ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 レポート

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
先日、フィルム縛りのホトリ公募展「Brownies35!」の全会期が終了いたしました。

一昨年の2019年に初めて開催したこの公募展。1年間を空けて、今年2回目となりましたが、ふたを開けてみると初めましての方もいたり、前回も参加してくださったおなじみの方もいたりと、大変にぎやかで盛況でした。
ここ最近では、一番ワイワイにぎわっていた公募展だったかもしれません(笑)
さっそくレポートいたしますね。

風が強い日は、ホトリのバス停看板とA看板は中に。
でもちゃんと展示は開催中でしたよ!(風がない日は外に置いています)

120filmと35mmfilm、力作揃いでした!

では、一人ずつ作品のタイトルを紹介していきます。

物言わぬ花

saorin

旅に出ると、そこに根付く花に目がいく。
人に見られようが見られまいが、
関係なく黙ってそこに咲く花に憧れる。

昭和の残り香

斉藤 和紀

人の痕跡、生活感、光と影の境目、街の直線など、これらが私の写真におけるmy usual です。

すれ違う当事者、眺める傍観者

小池 舞

少し前に住んでいた街。
小さな商店街があって、好きな喫茶店があった。
都会は出会いと別れが目まぐるしい。

おいしい顔

hide

年末恒例、友人たちとの焼き芋の会。
いつものこんな顔が見られる世界が早く戻ってきますように。

水平線

ナカノジュン

海のある街に住んでいます。

世田谷線と歩く

菓子 京子

見慣れた光景なのに世田谷線が通るとついついカメラを向けてしまう「撮りせた」な私です。

三日月と缶コーヒー

高谷 晃生

夜をフィルムを撮るようになって気づいたことは
どんなに暗くてもそれは真っ暗ではない、ということでした。

usual landscape

ヤマモトサヤカ

年間360日くらいは眺めている、いつもの帰り道。

Always together

emi ootaka

わたしのmy usualは「Classic Mini」 1999年式「Mini Cooper BSCC Ltd」
こちらのクラシック・ミニクーパーは1999年3月の納車以来、
22年の長い年月にわたって苦楽を共にしてきた相棒です。
つらい時も悲しい時もうれしい時も楽しい時もいつも一緒だった。
長い年月の間、なんどもこの子を手放そうかと思う時もありました。
今では経年劣化も目立ち、今後のことを考えねばならない時が迫ってきています。
その時が来るまでまだまだ大事に乗っていきたい、できるだけ長く一緒にいたいと思っています。
大切な相棒といつものドライブコース「支笏湖」での一枚です。
夫の形見のカメラNikon F3で撮影しました。

1976 浦安

ガミ ロジオ

日常の中の非日常

静かな呼吸

スズキ トモコ

町の片隅での一期一会

多少

佐藤 翔

男には孤独な時間が必要なんだ

L’Unité / ユニテ

八木 香保里

いつもそばにいるよね、きみ。

ハッピーバースデー

ドリキャス

展示写真のモデルを務めて頂いた方に精一杯のありがとうとおめでとうの気持ちを込めて展示をしました。
前々から展示で感謝の気持ちとコロナで舞台やイベントに足を運ぶ事が出来ず
申し訳なくお詫びという気持ちを表現したいなという思いがあり
今回ホトリさんの展示に参加した次第です。

deer

masa*

ブローニーフィルムを使う時は
やっぱりちょっと特別
大きなファインダーから見える
美しさに見惚れてしまう

寝起き女子

ひろき

数年前に、人物写真を褒められてから、調子に乗ってポートレート撮ってます!笑
時間さえあればモデルさんお誘いしてポートレートしてます。
だから今の「いつも撮ってしまうもの」です!



中耶 莉佐

「おまえ、パイロン好きやな。」
幼い頃からずっとすれ違ってきた父が、 初めて私の写真に対してくれた言葉でした。
それ以来ずっと多種多様の彼らを収めています。

今回、初めましてのメディア、ANALOGUE isさんにも出展ご参加いただきました!

