企画展 NATURE 5/31(金)~6/2(日)

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
5~6月にまたがる、グループ企画展のお知らせです!

NATURE(=自然)の言葉には、自然の力、人や物の本質、普遍的な人間性なども含まれているそう。
14人の作家+わたくしsaorin、15名の作家による「NATURE」をぜひご覧ください。

企画展 NATURE 5/31(金)~6/2(日)

●PRESENTER
ASUKA / iro_iroiro / 小石真規子 / march / 永山麻理子 / ナカノジュン / 西田彩乃 / Peef / サチ / TigerValley / Tomoyuki Hayashi / wako / 山本明美 / YOUSUKE

●SPECIAL PRESENTER
saorin(写真企画室ホトリ室長)

◆会期:オープン時間が変則的です。ご注意ください。
2024年
5月31日(金)13:00~19:00
6月1日(土)11:00~19:00
6月2日(日)11:00~17:00
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813
https://fotori.net

市川恭平 写真展 山をたずねて レポート

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日会期を終了しました、市川恭平さんの写真展「山をたずねて」のレポートをお届けします。
5日間の会期全て終日在廊された市川さん。平日からスタートしましたが、初日から大盛況でした!

市川さんはYouTubeのチャンネルをお持ちで、何と2日目の展示終了後にホトリから生配信を行いましたので、こちらもご紹介しておきますね!
わたくしホトリ室長saorinも出演させていただいております(笑)

ではいつものように写真で、まずは会場の様子、作品のご紹介から。

入口入ってすぐの長い壁は、市川さんによるA3ノビプリントの額装作品。
市川さんにとって思い入れのある写真たちです。

奥の壁は、これも市川さんが制作された木製パネルがずらり!
あえて撮影地を掲載しなかったこともあり、ここはどこですか?という質問が割とありました。

市川さんがひときわ気に入っている2枚の写真はA3サイズの木製パネルに。
こちらの木製パネルは購入していった方も多かったです。

そして、DMにもなったこちらの写真は、どーんとA0サイズのアクリルパネルに。
北アルプスの白馬岳の写真だそうです。
釘を打って設営してみて、改めて見てみると何かに似ている・・・と考えて、そうだテレビっぽい(笑)という話に。(4K)

入口左手前には、雷鳥の作品と、市川さんが普段登山で使用しているザックやヘルメット、そしてLeofoto様の三脚を展示。
また、大好評だったらいてふ小屋Tシャツも展示販売いたしました!

ちなみに、XSサイズとLサイズのみとなりますが、若干数ホトリのオンラインショップで販売いたします。
↓からどうぞ。

今回写真展に合わせて制作した写真集、「山をたずねて」ですが、若干部数を残してほぼ完売となりました・・・!!!
これはとてもすごいことだと思います。

ですが、せっかく畔印刷所で制作させていただいた写真集ですので、これまた若干部数でありますが、こちらもオンラインショップで販売いたします。
わたくしホトリ室長saorinによるレビューも合わせて載せていますので、お時間ある方はぜひ^^

市川さんのらいてふ小屋のイラストを描いているみぎさんが初日に来場され、何と生の手描きイラストを描いてくださったとのこと!これはレアですね!
また、もふもふ雷鳥君(名前はだいふくん)も差し入れで参戦。写真撮影などに大活躍でした。

市川さんが普段から使用しているKANI filter様からのフィルターの展示や、

土曜日はSIGMAの方が在廊され、1日限定でレンズやカメラの貸出も!
市川さんは今後もSIGMAfpのカメラを山に連れて行く予定だそうで、来場された皆さんも興味津々でした。

そして迎える週末。
覚悟はしていましたが大盛況すぎて記憶が・・・(笑)

皆さん、写真を見ることもさることながら、動画でいつも見ている市川さんに会えた!!と大興奮でした。
そして奥のアクリルパネル作品がフォトスポットに(笑)

すごい人なのでパノラマで撮ってみました。

そしてかわいいお客さまがご来場!

2日連続わんこで癒される(笑)

初日(かな?)に来場され、らいてふ小屋Tシャツを購入してくださった方が、そのTシャツを着て登山、その帰りに立ち寄ってくださいました!

