1月のイベント予定・営業カレンダー

posted in: 営業日のお知らせ | 0

01desk

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2020年もあと数時間となりました。
今年は(特に前半は)新型コロナの影響で公募展やワークショップを延期・中止せざるを得ない日々が続き、ギャラリーとしての在り方を改めて考えた年でもありました。
東京はまた感染者が増えてきて心配ですが、ホトリとしてできることは今までも、これからも同じ。
感染症対策をしっかりと行い、写真をより楽しめるギャラリーとして展示イベントやレッスン、ワークショップを開催していきます。

さて、2021年1月に開催予定のイベントスケジュールをお知らせいたします。
1月は、ホトリ 冬の本場週間を開催いたします。
「本場」は、zine(リトルプレス・小冊子)や写真集、イラストブック、アートブックなどを公開・発表・展示・販売できる、写真企画室ホトリ主催のプロジェクトです。(本場会員、随時募集中!詳細は本場の公式サイトをご確認ください>>>
「ホトリ 冬の本場週間」は、本場プロジェクトに参加している会員の壁面作品展示とzine・写真集の展示即売会です!

また、本日より2021年3月開催の新公募展「オールドレンズ・オーケストラ」の募集をスタートしています。

<2021年1月のホトリオープン日&ワークショップ>

1月のホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップ詳細&スケジュールはこちらをご覧ください>>>

1月16日(土)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜19:00
1月17日(日)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜19:00
1月18日(月)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜19:00
1月19日(火)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜19:00
1月20日(水)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜19:00
1月21日(木)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜19:00
1月22日(金)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜19:00
1月23日(土)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜19:00
1月24日(日)「ホトリ 冬の本場週間」 13:00〜18:00

<1月のホトリ写真塾レッスン&公募展イベント>

◆1/16(土)~1/24(日)
「ホトリ 冬の本場週間」
アワガミ公募展4C_original

◆写真の残し方ワークショップ(1月自由開催)→後日詳細UP
9-10wsallmini

ホトリ公募展「オールドレンズ・オーケストラ」 3/6(土)~14(日)開催のお知らせ ※出展者募集中!

2/5追記:Aコース〆切りました。また、本日以降の申し込みは中2階での展示となる可能性があります。

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
ホトリ新企画の公募展!「オールドレンズ・オーケストラ」出展者募集のお知らせです。

オールドレンズで撮った写真って、味があってなんかいいですよね。
わたくしホトリ室長saorinも、2~3年前からオールドレンズをミラーレスカメラに付けて撮影を楽しんでいます^^
古い時代に生まれた故の、独特の柔らかな雰囲気が魅力のオールドレンズ。
ホトリ初・オールドレンズ好きの人たちによる、オールドレンズの公募写真展を開催します!

オールドレンズで撮影された写真であることが参加の条件です。デジタル推奨ですが、フィルム写真でも参加可能。
また、基本オールドレンズはフィルムカメラ時代に作られたマニュアルレンズを指しますが、オールドレンズ的な扱いとされている現行レンズでも可とします。

今回ご用意するのは5つのコース。

Aコース・・・出展者制作・自由設営/5,000円 〆切
Bコース・・・出展者制作・委託設営/5,000円
Cコース・・・出展者制作・額レンタルコース/7,000円
Dコース・・・ホトリ制作作品:A4サイズの木製パネル/8,000円
Eコース・・・ホトリ制作作品:200mm×200mmサイズのアクリルパネル/10,000円

詳細は以下の通りです。
皆さまのご応募、お待ちしています!

古い時代に生まれた故の、独特の柔らかな雰囲気が魅力のオールドレンズ。
ホトリ初・オールドレンズ好きの人たちによる、オールドレンズの公募写真展。
個性豊かなレンズたちが奏でる写真の交響曲(オーケストラ)をぜひ!

