします。
ありがとうございました^^

ホトリ公募展「オールドレンズ・オーケストラ」 3/6(土)~14(日)開催のお知らせ ※出展者募集中!

2/5追記:Aコース〆切りました。また、本日以降の申し込みは中2階での展示となる可能性があります。

錆と廃墟公募展_4C_original

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
ホトリ新企画の公募展!「オールドレンズ・オーケストラ」出展者募集のお知らせです。

オールドレンズで撮った写真って、味があってなんかいいですよね。
わたくしホトリ室長saorinも、2~3年前からオールドレンズをミラーレスカメラに付けて撮影を楽しんでいます^^
古い時代に生まれた故の、独特の柔らかな雰囲気が魅力のオールドレンズ。
ホトリ初・オールドレンズ好きの人たちによる、オールドレンズの公募写真展を開催します!

オールドレンズで撮影された写真であることが参加の条件です。デジタル推奨ですが、フィルム写真でも参加可能。
また、基本オールドレンズはフィルムカメラ時代に作られたマニュアルレンズを指しますが、オールドレンズ的な扱いとされている現行レンズでも可とします。

今回ご用意するのは5つのコース。

Aコース・・・出展者制作・自由設営/5,000円 〆切
Bコース・・・出展者制作・委託設営/5,000円
Cコース・・・出展者制作・額レンタルコース/7,000円
Dコース・・・ホトリ制作作品:A4サイズの木製パネル/8,000円
Eコース・・・ホトリ制作作品:200mm×200mmサイズのアクリルパネル/10,000円

詳細は以下の通りです。
皆さまのご応募、お待ちしています!

古い時代に生まれた故の、独特の柔らかな雰囲気が魅力のオールドレンズ。
ホトリ初・オールドレンズ好きの人たちによる、オールドレンズの公募写真展。
個性豊かなレンズたちが奏でる写真の交響曲(オーケストラ)をぜひ!

ホトリ公募展「オールドレンズ・オーケストラ」

◆会期:2021年3月6日(土)~14日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)※昨今の事情により、会期が延期となる可能性がございます
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<参加要件>

・オールドレンズで撮影された写真であること。デジタル推奨ですが、フィルム写真も可。(※また、基本オールドレンズはフィルムカメラ時代に作られたマニュアルレンズを指しますが、オールドレンズ的な扱いとされている現行レンズでも可)
・カラー、モノクロ、フィルム、デジタルは問いません。
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。
・作品下にはタイトルと作家名、使用オールドレンズ名を記載したプレートも合わせて展示いたします。

<展示作品>
(A)(B)(C)(D)(E)のいずれかでお申し込みください。複数口の参加も可能です。
設営はAコース以外ホトリが行います。

(A)出展者制作コース 2/5追記:Aコース〆切
・・・幅90cm以内で自由設営 ※ただし初日2021年3月6日(土)10時からスタートの搬入で直接設営することが条件です

(B)出展者制作コース

・・・長辺60cm以内(額含む)のサイズで釘打ちでの設営が可能な作品(裏側に紐やフックなど釘をひっかけられる状態になっていればOK)

(C)額レンタルコース(10枠先着順、写真はA4サイズのみ)
・・・ホトリ所有の額(すべてIKEA製・LOMVIKENを黒くペイント済)を貸出ししてこちらで額装します。写真のプリントだけ郵送していただき、額装はホトリで行います。
マットの裏側からマスキングテープでマットに固定しますのでご了承願います。

LOMVIKEN1

LOMVIKENは細め金属フレームのシリーズです。フレーム幅1cm。
もともとシルバーだった色をつや消しブラックにペイント済。
表面に透明アクリルシートカバーがあります。

C-lomviken-02

(D)ホトリ制作コース
・・・A4サイズの木製パネル(データをお送りいただきます)
tenji_panel_process4
プリント、パネル制作作業は全てホトリで行います。プリント用紙は半光沢の用紙を予定しています。

(E)ホトリ制作コース
・・・200mm×200mmサイズのアクリルパネル(データをお送りいただきます)
203acryl03 203acryl02 203acryl05