ANALOGUE is とは・・・

フィルムカメラを日常で手放せなくなってしまった方々へ贈る、WEBマガジンです。

サイトはこちら

取材対象も、銀塩モノクロ好きが集まるお店だったり、アートラボだったり、フィルム写真を楽しんでいる夫婦だったりと、とにかく、これこそフィルム縛り!!と呼んでも過言ではないくらい、フィルムに特化したメディアなのです。

すごいのが、その取材時の撮影もフィルムカメラで撮られていること!
近日中に、写真企画室ホトリと、今回のBrownies35!の公募展の様子を、 ANALOGUE is で紹介していただく予定です。

私自身、とても楽しみです^^

新幹線E席から撮る富士山チャレンジ

Nozomu Ishikawa/ANALOGUE is

気に入った場所やシーンを見つけると、それをいろんな季節や天候、時間帯で撮ってしまう、
定点観測のように蓄積するフィルムの写真。
そんな中からエキセントリックなテーマを選びました。

道くさ

Yamazaki Rika/ANALOGUE is

自転車に乗ってそこら辺をウロウロすると、道端の草花のいろんな表情に出会えます。
道を変えるように、フィルムカメラを変えながら、光と季節のちがいを楽しんでいます。

ANALOGUE is さんたちのブック。

レギュラー出展者の皆さまのブックも充実でした!

最後の週末は、本当に大盛況と呼べるほど。

そして搬出のため出展者が集合する最終日恒例(?)、ギャラリートークがゆるくスタートです!

この作品の意図はそうだったのか~とか、このキャプションってそういう意味だったのね、など、やはり出展者から直接作品についての話が聞ける機会は貴重ですね!

photo by hide

僭越ながらわたくしsaorinも作品について解説。

photo by hide
photo by hide

ANALOGUE isさんたちも、作品解説していただきました!

photo by hide

そして、最後は恒例の集合写真!
ANALOGUE isさんにも集合写真撮っていただいたので、こちらもどんな感じか楽しみです。

とこんな感じで、全8日間の会期を無事終了いたしました。

実は、おととし初めてこの公募展の企画を立ち上げたときは、タイトルは「Brownies!」でした。
はい、35mmは含まれておらず、ブローニーフィルム(120film)のみと、さらに限定的な公募展でした。

昨年は諸事情で開催せず、今年2回目の開催を決めた時、当初のブローニーフィルムのみにするか、それとも35mmも入れるか、本当に迷いました。(35mmも入れると、要するにフィルム公募展、ということにざっくりなってしまうので(笑))

ですが、やはりフィルムを楽しんでいる方みんなに参加してもらいたいな、と今年から35mmも入れることに。
それが結果的に、新しく参加してくださる方が増えたので、よかったと思っております。

また来年も、ぜひ開催したいです!
それまで皆さま、フィルムで写真ぜひ撮りためてくださいね(笑)(私も、新作撮らねばです(笑))

出展くださった皆さま、ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった方々。
いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

ホトリ気まぐれ小募展 #1「猫と喫茶」12/12(日)~19(日)出展者募集!

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
このたび写真企画室ホトリは、通常の公募展よりもさらに参加しやすい条件にした、「ホトリ気まぐれ小募展」を企画しました!

参加料金が、通常の公募展よりもかなりリーズナブル!気軽に参加いただけます。
作品は、基本的に中2階に展示されます。(※ただし、同時開催のホトリ本場週間の1階スペースに空きがある場合、1階の展示となります)

同時開催の「ホトリ 冬の本場週間」についての詳細はこちら>>>

第1回目のテーマは、「猫と喫茶」
猫と喫茶、二つのテーマを同時に表現していても、猫か喫茶のいずれかでもOKです!
また、喫茶も純喫茶ではなくカフェ的なものでも全く問題ありません。

いつものホトリ公募展に比べて、気軽に参加できるようなコースをご用意しました!
写真展って額装とかちょっと敷居が高そう・・・と思ってしまうかもしれませんが、大丈夫!
気まぐれ小募展は、すべてのコースがホトリが作品を準備する楽々公募展なのです!
お気に入りの猫と喫茶の写真データをお送りいただければ、ラフに飾れる作品(ポスターor2Lプリント)に仕上げて展示いたします!

たくさんの方の猫と喫茶の写真をお待ちしております!