ホトリ公募展「オールドレンズ・オーケストラ」

◆会期:2021年3月6日(土)~14日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)※昨今の事情により、会期が延期となる可能性がございます
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<参加要件>

・オールドレンズで撮影された写真であること。デジタル推奨ですが、フィルム写真も可。(※また、基本オールドレンズはフィルムカメラ時代に作られたマニュアルレンズを指しますが、オールドレンズ的な扱いとされている現行レンズでも可)
・カラー、モノクロ、フィルム、デジタルは問いません。
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。
・作品下にはタイトルと作家名、使用オールドレンズ名を記載したプレートも合わせて展示いたします。

<展示作品>
(A)(B)(C)(D)(E)のいずれかでお申し込みください。複数口の参加も可能です。
設営はAコース以外ホトリが行います。

(A)出展者制作コース 2/5追記:Aコース〆切
・・・幅90cm以内で自由設営 ※ただし初日2021年3月6日(土)10時からスタートの搬入で直接設営することが条件です

(B)出展者制作コース

・・・長辺60cm以内(額含む)のサイズで釘打ちでの設営が可能な作品(裏側に紐やフックなど釘をひっかけられる状態になっていればOK)

(C)額レンタルコース(10枠先着順、写真はA4サイズのみ)
・・・ホトリ所有の額(すべてIKEA製・LOMVIKENを黒くペイント済)を貸出ししてこちらで額装します。写真のプリントだけ郵送していただき、額装はホトリで行います。
マットの裏側からマスキングテープでマットに固定しますのでご了承願います。

LOMVIKEN1

LOMVIKENは細め金属フレームのシリーズです。フレーム幅1cm。
もともとシルバーだった色をつや消しブラックにペイント済。

C-lomviken-02

(D)ホトリ制作コース
・・・A4サイズの木製パネル(データをお送りいただきます)
tenji_panel_process4
プリント、パネル制作作業は全てホトリで行います。プリント用紙は半光沢の用紙を予定しています。

(E)ホトリ制作コース
・・・200mm×200mmサイズのアクリルパネル(データをお送りいただきます)
203acryl03 203acryl02 203acryl05

※展示作品(A)(B)(C)(D)(E)共に合わせて30枠程度の先着順で募集受付いたします。
また作品サイズを考慮し、2段組みでの展示となる場合、また一定数の応募があった場合は中2階での展示となる可能性もあります。ご了承ください。

<参加費>
(A)5,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(B)5,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(C)7,000円(税込、ギャラリー使用料、額レンタル・額装費、DM1人あたり20枚含む)
(D)8,000円(税込、ギャラリー使用料、パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)
(E)10,000円(税込、ギャラリー使用料、パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)

※参加費はホトリ店頭でのお支払か、お振込みいただきます。お申し込み後お知らせいたします。

<応募〆切>
2021年2月7日(日)・・・DMに作家名が載る〆切です
2021年2月28日(日)・・・出展最終〆切です(※B・Cコースのみ。D・Eコースは2月21日(日)まで)

<搬入・搬出について>
(A)は初日3月6日(土)10時からスタートの搬入で直接設営することが条件です。
(B)は2021年3月4日(木)14-16時元払い必着にてお送りいただくか、それまでのホトリのイベント・ワークショップ開催日に持ち込みください。
(C)コースのプリントは2021年3月4日(木)までに間に合うようにお送りください。(こちらの畔印刷所でプリントも承ります>>>
(D)(E)はホトリで制作するためこちらで設営いたします。

搬出・・・3月14日(日)18時~

直接取りに来られる方は、上記の時間内にご来場ください。
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

Cコースのプリントは事前・もしくは会期中に申告いただき、梱包費・送料300円の追加料金お支払でヤマトDM便での発送が可能です。

<お申込み>

2/5追記:Aコース〆切りました。また、本日以降の申し込みは中2階での展示となる可能性があります。

メールかLINE、または予約フォームからお申し込みください。

※携帯メールアドレスでお申し込みの場合、こちらからの受付返信メールが迷惑メールフォルダに振り分けられる場合があります。受付は3日以内には必ずしておりますので、メールが届かない場合はお手数ですがメール(info@fotori.net)またはホトリのLINE(ホトリLINEID  @xvi0027l)までご一報ください。

・予約フォーム:https://forms.gle/uzh1QNvUKPqsQcWs6
・メールアドレス:info@fotori.net

・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

・氏名
・出展者名(任意)
・郵便番号、住所
・電話番号
・メールアドレス
・展示作品(A or B or C or D or E、点数)
・搬出方法(持ち込みor郵送)

