【ホトリ写真塾】自家製写真本を作る!完全マスターレッスン (全3回)第7期 2020年11月スタート

selfbookallmainnodate
selfbookmain

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
写真企画室ホトリ室長saorinがノウハウ丸ごとお伝えする「自家製写真本を作る!完全マスターレッスン」の第7期を、本日より再募集いたします。

第7期より、カリキュラムの日程がリニューアル!
なかなか日程が合わない・・・という声を受けまして、今期よりレッスンを受ける日にちを自由に選べる予約システムに変更しました。申込みは開講予定日の3日前まで可能です。

1回目・2回目・3回目のレッスン日を、以下の開講予定日より自由に選べます。
また、急に都合が悪くなった場合でも、開講予定日のいずれかに振替が可能です(必ずご連絡ください)

レッスン1回目:すべて10時半~13時/以下のいずれか
11/9(月)、11/10(火)、11/11(水)、11/12(木)、11/13(金)、11/15(日)、11/16(月)、11/17(火)、11/18(水)、

レッスン2回目:すべて10時半~15時/以下のいずれか
※錆と廃墟展公募展会期中の開催日は、写真の残しかたワークショップと開催が重なる場合があります。
12/7(月)、12/8(火)、12/9(水)、12/11(金)、12/12(土)、12/13(日)、12/14(月)、12/15(火)、12/16(水)、12/17(木)、12/18(金)

レッスン3回目:すべて10時半~13時/以下のいずれか
1/17(日)、1/18(月)、1/19(火)、1/20(水)、1/21(木)、1/22(金)、1/23(土)、1/24(日)、1/25(月)、1/26(火)、1/27(水)、1/28(木)、1/29(金)

気軽なphoto zineから本格写真集まで、本気で自家製写真本作りをマスターしたい人のためのレッスンです!

12月スタート火曜コース1回目(12/11)レポートはこちらから>>>
12月スタート火曜コース2回目(1/8)レポートはこちらから>>>
12月スタート火曜コース3回目(2/5)レポートはこちらから>>>

selfbookmain01
selfbookmain04 selfbookmain03
paper01

1回目は、写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」について。
2回目は、名付けて「製本ノック!」具体的な製本方法をレクチャー。
3回目は、プリント用のデータを作る実践テクニックについて、お伝えします。

講師であるわたくしsaorinのプロフィールと、全3回の具体的な内容詳細は募集概要・下部をご覧ください。

また、この3回コースを修了した方のみ対象に、ステップアップコースを開講いたします。(ただいま開講準備中。開講は6月上旬を予定しています)
写真のセレクトから写真本のイメージ&ラフ、データ作りとプリント、そして製本まで、一連の行程を経て、完全オリジナル・オートクチュールの写真本を仕上げます。

【ホトリ写真塾】自家製写真本を作る!完全マスターレッスン(全3回)第7期

◆日時:1回目、2回目、3回目の受講希望日を、以下の開講予定日から自由に選んでいただくシステムです。曜日も自由に選択OKです。
2回目のみ昼食休憩を挟みますのでご注意ください。
申込みは開講予定日の3日前まで可能です。

レッスン1回目:すべて10時半~13時/以下のいずれか
11/9(月)、11/10(火)、11/11(水)、11/12(木)、11/13(金)、11/15(日)、11/16(月)、11/17(火)、11/18(水)、

レッスン2回目:すべて10時半~15時/以下のいずれか
※錆と廃墟展公募展会期中の開催日は、写真の残しかたワークショップと開催が重なる場合があります。
12/7(月)、12/8(火)、12/9(水)、12/11(金)、12/12(土)、12/13(日)、12/14(月)、12/15(火)、12/16(水)、12/17(木)、12/18(金)

レッスン3回目:すべて10時半~13時/以下のいずれか
1/17(日)、1/18(月)、1/19(火)、1/20(水)、1/21(木)、1/22(金)、1/23(土)、1/24(日)、1/25(月)、1/26(火)、1/27(水)、1/28(木)、1/29(金)

◆全3回の内容(各回の詳細イメージは募集記事下部をご覧ください)
・1回目:「編集のコツ教えます・zine作りにトライ!」
写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」についてレクチャー。
気軽なzine作りにトライしてもらいます。
(完成zineのお渡しは2回目もしくは3回目となります)

