【写真の残しかた教室】小さなフォトアートを飾る

2023年12月・2024年1月は、「小さなフォトアートを飾る」をテーマに、写真の残しかた教室を開催します。

透け感がきれいな蝋引きフォトカードや、絵画のようなキャンバスパネル、名刺BOXにしのばせる小さな和綴じブックなど、サイズ感は小さめ、でも自分だけのとってきの秘密の宝物のような作品に仕上げます。

予約は必要ですが、ワークショップの日時は定めません!
Brownies35!とHalf!の会期中、14~17時の間で自由に日程を指定していただけます
ご希望の日にちをお知らせください。

好きな日に来ていただき、全部で5つの作品の中からご希望の作品を作っていただけます。
一度に2つ、3つの作品を作るのもOKです!(※ただし、時間がかかるので早目の時間にご来場ください。)

各作品の詳細は、作品タイトルをご覧ください。

ミニキャンバスパネル new!

写真がまるで絵画のように仕上がる、インテリアにぴったりのパネル
キャンバスパネルは、少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。

水切りパネルミニ new!

水切りと呼ばれる手法で手すき和紙のような風合いに
木製パネルに色和紙を張り込み、水切りで仕上げた手すき和紙のフチ(=耳)ありの写真を貼って小さな和紙のパネルに仕上げます。

蝋引きフォトカード new!

蝋引きをほどこして透け感のあるフォトカードを作りましょう
3枚はハトメ+紐をつけて飾れるカードに、1枚はアイアンガラスフレームに差し込んで立てて飾れるように仕上げます。

名刺BOX和綴じ豆本

小さな名刺サイズの豆本写真集と、名刺入れBOXをセットで作りましょう
名刺を入れられるマッチ箱型のBOXの中には、小さな名刺サイズの和綴じ豆本写真集をしのばせて。
外箱と、中の豆本を自分のお気に入りの写真で作ります。

半透明アクリルパネル

透け感が美しい半透明アクリルパネル
2枚のアクリルパネルの中に、透明ラベルにプリントした写真を挟み込んで仕上げます。
トレーシングペーパーを入れることで、写真の色がくっきり際立つきれいな半透明のパネルに仕上がります。

【旅スル紙展 in TOKYO】和紙のワークショップ/和紙の中綴じzine

6/4開催 レイアウト&デザイン編 レポート>>>

アワガミ和紙で中綴じzineを作ってみませんか

アワガミ竹和紙両面に写真をプリントし、半分に折って中綴じ製本したzine。
実は両面印刷の作品は初!今まで、和紙にプリントして製本したいという声をたくさんいただき、和綴じ写真集や蛇腹写真集を発表してきましたが、中綴じという手法では初めての制作。ホトリでは今までありそうでなかった作品です。
A4サイズのプリント5枚(アワガミ竹和紙110kg)+表紙(アワガミ竹和紙170kg)を半分に折り、三つ目中綴じという糸綴じの製本技法で仕上げています。

今回のワークショップでは、2種類の回をご用意いたしました。
いずれかの参加で自分の中綴じzineができあがります!
どちらかでも、両方の参加でもOKです。
(※両方の参加ではzineは2冊、どちらかは1冊のお渡しです)

レイアウト・デザイン編

事前にzineにしたい候補写真のデータを30~40枚ほどお送りいただき、ホトリでインデックスプリントをご用意いたします。
当日は、プリントを用いて見開きレイアウト、写真の順番を相談しながら決定し、Photoshopを使って実際にデザイン・レイアウトしてデータを制作します。
完成したデータは後日ホトリでプリント・製本し、自宅に郵送いたします。
写真の組み方・レイアウト編集の考え方、データ制作をメインに習得したい方向けの回です。(自身での製本作業はなし)
Photoshopをお持ちの方は自前のPCをお持ちください。(ホトリPCの貸し出しも可能です)