※展示作品(A)(B)(C)(D)(E)共に合わせて30枠程度の先着順で募集受付いたします。
また作品サイズを考慮し、2段組みでの展示となる場合、また一定数の応募があった場合は中2階での展示となる可能性もあります。ご了承ください。

<参加費>
(A)5,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(B)5,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(C)7,000円(税込、ギャラリー使用料、額レンタル・額装費、DM1人あたり20枚含む)
(D)8,000円(税込、ギャラリー使用料、パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)
(E)10,000円(税込、ギャラリー使用料、パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)

※参加費はホトリ店頭でのお支払か、お振込みいただきます。お申し込み後お知らせいたします。

<応募〆切>
2021年2月7日(日)・・・DMに作家名が載る〆切です
2021年2月28日(日)・・・出展最終〆切です(※B・Cコースのみ。D・Eコースは2月21日(日)まで)

<搬入・搬出について>
(A)は初日3月6日(土)10時からスタートの搬入で直接設営することが条件です。
(B)は2021年3月4日(木)14-16時元払い必着にてお送りいただくか、それまでのホトリのイベント・ワークショップ開催日に持ち込みください。
(C)コースのプリントは2021年3月4日(木)までに間に合うようにお送りください。(こちらの畔印刷所でプリントも承ります>>>
(D)(E)はホトリで制作するためこちらで設営いたします。

搬出・・・3月14日(日)18時~

直接取りに来られる方は、上記の時間内にご来場ください。
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

Cコースのプリントは事前・もしくは会期中に申告いただき、梱包費・送料300円の追加料金お支払でヤマトDM便での発送が可能です。

<お申込み>

2/5追記:Aコース〆切りました。また、本日以降の申し込みは中2階での展示となる可能性があります。

メールかLINE、または予約フォームからお申し込みください。

※携帯メールアドレスでお申し込みの場合、こちらからの受付返信メールが迷惑メールフォルダに振り分けられる場合があります。受付は3日以内には必ずしておりますので、メールが届かない場合はお手数ですがメール(info@fotori.net)またはホトリのLINE(ホトリLINEID  @xvi0027l)までご一報ください。

・予約フォーム:https://forms.gle/uzh1QNvUKPqsQcWs6
・メールアドレス:info@fotori.net

・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

・氏名
・出展者名(任意)
・郵便番号、住所
・電話番号
・メールアドレス
・展示作品(A or B or C or D or E、点数)
・搬出方法(持ち込みor郵送)

ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5 」レポート

1213.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日12/13をもって、ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」の全会期が終了いたしました。
さっそくレポートいたしますね。

1213.30
1213.2 1213.3 1213.4 1213.5 1213.6 1213.7 1213.8

みゆき

1213.9

「ワタシヲワスレナイデ・・・。」
フルヤ マモル

1213.10

「魔女の忘れもの」
ろびこ

1213.11

「開かずの窓」
saorin

1213.13

「還」
masa*

1213.14

高い窓には東の空が映っていた
tomeco

1213.15

「sunburst」
佐藤大青

1213.16

在る
細田葉子

1213.17

Aerial walk
Terumin

1213.19

「残されしもの」
hiroshi

1213.20 1213.21

Looking for rust and ruins …
moritani kazusuke

1213.22

前回から、ネーム&タイトルプレートはこのような感じで制作しています。
紙に塗ると金属のような質感になるユニークな塗料を使用し、さらにスポンジで茶色のスタンプインクをこすりつけて、錆びた感じになるようにしています^^

気になる方、塗料はこちら>>>アイアンペイント

1213.23

ブックも見ごたえがありました!

1213.24

ひそかに、来年のカレンダーも販売しておりました^^
お買い上げくださった皆さまありがとうございます!

1213.25

タイベックバッグなども販売。
新色発売になりました!>>>

1213.26 1213.27

初日、設営で出展者の皆さんが割とそろっていたので、急きょプチギャラリートークを開催。
展示している本人に話を聞けるのは貴重な機会ですよね!

