【妄想畔小屋】写真の残しかたワークショップ 2020年7月・8月自由開催のお知らせ

apr-maywsmain

妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編ピンぼけ写真選手権、さらにホトリ夏の本場週間会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます
開催するワークショップ作品は、以下の5つです!

木のアートパネル
A4サイズ和綴じ写真集
フォトキャンドル
透けないアクリルパネル
半透明アクリルパネル

好きな日時に来ていただき、ご希望の作品を作っていただけます。
作ってみたい、参加してみたいワークショップがあっても日程が合わない・・・と思っていた方、ぜひご参加くださいね。
複数の作品の中から、好きなものを選んで自由に作っていただけます。
一度に2つ、3つの作品を作るのもOKです!(※ただし、時間がかかるので早目の時間にご来場ください)

◆日時:以下のイベント会期中(7月妄想畔小屋・8月ピンぼけ写真選手権・8月本場週間)のいずれか、お好きな日時をご指定下さい。
※制作時間は各作品詳細参照、来場時間自由
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2020年7月(妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編会期中)
12日(日)・13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)

2020年8月(ピンぼけ写真選手権&ホトリ夏の本場週間会期中)
3日(月)・4日(火)・5日(水)・6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・23日(日)・24日(月)・25日(火)・26日(水)・27日(木)・28日(金)・29日(土)・30日(日)

各作品の詳細は、以下をご覧ください。

半透明アクリルパネル
panel03
過去に人気だった透明アクリルパネルが新しくなって復活です!
今回新たにブラッシュアップした新バージョン「半透明アクリルパネル」は、2枚のアクリルパネルの層の中に写真を挟み込むため、表面に傷がつく心配がありません。
また今回の改良で、写真の色が薄くても大丈夫!くっきりきれいに仕上がります。
10×14cm、12×12cm、10×7cmと、3種類のサイズをご用意しました。さらに!2Lサイズも仲間入り。
最終的な厚みが1.2cmになるので、自立します。

木のアートパネル
woodart09
シンプルな木の板に、ダイナミックな山の風景写真を転写させています。
木の地の色と木目を拾うので、木の素材感が際立ちます。
カラー、モノクロいずれも制作できますが、個人的におすすめはモノクロ。
カラー情報がない分、木の素材感とモノクロの迫力がマッチします。

A4サイズ和綴じ写真集
murmur08
中身にアワガミ用紙(竹和紙)のA4サイズを20枚使用した、 本格的な和綴じ写真集です。
事前に、中身の写真20枚と、表紙の写真をお送りいただき、当日和綴じ製本の技法を学びつつ世界でたった1冊だけの写真集に仕上げます。(見開きではなく、片ページの仕上がりとなります)

フォトキャンドル
mountaincandol02
インテリアとして飾ったり、ギフトで贈るのにぴったり。飾っておくだけでもとってもかわいいキャンドルです。ワークショップでは2個制作。
同じ写真で2個作ってもいいし、違う写真で1個ずつ作ってもOKです。
ぜひ、お気に入りの写真で作ってみてくださいね。

透けないアクリルパネル
newacryl01
根強い人気の透けないアクリルパネル。業者に頼むととても高価なアクリルパネルですが、自分で制作も可能です。
今回申し込み分から、A4サイズが仲間入りしました!
大きいサイズで制作してみたい方はぜひ。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 A4サイズ和綴じ写真集

murmur01

本格的な和綴じ写真集を、アワガミ和紙で作りましょう!

A4サイズの和綴じ写真集が、写真の残しかた教室に登場します!
今まで、ポストカードやL版サイズの和綴じフォトブックの回は何度か開催していますが、サイズが小さいため、どちらかというと少し雑貨のイメージが強かった和綴じ本。
今回ご紹介するワークショップで作る作品は、中身にアワガミ用紙(竹和紙)のA4サイズを20枚使用した、 本格的な和綴じ写真集です。
事前に、中身の写真20枚と、表紙の写真をお送りいただき、当日和綴じ製本の技法を学びつつ世界でたった1冊だけの写真集に仕上げます。(見開きではなく、片ページの仕上がりとなります)

和風な写真が似合うのかな?と思いがちですが、意外にポップな写真でもはまるのが和綴じ&和紙のよいところ。
綴じ糸も色々ご用意しますので、色のセレクトによっては、スタイリッシュな雰囲気に仕上がりますよ!