写真集お渡しが賞状授与みたいになっている(市川さんがサインしているところ、写真で撮るの忘れました。。。)

毎日たくさんの方が来場されました!中には広島から来られた方も!!!
許可いただくの忘れちゃったので一応お顔隠してますが、とても人気なYouTuberさんも来場。
私も色々なお話ができて楽しかったです。

そして最終日。月曜なので静かかな?と思いきや、最後までお客さまが途切れず。
市川さんの人気っぷりを改めて感じました。

最終日はご自宅の静岡から車で来られた市川さん。
先日写真集運搬のため私も乗らせていただきましたが、動画通り完全車中泊仕様になっており興味深かったです(笑)

最後に、三脚立ててホトリの前で市川さんと記念撮影!

というわけで、5日間の会期を無事終了いたしました。
昨年7月の鳥博から、ホトリで山の写真展をやりたい、とご相談くださり、そこから展示構成から写真集制作までサポートさせていただきました。
市川さんは今年からスタートした個展応援プランの第1号です!
ホトリとしてもとても充実した準備期間・展示期間でした。

ご来場くださった皆さま、遠くから気にかけてくださった方、そして市川さん、素敵なご縁をありがとうございました!

【山をたずねて】らいてふ小屋×mt.souvenirコラボ山Tシャツについて

2024年4月18日からスタートする市川恭平写真展「山をたずねて」に合わせて、市川さんのらいてふ小屋の山Tシャツを限定販売いたします。
表側はらいてふ小屋ロゴ、背中側は右下に小さくホトリ室長saorinのレーベル・mt.souvenirのロゴもあしらう、記念すべきコラボTシャツです!もちろん山に着て行ける化繊素材ですよー!

・3,500円(税込)
・写真展「山をたずねて」会場である写真企画室ホトリ店頭、写真展会期のみの限定販売
・もし来場時に完売していた場合、ベースのTシャツの在庫があれば、+500円の送料を頂戴すれば後日郵送も可能

また、こちらのTシャツはホトリ室長saorinが1枚ずつシルクスクリーンで手刷りしています。
シルクスクリーンって?という方はこちらの動画をご覧くださいね。

らいてふTシャツの詳細

コットンの持ち味をポリエステルで再現。
「ポリエステルの機能×コットンの肌触り」!

化繊なので、もちろん山に着て行けます^^
ポリエステル100%でありながらコットンのような見た目と肌触りを実現。
一般的なポリエステル生地特有の光沢感をあえて抑え、コットンが持つ毛羽立ち感のある風合いを楽しんでいただけ、さらにポリエステル100%の機能性はそのままといううれしい一枚に。
吸水速乾性に優れたドライ機能+UVカット機能といったポリエステルの機能性とコットンの毛羽立ち感を掛け合わせた理想の生地です。

※1枚1枚、シルクスクリーンでプリントしています。
手刷りのため、若干のにじみ、かすれ、また印刷の位置のずれなどが生じます。シルクスクリーンの特徴としてご理解ください。

【サイズ】
※メンズ・レディース共通のユニセックスサイズです。

XSSMLXL
身丈 62cm身丈 65cm身丈 68cm身丈 71cm身丈 74cm
身幅 45cm身幅 48cm身幅 51cm身幅 54cm身幅 57cm
肩幅 43cm肩幅 45cm肩幅 47cm肩幅 49cm肩幅 51cm
袖丈 18cm袖丈 19cm袖丈 20cm袖丈 21cm袖丈 22cm

らいてふロゴは左胸に。
幅は12~13cmくらいです。
これは通常バージョンですかね?(写真集を制作するときに、雪山バージョンとか縦走バージョンとか色々あるのを知った)

そして背中側の左下には、こちら。

わたくしホトリ室長saorinも、自身のレーベル「mt.souvenir」を作っております。
そのロゴを背中側にあしらわせていただきました!
というわけで、らいてふ小屋×mt.souvenirのコラボ限定Tシャツとなっております。

