ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 レポート

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
先日、フィルム縛りのホトリ公募展「Brownies35!」の全会期が終了いたしました。

一昨年の2019年に初めて開催したこの公募展。1年間を空けて、今年2回目となりましたが、ふたを開けてみると初めましての方もいたり、前回も参加してくださったおなじみの方もいたりと、大変にぎやかで盛況でした。
ここ最近では、一番ワイワイにぎわっていた公募展だったかもしれません(笑)
さっそくレポートいたしますね。

風が強い日は、ホトリのバス停看板とA看板は中に。
でもちゃんと展示は開催中でしたよ!(風がない日は外に置いています)

120filmと35mmfilm、力作揃いでした!

では、一人ずつ作品のタイトルを紹介していきます。

物言わぬ花

saorin

旅に出ると、そこに根付く花に目がいく。
人に見られようが見られまいが、
関係なく黙ってそこに咲く花に憧れる。

昭和の残り香

斉藤 和紀

人の痕跡、生活感、光と影の境目、街の直線など、これらが私の写真におけるmy usual です。

すれ違う当事者、眺める傍観者

小池 舞

少し前に住んでいた街。
小さな商店街があって、好きな喫茶店があった。
都会は出会いと別れが目まぐるしい。

おいしい顔

hide

年末恒例、友人たちとの焼き芋の会。
いつものこんな顔が見られる世界が早く戻ってきますように。

水平線

ナカノジュン

海のある街に住んでいます。

世田谷線と歩く

菓子 京子

見慣れた光景なのに世田谷線が通るとついついカメラを向けてしまう「撮りせた」な私です。

三日月と缶コーヒー

高谷 晃生

夜をフィルムを撮るようになって気づいたことは
どんなに暗くてもそれは真っ暗ではない、ということでした。

usual landscape

ヤマモトサヤカ

年間360日くらいは眺めている、いつもの帰り道。

Always together

emi ootaka

わたしのmy usualは「Classic Mini」 1999年式「Mini Cooper BSCC Ltd」
こちらのクラシック・ミニクーパーは1999年3月の納車以来、
22年の長い年月にわたって苦楽を共にしてきた相棒です。
つらい時も悲しい時もうれしい時も楽しい時もいつも一緒だった。
長い年月の間、なんどもこの子を手放そうかと思う時もありました。
今では経年劣化も目立ち、今後のことを考えねばならない時が迫ってきています。
その時が来るまでまだまだ大事に乗っていきたい、できるだけ長く一緒にいたいと思っています。
大切な相棒といつものドライブコース「支笏湖」での一枚です。
夫の形見のカメラNikon F3で撮影しました。

1976 浦安

ガミ ロジオ

日常の中の非日常

静かな呼吸

スズキ トモコ

町の片隅での一期一会

多少

佐藤 翔

男には孤独な時間が必要なんだ

L’Unité / ユニテ

八木 香保里

いつもそばにいるよね、きみ。

ハッピーバースデー

ドリキャス

展示写真のモデルを務めて頂いた方に精一杯のありがとうとおめでとうの気持ちを込めて展示をしました。
前々から展示で感謝の気持ちとコロナで舞台やイベントに足を運ぶ事が出来ず
申し訳なくお詫びという気持ちを表現したいなという思いがあり
今回ホトリさんの展示に参加した次第です。

deer

masa*

ブローニーフィルムを使う時は
やっぱりちょっと特別
大きなファインダーから見える
美しさに見惚れてしまう

寝起き女子

ひろき

数年前に、人物写真を褒められてから、調子に乗ってポートレート撮ってます!笑
時間さえあればモデルさんお誘いしてポートレートしてます。
だから今の「いつも撮ってしまうもの」です!



中耶 莉佐

「おまえ、パイロン好きやな。」
幼い頃からずっとすれ違ってきた父が、 初めて私の写真に対してくれた言葉でした。
それ以来ずっと多種多様の彼らを収めています。

今回、初めましてのメディア、ANALOGUE isさんにも出展ご参加いただきました!