そしてわたくしsaorinも、自身の作品を解説したのですが、その様子を出展者の方が動画で撮ってくれました!せっかくなので、You TubeにUPしました^^

一応、ホトリのチャンネル「ホトリ放送室」ありますのでよろしくお願いします!(笑)

ホトリ放送室はこちら>>>

1213.29 1213.28

1213.32

最終日はかなりにぎわい、出展者が外に出ないといけないほどでした!

1213.31

こちらは初日の集合写真。
出展者のhiroshiさんの息子さん(小学生)が撮った写真なので、若干目線が低いんですよね。かわいいので、あえてトリミングしないでUPしました^^

1213.33

そしてこちらは最終日、階段の上から撮った集合写真。
皆さまお疲れさまでした!

1213.34

私saorinも加わって謎のすしざんまいポーズ(笑)

というわけで、全8日間の会期が無事終了いたしました。

今回5回目となる錆と廃墟展。今年もタイトルやテーマにとらわれすぎず、解釈の幅が自由に広がる作品が並びました。
募集がスタートすると、毎回「完全廃墟じゃないといけないのではないか」や「錆が入ってないといけないの?」などという声をいただくのですが、ホトリの錆と廃墟展に限っては、答えは「NO」です。それが朽ちてゆく儚さ、それに伴う美しさが感じられる作品であれば、厳密に廃墟(廃屋、廃線など)でなくてもOKです。
今回は、朽ちてゆく儚さに加えて、過去の記憶の重なり、紅葉や自然の美しさ、再生してゆく希望など、さらにストーリーを感じる作品が多かったなと感じました。また、全体的に撮影の機会やタイミングなど、やはりコロナの影響も少なからずあったようです。

「廃墟」と聞くと、ちょっと怖い、、、そんなイメージがありますが、そこに何とも言えない美しさもあるんですよ、と伝えたい公募展です。
今回で5回目で、毎回出展してくださる皆さまからちょっとネタ切れ気味な声もあり(笑)、次回は少し間を空けようかなと思ったのですが、やはり来年も同時期に開催することにしました!(昨日、最終日に何となくそうなりました(笑))

今回の展示を見て、来年は出してみようかな、そんな風に思ってくださる方がいたら、ぜひ!お待ちしております。
そして、ご来場くださった皆さま、出展者の皆さま、気にかけてくださった方々、ありがとうございました!

 

 

ゆたけも写真展「あいるの あ」 12/27(日)開催のお知らせ

takemotomain

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2020年年末に1日だけ開催される写真展のお知らせです。

過去に「踊ってみた」写真展を開催してくれたゆたけもさんが、一人の踊り手・あいるさんを撮り続けた4年半の展示とのこと。
ぜひご来場くださいませ。

———————————————————–

踊り手「あいる」さんを撮影し始めて4年半。
初めての撮影から今まで、約300枚の写真を展示します。
楽しい写真の数々をぜひお楽しみください!

最新の情報はHPをご確認ください。
https://yutakemo.wixsite.com/ytkm/airunoa

———————————————————–

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

ゆたけも写真展「あいるの あ」 12/27(日)

◆会期:2020年12月27日(日)10:00~18:00
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

グループ写真展 antinomy レポート

1104.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日全会期を終了しました、日芸生によるグループ展「antinomy」のレポートです。

「antinomy」は「二律背反」という意味。
コロナ禍で自粛をすべきという世間体的な考えと、限られた大学生活の貴重な機会を失いたくないという自分たち目線の考え。
二つの主張を象徴する言葉を、展示のタイトルとして「antinomy」と付けたそうです。

旅の記憶をかきたてられる写真、迫力あるライブ写真、ポートレート、モノクロ、、、
一人一人の作品がパワーを持っていて、個性豊かなグループ展となっていました。

まずは、会場の様子をご覧ください。

1104.2 1104.3 1104.4 1104.5 1104.6 1104.7 1104.8 1104.9 1104.10 1104.11 1104.12 1104.13

