【室長の徒然コラム】カメラはなんだっていいと思う

今年から、お知らせだけでなく、ホトリ室長のsaorinが思うことや日々のできごとなどもホトリブログにUPしていこうと思います。
ホトリってこういう人が運営してるんだ、と知ってもらえたらうれしいです。
(よく間違われますが、ホトリは私一人でやってます。)

今日はフィルムVSデジタルについて。
(注:これは、商業写真の話ではありませんのであしからず)

昨年撮った写真のネガフィルムをスキャンし、ゴミ取りレタッチするという作業をえんえん続けており、右手が腱鞘炎になりそうです。

こんな感じで、フィルムは面倒だし、お金もかかる。
けれども、全く同じシチュエーションでデジとフィルムとを撮り比べると、やっぱりフィルム写真に軍配が上がるんですよね。うまい、へたではなく単純に自分の好みの問題です。

デジタルにはないざらっとした感じが、フィルムだと難なく写真に表れていい味に仕上がるので、そのざらつき、質感に頼っているのでは、という意見があると思うけど本当にまさしくその通りです、ハイ。

もともと新品ぴかぴかよりも少し色あせた紙だったり、ちょっと古くなった雑貨が好きだったりする嗜好の持ち主なので、この基準は、もはや理屈ではない。
楽に撮れるけど好みでない(というか好みの質感がある写真を撮れない)ことと、手間&お金がかかるけど好きな写真が撮れることを天秤にかけた時、後者を選んでいるに過ぎません。

なので、撮るならフィルムカメラでなくてはというこだわりは全くありません。
正直選ぶネガフィルムについてもポリシーゼロ。写真屋さんで売っている最安値のコダックを使ってます。
フィルムカメラを神聖視もしていないし、正直、自分が好きな質感を撮る瞬間に作れるなら、今すぐにでもデジタルにしたいと思ってたりする。(フィルム風に後処理するのは筋違いなので置いといて)

その点、唯一、好きな質感に近い仕上がりになるのがiPhoneかなと思います。

なので、フィルムはデジタルよりもよい写真が撮れるのではないか、とか、フィルムの方がデジより格上、というような話を聞くと、はなはだ疑問を感じる。

フィルムカメラに変えてみたところで、そんな劇的にいい写真が撮れるようになるわけないですよね。
現に私がそうだし。

そもそも、いい写真って何だろう?

と、この写真の永遠の命題とも言える疑問を胸に抱きつつ、みんな撮りつづけていくのかなあと思います。

今回UPしたのは、11月末に行ったホトリ写真部バス遠足のフィルム写真です。

 

 

 


コメントは受け付けていません。