今回ご用意するのは3つのコース。(※返送をご希望の方は、+500円のオプションがあります)

Aコース・・・おまかせA4ポスター仕上げコース/3,000円
Bコース・・・おまかせ2Lプリントフレーム仕上げコース/2,000円
Cコース・・・お手軽ポストカードコース/1,500円

さらなる詳細は以下の通りです。
皆さまのご応募、お待ちしています!

ホトリ気まぐれ小募展 #1「猫と喫茶」

◆会期:2021年12月12日(日)~19日(日) 13:00~19:00 ※会期中無休・最終日18時閉廊
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<参加要件>
猫と喫茶の写真なら何でもOK!(※公序良俗に反する写真はNG)※猫と喫茶、二つのテーマを同時に表現していても、猫か喫茶のいずれかでもOKです!
・カラー、モノクロ、フィルム、デジタルは問いません。スマホ写真ももちろんOK!
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。
・作品下には出展者名のラベルを合わせて展示します。

<展示作品>

outyatumain03
(A)(B)(C)のいずれかでお申し込みください。

(A)おまかせポスター仕上げコース

outyatuposter01outyatuposter02

・A4サイズの和紙ポスター仕上げ(白フチあり、ハトメ仕上げ込)※作品データを送付いただきます
・ホトリ気まぐれ小募展の会期終了後、ご希望の方は+500円のオプションで作品ポスターを郵送いたします
・ホトリのギャラリー壁に虫ピンで展示・出展者名のラベルを合わせて展示
(※ただし、展示は基本的に壁・天井共に黒い中2階の予定です。写真の白い壁とはことなりますのでご注意ください)

(B)おまかせ2Lプリントフレーム仕上げコース
※画像は合成です。また2Lフレームは変更の可能性があります

・2Lサイズの作品プリント( 白フチなし/用紙は微光沢または半光沢の予定)をホトリ所有のフレームに額装
※作品データを送付いただきます
・ホトリ気まぐれ小募展の会期終了後、ご希望の方は+500円のオプションで2Lプリントを郵送いたします。フレームはつきませんのでご注意ください
・ホトリのギャラリー壁に虫ピンで展示・出展者名のラベルを合わせて展示
(※ただし、展示は基本的に壁・天井共に黒い中2階の予定です。写真の白い壁とはことなりますのでご注意ください)

(C)お手軽ポストカードコース
outyatupostcard

・ポストカードサイズ仕上げ(白フチなし/用紙は微光沢または半光沢の予定 )※作品データを送付いただきます
・ホトリ気まぐれ小募展の会期終了後、作品ポストカードに切手を貼ってそのまま郵送いたします
・ホトリのギャラリー壁にひっつき虫で展示・出展者名のラベルを合わせて展示

<参加費>(税込、(A)(B)(C)加工費込、展示終了後の返送費込)
※この公募展にDMは含まれておりませんが、+500円オプションを購入いただければ20枚郵送いたします

(A)おまかせポスター仕上げコース 3,000円
(B)おまかせ2Lプリントフレーム仕上げコース 2,000円
(C)お手軽ポストカードコース 1,500円

<注意事項>
※参加費はホトリ店頭でのお支払か、オンラインでのお支払いが可能です。お申し込み後お知らせいたします。

<応募〆切>

2021年11月28日(日)

<搬入・搬出について>

設営は全て写真企画室ホトリで行います。また、+500円のオプションで会期終了後作品をクリックポスト便もしくは定形外郵便にて郵送いたします。

<お申込み>

メールかLINE、または予約フォームからお申し込みください。

・予約フォームhttps://forms.gle/mUEXPGAYqoNh9Wsd9
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l

メールは件名、LINEの場合は1行目を「ホトリ気まぐれ小募展 #1」とした上でお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
展示イベントやワークショップの申し込み・質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・展示作家名(任意)
・郵便番号
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・展示希望コース
・DM(20枚、オプション)を希望するか

10月のイベント予定・営業カレンダー

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
そろそろ10月。本格的な秋のシーズンが到来ですね。
個人的に、過ごしやすい秋は大好きなのでうれしいです^^

さて、10月のホトリのイベント&レッスンスケジュールです。
10月は、カムバックしたホトリ公募展「Brownies35!」ほか、貸出のグループ展が開催されます。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

