【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル 3/23(金)・4/7(土)

gelpanel1cutting_01

写真がまるで絵画のように仕上がる、インテリアやギフトにぴったりのパネル

おなじみのワークショップとなりました、元祖ジェルメディウム転写パネルと、最近デビューしたフォトカッティングボード。制作方法は同じなので、どちらか選んで作れるようになりました!
昨年日本テレビ系列「ズームイン!サタデー」でも紹介されて、問い合わせも多いこちらの作品は、ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をキャンバスパネルに転写させます。
少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。

gelpanel3

キャンバスパネルは、FSMサイズ(22.7×15.8cm)/F0サイズ(18×14cm)/ミニサイズ(14×10cm)の2種類をご用意いたします。ミニサイズは、2枚までなら複数制作可能です!

cutting_02

また、木に転写させるカッティングボードでの制作も可能です。
作品の詳細は、募集記事の↓をご覧くださいね。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 ジェルメディウム転写パネル or フォトカッティングボード  3/23(金)・4/7(土)

◆日時:3月23日(金)11時~/4月7日(土)11時~(約1.5時間 ※作品サイズなどで仕上がり時間は変わるため目安です)
◆参加費:
ジェルメディウム転写パネル
FSMサイズ(22.7×15.8cm)・F0サイズ(18×14cm)/4,000円/ミニサイズ(14×10cm)3,500円 ※ミニサイズは2枚まで制作可能、1枚ごとに料金がかかります
フォトカッティングボード
長方形/正方形 4,000円
◆定員:4名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名(複数でお申し込みの場合、お連れ様の氏名、メールアドレスをお知らせください)
・携帯連絡先
・ジェルメディウム転写パネル / フォトカッティングボード いずれか
・制作希望サイズ、枚数
・参加希望日( 3/23(金)or 4/7(土)いずれか)

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に、パネルにしたい写真データを希望制作枚数分枚お送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※全体的に、白っぽい部分が多い明るい写真がおすすめです。

※ジェルメディウム転写パネルは難易度が高く、ワークショップの特性上、転写する際にひっかきやこすれ、かすれなどが生じる可能性が高い作品です。
よって、人物やペットの写真などで制作する場合、それらを十分ご理解いただいた上でお申し込みください。

gelmediumu_sample
IMG_5117

ご夫婦で参加された方の作品。猫ちゃんかわいいですね!

IMG_5119

毛羽の流れや端の千切り方で、雰囲気が変わります。

カッティングボードの詳細はこちら。

cutting_03 cutting_04

白木のカッティングボードに直接転写させるので、下の木目が見えてとてもナチュラルな雰囲気です。

cutting_05 cutting_06 cutting_07

木でできたフォトボードは、どんなインテリアにもなじむことうけあいです!
キャンバスパネル版に比べ、少し雑貨要素が強くかわいらしい雰囲気になりますので、サンプルのようにペットや子ども、お花、雑貨などの写真がマッチしそうです。
スクエアか長方形か、お好きなサイズをお選び下さい。

ジェルメディウム転写パネルか、フォトカッティングボードかお好きな方をお選び下さい。
皆さまのお申込み、お待ちしています!

 

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 写真の御朱印帳 4/11(水)

gosyuin_01
gosyuin_sample

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
久々登場、写真の御朱印帳ワークショップを4月に開催いたします。
自分の写真を表紙に仕立てた、オリジナルの御朱印帳を作ってみませんか?

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 写真の御朱印帳 4/11(水)

◆日時:4月11日(水)15時~(制作時間約90分)
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆参加費:4,000円(材料費込)
◆定員:6名
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「写真の御朱印帳WS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・神社サイズかお寺サイズか  (神社・・・11×16cm /寺・・・12.4×18cm)

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真をお送りいただきます。(〆切・・・4/6(金))

横写真の場合は1枚、縦写真の場合は1枚もしくは2枚、メールもしくはLINEに添付してお送りください。
※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。
※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

◆御朱印帳について

gosyuin_02

表紙には、アワガミの楮厚口白を使います。

gosyuin_03

御朱印帳には、神社用とお寺用、2種類のサイズがあります。
左はお寺用で12.4×18cm、右は神社用で11×16cmです。

gosyuin_04

横写真の場合、二つに分割してプリントして仕上げます。こうして後ろから見ると1枚の絵につながっておもしろいですね。
横写真で作りたい方は、被写体が中央に来ている写真は避けてください。

gosyuin_05

縦写真は、2枚異なる写真を裏表それぞれ貼って作ります。
もちろん、同じ写真を両面とも貼ってもOKですよ。

gosyuin_06

奉書紙という和紙を蛇腹に仕立てます。

gosyuin_07

どなたでもきれいに仕上げることができます。

皆さまのお申込み、お待ちしています。

【gifoto】絵画のような写真のウェルカムボード、オーダー受付開始しました

welcomeboard01

一生に一度のウェディング。
パーティーでお客さまの目に最初に触れるウェルカムボードを、お気に入りの写真でオーダーしませんか。

welcomeboard02

ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をキャンバスパネルに転写させます。
少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。