ホトリ 冬の本場週間 1/16(土)~24(日)/2月11日(木・祝)~14日(日) 開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらからご覧いただけます>>>

アワガミ公募展4C_original

こんにちは。本場局長のsaorinです。
「ホトリ冬の本場週間」開催のお知らせです。

「本場」は、zine(リトルプレス・小冊子)や写真集、イラストブック、アートブックなどを公開・発表・展示・販売できる、写真企画室ホトリ主催のプロジェクトです。(本場会員、随時募集中!詳細は本場の公式サイトをご確認ください>>>

「ホトリ 冬の本場週間」は、本場プロジェクトに参加している会員の壁面作品展示とzine・写真集の展示即売会です!
zine・写真集、そして壁面展示にご参加いただけるのは本場会員だけですが、来場・鑑賞・作品購入はどなたでもOK!
たくさんの写真の本が集うお祭りです!

テーマは「Memory」

期間中はホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップも開催いたします。
→ 1/11追記 緊急事態宣言発令に伴い、1月会期中のワークショップの新規開催は中止します。2月は開催予定ですので、告知をお待ちください。

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

ホトリ 夏の本場週間 1/16(土)~24(日)/2月11日(木・祝)~14日(日) 

◆会期:2021年1月16日(土)~1月24日(日)/2月11日(木・祝)~14日(日) 13:00~18:00 (会期中無休・1月25日~2月10日は休廊
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

※以下画像は2020年8月に開催した夏の本場週間の様子です。
このようにたくさんのzine・写真集が並び、ホトリがまるで写真の本屋さんのように様変わりします!
壁面と本の両方、写真を楽しめる写真のお祭りです。ぜひ遊びに来て下さいね。

IMG_2083honba2020summer19honba2020summer18

ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5 」レポート

1213.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日12/13をもって、ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」の全会期が終了いたしました。
さっそくレポートいたしますね。

1213.30
1213.2 1213.3 1213.4 1213.5 1213.6 1213.7 1213.8

みゆき

1213.9

「ワタシヲワスレナイデ・・・。」
フルヤ マモル

1213.10

「魔女の忘れもの」
ろびこ

1213.11

「開かずの窓」
saorin

1213.13

「還」
masa*

1213.14

高い窓には東の空が映っていた
tomeco

1213.15

「sunburst」
佐藤大青

1213.16

在る
細田葉子

1213.17

Aerial walk
Terumin

1213.19

「残されしもの」
hiroshi

1213.20 1213.21

Looking for rust and ruins …
moritani kazusuke

1213.22

前回から、ネーム&タイトルプレートはこのような感じで制作しています。
紙に塗ると金属のような質感になるユニークな塗料を使用し、さらにスポンジで茶色のスタンプインクをこすりつけて、錆びた感じになるようにしています^^

気になる方、塗料はこちら>>>アイアンペイント

1213.23

ブックも見ごたえがありました!

1213.24

ひそかに、来年のカレンダーも販売しておりました^^
お買い上げくださった皆さまありがとうございます!

1213.25

タイベックバッグなども販売。
新色発売になりました!>>>

1213.26 1213.27

初日、設営で出展者の皆さんが割とそろっていたので、急きょプチギャラリートークを開催。
展示している本人に話を聞けるのは貴重な機会ですよね!

そしてわたくしsaorinも、自身の作品を解説したのですが、その様子を出展者の方が動画で撮ってくれました!せっかくなので、You TubeにUPしました^^

一応、ホトリのチャンネル「ホトリ放送室」ありますのでよろしくお願いします!(笑)

ホトリ放送室はこちら>>>

1213.29 1213.28

1213.32

最終日はかなりにぎわい、出展者が外に出ないといけないほどでした!

1213.31

こちらは初日の集合写真。
出展者のhiroshiさんの息子さん(小学生)が撮った写真なので、若干目線が低いんですよね。かわいいので、あえてトリミングしないでUPしました^^

1213.33

そしてこちらは最終日、階段の上から撮った集合写真。
皆さまお疲れさまでした!