また、10月もmasa*さんが講師のmasa*photoフィルムカメラレッスン を開催いたします!
まだ参加者募集中ですので、ぜひ。

現在募集中のワークショップ・レッスンはこちらから>>>

10月17日(日)ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 13:00〜19:00
10月18日(月)ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 13:00〜19:00
10月19日(火)ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 13:00〜19:00
10月20日(水)ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 13:00〜19:00
10月21日(木)ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 13:00〜19:00
10月22日(金)ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 13:00〜19:00
10月23日(土)ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 13:00〜19:00
10月24日(日)ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 13:00〜18:00
10月30日(土)ちくわとこんぺいとう  12:00~19:00
10月31日(日)ちくわとこんぺいとう  11:00~18:00

ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」
2021年10月17(日)~24日(日)

詳細はこちら>>>

ちくわとこんぺいとう
2021年10月30(土)・31日(日)

詳細はこちら>>>

ホトリ公募展「Brownies 35! – my usual -」 10/17(日)~24(日)開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください>>>

ブローニーフィルムに焼きつけられた、それぞれの“my usual”
あなたの“my usual(=いつも撮ってしまうもの)”はなんですか?

出展者募集ページはこちらから>>> ※9/27出展募集は〆切りました

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

ホトリ公募展「Brownies 35 ! – my usual -」 10/17()~24(日)

hide / 斉藤 和紀 / 八木 香保里 / 中耶 莉佐 / ひろき / スズキ トモコ / 小池 舞 / masa* / 菓子 京子 / ナカノジュン / emi ootaka / 佐藤 翔 / ドリキャス / 高谷 晃生 / ヤマモトサヤカ / ガミ ロジオ
Nozomu Ishikawa/ANALOGUE is
Yamazaki Rika/ANALOGUE is
Rika kasai/ANALOGUE is /// saorin

◆会期:2021年10月17日(日)~24日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

【会期中開催予定のレッスン・ワークショップ】

「今日なに食べる?What will you eat today? 」11/6(土)・7(日)開催のお知らせ

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2021年11月に開催される食にまつわるアートイベントのお知らせです。
おいしいご飯は世界を救う!(笑)興味深いテーマのイベントですね。
以下、主催者の to you exhibition さんからの展示についての案内メッセージです。

To you

こんにちは。to you exhibitionです。
お元気にしていますか?
美味しいご飯、ちゃんと食べていますか?

「食べる」ことは私たちが生まれた時から最期まで行う生命活動です。

あなたにとって「食べる」とはどんなことですか?

私たちは「食」という漢字を起点として、これにまつわる様々な価値観をアート作品として表現します。
作家7人の異なる視点から「食」を見つめ直し、新しい世界の見方をみなさんと模索できたら嬉しいです。
ぜひ、遊びにいらしてください!

Sincerely, us

今日なに食べる?What will you eat today? 11/6(土)・7(日)

◆会期:2021年11月6日(土)・7日(日)11:00~17:30
※入場料(800円)がかかります

来場を希望される方は、予約フォームの記入にご協力お願いします。

入場予約フォームはこちら>>>

◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

「ちくわとこんぺいとう」 10/30(土)・31(日)開催のお知らせ

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2021年10月に開催されるグループ展のお知らせです。

ちくわとこんぺいとう
なんだか懐かしい感じもしてくる、イメージ写真ですね。


マキ♂さん主宰のグループ展です。ぜひご来場ください。

ちくわとこんぺいとう  10/30(土)・31(日)

Instagram
@makitoiunamae

Twitter
@makitoiunamae

◆会期:2021年10月 ※土日2日間でオープン時間が異なります。ご注意ください。
10月30日(土)12:00~19:00
10月31日(日)11:00~18:00

◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

【ホトリ写真塾・masa*photo】 フィルムカメラレッスン 10/16(土)/10/21(木)開催のお知らせ

フィルムカメラで写真を楽しむ、1DAYレッスン

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
毎回好評をいただいている「masa*photo lesson」のフィルムカメラレッスン。
次回は2021年10月16日(土)/10月21日(木)の開催が決定しました。
土曜と木曜、いずれかご都合のよい曜日でご参加可能です。
今まで10回以上開催している人気のこのレッスン。フィルムカメラに興味がある皆さま、ぜひご参加くださいね。

・最近フィルムカメラを買ってみたものの、いまいち使い方がわからない
・絞りとシャッタースピードの関係、実はあまりわかっていない
・露出って?フィルムカメラではどうやればいいの?
フルマニュアル中判フィルムカメラでも撮れるようになりたい!