ANALOGUE is とは・・・

フィルムカメラを日常で手放せなくなってしまった方々へ贈る、WEBマガジンです。

サイトはこちら

取材対象も、銀塩モノクロ好きが集まるお店だったり、アートラボだったり、フィルム写真を楽しんでいる夫婦だったりと、とにかく、これこそフィルム縛り!!と呼んでも過言ではないくらい、フィルムに特化したメディアなのです。

すごいのが、その取材時の撮影もフィルムカメラで撮られていること!
近日中に、写真企画室ホトリと、今回のBrownies35!の公募展の様子を、 ANALOGUE is で紹介していただく予定です。

私自身、とても楽しみです^^

新幹線E席から撮る富士山チャレンジ

Nozomu Ishikawa/ANALOGUE is

気に入った場所やシーンを見つけると、それをいろんな季節や天候、時間帯で撮ってしまう、
定点観測のように蓄積するフィルムの写真。
そんな中からエキセントリックなテーマを選びました。

道くさ

Yamazaki Rika/ANALOGUE is

自転車に乗ってそこら辺をウロウロすると、道端の草花のいろんな表情に出会えます。
道を変えるように、フィルムカメラを変えながら、光と季節のちがいを楽しんでいます。

ANALOGUE is さんたちのブック。

レギュラー出展者の皆さまのブックも充実でした!

最後の週末は、本当に大盛況と呼べるほど。

そして搬出のため出展者が集合する最終日恒例(?)、ギャラリートークがゆるくスタートです!

この作品の意図はそうだったのか~とか、このキャプションってそういう意味だったのね、など、やはり出展者から直接作品についての話が聞ける機会は貴重ですね!

photo by hide

僭越ながらわたくしsaorinも作品について解説。

photo by hide
photo by hide

ANALOGUE isさんたちも、作品解説していただきました!

photo by hide

そして、最後は恒例の集合写真!
ANALOGUE isさんにも集合写真撮っていただいたので、こちらもどんな感じか楽しみです。

とこんな感じで、全8日間の会期を無事終了いたしました。

実は、おととし初めてこの公募展の企画を立ち上げたときは、タイトルは「Brownies!」でした。
はい、35mmは含まれておらず、ブローニーフィルム(120film)のみと、さらに限定的な公募展でした。

昨年は諸事情で開催せず、今年2回目の開催を決めた時、当初のブローニーフィルムのみにするか、それとも35mmも入れるか、本当に迷いました。(35mmも入れると、要するにフィルム公募展、ということにざっくりなってしまうので(笑))

ですが、やはりフィルムを楽しんでいる方みんなに参加してもらいたいな、と今年から35mmも入れることに。
それが結果的に、新しく参加してくださる方が増えたので、よかったと思っております。

また来年も、ぜひ開催したいです!
それまで皆さま、フィルムで写真ぜひ撮りためてくださいね(笑)(私も、新作撮らねばです(笑))

出展くださった皆さま、ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった方々。
いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 10/17(日)~24(日)開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください>>>

ブローニーフィルムに焼きつけられた、それぞれの“my usual”
あなたの“my usual(=いつも撮ってしまうもの)”はなんですか?

出展者募集ページはこちらから>>> ※9/27出展募集は〆切りました

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

ホトリ公募展「Brownies 35 ! – my usual -」 10/17()~24(日)

hide / 斉藤 和紀 / 八木 香保里 / 中耶 莉佐 / ひろき / スズキ トモコ / 小池 舞 / masa* / 菓子 京子 / ナカノジュン / emi ootaka / 佐藤 翔 / ドリキャス / 高谷 晃生 / ヤマモトサヤカ / ガミ ロジオ
Nozomu Ishikawa/ANALOGUE is
Yamazaki Rika/ANALOGUE is
Rika kasai/ANALOGUE is /// saorin

◆会期:2021年10月17日(日)~24日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

【会期中開催予定のレッスン・ワークショップ】

ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 10/17(日)~24(日)開催のお知らせ ※出展者募集中!

9/27追記:出展〆切りました

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
ブローニーフィルム&35mmフィルムの公募展「Brownies! – my usual -」出展者募集のお知らせです。
2019年に開催されたブローニーフィルム縛りのホトリ公募展「Brownies!」が今年カムバック!
35mmフィルムもOKになり、ますますフィルムライフを楽しむ皆さまの公募展にパワーアップしました。

第1回目に開催されたテーマ“my usual(=私のいつもの)”はそのままキープ!
6×6、6×7、6×9・・・どのフォーマットでもOK!
ブローニーまたは35mmフィルムに焼きつけた、あなたの“my usual(=いつも撮ってしまうもの)”見せてください!
フィルムで撮られた写真なら、カメラ、フィルムのメーカー、カラー・モノクロは問いません。

今回ご用意するのは5つのコース。

Aコース・・・出展者制作作品(90cm幅自由設営)/6,000円
Bコース・・・出展者制作作品(60cm以内委託設営)/6,000円
Cコース・・・額レンタルコース(プリントA4サイズ限定・送付)/8,000円
Dコース・・・ホトリ制作作品:200mm×200mmサイズのアクリルパネル(データ送付・ホトリプリント)/13,000円
Eコース・・・ホトリ制作作品:203mm×203mmまたは203×254mmのアクリルパネル(プリント自前用意・送付)/12,000円

詳細は以下の通りです。
皆さまのご応募、お待ちしています!