welcomeboard03

Wedding Reception/日付/お名前の文字入れをいたします。
写真のA~Gの中からお好きな書体を選び、入れたい文字をお知らせください。
文字入れする場所は基本的にこちらにお任せいただきますが、ご指定がある場合も承ります。ご相談ください。

welcomeboard04 welcomeboard05 font

ご注文はこちらから>>>ハンドメイドの写真オーダーサービス「gifoto」

<注意事項!必ずお読みください!>

※写真によっては縦横いずれかがトリミングされることがあります。

※制作するのにまず写真データをお送りいただきます。データをお送りいただいてから、納品まで2週間程度お時間をいただきます。

※制作するのにまず写真データをお送りいただきます。データをお送りいただいてから、納品まで最長で2週間程度お時間をいただきます。
(データ送付先アドレス:info☆fotori.net ☆マークを@に変更してください。)

※ジェルメディウム転写パネルは作品の特性上、転写する際に多少のひっかきやこすれ、かすれなどが生じる可能性が高い作品です。
それらは味とみなしていただき、特に人物やペットの写真などで制作する場合、それらを十分ご理解いただいた上でご注文ください。

※全体的に、白っぽい部分が多い明るい写真がおすすめです。

サイズ:F4サイズ 33.3×24.2cm

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 サイアノプリント体験+パネル作り 4/12(木)

syano_main
syano20903.12
ホトリ写真塾・野澤教室の受講生作品

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
saorin著書『写真を楽しむ133のネタ帖』
作品No.043で紹介している「サイアノタイプ」。
俗に“青焼き写真”と呼ばれる古典的技法です。
この藍染を連想させる日本人にはなじみ深い、濃い美しい青で描かれたサイアノプリント。
理科の実験みたいなプリント体験と、さらにそのできあがったプリントを利用して、そのまま飾れる パネルを作りましょう!

サイアノプリントについての詳細は、募集概要の↓にありますのでご覧くださいね。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】サイアノプリント体験+パネル作り 4/12(木)

◆日時:4月12日(木)14時(約2.5時間)
◆参加費:6,000円(サイアノプリント体験薬剤・パネル用材料費込)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:なし
◆お申込み方法: メールもしくはLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
タイトルを「サイアノプリントWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先

※制作するパネルサイズはF0サイズ(18×14cm)です。

※お預かりした写真をモノクロに変換し、さらに明暗を反転させてOHPネガフィルムを作成します。
全体的に色が薄かったり、淡かったりする写真は不向きです。
色が濃い部分と薄い部分が両方ある、コントラストがはっきりした写真をお送りください。
info@fotori.net のアドレスに1枚添付すればOKです。(〆切:ワークショップ5日前/LINEでの送付もOK)

syano1

白い画用紙に薬剤を塗り、印画紙を作ります。
ハケの毛羽感がそのまま生かされるのがおもしろいですね。

0825.14

syano3

ネガフィルムに使うのは、ピクトリコさんよりご提供いただいている「ピクトリコプロ・デジタルネガフィルムTPS100」

0706.2

syano4

露光が終わり、水洗しています。
色が変わってきましたね!

ちなみに露光に必要な紫外線は、太陽光が一番簡単なのですが、天気に左右されるため
UVランプと併用して実験します。

syano5

きれいな青色になりました!

syano6

薄めたオキシドールを吹きかけると、さらにくっきりとした藍色になります。

薬剤は入手が若干面倒なため、自分でやると少々ハードルが高いサイアノプリント。
ぜひ体験して、飾れるパネルを作ってみませんか?

皆さまのご応募、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 フォトペーパーバッグ+ロウ引きカード 4/19(木)

photopaperbagroubiki_postcard1
roubiki_postcard4

ロウ引きフォトカードとペーパーバッグのワークショップ、久々にに開催です!
10×12cmくらいと小ぶりで、とてもかわいらしい写真のペーパーバッグと、ロウ引きカード2枚をセットにしました。
ペーパーバッグには、ミニLEDライトをおまけでおつけします。バッグは和紙に近い用紙で作るため、中に入れれば、ちょっとした写真ランプに早変わり。
写真好き、雑貨好きにおすすめの内容です。
ぜひご参加くださいね。

ことりっぷWEBサイトの特集「フィルムカメラことはじめ」ロウ引きカードを紹介していただきました!