展示をするって、なかなか大変なことだと思います。
準備に費やす時間も、会場費も制作費もかかるし(特にお金は、学生にとっては大きなハードルですよね)展示を開催するパワーははかりしれません。
なので、WEB上で気軽に写真を見てもらえるinstagramなどで満足している人も多いと思います。
でも、今回「antinomy」を開催した日芸生たちは、いつもこの時期に開催されていた藝祭がコロナを理由に中止となり、その失ってしまった展示の代わりの場を作ろうと立ち上がり、今回のグループ展「antimony」を開催に至ったとのこと。

自分たちの写真を生で見てもらうということ。
展示を見に来てくれた人に、直接感想をもらえること。

これは、オンラインの写真展ではできないことです。
それを、日芸生たちがちゃんと展示の機会を作って、実際に開催したということ、そのこと自体に、わたくしホトリ室長saorinは、とてもうれしく思いました。

今回の展示は、中止となった藝祭の代わりの機会だったので、来年以降開催があるかはわかりませんが、少なくとも今年、自分たちの作品の発表の場としてホトリを選んでくださったこと、とてもうれしく思っています。

ご来場くださった皆さま、出展者の日芸生の皆さま、気にかけてくださった皆さま、
ありがとうございました。

 

 

saorin photo exhibition 「a fine line」レポート

1029.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日、わたくしsaorinの個展「a fine line」が全会期を終了いたしました。
「a fine line」のステートメント文を一部抜粋して掲載します。

また、今回初めての試みとして、「a fine line」をWEB上で見られる写真展ページをオープンしました。
もしよろしければ、ぜひこちらでもご覧くださいね。

coten

a fine line オンライン写真展
https://coten.pics/exhibitions/16306

また、今回の展示で展示販売した写真集「a fine line」もホトリの本場オンラインショップで販売中です!

ホトリの本場オンラインショップ
https://honbafotori.thebase.in/items/35173425

京都写真美術館で「a fine line」を取材・紹介していただきました。

kyoto

京都写真美術館 saorin写真展「a fine line」

——————————————–

a fine line(=紙一重)は10年ほど前に一度、私家版写真集としてまとめたテーマだ。

その頃、私がカメラを向けてついシャッターを切ってしまう被写体は、
自分でもなぜこんなものに惹かれるのかわからないものばかりだった。
見方を変えればおもしろいとも言えるが、一般的にはやや気持ち悪いとされるもの、
おそらく不快に思われるであろうものも少なからずあった。

それでも、私が撮ったそれらは、自分の中では実は美しいのかもしれない、
そもそも美しさと汚さは同じようなものなのかもしれない。そう思っていた。

—- 一部省略 —-

この世界はなんと理不尽で不条理なのだろう。
そして同時に、なんと不可解で美しいのだろう。
何か目に見えない力が、矛盾をはらむ要素をあえてこの世に放っているようだ。

私はこの世の、不条理な醜さと同時に、そこはかとない美しさをとらえたくて、
写真を撮っているのかもしれない。

これから私は一体何年生きるのか。
もしかしたら1年後命を落とすかもしれないし、10年かもしれないし、
人生100年時代を文字通り全うするかもしれない。

その時まで写真を撮り続けるかどうかはわからないが、
少なくとも、美しいものも汚いものも、すばらしいものもみにくいものも全て、
抱き合わせながら生きていくのだろうと思う。

1029.2 1029.3 1029.5 1029.6 1029.7 1029.8 1029.9 1029.10 1029.11 1029.12 1029.13

今回、「a fine line」のテーマに響く言葉を会場内に展示しました。
メイン作品の下に展示した言葉は、アルベール・カミュの言葉です。

The realization that life is absurd cannot be an end, but only a beginning.

人生が不条理であることの認識は、終わりではありえず、始まりでしかない。

また、他の言葉の意味は、

What will be, will be.

なるようになる

Life is what you make it.