本格的な写真集を作りたい方、ぜひご参加くださいね。お待ちしています!

awagami2019award01

こちらは昨年のアワガミ公募展でホトリ賞を受賞した方の副賞の写真集。
表紙のデザインはホトリにお任せいただきます。

murmur03

サンプルの写真集は、麻の葉綴じという綴じ方ですが、シンプルな六つ目綴じで制作します。

murmur04

最初にタイトルと作家名の扉ページを、

murmur10

最後にはタイトルと作家名を入れた簡単な奥付と呼ばれるページも入れます。
希望者はここにキャプション文も挿入可能です。

murmur05

中身の用紙は、竹和紙を使用します。
計20枚です。

murmur06 murmur07 murmur08

表紙は同じ竹和紙ですが、厚めの用紙を採用します。

murmur09

妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編とピンぼけ写真選手権会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます

2020年7月・8月ワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

・A4サイズ和綴じ写真集(このページ)
フォトキャンドル
透けないアクリルパネル
半透明アクリルパネル
木のアートパネル

【ホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップ】A4サイズ和綴じ写真集

◆日時:以下のイベント会期中(7月妄想畔小屋・8月ピンぼけ写真選手権・8月本場週間)のいずれか、お好きな日時をご指定下さい。
※制作時間は約60分、来場時間自由、各時間ごとに2名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2020年7月(妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編会期中)
12日(日)・13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)

2020年8月(ピンぼけ写真選手権&ホトリ夏の本場週間会期中)
3日(月)・4日(火)・5日(水)・6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・23日(日)・24日(月)・25日(火)・26日(水)・27日(木)・28日(金)・29日(土)・30日(日)

◆定員:各時間2名まで
◆参加費:10,000円(所要時間 約60分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。
・予約フォーム:https://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l

友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。
タイトルを「A4サイズ和綴じ写真集」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真を10枚お送りいただきます。(〆切・・・ワークショップ7日前まで)

データを送る際、写真集のタイトルと作家名も合わせてお知らせください。(※なければその旨お知らせください)

※写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、圧縮ファイル一つにまとめて以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。

※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

※個別に、時間もばらばらにお教えするので、作業を少しお待ちいただくこともあります。

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】フォトキャンドル

mountaincandol01 mountaincandol02

candle-01

ホトリ写真塾・写真の残しかた教室に、新作が登場しました!
インテリアとして飾ったり、ギフトで贈るのにぴったりのフォトキャンドルです。

candle-02

飾っておくだけでとってもかわいいキャンドルです。ワークショップでは2個制作。
同じ写真で2個作ってもいいし、違う写真で1個ずつ作ってもOKです。
ぜひ、お気に入りの写真で作ってみてくださいね。(連続燃焼時間は約15時間です)

妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編とピンぼけ写真選手権会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます

2020年7月・8月ワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

A4サイズ和綴じ写真集
・フォトキャンドル(このページ)
透けないアクリルパネル
半透明アクリルパネル
木のアートパネル

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 フォトキャンドル

◆日時:以下のイベント会期中(7月妄想畔小屋・8月ピンぼけ写真選手権・8月本場週間)のいずれか、お好きな日時をご指定下さい。
※制作時間約45分、来場時間自由、各時間ごとに2名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2020年7月(妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編会期中)
12日(日)・13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)

2020年8月(ピンぼけ写真選手権&ホトリ夏の本場週間会期中)
3日(月)・4日(火)・5日(水)・6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・23日(日)・24日(月)・25日(火)・26日(水)・27日(木)・28日(金)・29日(土)・30日(日)

◆参加費:4,000円(2個)
◆定員:各時間2名まで(所要時間 約45分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら

◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「フォトキャンドル」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名(複数でお申し込みの場合、お連れ様の氏名、メールアドレスをお知らせください)
・携帯連絡先
・他にも制作したい作品がありましたら合わせてお知らせください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に、キャンドルにしたい写真データをお送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※横写真のみとなります。また横長に写真をトリミングいたしますので、どの部分を残したいかなど希望がある場合は写真送付時にお知らせください。

IMG_0089

燃やし続けると、周りの写真部分だけが残っていきます。

IMG_0090

写真部分は紙なので、ちょっとした裂け目から蝋が溶けだしています。
実際に火を灯して使う場合は、受け皿をご用意ください。
また、キャンドルを灯している間はそばを離れないでください。
可燃物の近くでは使用しないでください。

candle-04

どの写真をキャンドルにしようか迷ってしまいそうです。

candle-03candle-05

皆さまのお申込み、お待ちしています!

