ホトリ公募展「錆と廃墟展」 レポート

1126.1

こんにちは、ホトリ室長のsaorinです。
いやはや、いきなり冬の到来ですね!寒い~ぶるぶる。
色んな人に言いまくっていますが、ホトリの冬は底冷えのする床のせいで極寒のため、
早々に本日ストーブ、スイッチオン!(笑)やはり火の力は偉大ですね…(●´⌓`●)

前置きが長くなりましたが、先日終了したホトリ公募展「錆と廃墟展」の様子をレポートいたします。
募集をする前は、こんなマニアックなテーマで大丈夫かな・・・と不安でしたが、思っていた以上に
皆さん興味を持って出展してくれたり、足を運んで見に来てくださってうれしかったです。

1126.2 1126.3
「開かない窓」
二川 さなみ

1126.4
「brown.」
有海里美

1126.5
「眠れる森の・・・」「過ぎゆく時」
Misako Araki

1126.6
「還*」
masa*

1126.7
「記憶」
金子 美香

1126.8
「遥か」
戸崎 ひとみ(tokky)

1126.9
「斜陽」
高橋 みどり

1126.10
「Once upon a time」
Ruby

1126.11
「格子」
Saori O

1126.12
「残留応力」
りった

1126.13
「かたすみ」
三嶋 裕子

1126.14
「うつろい」
saorin

公募展ということもあり、前日までばたばたで自分の作品の準備を全くしていなかった私。
展示初日当日、昔の著書『写真と古道具のくらし』で紹介した古い錆ワイヤーに写真を飾った作品を
思い出し、ホトリ倉庫(2階の押し入れ)から引っ張り出して発見!あわててプリント(笑)。
らしい展示になってよかったです。

今回のDMに使った錆写真も、隣の廃墟団地をバックにしたシュロの木の写真も、どちらも長崎の
廃墟の島、池島で撮ったもの。
今度余裕ができたら、個展バージョン錆と廃墟展をやろうかなーとも思いました。

1126.15

そして、ゲスト作家のサビザマさんによる1階の作品。
何度か聞かれましたが、「サビザマ」は錆をテーマにした展示、イベントを企画するプロジェクト名です。

1126.16

中2階のインスタレーション作品が好評でした!
2台のプロジェクターを駆使した映像作品は、ホトリの黒い壁に直接投影されて、ちょっとプロジェクションマッピングのようでした。

1126.17

ダイレクトに黒い壁に投影しても割ときれいに映るという、新たな発見。
ダムエーター(荷物用エレベーター)の網トビラに当たって、影も映ってかっこよかったです。

1126.19

来場者の皆さんは見れませんでしたが、2階のダムエーター空洞の壁に映った影を上から見られるというおもしろスポット。

1126.20

1階では、物販も行いました。

1126.21

まず今回初登場の、ホトリトートバッグ。とホトリTシャツ。

1126.22

ホトリトートバッグ、好評です!早くもネイビーが売り切れ、生成りも残り1枚となったため、ただいま
追加注文をかけています。
さぼりすぎていたホトリ通販部(ネットショップ)でも、入荷次第販売しますのでお待ちくださいませ。

1126.23color

写真企画室ホトリのロゴと並べてみました~
もともとこのデザインは、ホトリTシャツが生まれる際にイラストレーターのヤマキさんが描いてくれた
案だったのですが、現在のホトリバスデザインが採用されたため、ボツになったもの。
それが、先日のヤマキさんのTシャツイベントで復活!トートバッグになりました~。やんややんや。

1126.24

来年、2016年の活版卓上カレンダーも販売しました。
少部数ですがまだ在庫有りますので、近日中にホトリ通販部にて販売スタートします。しばしお待ちください。

1126.25

こちらは、ポストカード12枚を収納できるシンプルアコーディオンアルバム。
ワークショップで作っていますが、販売用もあります。こちらも通販予定です。

1126.26

中2階のサビザマさんによる空間で流れていた錆をテーマにした音楽CD。

1126.27

さて!会期の終盤、3連休の初日21日(土)は、今年2月に開催されたさびびとツアーの第2弾です!
ここのところお天気に恵まれなかった週末でしたが、この日は見事にいいお天気。
寒くもなく暑くもなく、ツアー日和でした。

1126.29

トタンの壁に青空が映えます。

1126.28

錆に関係ないけど、ホトリの近くにあるちょっとおもしろい建物。
外に見えているのは、室外機用の格子でしょうか。ちょっと外国っぽくてかっこいいです。

1126.30

ここは、サビザマさんおすすめのさびスポット。長く続く黒いトタン壁がかっこいいです!

1126.31

参加者の皆さま、置かれていた自転車の錆に注目。

1126.32

よい錆!と、段々錆レーダーが働いてくるのがさびびとツアーのおもしろいところ。

1126.33
1126.34

近づいて撮っていると、錆がだんだん宇宙の生き物のように見えてきます。

1126.35

そうそう、さびびとツアー中は猫にも多数遭遇。
お昼寝中の子をゲキシャ。

1126.36

おっと、扉の隙間から失礼。「なんか用?」

1126.37

お邪魔しちゃったね、ごめんね~

1126.38

クロネコヤマト発見!!

1126.39

と、楽しくツアーを終えました!
また新たなスポットを発見したらツアーやりたいですね。

1126.40

そして、ツアー終了後はこの日に撮影した錆写真を使って、フォトバッグの灯ろうを作りました。

1126.41

明るいところではこんな感じで、雑貨っぽくてかわいいですが、

1126.42

LEDライトを入れれば暗い場所ではこんな感じになります。

1126.43

そして、翌日22日(日)は、活版カレンダーのアコーディオンアルバム作りでした。

1126.44

蛇腹状に折った台紙に、カレンダーをフォトコーナーで貼りつけていきます。

1126.45

できあがり!
皆さん、選んだラベルがかなり個性的。

1126.46

中はこんな感じでした。

1126.47

できあがってから、広げた中身の写真を参加者の皆さんで見せ合いっこ。
どこで撮ったの?なーんて話も、写真好きならではですよね。

1126.48

そして最終日の23日(月・祝)は、透明アクリルパネルのスクエアバージョンWSでした。

1126.49

今回、なぜか全体的にブルー系統の写真が多かったですね。
すてきに仕上がりました!

1126.50 1126.51 1126.52

最後は、出展者の皆さまでシークレットパーティーを。
錆や廃墟に関する(いや、全然関係ない痛風の話もあったか・・・)色んなマニアックトークが飛び出し、
楽しいひとときでした。

1126.53

こちらは、今回公募展出展者の皆さまにお配りした、皆さんの写真を使って作った活版カレンダー。
初回を記念しての、今回だけの特典です!

1126.54

と、こんな感じであっという間の7日間でした。
出展者の皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!
また、来年秋が深まった頃に第2回目ができたらいいなと思っております。

さて、次回のホトリ公募展は、少し間が空きますが来年6月の第二回アワガミ公募展です。
テーマは「百花繚乱」。
華やかで力強い花、つつましやかに咲く野の花など、お花なら何でもOKです!
3月頃に募集を開始しますので、よろしくお願いします。

 


コメントは受け付けていません。