ホトリ写真塾・野澤教室卒展「story」レポート

0630.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
写真企画室ホトリの写真塾・野澤教室の卒展が昨日をもって終了いたしました。
もともとは3月に開催予定だったのですが、コロナの影響で2度も延期となり、ようやく3度目の正直となりました。先日のアワガミ公募展に続き、無事開催ができてほっとしております。
簡単にではありますが、レポートいたします。

0630.2

3回も刷り直したDM。ようやくこの会期通り開催できました^^;

0630.3
0630.4

simarisu
「午後八時の視界」

0630.5

kaz
「    」

0630.6

rieky
「彼女ノ記憶」「旅ノカケラ」

0630.7

野澤 勝(講師)

0630.8

saorin
「Time goes by」

0630.9

2回出された課題「花」と「水」の作品も合わせて展示しました。
解釈は自由とする課題。受講生それぞれのとらえ方での作品となりました。

0630.10
0630.11

こちらは、saorinが講師のphoto zineを作る回の作品です。
写真を一冊の本として組む時のレイアウトや順番、見開きのコツなどをレクチャーし、それを元に1冊のzineを制作してもらいました。

0630.12
0630.13

コロナ禍で開催が延期に次ぐ延期となりましたが、本当によかった。。。(しつこい)

0630.14
0630.15

3日間限定の展示でしたが、無事会期を終了いたしました。
ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

第六回アワガミ公募展「旅の記憶」 レポート

0622.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
緊急事態宣言が解除され、営業再開して初の展示、第六回アワガミ公募展「旅の記憶」が終了いたしました。
私自身の思いは最後に書かせていただくとして、まずは展示のレポートをお届けします。

0622.2
0622.3

ホトリの壁に作品が展示されている状態が本当に久しぶりで、初日はじーんとしてしまいました。

0622.4
0622.5
0622.6

今回、アワガミファクトリーの工藤多美子さんにゲスト出展をお願いしました!

おちいし辺り
工藤 多美子

0622.7

木製パネルの側面に注目!

0622.8

「午後のシェスタ」
saorin

かれこれ10年ほど前に初めて訪れた沖縄。
那覇の街をうろうろしていたら、路地裏にこんな光景が広がっていました。

0622.9

「あの日、あの風」
ZAKI@仙台人

0622.10

「美人のパウダーマジック」
ろびこ

0622.11

菓子 京子

0622.12

「ふりかえれば、はるのうみ」
金子 明美

0622.13

「在る」
近藤 美樹

0622.14

「Ritardo e Salute」
坂本 敦子

0622.15

「KUGENUMA MEMORIES」
金子 美香

0622.16

「静寂の中で」
高橋 みどり

0622.17

「#インド軟禁生活」
hide

0622.18

「ボロブドゥールの夕日」
「ボロブドゥールの朝日」
菊地 達治

0622.19

三嶋 裕子

0622.20

「迷いの先に」
言の葉 (小林真佐子)

0622.21

「赤い実が誘う」
細田 葉子

0622.22

Mayumi Nakamura

こちらのMayumi Nakamuraさんの作品は、今回のアワガミ賞に選ばれました!
Nakamuraさん、おめでとうございます!
以下、アワガミ工藤さんよりメッセージです。

————————————————————

この度のアワガミファクトリー賞はMayumi Nakamuraさんに決定させていただきました。
春先、とても短い期間にあっという間に世界が変わってしまいました。日常も大きく変わり行動制限がされるという、想像もしていなかった事を受け入れざるを得ない中で、テーマの「旅」には様々な想いが感じた方は少なくないと思います。
感傷的でもあり、旅のストーリーを感じさせられる組写真に魅かれて選ばせて頂きました。

————————————————————

そして・・・昨年に続き、ホトリ賞はお二人いらっしゃいます!!