三つ目中綴じ製本編

zineにする候補写真データを最大20枚お送りいただき、WS当日までにホトリの方で本番のアワガミ和紙にプリントします。
当日は三つ目中綴じの製本作業をしていただき、zineを完成させる回です。
あらかじめ写真の並び順や表紙に用いる写真、タイトルなどは受講者指定。データ制作デザイン・プリントはホトリで行い、本に仕立てる製本作業がメインの回となります。

表紙は、横位置の写真をフチなしで配置し、タイトル(希望があれば作家名も)をデザイン。
(※ハーフフィルムカメラで撮影した写真データを使用しているため、粗い仕上がりになっていますが、実際はきれいなプリントです)

三つ目中綴じと呼ばれる製本技法で仕上げます。
和綴じ同様、綴じ糸は好きな色を選べます。

裏表紙には奥付も記載します。

2023年6月~7月開催の「旅スル紙展 in TOKYO」会期中の2日間にわたって開催いたします。
7月1日(土)or 7月2日(日)10時半~にレイアウト・デザイン編、7月8日(土) or 7月9日(日)11時~に三つ目中綴じ製本編を開催いたします。

そのほかの和紙のワークショップは以下をご覧ください↓

和紙のワークショップ2023開催予定内容:まとめページは↓のバナーをクリック

【アワガミ公募展2023・和紙のワークショップ】 和紙の中綴じzine

◆日時:
2023年7月1日(土)or 7月2日(日)10時半~13時 レイアウト・デザイン編
2023年7月8日(土)or 7月9日(日)11時~12時 三つ目中綴じ製本編

※所要時間はレイアウト・デザイン編が約120分~、三つ目中綴じ製本編が60分です。
※Photoshopが入ったノートPCをお持ちの方はご持参ください。ホトリのPC貸出は2台までです。

◆参加費:
レイアウト・デザイン編 5,000円
三つ目中綴じ製本編 5,000円 
両方受講 9,000円
※+1冊追加制作につき+2,500円
◆定員:各4名まで
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。


〆切・・・来場日の5日前まで

各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。

予約フォームのほか、メールかLINEからも直接お申込みいただけます。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「和紙の中綴じzine申し込み」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望の回、日程(レイアウト・デザイン編または三つ目中綴じ製本編、または両方)

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>
写真帳にする写真データを事前に30~40枚(そのうち1枚表紙に指定)をお送りいただきます。
(〆切・・・ワークショップ5日前まで)

製本編受講ご希望の方は、写真の並び順を完全に指定していただきます。

写真は複数まとめてアップロード可能です。ダウンロードキーを設定してください。

ギガファイル便(※受け取り期限を30日に設定してください)
https://gigafile.nu/

三つ目中綴じ製本編のみにご参加いただく方へ:写真のページの並び順、ファイル名は以下を参考にしてください。

1ページ目は片ページとなります。
写真でも、トビラ(タイトルのみレイアウト)でもOKです。

2ページ目以降が2~3、4~5ページと見開きになります。

余白のページを入れたいときは、余白ページ(写真は4ページ)の数字のファイルはなしにして、データ送付の際にその旨ご連絡ください。

10~11ページの見開きのみ、横位置の1枚見開きをレイアウト可能です。
その他は基本左ページと右ページずつの配置となります。

20ページ目がラスト、その横は裏表紙で奥付(タイトルや作家名、発行日などを記載)

【旅スル紙展 in TOKYO】 和紙のワークショップ

アワガミ公募展で好評だった和紙のワークショップ、延長戦!
旅スル紙展 in TOKYOの会期中も和紙の写真を使ったワークショップを行います。

予約は必要ですが、ワークショップの日時は定めません!(ご希望の日にちをお知らせください)
6月28日(水)~7月2日(日)、7月5日(水)~9日(日)の間で自由に日程を指定していただけます。
※スタート時間は13時固定です。
※和紙の中綴じzineは日程が決まっています。

好きな日に来ていただき、全部で5つの作品の中からご希望の作品を作っていただけます。
一度に2つ、3つの作品を作るのもOKです!(※ただし、時間がかかるので早目の時間にご来場ください。)

各作品の詳細は、作品タイトルをご覧ください。

和紙の中綴じzine new!