1213.34

私saorinも加わって謎のすしざんまいポーズ(笑)

というわけで、全8日間の会期が無事終了いたしました。

今回5回目となる錆と廃墟展。今年もタイトルやテーマにとらわれすぎず、解釈の幅が自由に広がる作品が並びました。
募集がスタートすると、毎回「完全廃墟じゃないといけないのではないか」や「錆が入ってないといけないの?」などという声をいただくのですが、ホトリの錆と廃墟展に限っては、答えは「NO」です。それが朽ちてゆく儚さ、それに伴う美しさが感じられる作品であれば、厳密に廃墟(廃屋、廃線など)でなくてもOKです。
今回は、朽ちてゆく儚さに加えて、過去の記憶の重なり、紅葉や自然の美しさ、再生してゆく希望など、さらにストーリーを感じる作品が多かったなと感じました。また、全体的に撮影の機会やタイミングなど、やはりコロナの影響も少なからずあったようです。

「廃墟」と聞くと、ちょっと怖い、、、そんなイメージがありますが、そこに何とも言えない美しさもあるんですよ、と伝えたい公募展です。
今回で5回目で、毎回出展してくださる皆さまからちょっとネタ切れ気味な声もあり(笑)、次回は少し間を空けようかなと思ったのですが、やはり来年も同時期に開催することにしました!(昨日、最終日に何となくそうなりました(笑))

今回の展示を見て、来年は出してみようかな、そんな風に思ってくださる方がいたら、ぜひ!お待ちしております。
そして、ご来場くださった皆さま、出展者の皆さま、気にかけてくださった方々、ありがとうございました!

 

 

【gifoto】自分のお気に入り写真で作る2021カレンダー、予約受付スタート!

posted in: gifoto | 0

deskwallmain

2021年のオリジナルカレンダーを作りませんか?

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
来年2021年のカレンダーをあなたの写真で制作いたします。
お気に入りの12枚を、卓上 or 壁掛けカレンダーにしてみませんか?
(※卓上は従来の月日が活版印刷のタイプではありません。写真・月日共にプリントです)

カレンダー詳細・注文はこちらから
https://gifoto.theshop.jp/items/3985525

desk01
desk02

【卓上タイプ】染料インクジェットプリント
ポストカードサイズ。写真は正方形がおすすめです。
ざらっとした味わいのある紙にプリントします。
自立するスタンドと木製ピンチをお付けします。

wall01
wall03

【壁掛けタイプ】レーザープリント
B5サイズ。写真は横位置です。
1枚1枚白クラフト用紙にプリントした、味わいのある仕上がりです。
壁にシンプルに画鋲などでかけて飾ってくださいね。

※納期は写真送付後1週間程度となります。
※月日部分の書体を2種類ご用意しています。文字タイプA or B、お好きな方をお選び下さい。

trixiefont adobehebrewfont

<送付いただく写真について>
1月、2月・・・の指定がある場合は、ファイル名をわかりやすいように変更してください。
長方形の写真は、正方形にトリミングいたします。(可能な方は、あらかじめ正方形の写真をお送りください)
写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、圧縮ファイル一つにまとめて以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。
データ送付先アドレス・・・info@fotori.net

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

カレンダー詳細・注文はこちらから
https://gifoto.theshop.jp/items/3985525

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】MYカレンダーを作るワークショップ 開催のお知らせ

deskwallmain

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2020年12月「錆と廃墟展 vol.5」開催期間中、ホトリ初登場となる「MYカレンダーを作るワークショップ」開講いたします!

lessongimp

自身のノートPCで無料のレイアウトソフト・gimp(※Photoshopをお持ちでない方)を使って、自分のお気に入りの写真で来年のカレンダー作りにチャレンジ!
来年以降も、オリジナルカレンダーのデータを自分で作れるようになります。
卓上・壁掛け両方制作可能です。できあがったカレンダーデータもお持ち帰りいただけます。

レッスン内容詳細・注意事項は募集概要・下部をご覧ください。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】MYカレンダーを作るワークショップ

◆日時:
レッスン日を、以下の開講予定日より自由に選べます。
すべて14時~(2時間程度)/以下のいずれか・12/12(土)のみ15時~
12/6(日)、12/7(月)、12/8(火)、12/9(水)、12/10(木)12/11(金)、12/12(土)、12/13(日)、12/14(月)