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 半透明アクリルパネル

panel01

透明アクリルパネルがブラッシュアップして帰ってきました

過去に人気だった透明アクリルパネルが新しくなって復活です!

0427.9

こちらは過去に開催した分の透明アクリルパネル作品。
アクリルパネルの表面にラベルを貼りつけるというシンプルな方法で、それ故表面に傷がつきやすいこと、また色が薄い写真はややわかりづらいというデメリットがありました。

panel02

今回新たにブラッシュアップした新バージョン「半透明アクリルパネル」は、2枚のアクリルパネルの層の中に写真を挟み込むため、表面に傷がつく心配がありません。
また今回の改良で、写真の色が薄くても大丈夫!くっきりきれいに仕上がります。

sizeall_2lnew

新サイズ・2Lサイズが仲間入りしました。

panel05 panel04

妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編とピンぼけ写真選手権会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます

2020年7月・8月ワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

A4サイズ和綴じ写真集
フォトキャンドル
透けないアクリルパネル
・半透明アクリルパネル(このページ)
木のアートパネル

panel06 panel07 panel08

10×14cm、12×12cm、10×7cm、そして2L(17.8×12.8cm)と、4種類のサイズをご用意しました。
最終的な厚みが1.2cmになるので、自立します。

皆さまのお申込み、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】  半透明アクリルパネル

◆日時:以下のイベント会期中(7月妄想畔小屋・8月ピンぼけ写真選手権・8月本場週間)のいずれか、お好きな日時をご指定下さい。
※制作時間は約45分、来場時間自由、各時間ごとに2名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2020年7月(妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編会期中)
12日(日)・13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)

2020年8月(ピンぼけ写真選手権&ホトリ夏の本場週間会期中)
3日(月)・4日(火)・5日(水)・6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・23日(日)・24日(月)・25日(火)・26日(水)・27日(木)・28日(金)・29日(土)・30日(日)

◆参加費:6,000円(2L 17.8×12.8cm)/5,000円(10×14cm・12×12cm)/4,000円(10×7cm)
※追加制作は1枚につき3,500円(2L 17.8×12.8cm)/(3,000円(10×14cm・12×12cm)/2,000円(10×7cm)
◆定員:各時間2名まで(所要時間 約45分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「半透明アクリルパネル申込み」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・制作希望サイズ・枚数
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※アクリルパネルの表面に、透明ラベルの写真を貼りつけます。手作業となりますので、若干の気泡が入ることがあります。
内容を考慮しご了承願います。(ただし、気泡が目立たないようにコツをお教えします)

panel03

※色の濃淡がはっきりしている写真、また↑のように、淡いところと色が濃くてごちゃごちゃしたところがMIXされた写真が向いています。
空などのっぺりした部分は気泡が目立ちやすくなります。
写真を選ぶ際の参考にしてみてください。

モノクロ写真は不向きです。

※事前に写真データを希望枚数分お送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです。)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺2,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 透けないアクリルパネル

newacryl01

自分で作るアクリルパネルが登場

昨年ホトリ写真塾・写真の残しかた教室に新たに登場した透けないアクリルパネル。
展示作品としてかなりおすすめの作品です。(→半透明アクリルパネルはこちら
アクリルパネルは業者に頼むのが一般的ですが、工夫すれば自作できるんです!
今までは2Lサイズのみでしたが、今回申し込み分から、A4サイズが加わります!(※2Lサイズは2枚制作、A4サイズは1枚制作です)

妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編とピンぼけ写真選手権会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます

2020年7月・8月ワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

A4サイズ和綴じ写真集
フォトキャンドル
・透けないアクリルパネル(このページ)
半透明アクリルパネル
木のアートパネル

newacryl02

newacryl03
newacryl04

裏側に木の棒をゲタとして付けるので、釘や画鋲などで留めることができますよ!

newacryl06

皆さまのお申込み、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】  透けないアクリルパネル

◆日時:以下のイベント会期中(7月妄想畔小屋・8月ピンぼけ写真選手権・8月本場週間)のいずれか、お好きな日時をご指定下さい。
※制作時間は約90分、来場時間自由、各時間ごとに2名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2020年7月(妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編会期中)
12日(日)・13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)