0622.19

お一人目はこちらの三嶋 裕子さんの作品。
三嶋さんのモンゴルの作品は、とても個性的なフレームにドキュメンタリー映像のように作品が組まれていて、全体から旅の空気感と匂いのようなものを感じました。

0622.15

お二人目は、金子 美香さんの作品「KUGENUMA MEMORIES」
太陽が沈みゆくマジックアワーの美しさ、空と波打ち際の色のグラデーション、海の向こうにうっすらたたずむ富士山。
美しく繊細な旅の風景をアワガミで見事に表現されていました!

というわけで、三嶋 裕子さんと金子美香さん、お二人の作品を、今回のホトリ賞に選ばせていただきました!
お二人には後ほどわたくしからご連絡いたしますのでお待ちくださいね^^

0622.23

出展者の皆さまのブックと、

0622.24

アワガミ和紙も販売。
和紙と一言で言っても、竹や楮など原材料が違ったり、厚さや質感が違ったりと、奥が深いです!

0622.25

余談ですがホトリオーダーTシャツも展示(笑)
ご注文くださった皆さまありがとうございます!

0622.26
0622.27

全9日間の会期を無事終了することができました。
以下、今回のアワガミ公募展「旅の記憶」であいさつとして寄せた文章の一部を、御礼と締めくくりの言葉に代えさせていただきます。
少々長いですが、お目通しください。

————————————————————-

「写真展を開催する」
そんな、ギャラリーとして当たり前のことができなくなって早3か月。
季節はいつのまにか巡って、春から夏に移り変わろうとしています。
新型コロナウィルス、このやっかいな存在は、私たちの今までの生活を根本からくつがえしました。東京に緊急事態宣言が発令されてからは、4月・5月に開催を予定していた展示イベントをことごとく延期し、ただひたすら耐え忍ぶしかないという状況で、果たして写真企画室ホトリというこのギャラリーを今後続けていくことができるのだろうか。
ずっとそんなことを考えていました。

そんな中、少しずつ状況がよくなっていき、このアワガミ公募展は最初から決まっていた会期通り、開催を果たすことができました。
足を運んでもらわないと成り立たないギャラリーという仕事。
お客さまに会場で直に展示を見ていただくことが、こんなにも嬉しいとは思いもよりませんでした。

2014年にホトリで初めてアワガミワークショップを開催し、翌年には初となる第一回アワガミ公募展「日本の四季」開催を果たしました。それ以降、毎年6月はアワガミ公募展の時期と思えるほど、写真企画室ホトリにとって一番の老舗公募展に成長しました。本当にたくさんの出展者に参加いただき、そしてたくさんのお客さまに足を運んでいただいています。

ーーー中略ーーー

最後に、今回公募展に出展してくださった皆さま、今回ゲスト作家として出展
してくださったアワガミファクトリーの工藤さん、そして何より、この公募展
に足を運んで見に来てくださった皆さまに、心よりお礼を申しあげます。
ありがとうございました。

写真企画室ホトリ 室長  saorin

第六回アワガミ公募展「旅の記憶」 開催のお知らせ 6/13(土)~21(日)

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらからご覧いただけます>>>

awagami2020DM_4C

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
第六回アワガミ公募展「旅の記憶」開催のお知らせです。

旅をして、また日常に戻り、ふとした瞬間にその旅に思いをはせる時、どんな情景が思い浮かびますか。
まぶしい木漏れ日、ざわつく風、細く長く伸びる影、ぱらぱらと降る雨、まとわりつく湿度・・・
国内・海外問わず、さまざまな旅の記憶をぬくもりのある和紙・アワガミで表現して展示いたします。
期間中はアワガミのイベント・ワークショップや、ホトリオーダーTシャツ受注会も開催いたします。(詳細下記↓)

第六回アワガミ公募展「旅の記憶」

◆会期:2020年6月13日(土)~21日(日) 13:00~19:00 (会期中無休/最終日は18時終了
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<出展者一覧>

菓子 京子 / 金子 明美 / 金子 美香 / 菊地 達治 / 言の葉 (小林真佐子) / 近藤 美樹 / 坂本 敦子 / ZAKI@仙台人 / 高橋 みどり / hide / 細田 葉子 / Mayumi Nakamura / 三嶋 裕子 /ろびこ
工藤多美子 (ゲスト作家・アワガミファクトリー) / saorin

≪アワガミ公募展会期中のイベント・ワークショップ≫

<和紙のワークショップ開催!>

ws_banne2020

アワガミ公募展会期中は“和紙のワークショップ”と称して、和紙の写真を使ったワークショップを行います。
予約は必要ですが、ワークショップの日時は定めません!
 
