大垣善昭写真展 「大きな樹の下でII」 レポート

0923.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
大垣善昭氏による写真展「大きな樹の下でII」
が、昨日無事終了いたしました。

墨田区は、ホトリがある台東区のお隣ですが、わたくし全然詳しくなくて、来場くださった方が「うわー懐かしい」
「ああ、ここはあそこか」などとお話しされているのを、ほうーと感心しながら見ておりました(笑)
さっそくレポートいたします。

0923.2

ここは挨拶パネルと、芳名帳の台が置かれていました。
ブースカ(だっけ?)がお出迎えしてくれます。
ていうか何でブースカなんでしょうね。

0923.3 0923.4

ホトリのレンタル額を利用していただきました。

0923.5

正面から撮影しているのでちょっとわかりづらいのですが、ハレパネの上に部分部分ハレパネが
さらに重ねて貼られていて、立体的な作りになっています。

0923.6

スカイツリーが着々とできていく様。

0923.7 0923.8

テーブルにも仕掛けがありました!

0923.9

L版プリントを、ランダムにテーブルの上に並べ、上からテーブルとほぼ同じ大きさのアクリルパネルを
重ねています。
このアイディアよいですね!テーブルが展示スペースに早変わり。
ちなみに、アクリルパネルはそのままホトリに提供いただいたのでww この展示はぜひぱくらせていただこうと思います!w

さて、次は中2階の紹介です。

0923.11

こんな感じでした!おおー。
ホトリは1階、中2階ともに同時に同じ料金でレンタル可能なのですが、中2階までなかなか
手が回らないのか、大体1階だけ展示して終わり、ということが多いです。
ですので、1階、中2階ともにホトリを丸ごと使って展示していただいたのは、室長の私にとっても
とてもうれしいことでした!
しかも、1階よりも2階の方が好き!おもしろい!という意見が多かったらしいです(笑)

0923.12

壁の展示は、昨年大垣さんがコニカミノルタプラザギャラリーで展示された作品の再展示だそうです。
1階はカラー、中2階はモノクロと、同じ街でも会場と写真のカラーで雰囲気ががらっと変わりますね。

0923.13

昨年の展示でお蔵入りになった作品。ホトリの中2階で日の目を浴びることに。

0923.15

そうそう、入口にはペーパークラフトアートのスカイツリーライトが!

0923.14

宵湖舎さんのまきまきクラフトアート。
点字用紙の端の部分を利用しています。穴がぽつぽつと開いている、コンピューター用紙の端っこ、ってわかるかな?

 

0923.16

1階にも展示販売されていて、目を留める人も多くいました。

0923.10

初日はパーティーが行われました。
室長のわたくしは最初の方で失礼させていただいたのですが、和やかな雰囲気で盛り上がっておりました。

0923.17

会場に飾られたお花の数々。すごい!

0923.18

とこんな感じで、さわやかな秋晴れの中、和やかに開催された5日間でした。

ホトリがオープンしてから今年の7月で丸2年。
今まで色んな写真展が開催されてきましたが、今回の展示のように、“残す意義がある、残さなければ
いけない記録”の展示というのも、作品として見るべきなんだなと感じました。
写真が写真である意義と、絵ではなく、写真で見るべき展示。
写真の必要性を強く感じた写真展でした。
ご来場くださった皆さま、大垣さん、ありがとうございました!

 


コメントは受け付けていません。