◆卓上タイプ(ポストカードサイズ)・・・5,000円(レッスン料・材料費込・当日持ち帰り)
desk01

レイアウトソフトを使って、ポストカードサイズのカレンダーに写真を配置していきます。できあがったデータをホトリのプリンターで印刷し、当日持ち帰っていただきます。
紙スタンドと木製ピンチ付。
できあがったカレンダーデータもお持ち帰りいただけます。

desk02
deskstand

◆壁掛けタイプ(B5サイズ)・・・5,000円(レッスン料・材料費・送料込・後日郵送)
wall01
wall03wall04

基本的にレッスン内容は卓上タイプと一緒です。レイアウトソフトを使って、B5サイズのカレンダーに写真を配置していきます。ただし、できあがったデータはお預かりしてホトリのレーザープリンターでプリントし、後日郵送いたします。
台紙とピンチ付。
できあがったカレンダーデータもお持ち帰りいただけます。

◆参加費:
・卓上タイプ(ポストカードサイズ)・・・5,000円(レッスン料・材料費込・当日持ち帰り)
・壁掛けタイプ(B5サイズ)・・・5,000円(レッスン料・材料費・送料込・後日郵送)
・卓上&壁掛け両方データ制作・・・7,000円(レッスン料・卓上&壁掛け材料費・送料込み)
・2冊目以降のオプション・・・1冊500円(※2冊以上は後日郵送、10冊まで。+送料5冊までクリックポスト便200円/5冊~10冊レターパックライト便370円)

◆定員:各日 4名

◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:筆記用具、ノートPC、カレンダーにしたい横位置の写真データ12枚を入れたSDカードもしくはUSBメモリ(お持ちのPCに差せるメモリ)

【注意事項】
※無料レイアウトソフト gimpのインストールをお願いします。Photoshop(elements可)が既にインストールされている場合は不要です。

※Macでも参加可能ですが、カレンダー月日部分のデータを作る方法はWindows対応のソフトを使用して説明しますのでご了承ください。

※写真データは長辺2500px以上のサイズでお願いします。

※卓上と壁掛けの両方制作希望の場合、別々の写真でも同じ写真でもどちらでもOKです。
卓上カレンダーはスクエア(正方形)のフォーマットがおすすめです。

◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori
「【ホトリ写真塾】MYカレンダーを作るワークショップ」タイトル横の予約ボタンをクリックし、切り替わった画面下部の連絡先入力からお申込みください。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「カレンダーワークショップ申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・希望受講日

※同様の教室の指導をされている方の受講はご遠慮ください。
※自宅のプリンターでカレンダー作るには、ということに焦点を当てているレッスンです。ある程度のパソコンの知識が必要です。

講師はわたくし、写真企画室ホトリ室長・saorinです。

saorin-torico

講師:saorin(写真企画室ホトリ室長)

浅草橋の写真アトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」を主宰。
“写真を形あるものに残そう”をテーマに、写真雑貨制作やワークショップ開催し、また自身のギャラリーでも公募展を企画するなど、様々な写真イベントの企画活動を行っている。
「写真を楽しむ133のネタ帖」「写真でつくる雑貨」「フォトブックレシピ」(雷鳥社)「たいせつなものを撮ろう、残そう」(MdN出版)など5冊の著書がある。
写真家・川野恭子氏との合作「When an apple fell, the God died」がSteidl Book Award Japan 2016 ロングリストノミネート。

皆さまのお申込み、お待ちしています!

12月のイベント予定・営業カレンダー

posted in: 営業日のお知らせ | 0

desk12

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
もう2020年もあと残りわずかですね。今年は(特に前半は)新型コロナの影響で公募展やワークショップを延期・中止せざるを得ない日々が続き、ギャラリーとしての在り方を改めて考えた年でもありました。
東京はまた感染者が増えてきて心配ですが、ホトリとしてできることは今までも、これからも同じ。
感染症対策をしっかりと行い、写真をより楽しめるギャラリーとして展示イベントやレッスン、ワークショップを開催していきます。

さて、12月に開催予定のイベントスケジュールと、ワークショップをお知らせいたします。
今月は、早くも5回目の開催となりました。ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」を予定しています。
また、年末1日だけの写真展・ゆたけも写真展「あいるのあ」も開催予定です。