アワガミ和紙で中綴じzineを作ってみませんか
アワガミ竹和紙両面に写真をプリントし、半分に折って中綴じ製本したzine。
レイアウト・デザイン編と、三つ目中綴じ製本編の2種類の回でご参加いただけます。

蛇腹写真帳

蛇腹写真帳がリニューアル!
あたたかみのある和紙の台紙に、薄く繊細なアワガミ 群雲こうぞをプリントして貼り付けています。
写真は10×7cmとかわいいミニサイズ。
蛇腹写真帳のサイズは12cm×12cm。正方形デザインなので、写真が横位置でも縦位置でもOKです。

和綴じ写真帳A5

人気の和綴じ写真集に手ごろなA5サイズが登場!
ポストカードサイズだとちょっと小さい、けれどもA4サイズだと大きすぎ・・・という方にぴったりのA5サイズ。
表紙と中身は、アワガミの竹和紙を使用します。
和紙ならではのあたたかみのある仕上がりです!

水張り&水切りパネル作り

側面まで巻き込む水張りパネルと、色和紙を水張りし、水切りと呼ばれる縁の毛羽を出すやり方で仕立てる水切りパネル。
和紙のパネルを手軽に制作できます。

御朱印帳

自分のお気に入りの写真で、オリジナルの御朱印帳を作りましょう!
神社サイズ・お寺サイズどちらでもOKです。

和紙の中綴じzineWS レイアウト&デザイン編レポート

先日、初となる和紙の中綴じzineワークショップのレイアウト&デザイン編を開催しました。
初回なので、どんな感じなのかレポートをUPしますね。

まず、事前に送ってもらった写真群のインデックスプリントを使って、どんな並びにするのか決めます。

中綴じは面付がややこしいので、このインデックスプリントを貼った土台ダミーブックがとても重要になってきます。

写真の並び・レイアウトが決まったら、Photoshopを使ってレイアウトしていきます。
よく、皆さんPhotoshopは写真のレタッチしか使わないという方も多いですが、レイアウトソフトとしても使えるんですよ。

そしてデータを完成させ、ホトリでプリント・製本したのがこちら!

開くとこんな感じです。
タイトルをいい感じにレイアウトできましたね!

もうお一方の作品はこちら。
もともとはスクエアの写真なのですが、表紙だけトリミングして全面フチなし印刷にしました。
シンプルなモノクロの表紙がかっこいいです。

表紙の風鈴の色と、綴じ糸の色とがちょうどマッチしていて素敵に仕上がりました。

モノクロの表紙に、深いグリーンの糸がシックです。

この和紙の中綴じzine、またワークショップも開催する予定ですが、それだけでなくgifotoでオーダーできる商品として追加しようと思います!

ご参加くださった皆さまありがとうございました。

【写真の残しかた教室】名刺BOX和綴じ豆本

小さな名刺サイズの豆本写真集と、名刺入れBOXをセットで作りましょう

名刺を入れられるマッチ箱型のBOXの中には、小さな名刺サイズの和綴じ豆本写真集をしのばせて。
外箱と、中の豆本を自分のお気に入りの写真で作ります。
豆本の表紙は、タイトルをあしらったトレーシングペーパーを。
中から写真が透けてとてもかわいいです。
穴開け作業をしてからの和綴じをほどこし、手のひらに乗るほどの小さな和綴じ豆本写真集を作ります。
写真の枚数は12枚です。

サイズ
箱外寸:100×60×15mm 豆本写真集:91×55mm

鳥博WS開催日の中からお好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!
複数内容を連続受講も可能です。

