京都写真美術館に掲載していただきました

kyotofotori

日本のギャラリー、そしてそこで開催されている写真展や写真家について情報が網羅され、日々新しい情報が更新されているWEBサイト「京都写真美術館」に、ギャラリーとしての写真企画室ホトリと、写真家としてのわたくしホトリ室長saorinの情報を掲載していただきました。

先日、ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.3」に京都写真美術館の方がご来場くださり、ホトリと私自身の情報掲載の打診をいただきました。
その錆と廃墟展も、どこかのギャラリーでDMを手に取って来てくださったそうです!それはDMの作りがいがあってとてもうれしいです(笑)

kyotosaorin

個展と名のつく展示ならこの倍以上開催しているのですが、写真展ということに特化しているサイトなので、主に写真展と呼べる過去の展示もアーカイブしていただいています。
このように過去のポートフォリオ情報がちゃんとした外部への形になっているページを作ってくださって、とてもうれしいです!

「個展を開催していたら皆さん写真家さんですよ」
私は、写真家と名乗るには疑問なんですが・・・という私の言葉への、京都写真美術館の方が仰っていた言葉が印象的でした。
超有名な写真家さんも、無名な写真家さんも、全てフラットに掲載されているのが京都写真美術館さんの魅力かなと思います。
ちなみに、情報掲載はすべて無料だそうです。過去のアーカイブだけでなく、これからの展示もしっかりCOMING SOONの展示として掲載してくれます。
写真の個展を開催したことがある方はぜひご検討くださいね。

 


コメントは受け付けていません。