ホトリ公募展「Brownies 35 ! – my usual -」 10/17()~24(日)

◆会期:2021年10月17日(日)~24日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

参加条件

・ブローニーフィルム(120フィルム、220フィルムも可)または35mmフィルム(ネガ・ポジ問わず)で撮られた写真であること。
・テーマは“my usual(=私のいつもの)”です。そのいつも撮ってしまう被写体について展示の際に一言コメントをいただきます。
・自身で作品制作を行うAコース・Bコースは、プリントの種類は問いません。(フィルムからの銀塩プリントでも、スキャン・データ化してからのインクジェットプリントなどいずれも可)
・カラー、モノクロは問いません。
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。
・作品下にはタイトルと作家名、また被写体についてのコメントのプレートも合わせて展示いたします。

展示コース

(A)(B)(C)(D)(E)のいずれかでお申し込みください。複数口の参加も可能です。※Aコースは1口のみ

(A)出展者制作作品 6,000円  9/16追記:Aコース満枠
・・・幅90cm以内で自由 ※ただし初日10/17(日)10時半からスタートの搬入で直接設営することが条件です。事前搬入不可。/7枠まで

(B)出展者制作作品 6,000円
・・・長辺60cm以内(額含む)のサイズで釘打ちでの設営が可能な作品(裏側に紐やフックなど釘をひっかけられる状態になっていればOK)※委託設営

(C)額レンタルコース(全種類合わせて10名様先着順、写真はA4サイズのみ)8,000円
・・・ホトリ所有の額(すべてIKEA製)を貸出ししてこちらで額装します。写真プリントだけ郵送していただき、額装はホトリで行います。
マットの裏側からマスキングテープでマットに固定しますのでご了承願います。
※搬出来場が不可の場合、プリントをクリックポスト便での返送が可能です。手数料として+500円頂戴します

額の種類・数は以下の通りです。
申し込み時に、LOMVIKENブラック・RIBBAブラック・RIBBAオークステインのいずれかを選択してください。

LOMVIKEN/ブラック
細めの金属フレームのシリーズです。フレーム幅1cm
表面に透明アクリルシートカバーがあります。アクリルシートカバーは外して写真用紙をそのまま出す展示も可能です。

RIBBA/ブラック(3枠まで)
木製のシンプルなフレームシリーズです。フレーム幅1.8cm
※RIBBAシリーズはカバーガラスはありません。 写真用紙とマットがそのまま表面に出るタイプになります。

RIBBA/オークステイン(5枠まで)
木製のシンプルなフレームシリーズです。フレーム幅1.8cm
※RIBBAシリーズはカバーガラスはありません。 写真用紙とマットがそのまま表面に出るタイプになります。

(D)ホトリ制作コース 13,000円
・・・200mm×200mmサイズのアクリルパネルをホトリが制作します。
Dコースは、データをお送りいただき、ホトリがプリント、アクリルパネル制作まで行うコースです。
プリント用紙はまだ未定ですが、微光沢またはマットの予定です。

(E)ホトリ制作コース 12,000円 ※お申し込み時、サイズをお知らせください
・・・203mm×203mmサイズ(6×6)、または203mm×254mm(6×7/六切 6P)のアクリルパネルをホトリが制作します。
Eコースは、出展者が自前で用意して送付いただいたプリントで、ホトリがアクリルパネル制作を行うコースです。
プリントは、光沢ではなく微光沢またはマットタイプの用紙をご用意ください。

↓はD・Eコース共通、6×6サイズのアクリルパネルのサンプルです。

分かりやすいように光が反射した写真を掲載しています。
側面は白か黒のマスキングテープを貼り合わせます。

※展示作品(A)(B)(C)(D)(E)共に合わせて1階20枠ほどの募集で先着順で受付いたします。出展申し込み状況によっては中2階も使用して展示いたします。1階が展示可能作品数に達した場合、それ以降は壁・床・天井ともに黒い中2階での展示となります。
また作品サイズを考慮し、2段組みでの展示となる場合もあります。ご了承ください。