2023年12月・2024年1月ワークショップ開催予定内容:まとめページは↓のバナーをクリック

【写真の残しかた教室】名刺BOX和綴じ豆本

◆日時: 2023年12月・2024年1月の以下WS開催日から、お好きな日時をご指定下さい。

※制作時間は約90分、来場時間自由、各時間ごとに4名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2023年12月 14:00~17:00
12/9(土)・12/10(日)・12/11(月)・12/12(火)・12/13(水)・12/14(木)・12/15(金)・12/16(土)・12/17(日)
2024年1月 14:00~17:00
1/20(土)・1/21(日)・1/22(月)・1/23(火)・1/24(水)・1/25(木)・1/26(金)・1/27(土)・1/28(日)

◆参加費:5,000円(名刺入れBOX・和綴じ豆本込)
◆定員:各時間4名まで(所要時間 約90分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:予約フォームからお申し込みください。


〆切・・・来場日の4日前まで

各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。

予約フォームのほか、メールかLINEからも直接お申込みいただけます。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「名刺BOX和綴じ豆本申込み」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>
ワークショップをスムーズに進行するために、豆本にする写真データを事前に12枚お送りいただきます。
(〆切・・・ワークショップ4日前まで)

縦か横、なるべくそろえてお送りください。

データを送る際、写真集のタイトルと作家名も合わせてお知らせください。
また、表紙の箱にあしらいたい写真を1枚ご指定下さい。

写真は複数まとめてアップロード可能です。ダウンロードキーを設定してください。

ギガファイル便(※受け取り期限を30日に設定してください)
https://gigafile.nu/

【写真の残しかた教室】半透明アクリルパネル

透け感が美しい半透明アクリルパネル

2枚のアクリルパネルの中に、透明ラベルにプリントした写真を挟み込んで仕上げます。
トレーシングペーパーを入れることで、写真の色がくっきり際立つきれいな半透明のパネルに仕上がります。

sizeall_2lnew

鳥博のWS開催日の中からお好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!
複数内容を連続受講も可能です。

2023年12月・2024年1月ワークショップ開催予定内容:まとめページは↓のバナーをクリック

10×14cm、12×12cm、10×7cm、そして2L(17.8×12.8cm)と、4種類のサイズをご用意しました。
最終的な厚みが1.2cmになるので、自立します。

【写真の残しかた教室】半透明アクリルパネル

◆日時: 2023年12月・2024年1月の以下WS開催日から、お好きな日時をご指定下さい。

※制作時間は約90分、来場時間自由、各時間ごとに4名までの制限を設けます
※時間は14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2023年12月 14:00~17:00
12/9(土)・12/10(日)・12/11(月)・12/12(火)・12/13(水)・12/14(木)・12/15(金)・12/16(土)・12/17(日)
2024年1月 14:00~17:00
1/20(土)・1/21(日)・1/22(月)・1/23(火)・1/24(水)・1/25(木)・1/26(金)・1/27(土)・1/28(日)

◆参加費:

2L 17.8×12.8cm10×14cm/12×12cm10×7cm
6,000円5,000円4,000円
※追加制作は1枚につき3,500円(2L 17.8×12.8cm)/(3,000円(10×14cm・12×12cm)/2,000円(10×7cm)


◆定員:各時間4名まで(所要時間 約90分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:予約フォームからお申し込みください。


〆切・・・来場日の3日前まで

各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。

予約フォームのほか、メールかLINEからも直接お申込みいただけます。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「半透明アクリルパネル」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※アクリルパネルの表面に、透明ラベルの写真を貼りつけます。手作業となりますので、若干の気泡が入ることがあります。

※色の濃淡がはっきりしている写真、また↓のように、淡いところと色が濃くてごちゃごちゃしたところがMIXされた写真が向いています。
空などのっぺりした部分は気泡が目立ちやすくなります。
モノクロ写真は不向きです。

※事前に写真データを希望枚数分お送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです。)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺2,000px以上)

ギガファイル便(※受け取り期限を30日に設定してください)
https://gigafile.nu/

【写真の残しかた教室】ミニキャンバスパネル

写真がまるで絵画のように仕上がる、インテリアやギフトにぴったりのパネル

ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をベースパネルに転写させて制作する作品です。
ベースは、手のひらに乗るほどの小さなキャンバスパネル。サイズは10×7cmです。
キャンバスパネルは、少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。
お気に入りの写真がぎゅっと小さな世界に閉じ込められたような、ミニチュアならではのかわいらしさをぜひ。

