Dabitz photo exhibition「She is」レポート

0328.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先週、Dabitzさんによるポートレート個展「She is」が5日間の会期を終えました。
さっそくレポートいたします。

0328.2

ホトリ入ってすぐのスペースから、奥の壁までポートレートで埋め尽くされました!
中にはほぼ等身大のパネルもあり、まるでモデルさんがすぐ目の前に立っているかのよう。

0328.3
0328.4
0328.5
0328.6
0328.7
0328.8

ブックも4冊。見ごたえがありました。

0328.9
0328.10
0328.11

ポートレート写真って、モデルさん全体にばっちりピントが合って、目線もばっちり!テクニックも完璧!という写真が多い気がします。それはそれですごいと思うんですが、見ている側としてはそういう写真ばかりだとちょっと疲れてしまう。
けれども今回のDabitzさんの展示作品は、例えば顔ではなくニットの袖の部分にピントが合ったふわっとした雰囲気の、空気感がよい写真も多かったです。

ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

ホトリ写真塾・野澤教室卒展「目に見えるものと見えないものの間」レポート

0313.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日をもちまして、ホトリ写真塾・野澤教室卒展「目に見えるものと見えないもの夫間」が終了いたしました!
野澤教室史上、最も難しいテーマとなった今年の卒展。それでも、やはり「目に見えるものと見えないものの間ってどういうこと・・・?」と気になった方がたくさんいらしてくださいました。
受講生が悩みながら作品として表現した卒展となりました。
さっそくレポートいたします。

0313.2

初日は、オープニングパーティーを兼ねたギャラリートークを行いました。
まずは、みんなでカンパーイ

0313.3

さて、ギャラリートークのスタートです!
ちなみにギャラリートークというのは、自身の作品についての思い入れや意図、関連する色々な事柄をお話しすること。
トップバッターの方は何と原稿を用意していました!えらすぎる。

0313.4

野澤先生もコメントします。

0313.5

石畳の街
オグチトモコ

0313.6

レイアウトの順番に話していきます。

0313.7


八木田 直樹

0313.8
0313.9

光景
rieky

0313.10
0313.11

越える境界
柳沢武志

0313.12

あっちから・こっちから・そっちなら
せきねまいこ(oyanekocamera)

0313.13

今回DMで使用したせきねさんの写真。とても不思議な世界観で、テーマにぴったりです。

0313.14
0313.15
0313.16

吉岡 明紀
#2017

0313.17
0313.18

ナナイロ
河原 英子

0313.19

ギャラリートークは、こういう意図だったのか・・・!とか、出展者に直接質問ができるなど、作品についての理解を深めるとてもよい機会です。

0313.20

そして、ホトリ中2階では卒展と同時開催で、受講生の河原さんによるミニ個展「かぴ」が開催されました!
階段を上がっていくと入口にカピバラののれんが。かわいいですね!

0313.21

中2階の空間をうまく活かして、作品を展示していただきました。

0313.22

動物たちが生き生きとしていて、この空間がまるで秘密の動物園のようでした!

0313.23

ライトを効果的に利用した作品。
中2階はやはりおもしろいです!

0313.24
0313.25

3日間と短い間でしたが、足を運んでくださった皆さま、気にかけてくださった皆さま、ありがとうございました。

野澤教室は今年2018年も開講予定です!
写真表現について深く学びたい方、ぜひお待ちしています。

野澤教室 2018年開講クラス 募集要項ページはこちら>>>

クラフトワークショップ in 写真企画室ホトリ 3/31(土)開催のお知らせ

craftWS-main

陶芸やマスクアート、ラミネートフォトパネルのクラフトワークショップが開催されます!
各講師のミニ作品展もあるそうです。ワークショップに参加されない場合もぜひご覧ください。

ワークショップの詳細はFBのイベントページをご覧ください。>>>

●ワークショップ担当講師
・陶芸制作          大野 哲  Akira Ono  陶芸家
・マスクアート制作      舘 成樹  マスクアーティスト
・ラミネートフォトパネル制作 フジイ テツ 写真展「十人十色」主宰

・講師のプロフィールは、概要下部をご覧ください。

● WS 内容と時間割 各WSの所要は1時間から1時間半
応募定員 各WS 5名

・13:00 WS  A-1 マスクアート制作  A-2 陶芸制作

・15:00 WS  B-1 マスクアート制作  B-2 ラミネートフォトパネル制作

・17:00 WS  C-1 陶芸制作      C-2 ラミネートフォトパネル制作

各時間帯に二つのワークショップを行います。
WS A-1からWS C-2まで6つのワークショップがあります。
A,B,Cの複数のWSへの参加も出来ます。

● ミニ作品展 各講師の作品を展示します。WSに参加されない場合にも作品展をご覧くださいね。

27658133_1549687425113389_8671280223334736976_n 27625470_1547250532023745_9164889052047831160_o 27628631_1547250838690381_5007696498974809096_o 27625281_1548917958523669_3156657254627393652_o 27540937_1548919848523480_6425772477735183990_n

クラフトワークショップ in 写真企画室ホトリ 3/31(土)

◆会期:2018年3月31日(土) 13:00~/15:00~/17:00
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