らいてふ小屋Tシャツ、ぜひ写真展会場で写真作品と写真集と合わせてご覧ください。

https://forms.gle/aHJb2DFFv2ivGHaMA

【山をたずねて】「山をたずねて」写真集について

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
4/18から始まる、市川恭平写真展「山をたずねて」に合わせて制作した、同タイトルの写真集をご紹介します。
ちなみに、既に先行で予約販売が始まっております!
会場での販売は数が限られておりますので、事前の予約購入が確実です。
ぜひこちらのオンラインショップでお求めくださいね。

写真集「山をたずねて」仕様
タイトル:「山をたずねて」
サイズ:縦 175×横 245mm(ほぼB5)
詳細:90頁横開き
   無線綴じ カバー・見返しつき
   フルカラー
2024年4月18日 私家版 限定生産
著者   :市川恭平
装丁   :織田紗織 / 写真企画室ホトリ
発行所  :畔出版/写真企画室ホトリ
印刷・製本:株式会社 加藤文明社
キャラクターデザイン:みぎさん

まずはカバーですが、写真展のDMにも採用された白馬岳の写真をこちらにも。
カバーの裏と袖部分には、らいてふ小屋おなじみのらいてふロゴをあしらってます。
表紙を開いたらくすっと笑ってもらえたら。(ちなみに、カバーを外した表紙にも仕掛けが!ぜひ合わせてご覧くださいね)

判型は横型で、サイズはほぼB5サイズです。

こんな感じで、北アルプスを中心に、市川さんが今まで山で撮影してきたすばらしい写真の数々が収録されています。
最後のページには、どこの山で撮影されたのかわかるインデックスページもありますので、この山に行きたい熱が高まるはず・・・!

というわけで、市川さんの写真集「山をたずねて」のご紹介でした。
写真展「山をたずねて」は2024年4月18日(木)~スタートです!

溝口真一 写真ワークショップ 群馬県草津町 Exhibition 3/9(土)~3/13(水)

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください>>>

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
3月に開催されるグループ展のお知らせです。

2009年から始まった、写真家・溝口真一氏による写真ワークショップ。
今回の撮影の地は草津温泉。年代も職業もさまざまな14人が同じ地に集って泊まり、お互いを作家として迎え、支え、語り合い生まれた写真集と作品の展示です。

皆さまのご来場をお待ちしております。

溝口真一 写真ワークショップ 群馬県草津町 Exhibition 3/9(土)~3/13(水)

講師= 溝口真一 主宰= 谷 さや 表面写真= 出口泰之

青庭 新 / 五十嵐真帆 / 伊藤 茜 / 桐生 渉 / 坂 泰史 / 島内惠子 / 出口泰之 / ナンダイメヨハチ / 広瀬史也 / 三橋雅子 / 宮本江里子 / 吉沢 淳 / 谷 さや / 溝口真一

◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813
https://fotori.net

NSSOL 写真同好会グループ写真展「赤と青」レポート

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日会期を終了しました、NSSOL 写真同好会グループ写真展「赤と青」のレポートをお届けします。
今回2回目のグループ展となったNSSOL 写真同好会の皆さま。前回のテーマは同好会の名前にちなんで「N/S」だったそう。
そして今回の「赤と青」は、ChatGPTにも聞いて決定した(めちゃめちゃ今時ですね)テーマでしたが、メンバーの皆さまかなり苦戦したそうです(笑)

中山 貴尋

後藤 龍伯

高部 篤志

小野寺 大地

白方 宏樹

最近恒例になってきましたが、ホトリで展示してくださった皆さまの記念集合写真を。
次回のテーマは決まったのかな?と室長は気になっております(笑)

NSSOL 写真同好会の皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

NSSOL 写真同好会グループ写真展「赤と青」2/9(金)~2/11(日)

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちら>>>

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2月に開催されるNSSOL 写真同好会の皆さまによるグループ展のお知らせです。
タイトルはその名も「赤と青」。ストレートな色の対比がテーマのグループ展です。
シンプルだからこそどのような展示になるのか、楽しみです。
ぜひご来場ください。

NSSOL 写真同好会 グループ写真展「赤と青」 2/9(金)~2/11(日)