参加費

(A)6,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)9/15追記:Aコース満枠
(B)6,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(C)8,000円(税込、ギャラリー使用料、額レンタル・額装費、DM1人あたり20枚含む)
※搬出来場が不可の場合、プリントをクリックポスト便での返送が可能です。手数料として+500円頂戴します
(D)13,000円(税込、ギャラリー使用料、パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)
(E)12,000円(税込、ギャラリー使用料、パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)

※参加費はホトリ店頭でのお支払か、お振込みいただきます。お申し込み後お知らせいたします。
また、搬出来場不可の場合は着払いでの返送となります。

応募〆切

2021年9月16日(木)・・・DMに作家名が載る〆切です
2021年10月3日(日)・・・D・Eコースのデータとプリント送付〆切です
2021年10月10日(日)・・・コース全体の出展最終〆切です(※Cコースのプリントもこの日必着です)

搬入・搬出について

搬入日・・・
(A)は初日10月17日(日)10時半からスタートの搬入で直接設営することが条件です。
(B)は郵送搬入のみとさせていただきます。10月14日(木)14-16時元払い必着にてお送りください。
(※持ち込み可能日もあり。後日お知らせします。また、10月14日以前の日にち着は不可となります。)
(B)~(E)はホトリで設営いたします。直前の持ち込み可能日は後日お知らせします。

搬出日・・・2021年10月24日(日)18時~18時半
直接取りに来られる方は、上記の時間内にご来場ください。(※18時半までにお願いします。到着がそれ以降になる場合は着払い郵送とさせていただきます)
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

お申込み

メールまたはLINE、予約フォームにてお申し込みください。
LINEは1行目に、メールはタイトルを「Brownies35! 公募展申込み」と記入し、以下の情報をお知らせください。
※スペースの確定ができないため、どのコースも申込み口数が確定してからお申し込みください。

予約フォームhttps://forms.gle/yy2F3vDF388bTuVQ9
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

・氏名
・出展者名(任意、氏名と同じ場合はその旨記載してください)
・郵便番号、住所
・電話番号
・メールアドレス
・展示作品(A or B or C or D or E(Eコースは6×6か6×7のどちらか、点数)
・搬出方法(持ち込みor郵送 ※現時点で決まっていなくてOKです)

カノン×ホトリ公募展「Brownies! – my usual -」レポート

1021.1

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
昨日終了しました、ブローニーフィルムの公募展「Brownies! – my usual – 」のレポートをお届けします。
初めて開催したブローニーフィルムの公募展。テーマが「my usual(=私のいつもの=いつも撮ってしまうもの」というだけあって、肩ひじ張らない、出展者それぞれが本当に好きな被写体が集まった写真展でした。
詳しくレポートいたしますね。

1021.2

デジタル時代を迎えてそれなりに時間がたった今でも、フィルムで写真を撮ることを楽しんでいる人たちはたくさんいます。
デジタルから写真に足を踏み入れた人も、フィルムに興味が出てくることもしかり。
これだけ人の写真をSNSで気軽に見ることができる時代だからこそ、フィルムで撮られた写真もデジタルで見ることができるのです。
フィルムで撮られた写真の魅力はなんだろう?
ざらっとした粒状感か、デジタルには出せないアナログな雰囲気か。
個人的に思うのは、フィルムで撮られた写真は、その場の空気感まで焼き付けられていると思うのです。
フィルムが存在し続ける限り、ぼちぼち使っていきたいなあ、とホトリ室長は思っています(笑)