人生は自分でつくるもの

です。

1029.14 1029.15

展示に合わせて写真集を制作しました!
たくさんの方にお買い上げいただき、本当にありがとうございました。

1029.16

それから、今回展示で使った用紙がよかったので、軽くご紹介します。
展示した写真のプリント用紙は、すべてピクトリコさんのシルバーラベルプラスシリーズでプリントしました。
他のシリーズに比べて、バラ板印画紙調の質感、またかなり厚手なので裏打ちが不要!
インクジェットなのに暗室手焼きプリントのような感じで、とても気に入りました。
また何かの展示でぜひ使用したいと思います。

1029.17 1029.18 1029.19

というわけで、全会期を終了いたしました!
個展は、昨年2019年3月に開催した「walk around with him」以来、1年7か月ぶり。
とはいえ、前回の展示は愛犬アビの追悼展示だったので、自分が好きで昔から撮っているテーマ(のようなもの)での写真展は、2016年夏に開催した「Life」以来、4年ぶりでした。

普段は公募展企画やスペース貸出しなど、どちらかというと写真展の裏方ばかり。
自分の写真をフルで見てもらうのは久しぶりでしたが、たくさんの方にさまざまな感想をいただき、改めて個展を開催して本当によかったと思いました。
個展って、見てくださった方の感じた言葉をダイレクトに受けることができるんですね。

ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった皆さま。
本当にありがとうございました!

自由気ままな2人展 portrait exhibition 2/26(金)~28(日)開催のお知らせ

11/20追記:こちらの写真展は、開催延期となりました。新たな会期が決定次第改めてお知らせいたします。
→11/24追記:新会期は2/26(金)~2/28(日)に決定いたしました

satotwomain

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2021年2月末に開催される二人展のお知らせです。

二人のフォトグラファーによるポートレート写真展。
自由気ままな二人展です。ぜひご来場ください。

———————————————————–

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

自由気ままな2人展  portrait exhibition  2/26(金)~28(日)

レオン / Sat Shin

◆会期:※オープン時間が変則的ですのでご注意ください
2021年2月26日(金)11:00~19:00
2021年2月27日(土)11:00~19:00
2021年2月28日(日)11:00~18:00

◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

11月は【旅と山モチーフの店・畔商店】&【ホトリ秋のミニ本場週間】オープン!

fotorishopmain
DSC_2753
honba

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
すっかり秋も深まり、そろそろ冬の足音が聞こえてきましたね。(ホトリでは、既にストーブを出しました(笑))

さて、11月のホトリ企画のイベントのお知らせです。
11月は、久々のオープン!
「旅と山モチーフの店 畔商店」と、「ホトリ秋のミニ本場週間」を二本立てでゆるく開催いたします!

◆会期:11月9日(月)~19日(木)13:00~18:00 ※11/14(土)除く
※通常の公募展よりも1時間早いCLOSEですのでご注意ください
※11/14(土)は終日レッスンのため入場不可です

「旅と山モチーフの店 畔商店」は、saorinが展開しているブランド「mt.souvenir」のアイテムを中心に、紙モノ雑貨や書籍、山写真雑貨などを色々取り揃えて展示販売いたします。

畔商店 オンラインショップはこちら>>>

DSC_2758

DSC_2762 DSC_2760

マスキングテープなどの紙雑貨や、

DSC_2757 DSC_2755

山&旅モチーフの色々な雑貨を取りそろえてオープンします!

DSC_2763

saorinのブランド「mt.souvenir」の作品も!
半透明アクリルパネル、新作も加わっています^^

saco_image

オリジナルのタイベックサコッシュや、

tyvecmarche_image01

タイベック素材のマルシェバッグ
軽くて丈夫で水に強いので、重宝しますよ!

tabisurukamimain

また、雷鳥や槍ヶ岳などかわいい山モチーフで大好評の「旅スル紙」さんの商品、もちろん今回の妄想畔小屋で販売いたします!
かわいい雷鳥モチーフを中心に、新作のマスキングテープも入荷しています。

DSC_2782

今回、本を初めて仕入れました。今まで私がいいなあと思って買い集めた本ばかり。
旅する心、山に登る心をくすぐられる本ばかりです。

honba2020summer18

また、今年5月に新プロジェクトとしてスタートした、ホトリの本場。

「本場」は、zine(リトルプレス・小冊子)や写真集、イラストブック、アートブックなどを公開・発表・展示・販売できる、写真企画室ホトリ主催のプロジェクトです。 オンラインでの作品代行販売のほか、本場に参加している会員の壁面写真作品とzine・写真集の展示販売イベント「ホトリ本場週間」も写真企画室ホトリのギャラリーで開催!