好きな日時に来ていただき、ご希望の作品を作っていただけますよ~
作ってみたい、参加してみたいワークショップがあっても日程が合わない・・・と思っていた方、ぜひご参加くださいね。
 
 
<ホトリオーダーTシャツ受注会開催!>
cropped-orderfotoriTallbanner.jpg
 
アワガミ公募展会期中、ホトリオーダーTシャツの受注会を行います!
ホトリ店頭で実際にTシャツやインクカラーを見れますのでお気軽にどうぞ^^

第六回アワガミ公募展「旅の記憶」 開催のお知らせ 6/13(土)~21(日)※出展者募集!

awagami2020DM_4C

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
ホトリ公募展としては毎年恒例の、第六回アワガミ公募展「旅の記憶」出展者募集のお知らせです。

今年で六回目となるアワガミ公募展。テーマは「旅」です!
ご自身で制作した作品はもちろん、データをお送りいただき、ホトリで作品制作も請け負いOK。遠方からの参加も可能です!
また、アワガミ賞、ホトリ賞も設定!受賞者には賞品をご用意しています。(ホトリ賞・和綴じ写真集についての詳細はこちら>>>)

旅をして、また日常に戻り、ふとした瞬間にその旅に思いをはせる時、どんな情景が思い浮かびますか。
まぶしい木漏れ日、ざわつく風、細く長く伸びる影、ぱらぱらと降る雨、まとわりつく湿度・・・
国内でも、海外でもOK!
あなたの旅の記憶を、ぬくもりのある和紙・アワガミで表現してください。

今回ご用意するのは4つのコース。

Aコース・・・出展者制作作品・自由設営/5,000円
Bコース・・・出展者制作作品・一点委託設営/5,000円
Cコース・・・ホトリ制作作品:A5サイズの水張りパネル/8,000円
Dコース・・・ホトリ制作作品:A4サイズの木製パネル/8,000円

詳細は以下の通りです。
皆さまのご応募、お待ちしています!

皆さまの積極的なご参加、お待ちしています!参加要件は以下をご確認ください。

awagami logo
「ホトリ アワガミ公募展用」と注文の際に伝えると、出力料で15%引き、紙代で20%サービス!

第六回アワガミ公募展「旅の記憶」

◆会期:2020年6月13日(土)~21日(日) 13:00~19:00 (会期中無休/最終日は18時終了
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<参加要件>
・アワガミファクトリーの和紙を使用し、かつがメイン被写体の写真作品であること。
・旅先の人物がメインOK。ポートレート主体の写真でもよいですが、背後に旅先の情緒が感じられる作品にしてください。
・撮影地は国内、国外問いません。
・カラー、モノクロ、フィルム、デジタルは問いません。
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。
・作品下には作家名、タイトル、使用したアワガミ用紙(任意)のプレートも合わせて展示いたします。感想ノート、ポートフォリオブックの設置可能。

<展示作品>
(A)(B)(C)(D)のいずれかでお申し込みください。
※1(A)のみ出展者が直接設営、(B)~(D)はホトリが設営
※2  複数コース、複数口の参加も可能(※Aコースは複数口申込み不可
※3(C)(D)はホトリ制作請負のため、データをお送りいただきます