鳥博のWS開催日の中からお好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!
複数内容を連続受講も可能です。

2023年12月・2024年1月ワークショップ開催予定内容:まとめページは↓のバナーをクリック

【写真の残しかた教室】ミニキャンバスパネル

◆日時: 2023年12月・2024年1月の以下WS開催日から、お好きな日時をご指定下さい。

※制作時間は約90分、来場時間自由、各時間ごとに4名までの制限を設けます
※時間は14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2023年12月 14:00~17:00
12/9(土)・12/10(日)・12/11(月)・12/12(火)・12/13(水)・12/14(木)・12/15(金)・12/16(土)・12/17(日)
2024年1月 14:00~17:00
1/20(土)・1/21(日)・1/22(月)・1/23(火)・1/24(水)・1/25(木)・1/26(金)・1/27(土)・1/28(日)

◆参加費:4,000円
◆定員:各時間4名まで(所要時間 約90分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:予約フォームからお申し込みください。


〆切・・・来場日の3日前まで

各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。

予約フォームのほか、メールかLINEからも直接お申込みいただけます。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「ミニキャンバスパネル」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

ミニキャンバスパネルに仕上げたい写真データを1枚お送りいただきます。(〆切・・・ワークショップ3日前まで)
モノクロ・カラーいずれもOKですが、白っぽい部分が多い明るめの写真の方が簡単に仕上げることができます。
メールに添付して送るか、以下のファイル送信サービスをご利用ください。

ギガファイル便(※受け取り期限を30日に設定してください)
https://gigafile.nu/

【写真の残しかた教室】蝋引きフォトカード

蝋引きをほどこして透け感のあるフォトカードを作りましょう

「蝋引き」という手法をご存じでしょうか。
ロウソクとクッキングペーパー、アイロンなどがあれば家でも簡単にできます。
ポストカードサイズの半分サイズのカードを4枚作ります。そのうち3枚はハトメ+紐をつけて飾れるカードに、1枚はアイアンガラスフレームに差し込んで立てて飾れるように仕上げます。(フレームはお持ち帰りいただけます)

鳥博のWS開催日の中からお好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!
複数内容を連続受講も可能です。

2023年12月・2024年1月ワークショップ開催予定内容:まとめページは↓のバナーをクリック

【写真の残しかた教室】蝋引きフォトカード

◆日時: 2023年12月・2024年1月の以下WS開催日から、お好きな日時をご指定下さい。

※制作時間は約90分、来場時間自由、各時間ごとに4名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2023年12月 14:00~17:00
12/9(土)・12/10(日)・12/11(月)・12/12(火)・12/13(水)・12/14(木)・12/15(金)・12/16(土)・12/17(日)
2024年1月 14:00~17:00
1/20(土)・1/21(日)・1/22(月)・1/23(火)・1/24(水)・1/25(木)・1/26(金)・1/27(土)・1/28(日)

◆参加費:4,000円
◆定員:各時間4名まで(所要時間 約90分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:予約フォームからお申し込みください。


〆切・・・来場日の3日前まで

各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。

予約フォームのほか、メールかLINEからも直接お申込みいただけます。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「蝋引きフォトカード」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

蝋引きフォトカードに仕上げたい写真データを4枚お送りいただきます。(〆切・・・ワークショップ3日前まで)

メールに添付して送るか、以下のファイル送信サービスをご利用ください。

ギガファイル便(※受け取り期限を30日に設定してください)
https://gigafile.nu/

【写真の残しかた教室】水切りパネルミニ

水切りと呼ばれる手法で手すき和紙のような風合いに

アワガミ和紙ワークショップで人気の水切りパネルに、ミニサイズ(F0 180×140mm)が登場しました。
木製パネルに色和紙を張り込み、水切りで仕上げた手すき和紙のフチ(=耳)ありの写真を貼って小さな和紙のパネルに仕上げます。
色和紙は写真に合わせて好きな色を選べます。