などなど、最近フィルムカメラデビューした人も、前から撮ってるけど実はいまいちわかっていない人も参加OK!

masa*さんによる、フィルムカメラの撮り方を実践でレクチャーと、わたくしホトリ室長saorinによる、フィルムカメラのはじめて物語のトークイベントという、1DAYで撮って、ついでにフィルム写真の成り立ちまで聞けちゃう、盛りだくさんレッスンです!

※2021年9月以降の開催から、当日現像・プリント見せ合いはなくなります。
撮影したネガフィルムをお預かりし、こちらで現像・一部プリントを行い、後日郵送という形に変更いたします。
それに伴い、35mmのワークショップ代金の改定を行っております。

IMG_3551

レッスンの詳細・様子は募集要項の下部をご覧ください。

【ホトリ写真塾・masa*photo】フィルムカメラレッスン 10/16(土)/10/21(木)

◆日時:2021年10月16日(土)/10月21日(木)10時~13時半まで
◆参加費:カメラの種類で異なります。
35mmフィルムカメラの方・・・・9,000円(ネガフィルム現像代・プリント代4枚・郵送費込)
ブローニーフィルムカメラの方・・・・7,500円(ネガ現像・プリントなし)
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:
・お持ちのフィルムカメラ(カメラなしの場合は先着3名まで貸出可能)※10/21(木)カメラ貸し出し残1
写ルンですやPENハーフカメラなど、露出を変えられないフィルムカメラは対象外です。また、貸出しカメラは複数人で廻して使っていただく場合もあります。
ご自身でカメラを用意する方は、動作確認を行ってからの参加をお願いします。

・カラーネガフィルム1本
35mmの場合は24枚もしくは27枚撮りにしてください。またISO400のネガフィルムでお願いします。
ホトリでフィルムをご用意する場合は900円追加料金をいただきます。
(※フィルムはFUJIFILMフジカラー SUPERIA PREMIUM 400 135-27枚撮の予定です。)

◆定員:各日 4名

◆お申込み方法:  メールかLINE、または予約フォームからお申し込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、予約できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルもしくは1行目を「フィルムカメラレッスン申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・カメラの種類(まだお持ちでない方は、カメラなしと回答ください)

直近のレポート

2019年2月4日(月)開催のレポートはこちらから>>>
2019年4月12日(金)開催のレポートはこちらから>>>
2019年9月6日(金)開催のレポートはこちらから>>>
2020年1月18日(土)開催のレポートはこちらから>>>
2020年11月14日(土)開催のレポートはこちらから>>>

0911.10
1129.5

午前の部の講師、masa*さんは、スタイリングレッスンなどの時にはデジタルを使っていますが、作品撮りにはハッセルブラッドやContax Ariaなど、中判・35mm両方のフィルムカメラを使っていて、とても素敵な作品を撮られています。(以下、すべてホトリでのフィルムカメラレッスンで撮った写真だそうです)

ありそうでなかった、ホトリ写真塾のフィルムカメラレッスン。ぜひ、学びに来てくださいね!
カメラをまだお持ちでない方は、35mmフィルムカメラ(Contax Ariaほか)の貸出もあります!※先着3名まで

ことりっぷ・WEBサイトのフィルムカメラの特集「フィルムカメラことはじめ」で、ホトリも紹介していただきました。

masa_profile

講師:masa*
雑貨スタイリスト、テーブルフォト教室講師 masa*photoサイト

文化女子短期大学生活造形学科卒。
全国チェーンの雑貨店にて、店長やエリアマネージャーを経験。
仕事をしながら学んでいた写真やテーブルフォトのスタイリングを活かして活動するために独立。
2015年より、雑貨スタイリスト・テーブルフォト写真教室をスタート。
アンティークな雰囲気の渋可愛いスタイリングが得意。

masa*× saorin 二人の部屋 a room of photo and antique レポート

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日、わたくしsaorinと、スタイリングレッスンを担当しているmasa*さんの二人展「二人の部屋 a room of photo and antique」が開催されました。
今回は被写体として撮りたくなる作品がたくさん詰まった展示となりましたので、盛りだくさんの写真と共に振り返りたいと思います。

