【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】MYカレンダーを作るワークショップ 開催のお知らせ

deskwallmain

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2020年12月「錆と廃墟展 vol.5」開催期間中、ホトリ初登場となる「MYカレンダーを作るワークショップ」開講いたします!

lessongimp

自身のノートPCで無料のレイアウトソフト・gimp(※Photoshopをお持ちでない方)を使って、自分のお気に入りの写真で来年のカレンダー作りにチャレンジ!
来年以降も、オリジナルカレンダーのデータを自分で作れるようになります。
卓上・壁掛け両方制作可能です。できあがったカレンダーデータもお持ち帰りいただけます。

レッスン内容詳細・注意事項は募集概要・下部をご覧ください。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】MYカレンダーを作るワークショップ

◆日時:
レッスン日を、以下の開講予定日より自由に選べます。
すべて14時~(2時間程度)/以下のいずれか・12/12(土)のみ15時~
12/6(日)、12/7(月)、12/8(火)、12/9(水)、12/10(木)12/11(金)、12/12(土)、12/13(日)、12/14(月)

◆卓上タイプ(ポストカードサイズ)・・・5,000円(レッスン料・材料費込・当日持ち帰り)
desk01

レイアウトソフトを使って、ポストカードサイズのカレンダーに写真を配置していきます。できあがったデータをホトリのプリンターで印刷し、当日持ち帰っていただきます。
紙スタンドと木製ピンチ付。
できあがったカレンダーデータもお持ち帰りいただけます。

desk02
deskstand

◆壁掛けタイプ(B5サイズ)・・・5,000円(レッスン料・材料費・送料込・後日郵送)
wall01
wall03wall04

基本的にレッスン内容は卓上タイプと一緒です。レイアウトソフトを使って、B5サイズのカレンダーに写真を配置していきます。ただし、できあがったデータはお預かりしてホトリのレーザープリンターでプリントし、後日郵送いたします。
台紙とピンチ付。
できあがったカレンダーデータもお持ち帰りいただけます。

◆参加費:
・卓上タイプ(ポストカードサイズ)・・・5,000円(レッスン料・材料費込・当日持ち帰り)
・壁掛けタイプ(B5サイズ)・・・5,000円(レッスン料・材料費・送料込・後日郵送)
・卓上&壁掛け両方データ制作・・・7,000円(レッスン料・卓上&壁掛け材料費・送料込み)
・2冊目以降のオプション・・・1冊500円(※2冊以上は後日郵送、10冊まで。+送料5冊までクリックポスト便200円/5冊~10冊レターパックライト便370円)

◆定員:各日 4名

◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:筆記用具、ノートPC、カレンダーにしたい横位置の写真データ12枚を入れたSDカードもしくはUSBメモリ(お持ちのPCに差せるメモリ)

【注意事項】
※無料レイアウトソフト gimpのインストールをお願いします。Photoshop(elements可)が既にインストールされている場合は不要です。

※Macでも参加可能ですが、カレンダー月日部分のデータを作る方法はWindows対応のソフトを使用して説明しますのでご了承ください。

※写真データは長辺2500px以上のサイズでお願いします。

※卓上と壁掛けの両方制作希望の場合、別々の写真でも同じ写真でもどちらでもOKです。
卓上カレンダーはスクエア(正方形)のフォーマットがおすすめです。

◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori
「【ホトリ写真塾】MYカレンダーを作るワークショップ」タイトル横の予約ボタンをクリックし、切り替わった画面下部の連絡先入力からお申込みください。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「カレンダーワークショップ申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・希望受講日

※同様の教室の指導をされている方の受講はご遠慮ください。
※自宅のプリンターでカレンダー作るには、ということに焦点を当てているレッスンです。ある程度のパソコンの知識が必要です。

講師はわたくし、写真企画室ホトリ室長・saorinです。

saorin-torico

講師:saorin(写真企画室ホトリ室長)

浅草橋の写真アトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」を主宰。
“写真を形あるものに残そう”をテーマに、写真雑貨制作やワークショップ開催し、また自身のギャラリーでも公募展を企画するなど、様々な写真イベントの企画活動を行っている。
「写真を楽しむ133のネタ帖」「写真でつくる雑貨」「フォトブックレシピ」(雷鳥社)「たいせつなものを撮ろう、残そう」(MdN出版)など5冊の著書がある。
写真家・川野恭子氏との合作「When an apple fell, the God died」がSteidl Book Award Japan 2016 ロングリストノミネート。

皆さまのお申込み、お待ちしています!


コメントは受け付けていません。