01:写真企画室ホトリ

豆本計画カタログ1発目は、写真企画室ホトリです。
写真雑貨作家・フォトグラファー・ライターのわたくしsaorinが、2012年7月にオープンしたアトリエギャラリーショップです。
ここで突然ですが、写真企画室ホトリ・よくある質問インタビューいきます。

 

写真企画室ホトリ・よくある質問インタビュー

 

Q1:写真企画室ホトリって何してるところ? 

貸しギャラリー&イベントスペースと、saorin制作アトリエ、そして、saorinオリジナルの販売作品や写真・雑貨などにまつわる
商品が並ぶセレクトショップです。
店頭の販売コーナーは今、取扱商品を徐々に強化中。ネットショップも近々オープン予定です。
またsaorinの写真の残しかたワークショップや、その他写真にまつわる色んなイベント・教室も予定しています。
家族写真記念館みたいなのも月1ペースでできたらなあと思ってます。あと、外国人向けの東京写真散歩ツアーとか。

全然追い付いていないので、実現できているのはまだ20%くらいですが。

 

Q2:ホトリの名前の由来は?

FOTO(写真のPHOTO)+TORI(鳥)=FOTORI(ホトリ)
なぜ鳥なのかというと、友人と一緒にやっているグループ名が、dezowazo(デゾワゾ)と言いましてこれがフランス語で鳥たちという意味。
(ちなみに、dezowazoはもともと焼き鳥を楽しく食す会、とり部から名が付いています)
最初、dezowazoの名前をみんなで考えた時、ホトリが思い浮かんだため提案しましたが、ボツになりました。
じゃあ自分のアトリエにつけちゃおうというわけで、安易にホトリという名になりました。
また、生き物が集まってくる水の畔(ホトリ)のように、色んな人たちが集まるとよいなという意味も込めています。

 

Q3:いつもシャッター閉まってるけど、いつやってるんですか?

よく聞かれますが、一応、毎月第1・第2・第3週目の金・土は確実に空いている、はず。(予定が変更になることもあります)
その他、展示イベントが入っている期間に空いています。
空いている日数が少なすぎるのではとか色々意見を頂戴しておりますが、毎週水・木に別の仕事でホトリに来られないのと、
自身の制作の時間も必要なため、現時点では今のようなスタイルを取っています。

1人で運営しているため、ご不便をおかけします。
詳細は写真企画室ホトリサイト内のスケジュールと、Twitter(@saorin_fotori)などをご確認ください。

 

Q4:どうして浅草橋なんですか?

これまた毎回のように聞かれる質問です。
もともと、自宅最寄駅が都営新宿線のため、馬喰町界隈の物件を探していました。
イーストエリアのさきがけとして最近特にメディアに取り上げられることも多く、アガタ竹澤ビルさんやstarnetさんなど、
素敵なお店やギャラリーが徐々に増え始めたスポットだったからです。もちろん、家からもアクセスがよいのもポイント。
1軒、とてもいい感じのビル2階に決まりかけていました。が、色々な事情でキャンセルとなり、物件探しは一から振り出しに。
その時、馬喰町・東日本橋エリアだけでなく、もう少し範囲を広げてみようと思い、1つ隣の駅の浅草橋や蔵前などの
物件も真剣に見るようになりました。

R不動産さんのオフィス版、東京オフィス事情のサイトでこの物件を見つけましたが、浅草橋や蔵前エリアは、木造の古い建物が
そのまま残っていて倉庫として無造作に使われている物件も多く、鉄筋ビルばかりの馬喰町よりはよかったのかなと思っています。
展示スペースとして、釘打ちができるのは有利なので。

 

 

Q5:この建物はもともと何だったんですか?

20年放置される前は、プラスチック関連の会社事務所だったそうです。
1階は駐車場として、2階を事務所として使っていたようで、仕事の関係でダムエータ―(荷物用エレベーター)を
設置しているので、
中2階は資材置き場として利用していたのでしょうか。
ちなみに、最初は普通に住居として使われていたとのこと。最近判明した驚愕の事実!
一番奥の、私がいつも座っているPCコーナーは、お風呂場だったそうです。へえー!

 

Q6:展覧会がない時に遊びに行っていいのですか? もし、そういう時、何してればいいですか?

もちろん、ホトリの通常オープン日であれば、営業時間内はいつでも見学自由です。
ホトリの図書コーナーに置いてある本や雑誌をむさぼり読んでもOKです。

たまに、多忙な時は放置してしまうこともあるかもしれませんが、ご容赦ください。

お仕事の打ち合わせであれば、ホトリのオープン日でない日でも予約可能です。
お問い合わせください。info@fotori.net
展示スペースの見学は、ホトリのオープン日にお願いいたします。

 

Q7:周りに駐車場はありますか?

ホトリの裏に1軒、清洲橋通り方面に20メートルほどいって左に曲がったところに1軒あります。
ホトリ専用の駐車場はありませんのでご了承ください。

 

Q8:DMやフライヤーを設置してもらうことはできますか?

もちろん可能です。ホトリでの展示イベントでなくても、ぜひお送りください。(できれば、写真関連歓迎です)
期間が過ぎましたら廃棄します。ご了承ください。

 

Q9:ホトリを展示イベントスペースとして借りたいのですが、条件等を教えてください。

写真企画室ホトリサイト内のrentページで詳細をご確認ください。
不明な点はお問い合わせください。info@fotori.net

 


Q10:豆本計画ってなんですか?

ホトリ室長・saorinの代表作に、豆本があります。
この豆本を、自分の作品として販売するだけでなく、何か楽しいことに使えないかとずっと考えていました。
それで思いついたのが、ご縁があってつながったすてきなお店や作家さんの豆本を作ること。
そして、サイト上でその人たちのことを紹介できたら、もっと楽しいことになるかもしれない。
一つつながりが増えるたびに、新しい豆本が増えていき、ホトリと、たくさんのつながりの橋渡しとして、
豆本が広まればいいなと思っています。

とりあえずよくある質問インタビューはここまで。
また何か質問されたら、追記していきます。


写真企画室ホトリの豆本について

カバーはシンプルに白の紙をチョイス。ホトリのロゴをあしらい、黄色いトレペの帯をぐるりと巻いています。

 

中には、ホトリの中の様子と、

 

改装時の苦労写真を載せました(笑)

 

カバーを取ると、ホトリをオープンしたお知らせDMが表紙で登場。
「写真企画室ホトリ、始めました」という文句は、夏によく耳にする「冷やし中華始めました」の響きから何となく。

 

と、こんな感じで豆本カタログ1発目を終わります。

 



コメントを残す