1021.3
1021.4
1021.5
1021.6
1021.7

では、出展者の作品をご紹介していきます。

1021.8

雨女
遠藤 志岐子

1021.9

その先へ
saorin

1021.11

et gress
itopy

1021.12

「ねこ」みーつけ
古谷 浩

1021.13

つぶれるひげぶくろ
近 一志

1021.14

わたしのプリンセス
Maki.T

1021.15

Distance
早苗 久美子

1021.16

月と釣り人
tomeco

1021.17

いつものみどりのかわいいでんしゃ
Noël

1021.18

尾道のネコ
chiyu

1021.19

小さな願い
minico

1021.20

君がいる幸せ
友紀

1021.21

regeneration
スズキ トモコ

1021.22

たったの二日間
Yumi Kubota

1021.23

錆と夏空
金子 明美

1021.24

Masahiro Yasui
旅先の朝 in Portugal

1021.25

Daily recollections
moritani kazusuke

1021.26

Because cats are there.
hide

1021.27

花が日常にある生活
佐藤 翔

1021.28

雨上がりに
masa*

1021.30

Untitled
八木 香保里

1021.31

出展者の皆さまのブックです。

1021.10

saorinの2020年の山カレンダー、販売しました!
12月のイベントでも販売予定です^^

1021.32

平日は割と静かな感じでしたが、土日はたくさんの方にご来場いただきました!

1021.33
1021.34
1021.35

最終日にはかわいいお客さんも。

1021.36
36_large
photo by hide

土曜日にはスナック畔を開催しました!
参加してくださった皆さまに感謝です~
みんなでカンパーイ

1021.37
24_large
photo by hide
20_large
photo by hide

自己紹介からの、出展者の方は自身の作品のギャラリートークもあり、盛り上がりました!
ゲストの遠藤先生は、縦長の写真を撮影した自作の合体針孔HOLGAを披露。

1021.39

というわけで、公募展「Brownies! – my  usual -」無事に終了いたしました。
私自身が、針穴HOLGAカメラで初めてブローニーフィルムで写真を撮ることを覚え、それで企画してみた公募展でしたが、やはりフィルム派の皆さまは35mmよりも断然ブローニー!(笑)
会期中、出展者の皆さま同士の話がディープすぎてすごかったです(笑)

できれば毎年やりたいなあと思っているこの公募展。
第1回目のテーマがmy usualとして、毎回テーマを変えていこうと思っていましたが、「Brownies!」に限っては、「my usual」のテーマでずっと開催してもよいのでは?と思いました^^
また来年、秋ごろに開催できたらと思っています!

出展者の皆さま、ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった皆さま。
ありがとうございました!

スナック畔 ~フィルムと写真の話をしよう~ 10/19(土)開催のお知らせ

posted in: 06.Brownies35!, スナック畔 | 0

snackfotori

おいしいおつまみと飲み物を楽しみながら、写真の話をするゆるいイベントスナック畔」久々に開催いたします!
今月15日からスタートする公募展「Brownies! – my usual -」の会期中、10月19日(土)1日限定でオープンします。
ちょうどブローニーフィルムの公募展中なので、フィルムと写真の話でぜひ盛り上がりましょう!公募展出展者はもちろんのこと、出展者じゃなくてももちろん参加OKです。私デジタル派なんですけどーという人ももちろん大歓迎です。
とにかく写真の話をしたい人、写真を見せたい人、ホトリに集まれー!
予約不要ですのでお気軽にご参加ください。

1009-3

楽しく飲んだり食べたりしながら、写真のことをおしゃべりするイベントです。
スナック畔のsaorinママ、特製おつまみと飲み物をご用意してお待ちしております!
Bar NADARの早苗ママも参加予定ですよ~

1009-6

スナック畔 ~フィルムと写真の話をしよう~ 10/19(土)

◆日時:2019年10月19日(土)19時~21時(※予約不要/時間内出入り自由
◆参加費:1,000円(1ドリンク・saorinママのおつまみ付)
※おつまみの持ち込みは自由です。2杯目以降のドリンクは1杯500円(ソフトドリンクは200円)でご提供します。※参加費1000円に含まれているおつまみが売り切れの場合は500円でワンドリンクの提供となります。
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆【ドリンクメニュー】
ビール、ワイン(赤・白)、チューハイ、ソフトドリンク(お茶、オレンジジュース)
◆持ち物:参加費のみで手ぶらでご参加いただけますが、もし見せたい写真やzineなどがありましたらぜひお持ちください。

カノン×ホトリ公募展「Brownies! – my usual -」 10/15(火)~20(日)

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらからご覧いただけます>>>

錆と廃墟記憶_4coriginal

ブローニーフィルムに焼きつけられた、それぞれの“my usual”
あなたの“my usual(=いつも撮ってしまうもの)”はなんですか?