2020年8月(ピンぼけ写真選手権&ホトリ夏の本場週間会期中)
3日(月)・4日(火)・5日(水)・6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・23日(日)・24日(月)・25日(火)・26日(水)・27日(木)・28日(金)・29日(土)・30日(日)

◆参加費:5,000円(2Lサイズ2枚分)/6,000円(A4サイズ1枚分)※追加1枚につき2Lサイズ2,000円/A4サイズ5,000円
◆定員:各時間2名まで(所要時間 約90分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「透けないアクリルパネル申込み」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に写真データを2枚お送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです。)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺3,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 木のアートパネル

woodart01

木の板に写真を転写させてアートパネルを作りましょう

シンプルな木の板に、ダイナミックな山の風景写真を転写させています。
木の地の色と木目を拾うので、木の素材感が際立ちます。
カラー、モノクロいずれも制作できますが、個人的におすすめはモノクロ。
カラー情報がない分、木の素材感とモノクロの迫力がマッチします。

木の板のサイズは22.5×14×0.8cmです。

woodart02  woodart07

モノクロで制作した作品。明暗がはっきりした写真が向いています。

woodart08

カラーでも制作可能。
写真の中で白っぽいところは転写させると透明になるため、そのまま木の色になります。

woodart09

妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編とピンぼけ写真選手権会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます

2020年7月・8月ワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

A4サイズ和綴じ写真集
フォトキャンドル
透けないアクリルパネル
半透明アクリルパネル
・木のアートパネル(このページ)

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】  木のアートパネル

◆日時:以下のイベント会期中(7月妄想畔小屋・8月ピンぼけ写真選手権・8月本場週間)のいずれか、お好きな日時をご指定下さい。
※制作時間は約60分、来場時間自由、各時間ごとに2名までの制限を設けます
※時間はすべての日程で14:00~17:00 希望のスタート時間をお知らせください

2020年7月(妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編会期中)
12日(日)・13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)

2020年8月(ピンぼけ写真選手権&ホトリ夏の本場週間会期中)
3日(月)・4日(火)・5日(水)・6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・23日(日)・24日(月)・25日(火)・26日(水)・27日(木)・28日(金)・29日(土)・30日(日)

◆参加費:4,000円(所要時間 約60分)
◆定員:各時間2名まで
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「木のアートパネル」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に、パネルにしたい写真データをお送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)
メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※モノクロ・カラーいずれも可能ですが、写真の中で白っぽいところは透明になるため、そのまま木の色となります。モノクロの場合は明暗がはっきりしている写真が向いています。

※ジェルメディウム剤を使って写真を木のパネルに転写させる作品です。作品の特性上、転写する際にひっかきやこすれ、かすれなどが生じる可能性が高い作品です。
よって、人物やペットの写真などで制作する場合、それらを十分ご理解いただいた上でお申し込みください。

woodart03 woodart04 woodart05 woodart06

第六回アワガミ公募展「旅の記憶」 レポート

0622.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
緊急事態宣言が解除され、営業再開して初の展示、第六回アワガミ公募展「旅の記憶」が終了いたしました。
私自身の思いは最後に書かせていただくとして、まずは展示のレポートをお届けします。

0622.2 0622.3

ホトリの壁に作品が展示されている状態が本当に久しぶりで、初日はじーんとしてしまいました。

0622.4 0622.5 0622.6

今回、アワガミファクトリーの工藤多美子さんにゲスト出展をお願いしました!

おちいし辺り
工藤 多美子

0622.7

木製パネルの側面に注目!