8月に、初の展示販売イベント「ホトリ夏の本場週間」を開催しましたが、そのミニバージョンを畔商店と合わせてオープンします!

本場会員の皆さまの作品を、ホトリ店頭で展示販売いたします。(※壁面作品展示はありません)
たくさんの写真の本を、直に見て購入できますよ!

ホトリ夏の本場週間 詳しいレポートはこちらから>>>

honba2020summer19

写真の本と、雑貨・書籍などの物販がメインの展示です。
ゆるりと遊びに来てくださいね!

ロッコール展「円か」rokkor lens photo exhibition レポート

1008.0

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
ロッコール展「円か」が、先週全会期を終了しました。
9日間に渡り、展示も来場客もとても濃く、出展者やお客様のレンズ愛をひしひしと感じる展示でした(笑)
さっそくレポートいたします。

1008.0.2 1008.2
1008.3

ロッコール(ROKKOR)

[名]ミノルタカメラのレンズ名称。

レンズコーティングの色から「緑のロッコール」などと呼ばれた。
ミノルタ(現コニカミノルタ)は現在カメラ事業から撤退しているが、色再現性や線のキレ、豊かな諧調表現など、その写りからオールドレンズの中でも一目置かれる存在となっている。

1008.4
1008.5

加藤 秀
「光の記憶」

1008.6

ろびこ
「日々紡ぐ」

1008.7

菓子 京子
「蜜月」

1008.8

石澤 寛
「madoka ~循環する風景~」

1008.9

ガミ・ロジオ
「田園風景」

1008.10

ヤマナカオサム
「ココロマドカ」

1008.11

hide
「優しい鼓動」

1008.12 1008.13 1008.14

Yuichi Kaneko
「PRE202002」

1008.15 1008.16

出展者のブックも充実でした!

1008.17

また、過去にロッコールレンズが特集された雑誌や書籍も展示。

1008.18

週末のみ、出展者が所有しているロッコールレンズを試し撮りできました!

1008.20

お客さまにレンズを説明しているところ。

1008.21

ちなみにわたくしsaorinも、自前のミラーレスにロッコールレンズを付けさせてもらいました!

 

1008.23

どれどれ~

1008.24

テーブルに並んでいるロッコールレンズを撮ってみました。

1008.25

これは私が使っているNOKTON フォクトレンダー40mmレンズ。

1008.26

ロッコールレンズを付けて出展者のhideさんを撮ってみました。
確かに人物描写がとても柔らかい気がしますね。

1008.27 1008.28

最終日は出展者とお客さまでにぎわっていました!

1008.29 1008.30

閉場前に、(ほぼ)全員集合の出展者の皆さまを記念撮影。
これはiPhoneで撮ったもので、

1008.31

こちらはお借りしたロッコールレンズで撮った集合写真です。
やっぱり雰囲気が全然違いますね!とてもやさしい感じの写真になりました。

1008.32

というわけで、全9日間の会期を終了しました。

在廊していて感じたのは、いつもホトリに来るお客さまと少し違う層の方々(男性率高し!)が多いということ。
それだけ、ロッコールレンズを愛している男性カメラユーザーが多いということでしょうか。レンズの話を始めたらもう止まらない・・・というのも何度も目撃(笑)私が想像していた以上に、レンズ好きの世界は広かったようです(笑)

それで、ホトリでも来年にオールドレンズの公募展を開催することを思いつきました!
ロッコールレンズ縛りではなく、広くオールドレンズで撮られた写真ならOKにしようと思います。新しい企画を思いつかせてくれた、ロッコール展の皆さまに感謝です^^

ご来場くださった皆さま、出展者の皆さま、ありがとうございました!