11051013.7 tenji_panel_process4
左:(C)の水張りパネル  右:(D)のパネル

(A)出展者制作作品:幅90cm以内で点数・設営方法自由 ※ただし初日6/13(土)10時からスタートの搬入で直接設営することが条件です。前日搬入もできません。※搬入は6/13のみ。7名限定
(B)出展者制作作品:長辺60cm以内(額含む)のサイズで釘打ちでの設営が可能な作品(裏側に紐やフックなど釘をひっかけられる状態になっていればOK)
(C)ホトリ制作作品:A5サイズ(約21×14.8cm)の木製パネルにアワガミ楮 厚口白にプリントした写真を水張りした作品
(D)ホトリ制作作品:A4サイズ(約30×21cm)の木製パネルにアワガミ竹和紙(もしくは楮 厚口白)にプリントした写真を貼り、側面をテープで貼った作品
※(C)の水張り木製パネルにさらに詳細についてはこちらをご参考ください

※展示作品(A)(B)でお申込みの場合、アワガミ出力サービスにてプリント注文される方に朗報!
「ホトリ アワガミ公募展用」と注文の際に伝えると、出力料で15%引き、紙代で20%サービスを提供いただくことになりました!アワガミさん、ありがとうございますー!

<参加費>(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(A)5,000円
(B)5,000円
(C)8,000円
(D)8,000円

<注意事項>
※参加費はホトリ店頭でのお支払か、指定の口座にお振込みいただきます。お申し込み後お知らせいたします。
※展示スペースについては先着順で受付いたします。1階が展示可能作品数に達した場合、それ以降は壁・床・天井ともに黒い中2階での展示となります。
※展示レイアウトが意にそぐわない場合もございます。二段組みの展示になる場合もあります。

<応募〆切>
2020年4月26日(日) ⇒ 5月10日(日)・・・DMに作家名が載る〆切です(※DM発送は5月20日頃となります)
2020年6月7日(日)・・・出展最終〆切です

<搬入・搬出について>
○持ち込み搬入:ホトリのオープン日(ワークショップ日も含む)にお持ちください。(直近の持ち込み可能な日にちは申し込み時にアナウンスします)

○郵送搬入:6月12日(金)14~16時元払い必着にてお送りください。
(B~Dコースの設営はすべてこちらで行います)

○搬出日・・・6月21日(日)18時
来場し搬出される方は、18時までにお越しください。
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

<お申込み>

メールかLINE、または予約フォームからお申し込みください。
※スペースの確定ができないため、どのコースも申込みコース・口数が確定してからお申し込みください。

・予約フォームhttps://forms.gle/eGPQMSzpA6boUqdMA
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l

メールは件名、LINEの場合は1行目を「アワガミ公募展申込み」とした上でお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・展示作家名(任意)
・郵便番号
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・展示作品(B or C or D、点数)
・搬入方法(持ち込みor郵送)
・搬出方法(来場or郵送)

ホトリ写真塾・野澤教室卒展「story」6/27(土)~29(月)開催のお知らせ

この展示は終了いたしました。詳しいレポートはこちらからご覧いただけます>>>

mukougawa_4C_original

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
写真企画室ホトリの写真表現の中級クラス、ホトリ写真塾・野澤教室。昨年2019年開講クラスの卒展が4月に開催されます!
野澤教室の卒展も、今年で6回目となりました。
今年のテーマは「story」。

写真から物語が読み取れるような、写真が何かを語りかけてくるような。
“story”を感じる作品を、ぜひ見にいらしてください。

今年は、わたくしsaorinも作品を展示します。

————————————————————

野澤教室は、写真の撮り方、カメラの使い方を教える、いわゆる普通の写真教室ではありません。
写真表現とは何か。
「作品を創る」とはどういうことか。
そもそも、写真ってなんなのか。

数多くある写真教室とは違った視点で、“写真とは何か”を講師から伝え、さらに皆さんと一緒に考えていく講座です。

卒展参加メンバーそれぞれ“story”を感じることについて表現いたします。
ぜひお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

アワガミ公募展DM_4c

ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「story」

kaz / simarisu / rieky
野澤 勝(講師)/// saorin(写真企画室ホトリ室長)

◆会期:2020年6月27日(土)~29日(月)13時~19時(最終日18時まで
◆会場:写真企画室ホトリ
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813 (営業日以外はつながりません)