【ホトリ写真塾・野澤教室】 レトロな町・青梅撮影実習 10/1レポート

1004-2

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日10/1に、ホトリ写真塾・野澤教室の青梅撮影実習がありました。
映画と猫の昭和レトロな街・青梅。詳しくレポートいたしますので、ぜひ皆さんも行ってみてくださいね。

1004-1-2

青梅駅構内の壁にも、映画の看板がたくさん掲げられています。
ほかにも照明とか時計とか、ちょこちょこレトロでおもしろいです。

 

1004-3

まず最初に訪れたのが、青梅駅から徒歩2、3分のところにある「にゃにゃまがり」。
ガイドブックにはまず載っていないそうで、ちょっとした穴場スポットです。

1004-4

こんな感じで、猫が通るような細い小道がずっと続きます。
狭いので、3名ずつくらいに分かれて撮影。

1004-5

先発隊が先に進んでいる間、残りの皆さんで周りをうろうろ撮影。

1004-6

では、そのにゃにゃまがりに突入!

1004-7

途中見かけた猫モチーフの色んなオブジェ。あまりにたくさんあったので、まとめてUPします。

1004-7-1 1004-7-4 1004-7-11

あ!こんなところにも。

1004-7-12

たくさんの猫オブジェに会える「にゃにゃまがり」ぜひ行ってみてくださいね。

1004-8

そしてそこから歩いてすぐのところにある、これまたおもしろいオブジェが展示されている建物。

1004-9

の、近くにある鳥居・・・のそばに、リアル猫発見!

1004-10

お目目がきれいな子でした。
どうやら、その近くにあるラーメン屋さんの子のようです。

1004-11

お昼は「繭蔵」さんへ。
ここは築100年以上の蔵を改装したレストランとのことで、連日大人気だそうです。

1004-13

蔵を改装した空間は、広々としています。

1004-12

前もって予約しておきました。

1004-14

悩んだ末、シチュープレートのハンガリアンシチューを選びました。
野菜やご飯がたっぷり盛られたプレート、ボリューム満点でした!

1004-15

お昼ごはんを食べ終えた後は、青梅のもっとも有名なレトロな通りを撮影します。

1004-16

昔の映画の看板があちらこちらに掲げられています。

1004-17 1004-18 1004-19

路地裏もいい感じです!

1004-20

うろうろしていたら、偶然出会ったカフェ「Cafe ころん」さん。
ここは、カフェを短期間やってみたい人にお店を丸ごと貸し出しているそうで、この日は学生さんたちがラオスのコーヒー豆をフェアトレードで広めようと活動している「ドリップパックプロジェクト」の1日カフェ「ドリカフェ」開催中でした。

1004-21

中庭とツリーハウスがあります!

1004-22

皆一斉に撮影タイム。

1004-23

いやあ楽しいね。こんなカフェが近くにあったら1日中ぼーっとできそうです。
ちなみに中庭を挟んで向かいには小さな映画上映館みたいな建物もあるので、色んな使い方ができそうですね。

1004-24

ツリーハウスから見える景色はこんな感じ。

1004-25

フレンチプレス方式で淹れるコーヒーたち。

1004-26

急きょコーヒーワークショップがスタート。色んな勉強になりました。

1004-27 1004-28 1004-29

こちらはおなじみ、ハンドドリップタイプ。焙煎仕立て、挽きたての豆を使っているので、とても新鮮。
このもこもこの中央がへこんでいる場合、あまり新鮮ではない豆だそうですよ。

1004-30

あ、ここにも猫が・・・

1004-31

カフェを後にし、多摩川沿いに広がる釜の淵公園へ。途中またしても猫を発見。

1004-32

吊り橋を渡ると、

1004-33

多摩川が広がっています。
ここはBBQのデイキャンプもできるみたいです。楽しそう。

1004-34

みんなで石を拾って水切り。

1004-35

ところどころには彼岸花も咲いていました。

お天気が心配でしたが、何とか持ってくれました!
青梅は一度数年前に撮影会で行ったことがありましたが、今回で新たなスポットを発見。
なかなかおもしろいところなので、ぜひ行ってみてくださいね。

 


コメントは受け付けていません。