◆会期:オープン時間が変則的です。ご注意ください。
2月9日(金)15:00~19:00
2月10日(土)11:00~19:00
2月11日(日)11:00~17:00

◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
https://fotori.net

second breath レポート

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日終了しましたsecond breathのレポートをお届けします。
前回の1stを上回るパワーと個性にあふれた展示でした。

今回、久々にホトリの中2階にも、breathメンバーのサブテーマ「Vivid」の作品が展示されました。
中2階、いつも展示で使っているわけではないので、今回初めて入った!という方も少なくなかったかもしれません。
何を隠そう、ホトリ室長わたくし本人も、改めて「中2階、いい空間かも」と思いました。

ではメンバーの作品を個々に紹介していきます。

m_a.r.c_h

コウザキ コウイチ(KO)

甲斐康友

HanaLisa

TAKUMI MATSUO

アリ

EIJI

なおべ

Aya

虎谷泰輔(tiger valley)

yoshikatz

吉岡このみ

まあい

中2階には、「Vivid」をテーマにしたbreathメンバーの作品が展示されました。
「Vivid」の解釈も色々で、個性豊かでした。

メンバーのzine・写真集も。

初日から盛況でした!

3日間と短くも濃い展示でした。
1st breathは2023年の3月でしたから、1年を空けないうちに第2弾!
「息をするように写真を撮る」が名前の由来のbreath。見た人が元気になるような、写真を撮りたくなるようなそんなパワーあふれる写真展でした。
breathの皆さま、ゲストの皆さま、そしてご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

てつむぎ糸の森 レポート

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
この週末に開催されていた、ホトリ丸ごと毛糸の森になる「てつむぎ糸の森」のレポートをお届けします。

昨年同様、日本各地の手つむぎ作家さんの個性豊かな毛糸がホトリを埋め尽くしております。

なんともおもしろいミッション!
北海道の羊まるごと研究所さんで毛刈りされた同じ羊毛から、各作家さんの個性があふれる毛糸に!

染めやつむぎ方などで、同じ羊毛からここまでさまざまな毛糸に。
ちょっと感動してしまいました!

各作家さんの自己紹介カード。
昨年よりも参加組数が増えているそうです。

こちらは毛糸詰め放題のコーナー。

初日から盛況でした!

羊まるごと研究所の酒井さんによるトークイベントもありました。
わたくしホトリ室長saorinは山に登る人なので、やはりウールが好き。酒井さんのお話、とても興味深かったです!(奥のスペースから聞いていた人)
※登山ウェアのインナーは、乾きにくい綿はNGで、一般的に多いのは化繊。ですが、化繊は汗をかくとかなり臭いが残るんですよね。でもウールは臭いが出にくく、また1年を通して着られる優秀素材なのです。高いけど・・・(笑)

調子に乗って私も毛糸をゲット。毛100%のニット帽欲しいな~でも結構高いんだよね~
自分で編めばいいんじゃないか?(←人生で一度も編み物したことないけど)
さてニット帽は出来上がるのか、乞うご期待です(笑)

今年も盛況の中終了いたしました。
主宰のひつじやさん、参加作家の皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

Onze 2023写真展「今、ココ」レポート

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日まで開催されていたOnze 2023写真展「今、ココ」のレポートをお届けします。
Onzeは、一般社団法人 日本アート教育振興会 プラクティカルフォト講座11期生で立ち上げた写真家グループ。
昨年の12月に第1回目のグループ展「まくあけ」が開催され、このたび第2回目の展示となりました。

今、「ココ」が「ドコ」かになっていく
「ドコ」は私の世界、「ココ」は私の希望

9月に開催した私の個展「I’m here.」とテーマが一緒だ!と、ちょっとうれしくなりました。
私のここ、は誰かの何処かでもあるんですよね。

宮坂 麻里

栂安 賢吾

渡邊 修宏

いまむらえな

松本 翔子

檜山 唯

Onzeのロゴ入り名刺も健在。

Onzeメンバーの作品のポストカードや、昨年の「まくあけ」の冊子も販売。

素敵なロゴ入り木製タグも。

Onzeの皆さま、ありがとうございました!
写真を共に学んだ仲間とのグループ展、改めていいなあと思いました。