<2020年12月のホトリオープン日&ワークショップ>

12月のホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップ詳細&スケジュールはこちらをご覧ください>>>

12月6日(日)ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」 13:00〜19:00
12月7日(月)ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」 13:00〜19:00
12月8日(火)ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」 13:00〜19:00
12月9日(水)ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」 13:00〜19:00
12月10日(木)ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」 13:00〜19:00
12月11日(金)ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」 13:00〜19:00
12月12日(土)ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」 13:00〜19:00
12月13日(日)ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」 13:00〜18:00
12月27日(日)ゆたけも写真展「あいるのあ」 10:00〜18:00

<12月のホトリ写真塾レッスン&公募展イベント>

◆12/6(日)~12/13(日)
ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.5」
アワガミ公募展4C_original
早くも5回目の開催となりました。おなじみのホトリ公募展です。
朽ちてゆく美しさをぜひお楽しみください。

◆12/27(日)
ゆたけも写真展「あいるのあ」
takemotomainmini
踊り手「あいる」さんを撮影し始めて4年半。
初めての撮影から今まで、約300枚の写真を展示します。
楽しい写真の数々をぜひお楽しみください!

◆写真の残し方ワークショップ(12月自由開催)→後日詳細UP
9-10wsallmini

ゆたけも写真展「あいるの あ」 12/27(日)開催のお知らせ

takemotomain

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2020年年末に1日だけ開催される写真展のお知らせです。

過去に「踊ってみた」写真展を開催してくれたゆたけもさんが、一人の踊り手・あいるさんを撮り続けた4年半の展示とのこと。
ぜひご来場くださいませ。

———————————————————–

踊り手「あいる」さんを撮影し始めて4年半。
初めての撮影から今まで、約300枚の写真を展示します。
楽しい写真の数々をぜひお楽しみください!

最新の情報はHPをご確認ください。
https://yutakemo.wixsite.com/ytkm/airunoa

———————————————————–

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

ゆたけも写真展「あいるの あ」 12/27(日)

◆会期:2020年12月27日(日)10:00~18:00
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

【ホトリ通販部】ホトリオリジナル・2021山写真卓上カレンダー&壁掛けカレンダー通販開始しました

posted in: ホトリ通販部 | 0

deskwallmain

2021年の山写真カレンダー(卓上・壁掛け)できました!

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
saorinが登った山の写真で、来年2021年のカレンダーができました。
今年はいつもおなじみの卓上活版カレンダー(8冊限定)と、壁掛けカレンダー、そして活版印刷ではない通常バージョンの卓上カレンダー、全部で3種類です。
壁掛け・卓上全て写真は違います。

12月の公募展「錆と廃墟展 vol.5」会期中、会場で先行販売もいたします。
またホトリ通販部(オンラインショップ)でも販売します。ぜひご覧ください!

deskkappan01

◆ホトリオリジナル2021活版卓上カレンダー・・・税込1000円(ホトリ通販部の場合送料+200円)オンラインショップ購入はこちら>>>
※こちらの活版印刷バージョンは8冊限定です!

カレンダーの玉部分が活版印刷のカレンダーです。
ハーフエアというふわっとした厚みとあたたかみのある紙が使われているので、活版印刷ががつんとへこんでいい感じです。
日曜と祝日は、右下の点が目印です。

deskkappan03deskkappan04
2016calendar04

自立するスタンドと木製ピンチをお付けします。

desk01

◆ホトリオリジナル2021卓上カレンダー(通常バージョン)・・・税込800円(ホトリ通販部の場合送料+200円)オンラインショップ購入はこちら>>>

desk02

こちらは月日の部分・写真ともにプリントされた通常バージョンです。

山一覧卓上2021BASE

卓上カレンダーの写真一覧はこちら↑

wall01

◆ホトリオリジナル2021壁掛けカレンダー・・・税込800円(ホトリ通販部の場合送料+200円)オンラインショップ購入はこちら>>>

wall03

ホトリ室長saorinが登った山々の写真を使った、2021年の壁掛けカレンダーです。サイズはB5サイズ。
1枚1枚白クラフト用紙にプリントした、味わいのある仕上がりです。
壁にシンプルに画鋲などでかけて飾ってくださいね。

wall04

クリップをお付けします。(クリップのデザインは変更の可能性があります)