サイズ
パネル:F0サイズ 180×140mm

鳥博のWS開催日の中からお好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!
複数内容を連続受講も可能です。

2023年12月・2024年1月ワークショップ開催予定内容:まとめページは↓のバナーをクリック

【写真の残しかた教室】水切りパネルミニ

◆日時:2023年12月・2024年1月の以下WS開催日から、お好きな日時をご指定下さい。

※制作時間は約90分、来場時間自由、各時間ごとに4名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2023年12月 14:00~17:00
12/9(土)・12/10(日)・12/11(月)・12/12(火)・12/13(水)・12/14(木)・12/15(金)・12/16(土)・12/17(日)
2024年1月 14:00~17:00
1/20(土)・1/21(日)・1/22(月)・1/23(火)・1/24(水)・1/25(木)・1/26(金)・1/27(土)・1/28(日)

◆参加費:4,000円
◆定員:各時間4名まで(所要時間 約90分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:予約フォームからお申し込みください。


〆切・・・来場日の3日前まで

各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。

予約フォームのほか、メールかLINEからも直接お申込みいただけます。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「水切りパネルミニ」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

水切りパネルに仕上げたい写真データを1枚お送りいただきます。(〆切・・・ワークショップ3日前まで)

メールに添付して送るか、以下のファイル送信サービスをご利用ください。

ギガファイル便(※受け取り期限を30日に設定してください)
https://gigafile.nu/

【和紙のワークショップ】御朱印帳

和紙に仕立てた自分のお気に入りの写真で、オリジナルの御朱印帳を作りましょう!
神社サイズ・お寺サイズどちらでもOKです。

gosyuin_02

「旅スル紙展 in TOKYO」会期中、お好きな日程で、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。

和紙のワークショップ2023開催予定内容:まとめページは↓のバナーをクリック

【和紙のワークショップ】 写真の御朱印帳

◆日時: 2023年6月~7月の以下WS開催日から、お好きな日程をご指定下さい。

※制作時間は約90分、来場時間自由、各時間ごとに4名までの制限を設けます
※スタート時間は13時固定です。

6月
6/28(水)・6/29(木)・6/7(水)・6/30(金)
7月
7/1(土)・7/2(日)・7/5(水)・7/6(木)・7/7(金)・7/8(土)・7/9(日)


◆参加費:各 5,000円
◆定員:1時間ごと4名まで
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら

◆お申込み方法:予約フォームからお申込みください。


〆切・・・来場日の3日前まで

各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。

予約フォームのほか、メールかLINEからも直接お申込みいただけます。

・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加


メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「御朱印帳作り」とした上で、以下の項目をお知らせください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日
・神社サイズかお寺サイズか  (神社・・・11×16cm)/寺・・・12.4×18cm)
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真をお送りいただきます。(〆切・・・来場日の3日前まで)

横写真の場合は1枚、縦写真の場合は1枚もしくは2枚、メールに添付してお送りください。
※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。
※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

gosyuin_02

表紙には、アワガミの竹和紙110kgを使います。

gosyuin_03

御朱印帳には、神社用とお寺用、2種類のサイズがあります。
左はお寺用で12.4×18cm、右は神社用で11×16cmです。

gosyuin_04

横写真の場合、二つに分割してプリントして仕上げます。こうして後ろから見ると1枚の絵につながっておもしろいですね。
横写真で作りたい方は、被写体が中央に来ている写真は避けてください。

gosyuin_05

縦写真は、2枚異なる写真を裏表それぞれ貼って作ります。
もちろん、同じ写真を両面とも貼ってもOKですよ。

gosyuin_06

奉書紙という蛇腹状の和紙を本文として使います。

gosyuin_07

どなたでもきれいに仕上げることができます。

皆さまのお申込み、お待ちしております。