0622.8

「午後のシェスタ」
saorin

かれこれ10年ほど前に初めて訪れた沖縄。
那覇の街をうろうろしていたら、路地裏にこんな光景が広がっていました。

0622.9

「あの日、あの風」
ZAKI@仙台人

0622.10

「美人のパウダーマジック」
ろびこ

0622.11

菓子 京子

0622.12

「ふりかえれば、はるのうみ」
金子 明美

0622.13

「在る」
近藤 美樹

0622.14

「Ritardo e Salute」
坂本 敦子

0622.15

「KUGENUMA MEMORIES」
金子 美香

0622.16

「静寂の中で」
高橋 みどり

0622.17

「#インド軟禁生活」
hide

0622.18

「ボロブドゥールの夕日」
「ボロブドゥールの朝日」
菊地 達治

0622.19

三嶋 裕子

0622.20

「迷いの先に」
言の葉 (小林真佐子)

0622.21

「赤い実が誘う」
細田 葉子

0622.22

Mayumi Nakamura

こちらのMayumi Nakamuraさんの作品は、今回のアワガミ賞に選ばれました!
Nakamuraさん、おめでとうございます!
以下、アワガミ工藤さんよりメッセージです。

————————————————————

この度のアワガミファクトリー賞はMayumi Nakamuraさんに決定させていただきました。
春先、とても短い期間にあっという間に世界が変わってしまいました。日常も大きく変わり行動制限がされるという、想像もしていなかった事を受け入れざるを得ない中で、テーマの「旅」には様々な想いが感じた方は少なくないと思います。
感傷的でもあり、旅のストーリーを感じさせられる組写真に魅かれて選ばせて頂きました。

————————————————————

そして・・・昨年に続き、ホトリ賞はお二人いらっしゃいます!!

0622.19

お一人目はこちらの三嶋 裕子さんの作品。
三嶋さんのモンゴルの作品は、とても個性的なフレームにドキュメンタリー映像のように作品が組まれていて、全体から旅の空気感と匂いのようなものを感じました。

0622.15

お二人目は、金子 美香さんの作品「KUGENUMA MEMORIES」
太陽が沈みゆくマジックアワーの美しさ、空と波打ち際の色のグラデーション、海の向こうにうっすらたたずむ富士山。
美しく繊細な旅の風景をアワガミで見事に表現されていました!

というわけで、三嶋 裕子さんと金子美香さん、お二人の作品を、今回のホトリ賞に選ばせていただきました!
お二人には後ほどわたくしからご連絡いたしますのでお待ちくださいね^^

0622.23

出展者の皆さまのブックと、

0622.24

アワガミ和紙も販売。
和紙と一言で言っても、竹や楮など原材料が違ったり、厚さや質感が違ったりと、奥が深いです!

0622.25

余談ですがホトリオーダーTシャツも展示(笑)
ご注文くださった皆さまありがとうございます!

0622.26 0622.27

全9日間の会期を無事終了することができました。
以下、今回のアワガミ公募展「旅の記憶」であいさつとして寄せた文章の一部を、御礼と締めくくりの言葉に代えさせていただきます。
少々長いですが、お目通しください。

————————————————————-

「写真展を開催する」
そんな、ギャラリーとして当たり前のことができなくなって早3か月。
季節はいつのまにか巡って、春から夏に移り変わろうとしています。
新型コロナウィルス、このやっかいな存在は、私たちの今までの生活を根本からくつがえしました。東京に緊急事態宣言が発令されてからは、4月・5月に開催を予定していた展示イベントをことごとく延期し、ただひたすら耐え忍ぶしかないという状況で、果たして写真企画室ホトリというこのギャラリーを今後続けていくことができるのだろうか。
ずっとそんなことを考えていました。

そんな中、少しずつ状況がよくなっていき、このアワガミ公募展は最初から決まっていた会期通り、開催を果たすことができました。
足を運んでもらわないと成り立たないギャラリーという仕事。
お客さまに会場で直に展示を見ていただくことが、こんなにも嬉しいとは思いもよりませんでした。

2014年にホトリで初めてアワガミワークショップを開催し、翌年には初となる第一回アワガミ公募展「日本の四季」開催を果たしました。それ以降、毎年6月はアワガミ公募展の時期と思えるほど、写真企画室ホトリにとって一番の老舗公募展に成長しました。本当にたくさんの出展者に参加いただき、そしてたくさんのお客さまに足を運んでいただいています。

ーーー中略ーーー

最後に、今回公募展に出展してくださった皆さま、今回ゲスト作家として出展
してくださったアワガミファクトリーの工藤さん、そして何より、この公募展
に足を運んで見に来てくださった皆さまに、心よりお礼を申しあげます。
ありがとうございました。

写真企画室ホトリ 室長  saorin

 

 

 

 

 

【妄想畔小屋】FREELIGHTミニ展示会開催!

FREELIGHTmain

人気ULブランド・FREELIGHTのミニ展示会開催が決定しました!