まず、入口から中央まではわたくしsaorinの部屋。

いつも使っている額のフレーム部分と、集めていた古い紙モノ(領収証や手紙、古書のページなど)とを、アワガミ和紙にプリントした花の写真と組み合わせて展示しました。
アワガミは、楮厚口生成という、少しクリーム色っぽい色の和紙を使用。ちょっと古びた写真のように見えたでしょうか。

続いて、奥のスペースがmasa*さんの部屋でした。

こちらのディスプレイされていたカメラ、ジャンクで入手したカメラだそうですが、なんとチェキフィルムを装填して撮影することができるとのこと!

展示されていたチェキも、↑のカメラで撮影された写真です。
こんなことができちゃうんですね!

これは会場で実際に撮影してみている図。

入口のタイトルとお花を被写体に、のぞいてみます!

被写体のお花の露光を測ります。
さて、どんな風に見えているんでしょうか?!

のぞいてみると、おお!
上下が反転しているので少しわかりづらいですが、しっかり見えています!

それで撮影したチェキフィルム(モノクロ)がこれ。
思っていた以上にきれいにくっきり写っていました!
チェキフィルムをダークバックの中で取り出し、現像のためにチェキ本体に入れる必要があるので、その場ですぐに見られないのが少し残念ですが、でもこんなに素敵に写るなんて大興奮!

見た目だけでなく、こんな素敵な楽しみ方ができるんですね!

会場では、masa*さんの新作「Living with a sewing machine.」と、わたくしsaorinの新作「flowers」、また過去の関連著書・zineを販売いたしました。

masa*さんの新作zine「Living with a sewing machine.」
オンラインショップでも購入可能です!
逃した方はぜひ^^

オンラインショップでの購入はこちら>>>

私の新作zineは、この展示に合わせて制作した名刺BOXマッチ豆本。
手のひらに乗るほどの小さな作品です。
来月開催の公募展「Brownies35!」でも、ワークショップを開催予定です!

本当に、初日から最終日まで、お客様が途切れることがなく・・・
たくさんの方とお話しすることができました。

日中、外からの様子。

これは最終日、閉廊後にぱちり。
夜の雰囲気もまたいいんですよね。

最終日に来場してくださった方に、masa*さんとのツーショットを撮っていただきました!

実は、この二人展はもともとホトリの断捨離がきっかけでした。
というと、え?という感じなのですが(笑)
今年のはじめ、ホトリの倉庫にしまいこんでいた、過去の著書や依頼された仕事の作品のほとんどに別れを告げました。もとい、処分しました(笑)(要するに捨てた)
ほとんどが古く汚くなってしまったり、今から見ると少し拙さがあったりと、もうこれをお披露目することはないだろうなあという作品ばかり。

そんな中、2冊目の著書『写真と古道具のくらし』に掲載している、古道具やアンティークと写真を組み合わせた作品たちは、作ってから10年以上が経過した今見ても、「やっぱりいいな」と思うものばかり。

『写真と古道具のくらし』を上梓した時に、茅場町のMAREBITOさんで「写真と古道具のくらし」展を開催し、作品を展示しましたが、もちろんその当時ホトリはなく。(その時のレポートはこちら>>>
そんなわけで、この作品たちをホトリで展示してあげたいな、というのがきっかけでした。
ある意味、原点回帰ともいえる回顧展ですね。

ホトリで改めて展示するとなると、もちろん個展でもよいのですが、ふと(そうだ!masa*さんもアンティークや古道具、雑貨と一緒にスタイリングして作品を撮ってる!二人展にしてみよう~)と、お声がけし、開催が実現となりました。