出展者募集ページはこちらから>>>※出展者募集は〆切済です

カノン×ホトリ公募展「Brownies! – my usual -」 10/15(火)~20(日)

【出展者リスト】
itopy / 金子 明美 / moritani kazusuke / 佐藤 翔 / 早苗 久美子 / スズキ トモコ / chiyu / tomeco / Noel / hide / 古谷 浩 / Maki.T / masa* / Masahiro Yasui / minico / 八木 香保里 / 友紀 / Yumi Kubota

遠藤 志岐子(ゲスト作家)
近 一志(フォトカノン)
saorin(写真企画室ホトリ)

◆会期:2019年10月15日(火)~20日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

【会期中開催のイベント・ワークショップ】

【ホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップ】2019年10月自由開催のお知らせ
allimage
今月の公募展「Brownies!」会期中+αで予約は必要ですが、ワークショップの日時は定めません!
お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※制作希望のワークショップ、リクエストも歓迎!

開催ワークショップリスト
・カレンダーアコーディオンアルバム
・ジェルメディウム転写パネル
・水張りor水切りパネル
・糸かがりノート
・透けないアクリルパネル

スナック畔 ~フィルムと写真の話をしよう~ 10/19(土)
snackfotori

楽しく飲んだり食べたりしながら、写真のことをおしゃべりするイベントです。
スナック畔のsaorinママ、特製おつまみと飲み物をご用意してお待ちしております!
公募展出展者はもちろんのこと、出展者じゃなくてももちろん参加OKです。私デジタル派なんですけどーという人ももちろん大歓迎です。
とにかく写真の話をしたい人、写真を見せたい人、ホトリに集まれー!
予約不要ですのでお気軽にご参加ください。

カノン×ホトリ公募展「Brownies! – my usual -」 10/15(火)~20(日)開催のお知らせ ※出展者募集中!

出展者募集を締め切りました(10/1)

錆と廃墟記憶_4coriginal

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
ホトリの公募展としては初となる、フォトカノンさんとのコラボ企画、ブローニーフィルムの公募展「Brownies! – my usual -」出展者募集のお知らせです。

第1回目のテーマは“my usual(=私のいつもの)”。
6×6、6×7、6×9・・・どのフォーマットでもOK!
ブローニーフィルムに焼きつけた、あなたの“my usual(=いつも撮ってしまうもの)”見せてください!
ブローニーフィルムで撮られた写真なら、カメラ、フィルムのメーカー、カラー・モノクロは問いません。
また今回、戸越の写真屋・フォトカノンさんとのコラボが実現しました!
フォトカノンのプリント・通称カノプリのプリント代が含まれた、アクリルパネル制作コースもご用意。出展料と制作費がセットになったお得なコースです!

そして今回の「Brownies!」のゲスト作家として、針穴写真家の遠藤志岐子さんを招待しています。
参加要件、ゲスト作家のプロフィールは下記をご確認ください。

カノン×ホトリ公募展「Brownies! – my usual -」 10/15(火)~20(日)

◆会期:2019年10月15日(火)~20日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<参加要件>
・ブローニーフィルム(120フィルム、220フィルムも可)で撮られた写真であること。
・テーマは“my usual(=私のいつもの)”です。そのいつも撮ってしまう被写体について展示の際に一言コメントをいただきます。
・自身で作品制作を行うAコース・Bコースは、プリントの種類は問いません。(フィルムからの銀塩プリントでも、スキャン・データ化してからのインクジェットプリントなどいずれも可)
・カラー、モノクロ、フィルム、デジタルは問いません。
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。
・作品下にはタイトルと作家名のプレートも合わせて展示いたします。

<展示作品>
(A)(B)(C)のいずれかでお申し込みください。複数口の参加も可能です。※Aコースは1口のみ

(A)出展者制作作品幅90cm以内で自由 ※ただし初日10/15(火)10時からスタートの搬入で直接設営することが条件です。前日搬入不可。/7枠まで
(B)出展者制作作品:長辺60cm以内(額含む)のサイズで釘打ちでの設営が可能な作品(裏側に紐やフックなど釘をひっかけられる状態になっていればOK)※委託設営OK
(C)カノプリアクリルパネルコース:2種類のサイズをご用意しました。
6×6サイズ・・・203×203mm
6×7サイズ・・・203×254mm

ホトリ初登場!戸越の写真屋・フォトカノンさんのプリントで透けないアクリルパネルに仕上げた、出展料・プリント費・制作費が全て込になったコース。フィルム現像・プリント注文はご自身でしていただきます。注文時に「ホトリのBrownies用プリント」とフォトカノン店頭で伝えてください。プリント代は出展料に含まれていますのでカノン店頭での支払いは不要です。(※現像代はかかります)