山一覧壁掛け2021BASE

壁掛けカレンダーの写真一覧はこちら↑(※こちらの写真はトリミングされています。実際は横長の長方形写真です)

ホトリ通販部も、ぜひのぞいてみてくださいね。

ホトリ通販部
http://fotori.thebase.in/

【ホトリ写真塾・masa*photo】 フィルムカメラレッスン 11/14(土)レポート

1114.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。

昨日はお久しぶりのホトリ写真塾・masa*photoフィルムカメラレッスンを開催いたしました!
久しぶりの開催でしたので、これまた久しぶりに(笑)レポートいたしますね。

まず午前中は、masa*さんによるフィルムカメラについての座学講義を聞いてから、持参したカメラにフィルムを装填します。

1114.2 1114.3

おっかなびっくり、なんとか皆さんフィルム装填ができました!
バーに先端を差し込むタイプや爪に巻き取らせるだけのタイプなど、カメラによって少しずつ作法が違います(笑)

1114.4

巻き取り成功!
裏蓋を閉じて、いざ、撮りましょう!

1114.5

まずはピント合わせから。
これも、重なり合った像だったり、ファインダー内の円の線だったり。
カメラによってピントの確認の仕方が色々なのです。

1114.6

さて、いよいよ準備完了!
今、ホトリは物販メインのイベント「旅と山モチーフの店 畔商店&ホトリ 秋の本場週間」開催中なので、masa*さんが用意してくれた小物以外にも、被写体が多くてよかったです(笑)

1114.7

スマホで確認できる露出計アプリで、露出をはかります。

1114.8

フィルムカメラによっては、カメラに露出計が内蔵されているタイプもありますが、電池がないと動かないこともあるので、スマホで測れると安心ですね。

1114.9 1114.10 1114.11 1114.12 1114.13

手持ちの露出計を使ってみる人も。

1114.14

使い方が判明!
被写体はホトリのポストでした(笑)

1114.15

レッスン当日はお天気がとてもよかったので、皆さん外に出て撮影も。

1114.16

ホトリ近くの公園でわんこと戯れている人もいました(笑)

1114.17

フィルム1本撮り終わりました!
では、フィルムを巻き上げて中から取り出します。
取り出し方も、これまたカメラそれぞれで違うんですよね。

1114.18

撮影が終わった方は、masa*さん私物の二眼レフカメラをのぞかせてもらっていました。
アイレベル(カメラを顔の前に備えてファインダーを目でのぞいて撮る)ではなく、ウエストレベル(顔を下に向けてファインダーをのぞいて撮る)なので、一般的なカメラに比べて目線も変わってくるのがポイント。

1114.19

お昼休憩を挟みまして、午後はわたくしsaorinによる「写真のなりたち物語」のお話を。
フィルムの種類の話で、ポジフィルムをマウントしてもらったものを、masa*さん私物の素敵なアンティークルーペでのぞきました。

1114.20

ガラス板に焼き付けられた写真たち。
おそらく、ネガとして使われていたようです。

それをmasa*さんが手焼きプリントしたものも見せてもらいました!
モノクロ、かっこいいですねえ。うっとり。

1114.21

1114.22

さて、そうこうしているうちに、午前中に撮影した写真現像ができあがりました!
写真屋さんに取りに行き、プリントした写真を見せ合いタイムです。

1114.23

フィルムを見るのが好きなんです!という方。
この一つ一つ小さなコマに、たくさんの画像情報が詰まっていますね。

1114.24

最後は、masa*さんのプリント作品を見ながら終了となりました。

お友だちやご家族から譲り受けたカメラを持参した方、これからフィルムカメラで撮ってみたいので、レッスンでカメラをレンタルしてご参加くださった方。
フィルムカメラを扱う上での素朴な疑問や、ちょっとわからなかったことなど、たくさん質問をいただき、大変盛り上がりました。
皆さんとても楽しんでいただけたようで何よりです!

また折を見て開催いたしますので、フィルムカメラに興味のある方はぜひご参加くださいね!