7/11(土)~19(日)開催の妄想畔小屋 vol.2 八ヶ岳編の会期中、同時にFREELIGHTのミニ展示会を開催します。
前回ではわたくしsaorinが所有するザック2種を展示しましたが、今回はFREELIGHTさんにご協力いただき、新型となるドームシェルターやオリジナルシュラフ Wrapta&UL.Mantaプロトタイプのテントなども展示させていただくことになりました!(※展示のみです。販売はいたしません)

コロナ禍でテントの中に入っていただくテン泊体験は今回見送ることになりましたが、FREELIGHTさんのテントを実際に見れるチャンスです!
ほかにも一部クッカーなどのアイテムも展示予定です。

具体的に何を展示するかは、後日お知らせいたします。

※イベントは予定です。昨今の事情により開催されないこともありますことをご了承ください。

FREELIGHT02

FREELIGHT03 FREELIGHT04 FREELIGHT05 FREELIGHT06

ホトリ公募展「第一回 ピンぼけ写真選手権」 8/2(日)~9(日)開催のお知らせ

アワガミ公募展4C_original

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
ホトリ新企画の公募展!「第一回 ピンぼけ写真選手権」開催のお知らせです。
(出展者募集は〆切りました。募集概要ページはこちら>>>

テーマは、ずばり「ピンぼけ」(ブレぼけもOK!)
ピンぼけ写真って、普通いわゆる“失敗写真”ですよね。
でも、失敗写真でもなんか自分は好きなんだよねーという写真、ありませんか?

すごーく気に入ってるんだけど、ややピンぼけ、ブレぼけ。
いえいえ、ピンぼけ、ブレぼけ、上等です!
気に入っている写真はみんな作品です!

誰に何と言われようが、このピン・ブレぼけ写真、とにかく好き!みんなに見てもらいたい。
19名の出展者による、そんな愛すべきピン・ブレぼけ写真、とくとご覧あれ!

期間中はホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップや、ホトリオーダーTシャツ受注会、旅と山モチーフの店・畔商店もオープン&開催いたします。

ホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップ詳細はこちら>>>

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

前代未聞?! 失敗写真でもとにかく好き! みんなのピンぼけ・ブレぼけ写真が大集合!

ホトリ公募展「第一回 ピンぼけ写真選手権」 8/2(日)~9(日)

◆会期:2020年8月2日(日)~8月9日(日) 13:00~19:00 (最終日は18時閉場/会期中無休)
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<出展者一覧>

上野 四索 / 内山 康一郎 / Kaoru Maruyama / かーはら英子 / 菓子 京子 / 金子 美香 / スズキ トモコ / Dabitz / tomohan / Noël / はるれい / フルヤ マモル / masa* / 松原 雅枝 / モリチカコ / 山口 砂紀 / rieky / りった /// saorin

きいろろぐみ写真展 7/25(土)・26(日)開催のお知らせ

このイベントは終了しました。レポートはこちら>>>

きいろろぐみ写真展

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
7月に開催されるグループ写真展のお知らせです。

以下、主催のきいろろさとるさんからのコメントです。

—————————————————————————–

「きいろろぐみ写真展」

まなびのマーケット「ストリートアカデミー」の写真講座きいろろぐみ

https://www.street-academy.com/steachers/28854

で集まった個性豊かな作家たちによるグループ展を開催します。

【ご来場時のお願い】
・ホトリ入場時はマスクの着用をお願いします。また、アルコール消毒液をご用意しますので入場時に手の消毒をしていただきます。
・来場されるご本人並びに、そのご家族に発熱の症状がある場合は、来場をお控えください。
・常にソーシャルディスタンスを心がけた展示鑑賞をお願いします。
・念のため入店制限を行います。一度に7人以上の入場がある場合はお待ちいただくこともあります。したがって、なるべく友人同士の来場はお控えください。

きいろろぐみ写真展   7/25(土)・26(日)

◆会期:2020年7月25日(土)11:00〜18:00/7月26日(日)11:00〜17:00
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

・開催記念の講座もやります(決まり次第お知らせします)

【出展作家】

・杵淵 広光 ・鯨野 世太郎 ・.mitsuru yoshid@
・松本良次 ・宮崎正弘 ・Risaito   ・きいろろさとる
ゲスト作家 広瀬ゆい