↓は6×6サイズのカノプリアクリルパネルのサンプルです。
フォトカノンさんでもサンプルを設置しますので、見学希望の方はスタッフにお声掛けください。(サンプル設置開始日はまた追ってご連絡します)

203acryl02
203acryl03
分かりやすいように光が反射した写真を掲載しています。203acryl05
側面は白か黒のマスキングテープを貼り合わせます。

※展示作品(A)(B)(C)共に合わせて1階20名ほどの募集で先着順で受付いたします。出展申し込み状況によっては中2階も使用して展示いたします。1階が展示可能作品数に達した場合、それ以降は壁・床・天井ともに黒い中2階での展示となります。
また作品サイズを考慮し、2段組みでの展示となる場合もあります。ご了承ください。

<参加費>
(A)5,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(B)5,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(C)10,000円(税込、ギャラリー使用料、フォトカノンプリント代・パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)

※参加費はホトリ店頭でのお支払か、お振込みいただきます。お申し込み後お知らせいたします。

<応募〆切>
2019年9月8日(日)・・・DMに作家名が載る〆切です
2019年9月20日(金)・・・Cコースの出展最終〆切です
2019年9月23日(日)・・・Cコースのネガフィルム注文最終〆切です(プリントの色味確認希望の方は9/16(日)〆切です、余裕をもってご注文下さい)
2019年9月29日(日)・・・A・Bコースの出展最終〆切です

<搬入・搬出について>
(A)は初日10/15(火)10時からスタートの搬入で直接設営することが条件です。
(B)は郵送搬入のみとさせていただきます。(※持ち込み可能日もあり)
(C)はホトリで制作するためこちらで設営いたします。

(B)コースの方は、2019年10月8日(火)14-16時元払い必着にてお送りいただくか、それまでのホトリのイベント・ワークショップ開催日に持ち込みください。
作品B・Cの搬入はこちらで行います。直前の持ち込み可能日は後日お知らせします。

搬出日・・・2019年10月20日(日)18時~19時
直接取りに来られる方は、上記の時間内にご来場ください。
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

<お申込み>
メールまたはLINE、ホトリ店頭にてお申し込みください。
LINEは1行目に、メールはタイトルを「Brownies! 公募展申込み」と記入し、以下の情報をお知らせください。
※スペースの確定ができないため、どのコースも申込み口数が確定してからお申し込みください。

メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

・氏名
・出展者名(任意、氏名と同じ場合はその旨記載してください)
・郵便番号、住所
・電話番号
・メールアドレス
・展示作品(A or B or C(Cコースは6×6か6×7のどちらか、点数)
・搬出方法(持ち込みor郵送 ※現時点で決まっていなくてOKです)

<ゲスト作家プロフィール>

遠藤先生プロフィール

ゲスト作家:遠藤志岐子(針穴写真家)

1967年1月2日生まれ。江戸っ子。
2000年頃にひょんなことから針穴写真に惹き込まれ、以来、針穴写真を撮り続けている。
個展、グループ展、ワークショップの開催、雑誌掲載、メディア出演を通じ、針穴写真の魅力を伝えるべく活動している。
日本針穴写真協会の副会長。2008年国画会の国展で新人賞受賞。

ブログ「はりあなのこころ」http://hariana.exblog.jp/

ホトリ公募展「35mm」レポート

1219-1

おはようございます。ホトリ室長saorinです。
先週日曜に終了した、ホトリ公募展「35mm」のレポートをお届けします。

1219-2

こんなにかっこいいドイツ生まれのカメラで撮られた写真もありました!

1219-3
1219-4

yoko_y
空と海と

1219-5

本橋 直樹
視線

1219-6

佐藤 翔
ページ

1219-7

友紀
ポルト

1219-8

盛谷 嘉主輔
Past Landscape

1219-9

りった
砂丘に行った日

1219-10

saorin
めざめ

1219-11

藤川すみれ
紫陽花の季節に

1219-12
1223-1

初日には、Barナダール×スナック畔が開催され、大いに写真の話で盛り上がりました!
詳しいレポートはこちらからご覧ください。

1219-13

今回初めての試みでしたが、とても素敵なフィルム作品がそろいました。
参加してくださった皆さま、見に来てくださった皆さま、ありがとうございました!