詳細イベントページ
https://www.facebook.com/events/1969627719721504/

講師プロフィール

■ 舘 成樹 マスクアーティスト 1947年  石川県出身
・東京デザイナー学院・インテリア科舞台美術:非常勤講師    1971年 金沢美術工芸大学彫刻科 卒

・職歴 演劇、コンサート・イベント等:舞台照明オペレーター、ディスプレイ・インテリア・イベントステージ等:企画・デザイン、テーマパーク・文化商業施設・地域開発等:空間演出
MASK ART:総合空間演出

・Mask art:創作仮面 2005年~現代アーチストセンター企画展:東京都立美術館、2006年~個展4回・グループ展:7回
2010年~ライティングオブジェ展参加:東京ビルTOKIA  2016年~桂充舞の会公演 詩舞「さくら」鎮魂広島長崎:仮面制作・照明
・Actor:2001年~劇団東京べれゑ旗揚げ公演~第6回公演:出演・舞台美術 ULPS公演 「エレジー “父の夢は舞う”」、「タンゴ・冬の終わりに」:出演・仮面制作  芸術集団れんこんきすた公演「カメラ・オブスキュラ」:出演   他、映画・ ショートムービー・TVCM :出演

■ 大野 哲 Akira Ono 陶芸家 1975年 東京都出身
・飛騨国際工芸学園、陶芸科2年間、応用科1年間。同校にて工芸専門士の資格を取得 工房(板橋区)にて作陶活動。

・作品コンセプト :日々の生活に必要な灯り
気持ちを落ち着かせたり心を休めたり、日々の生活にゆとりを与えられるような照明を制作しています。

・作品展 :2012年から毎年、定期的に作品展を開催
神保町:三省堂書店本店 奈良県:県庁 御茶ノ水:レモン画翠 広島:福屋百貨店 松戸:伊勢丹百貨店 横須賀:さいか屋百貨店 北九州:井筒屋黒崎店

・百貨店を中心に多方面での展示販売。陶芸教室を開催。

■ フジイ テツ 写真展サークル「十人十色」主宰 1949年 東京都出身
・2009年迄 メーカー勤務のプロダクトデザイナー。
・写真展開催
十人十色展 : 2014年からグループ写真展「十人十色」を毎年開催し、第15回展を開催。
新宿御苑アートギャラリー 2016 「写真企画室ホトリ」2016・2017。 両国「フリースペース緑壱」2018。 横浜「御苗場」2017・2018
個展 : 横浜「御苗場」2015「秋川渓谷の水景色」・2016 「イギリス・コッツウォルズの風景」
瀬音の湯(あきる野市)2017 「波紋」

・作品コンセプト :渓谷水景  渓谷を流れ続ける水の造形と山間から差し込む陽光、川面に映り込む景色が織りなす波紋が写真のテーマ。

Dabitz photo exhibition「She is」3/21(水・祝)~25(日)開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください。>>>

写真を楽しむ133のネタ展_4c

3月に開催されるポートレートの個展のお知らせです。
「She is」何となく意味深なタイトル、気になりますね。
ホトリがポートレート一色になる5日間。ぜひご来場ください。

以下、Dabitzさんの展示についてのコメントです。

これを撮るとき自然と頭の中に「天職」という言葉が思い浮かんだ。
モデルは長く続けられる仕事じゃない。
でもこの瞬間、彼女たちにとって「撮影会モデル」はまさしく天の与えた職業だと思えた。
それほどのパフォーマンスを見せてくれた、彼女たちの生き様をつたない写真だけど見てもらいたい。

Dabitz photo exhibition「She is」3/21(水・祝)~25(日)

◆会期:2018年3月21日(水・祝)~25日(日) 13:00~19:00
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

ホトリ写真塾・野澤教室卒展「目に見えるものと見えないものの間」3/10(土)~12(月)開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください。>>>

nozawa2018_4C

写真企画室ホトリの写真表現の中級クラス、ホトリ写真塾・野澤教室。昨年2017年開講クラスの卒展が3月に開催されます!
毎年3月の卒展、今年で4回目でおなじみの展示となりました。
今回のテーマは野澤教室史上、もっとも難しいかも?!
“目に見えるものと見えないものの間です。

野澤教室は、写真の撮り方、カメラの使い方を教える、いわゆる普通の写真教室ではありません。
写真表現とは何か。
「作品を創る」とはどういうことか。
そもそも、写真ってなんなのか。

数多くある写真教室とは違った視点で、“写真とは何か”を講師から伝え、さらに皆さんと一緒に考えていく講座です。

今回の卒展のテーマは、野澤教室の神髄とも言えるかもしれません。
卒展参加メンバー6名それぞれの目に見えるものと見えないものの間、ぜひお誘い合わせの上ご来場くださいませ。
初日3月10日(土)14時~ギャラリートークイベントも開催いたします。

また、今年もホトリ写真塾・野澤教室2018クラスの開講を予定しています。
追ってお知らせいたしますので、お待ちください!

また、この卒展とほぼ同時期に、中2階で個展も開催されます!
ぜひ合わせてご覧ください。

ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「目に見えるものと見えないものの間」

オグチトモコ / 河原 英子 / せきねまいこ / 八木田 直樹 / 柳沢 武志 / 吉岡 明紀 / rieky

◆会期:2018年3月10日(土)~12日(月)12時~19時(※最終日18時まで)
◆会場:写真企画室ホトリ
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813 (営業日以外はつながりません)

同時開催「かぴ」かわはらひでこのゆるっとミニこてん
DM 告知用

9日(金)14~19時/10日(土)・11日(日)12~19時/12日(月)12~18時
※ホトリ中2階での開催です