・2回目:「製本ノック!」
自分の写真を表紙に仕立てた計3種類(和綴じ、洋装くるみ、アコーディオン)の製本を一気に仕上げます。具体的な製本方法を学んでもらいます。
※2回目のみ、昼食休憩を挟みます。

・3回目:「プリント用のデータを作る!実践テクニックとプリントについて」
自家製の写真の本を作るためのデータ作りとプリンター、紙についての知識をマスターしてもらいます。

◆参加費:全3回 税込25,000円(お申込みから1週間以内に一括で振込していただきます。振込手数料はご負担下さい。入金先は申込み返信でお知らせします。キャンセルポリシーあり(詳細以下)
◆定員:各日 4名
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:筆記用具、初回はzineに仕上げたいL版プリント写真を20~30枚持参(デジタル・フィルム問わず。データではなくプリントでお持ちください)

◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori
「【ホトリ写真塾】自家製写真本レッスン」タイトル横の予約ボタンをクリックし、切り替わった画面下部の連絡先入力からお申込みください。全3回のレッスンですので、2回目・3回目の受講希望日も合わせてお知らせください。曜日固定は不要です。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「自家製写真本レッスン申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・希望受講日(1回目:○月○日(曜日)、2回目:○月○日(曜日)、3回目:○月○日(曜日))

※同様の教室の指導をされている方の受講はご遠慮ください。
※自宅のプリンターで自家製写真本を作るには、ということに焦点を当てているレッスンですので、スマホのみの受講はおすすめしません。またある程度のパソコンの知識が必要です。

【キャンセルポリシーについて】
入金後レッスンをキャンセルされた場合の返金率は以下の通りです。

2か月前まで:100%
1か月前まで:50%
2週間前まで:25%

2週間を切った場合は返金いたしません。

・1回目:「編集のコツ教えます・zine作りにトライ!」
zine04 selfbookmain05 zine03

前半はプロジェクターを使用し、写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」についてレクチャーします。
後半、持参してもらったL判写真(20~30枚)を具体的に組んで、気軽なzine作りにトライしてもらいます。(初回はzineに仕上げたいL版写真を20~30枚持参してもらいます)

・2回目:「製本ノック!」
booksall

自分の写真を表紙に仕立てた計3種類(和綴じ、洋装くるみ、アコーディオン)の製本を1日で一気に仕上げます。具体的な製本方法を学んでもらいます。夜のコースは手順を簡略化したショートバージョンとなります。
※3種類とも、ご自身の写真を表紙に仕上げますので、事前に写真データをお送りいただきます。また、製本方法を習得してもらう回なので、くるみ豆本と和綴じの中身は白紙となります。

mamehon02

洋装くるみ製本の豆本。
手のひらに乗るくらいのかわいらしいサイズです。3種類の中で最も難易度が高い製本方法です。

watoji01

和綴じ本。
ご要望が多い製本方法です。

watoji02

芳名帳などにも使えます。

accordion

アコーディオンアルバム。
写真を保管できるアコーディオンタイプの製本です。

・3回目:「プリント用のデータを作る!実践テクニックとプリントについて」
paper01

ここでは、自家製の写真の本を作るためのデータ作りとプリンター、紙についての知識をマスターしてもらいます。
プリンターで出力する、写真集に適した用紙サンプルを数十種類ご用意しています。

講師はわたくし、写真企画室ホトリ室長・saorinです。

saorin-torico

講師:saorin(写真企画室ホトリ室長)

浅草橋の写真アトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」を主宰。
“写真を形あるものに残そう”をテーマに、写真雑貨制作やワークショップ開催し、また自身のギャラリーでも公募展を企画するなど、様々な写真イベントの企画活動を行っている。
「写真を楽しむ133のネタ帖」「写真でつくる雑貨」「フォトブックレシピ」(雷鳥社)「たいせつなものを撮ろう、残そう」(MdN出版)など5冊の著書がある。
写真家・川野恭子氏との合作「When an apple fell, the God died」がSteidl Book Award Japan 2016 ロングリストノミネート。

皆さまのお申込み、お待ちしています!


コメントは受け付けていません。