写真企画室ホトリ公募展 「35mm」のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらからご覧いただけます。

35mm_main

こんにちは。ホトリ室長saorinです。

12/11(日)からスタートする公募展「35mm」のお知らせです。
なぜだかわからないけど、とにかくフィルムが好き!という写真好き、特に35mmフィルムを愛用しているメンバーによる公募展です。
ピントが甘くても、少しぶれてても、それでもなぜだか愛おしい。そして楽しい!
その場の空気感まで焼き付けているような、フィルムで写したワンシーンを、ぜひ楽しんでください。

会期中、イベントやワークショップを開催いたします。
詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

【期間中のイベント・ワークショップ】
◆Barナダール×スナック畔 12/11(日) ※参加者絶賛募集中!
◆ホトリ写真塾・写真の残しかた教室 12/15(木)・16(金)・17(土)・18(日)
ジェルメディウム転写パネルレイヤードアクリルパネル透明アクリルパネル検視用レンズオブジェ&ミニケース

写真企画室ホトリ公募展 「35mm」

◆会期:2016年12月11日(日)~18日(日)13:00~19:00(最終日は18時終了)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

写真企画室ホトリ公募展 「35mm」 ※出展者募集!

posted in: 06.Brownies35! | 0
35mm_bosyu

こんにちは。ホトリ室長saorinです。

なぜだかわからないけど、とにかくフィルムが好き!という写真好きな方、必見!
フィルムが好きなのに理由はいりません。理屈では語れないんです。
フィルムで写したワンシーンは、その場の空気感まで焼き付けているような気がします。
ピントが甘くても、少しぶれてても、それでもなぜだか愛おしい。そして楽しい!
そんなフィルム写真、中でも35mmフィルム限定の公募展を行います。

テーマは、ホトリ写真部グループ展でおなじみのテーマ「トリコ」。
自分が虜になる世界、大好きな被写体、夢中になる景色・・・そんな作品を、ぜひ35mmフィルム写真で表現してください。

写真企画室ホトリ公募展 「35mm」

◆会期:2016年12月11日(日)~18日(日)13:00~19:00(最終日は18時終了)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<参加要件>
・35mmフィルムで撮影した作品。カメラの種類、ポジ・ネガは問いません。
・カラー・モノクロ不問。
・テーマは「トリコ」。自分が夢中になる世界や大好きな被写体など、“トリコ”になっている
作品なら何でもOK!
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。

<展示作品>
(A) (B) いずれかでお申し込みください。複数コース、複数口での参加も可能です。
(A) (B)コースともに12月6日(火)までにプリントまたは作品を郵送もしくは持参(※Bコースのみ、搬入設営日12/10(土)に持参&設営も可)

tenji_panel_process4
(A)コース 木製パネルサンプル

(A) ホトリ制作作品:A4サイズ(約30×21cm)の木製パネルにプリントを貼り、側面をテープで貼った作品
(B) 出展者制作作品:長辺60cm以内(額含む)のサイズで釘打ちでの設営が可能な作品1点、または幅 約 80cm、高さ 約 2.5m以内の展示スペース(写真サイズ・枚数・展示方法自由 ※12/10(土)の搬入日に自身で設営するか、詳しいレイアウトをお知らせください

<参加費>(ギャラリー使用料、DM一人当たり20枚含む)
(A)7,000円(木製パネル制作費含む)/(B) 5,000円

<注意事項>

・参加費はホトリ店頭でのお支払か、指定の口座にお振込みいただきます。お申し込み後お知らせいたします。
・複数で応募される場合、レイアウトはこちらで決定させていただきます。
Bコースで申し込みの場合、搬入について確認をいたします。

<応募〆切>
2016年12月5日(月)・・・出展最終〆切

<搬入・搬出について>
持ち込み搬入:ホトリのオープン日(ワークショップ日も含む)の来場時か、12月10日(土)の12~13時にお越しください。
郵送搬入:12月10日(土)12~14時元払い必着にてお送りください。
※Bコースでお申し込みの方は10日自身での設営も可能です。

搬出日・・・12月18日(日)18時
来場し搬出される方は、18時までにお越しください。
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

<お申込み>
メールまたはホトリ店頭にてお申し込みください。
info@fotori.net
・氏名
・展示作家名(任意)
・郵便番号、住所
・電話番号
・メールアドレス
・申込みコース
・作品点数
・搬入(持ち込み or 郵送 or 自身で設営)
・搬出方法(来場 or 郵送)