本来なら、昨年2020年の秋くらいに会期を決めていたのですが、昨年は今年以上にコロナ禍で手探り状態のままが続き、気が付けば夏が過ぎ、会期間近となり(笑)
一度ペンディングして、改めて2021年9月に開催となりました。

そういうわけで、私にとっても、そして古くから私と交流いただいている方たちにとってはとても懐かしい作品たちが集い、逆にホトリでお会いしてからのお付き合いの方にとっては、新鮮な展示になったようです。
自分の原点とも言える作品たちを見ていただけたこと、本当にうれしく思いました。

また、うれしかったのはmasa*さんとのお部屋の境界線があまりなく、お互いの作品が違和感なく空間に溶け込んでいたという声をいただいたこと。
「本当に、二人の素敵なお部屋のようですね」という感想も。
まだまだ油断できないコロナ禍のさなか、足を運んでくださり、展示を見ていただけたこと。
改めて本当にうれしいことだと思っております。

ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった方。
そして、一緒に展示を開催してくださったmasa*さん。
本当にありがとうございました。

写真の残しかたワークショップ 2021年9・10月自由開催のお知らせ

9月に開催した写真の残しかたワークショップは、10月も同じ内容で開催いたします!

10月の「Brownies35!」会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。

名刺BOX和綴じ豆本
検視用レンズオブジェ
半透明アクリルパネル
フォトキャンドル
ジェルメディウム転写パネル

好きな日時に来ていただき、ご希望の作品を作っていただけます。
作ってみたい、参加してみたいワークショップがあっても日程が合わない・・・と思っていた方、ぜひご参加くださいね。
複数の作品の中から、好きなものを選んで自由に作っていただけます。
一度に2つ、3つの作品を作るのもOKです!(※ただし、時間がかかるので早目の時間にご来場ください)

◆日時:「二人の部屋 a room of photo and antique」「Brownies35!」会期中、お好きな日時をご指定下さい。
※制作時間は作品によって異なります。来場時間自由、各時間ごとに3名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2021年9月「二人の部屋 a room of photo and antique」会期中
6日(月)・7日(火)・8日(水)・9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)

2021年10月「Brownies35!」会期中
17日(日)・18日(月)・19日(火)・20日(水)・21日(木)・22日(金)・23日(土)・24日(日)毎日

各作品の詳細は、以下をご覧ください。

ジェルメディウム転写パネル

10/13追加
ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をベースパネルに転写させて制作する作品です。
写真がまるで絵画のように仕上がる、インテリアやギフトにぴったりのパネルです。

ワークショップ詳細ページはこちら>>>

名刺BOX和綴じ豆本

新作です!
名刺を入れられるマッチ箱型のBOXの中には、小さな名刺サイズの和綴じ豆本写真集をしのばせて。
外箱と、中の豆本を自分のお気に入りの写真で作ります。

ワークショップ詳細ページはこちら>>>

検視用レンズオブジェ+ミニケース

ベースのキャンバスパネル部分がリニューアル!
検視用レンズを使ったコラージュミニパネルと、ミニケースを1個ずつ制作します。

ワークショップ詳細ページはこちら>>>

半透明アクリルパネル

写真がうっすら透ける半透明アクリルパネル。
10×14cm、12×12cm、10×7cmと、3種類のサイズをご用意しました。さらに!2Lサイズも仲間入り。
最終的な厚みが1.2cmになるので、自立します。

ワークショップ詳細ページはこちら>>>

フォトキャンドル

飾っておくだけでとってもかわいいキャンドルです。ワークショップでは2個制作。
同じ写真で2個作ってもいいし、違う写真で1個ずつ作ってもOKです。

ワークショップ詳細ページはこちら>>>

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル

キャンバスパネルがベースの作品
woodart01
木の板がベースの作品
木の板(取っ手付きカッティングボード)がベースの作品

写真がまるで絵画のように仕上がる、インテリアやギフトにぴったりのパネル

ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をベースパネルに転写させて制作する作品です。
ベースは、絵画用のキャンバスパネル、もしくはシンプルな木の板のいずれかを選び、お気に入りの写真を転写させています。
キャンバスパネルは、少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。木の板は、木の地の色と木目を拾うので、木の素材感が際立ちます。
カラー、モノクロいずれも制作できますが、木のパネルをベースにする場合のおすすめはモノクロ。
カラー情報がない分、木の素材感とモノクロの迫力がマッチします。
(※写真はお気に入りのものでOKです)

以下の、3種類のベースからご希望の素材・サイズをお選びいただきます。

①キャンバスパネルベース
・FSMサイズ(22.7×15.8cm)
・F0サイズ(18×14cm)
・ミニサイズ(14.5×9.5cm)

②シンプル木の板ベース
・22.5×14×0.8cm(ワンサイズのみ)

③カッティングボードベース
・正方形
高さ21cm/幅14cm/厚み0.8cm
写真部分サイズ・・・12×12cm

・長方形
高さ25cm/幅12cm/厚み0.8cm
写真部分サイズ・・・15×10cm

gelpanel3

「Brownies35!」会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます

2021年9月・10月ワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

名刺BOX和綴じ豆本(このページ)
検視用レンズオブジェ
半透明アクリルパネル
フォトキャンドル
・ジェルメディウム転写パネル(このページ)

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル

◆日時: 「Brownies35!」 会期中のいずれか、お好きな日時をご指定下さい。
※制作時間は約60分、来場時間自由、各時間ごとに2名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2021年10月「Brownies35!」会期中
17日(日)・18日(月)・19日(火)・20日(水)・21日(木)・22日(金)・23日(土)・24日(日)毎日

◆参加費:
キャンバスパネルベース
FSMサイズ(22.7×15.8cm)・F0サイズ(18×14cm)/4,000円/ミニサイズ(14.5×9.5cm)3,500円 
シンプル木の板ベース 4,000円
フォトカッティングボード 長方形/正方形 4,000円
◆定員:各時間2名まで
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「ジェルメディウム転写パネル」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・希望のベースパネル(①キャンバスパネル/②シンプル木の板ベース/③カッティングボードベース)
・希望サイズ(①のキャンバスパネルまたは③のカッティングボードベースのいずれかを選択した場合)
①キャンバスパネルベース
・FSMサイズ(22.7×15.8cm)・F0サイズ(18×14cm)/4,000円/ミニサイズ(14.5×9.5cm)3,500円

③カッティングボードベース

・正方形
高さ21cm/幅14cm/厚み0.8cm
写真部分サイズ・・・12×12cm

・長方形
高さ25cm/幅12cm/厚み0.8cm
写真部分サイズ・・・15×10cm

・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に、パネルにしたい写真データをお送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)
メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※モノクロ・カラーいずれも可能ですが、写真の中で白っぽいところは透明になるため、木の板ベースのパネルの場合、そのまま木の色となります。モノクロの場合は明暗がはっきりしている写真が向いています。

※ジェルメディウム剤を使って写真をキャンバスもしくは木のパネルに転写させる作品です。作品の特性上、転写する際にひっかきやこすれ、かすれなどが生じる可能性が高い作品です。
よって、人物やペットの写真などで制作する場合、それらを十分ご理解いただいた上でお申し込みください。

キャンバスパネルベースは、FSMサイズ(22.7×15.8cm)/F0サイズ(18×14cm)/ミニサイズ(14×10cm)の3種類をご用意いたします。
カッティングボードベースは、長方形または正方形のいずれかをお選びいただけます。(サイズは以下の画像を参照ください)

①キャンバスパネルベース

②シンプル木の板ベース

モノクロで制作した作品。明暗がはっきりした写真が向いています。

woodart02
woodart08

カラーでも制作可能。
写真の中で白っぽいところは転写させると透明になるため、そのまま木の色になります。

woodart09

木の板のサイズは22.5×14×0.8cmです。

③カッティングボードベース

木でできたカッティングボードベースは、どんなインテリアにもなじむことうけあいです!
キャンバスパネル版に比べ、少し雑貨要素が強くかわいらしい雰囲気になりますので、サンプルのようにペットや子ども、お花、雑貨などの写真がマッチしそうです。
スクエアか長方形か、お好きなサイズをお選び下さい。

白木のカッティングボードに直接転写させるので、下の木目が見えてとてもナチュラルな雰囲気です。

お好きなベースパネルをお選び下さい。
皆さまのお申込み、お待ちしています!