過去に開催したレポートはこちらからご覧ください

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】フォトペーパーバッグ+ロウ引きカード4/19(木)

◆日時:4月19日(木)14時~(約2時間)
◆参加費:4,500円(材料費込)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:なし
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

メールの場合タイトルを、LINEの場合は最初の一文を「ペーパーバッグ+ロウ引きカードWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先

※ペーパーバッグに1枚、ロウ引きカード用に2枚、計3枚の写真をお送りいただきます。 (〆切:4/13(金)まで。LINEでのデータ送付もOKです)
必ず、3枚のうちどれがペーパーバッグでどれがロウ引きカード用なのか、ファイル名を変えるなどしてわかるように送ってください。
難しければ、別々にお送りください。

※なるべく大きいサイズのデータをお送りください。特にペーパーバッグの方はA4サイズの和紙にプリントします。
サイズが小さい写真は粗くプリントされることもありますのでご了承ください。

※ペーパーバッグは、A4横にプリントした用紙を組立てます。
被写体が中央に来ている写真は、脇のマチ部分に絵柄が出る場合もあります。
(※↑のたくさんバッグが並んでいる中の、上から3段目、中央のひまわりの写真)

詳細は以下もご覧ください。

photopaperbag2

ミニLEDランプをおつけします。バッグの中に入れるとこんな感じになります。

roubiki roubiki01

写真を蝋引きすることで、普通にプリントした写真が全く別物の雑貨カードに生まれ変わります!
蝋引きを覚えれば、包装紙などにも応用できるのでおすすめです。

roubiki02 roubiki03 roubiki04 roubiki05 roubiki06

roubiki05

透け感がとてもきれいです。

roubiki02

紐も何種類かご用意しますので、写真に合わせてお選びくださいね。

roubiki03roubiki04

蝋引きは簡単ですので、覚えれば家でもできます!

皆さまのお申込み、お待ちしています。

 

tocolierさんでアロマワックスワークショップを体験してきました

0315tocolier01

自分で花材を選び、世界で一つだけのアロマワックスを作れます
こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今日はいつもとは違うレポートをお届けします!

服と花のアトリエショップ&ギャラリー、tocolier(トコリエ)さんで、アロマワックスワークショップを体験してきました。
※ワークショップについてはこちらに詳細あります>>>

0315tocolier02
0315tocolier03

tocolierさんは、東急池上線・長原駅にあります。
オリジナルの洋服や雑貨、小物、作家さんの一点物を取り扱うショップでもあり、ギャラリーでもあります。
また月に一度、テーマが変わる「flower week」もあって、花撮影会にも参加することができます。
ちょうど今日から3月のflower weekがスタートしたそう。テーマは「うららか」
春の訪れを感じるテーマですよね。

0315tocolier04

tocolierさんといえば、2016年11月にホトリで開催された写真家・川野恭子さんの写真展で展示されたインスタレーション作品も記憶に新しいところ。
「When an apple fell, the god died」のテーマをとても素敵に表現されていた作品でした。

で、先日訪れた際に体験してきたアロマワックスワークショップがとても素敵で楽しかったので、ご紹介します!
アロマワックスは、火をともさないキャンドルのようなもの。
tocolierさんが用意する花材を自由に組み合わせて、自分だけのオリジナルワックスを作れます。
アロマの香りに、とても癒されます!

0315tocolier05

まず、使いたい花材を選びます。
ドライフラワーとプリザーブドフラワーになったたくさんの花材があって、選ぶのにとても迷ってしまいます!でもこの迷う時間も楽しかったり。
季節によっても色々変わっていくそう。

0315tocolier06

アロマの香りを選びます。
2個作るので2種類、私はイランイランとローズを選びました。

0315tocolier07

選んだ花材を、土台のコップに並べていきます。
春らしく、でもちょっとだけ毒っ気のあるコケティッシュな感じをイメージしました。
黄色いのはバラ、黒いのはなんと山ごぼう!昔子どもの時に遊んだなー。
あとはユーカリ、千日紅などを組み合わせています。

0315tocolier09

温度をはかりながらワックスを溶かし、アロマオイルをたらします。

0315tocolier10

tocolierのmimiさんがお手本を見せてくれました。
今の季節にぴったりの、ミモザのリース型ワックスです。

0315tocolier08

花材を後からものせます。

0315tocolier11

では、私の番!
アロマワックスはすぐに固まり始めて後から修正ができない一発勝負なところがあるそうで、ロウを注ぎ込むのも緊張。(と言いつつ撮ってるけど)

0315tocolier12

リースの方にも注ぎました!
こちらは渋めのアンティークカラーの紫陽花をメインに、白くて可憐なこでまりを組み合わせて大人シックな雰囲気にしたつもり。

0315tocolier13

リボンを通す穴をストローを指して固定し、固めます。

0315tocolier01

完成!
リース型と丸型、両方作りましたが丸型の方はまだ完全に固まっていないので、家で容器を外します。
いやーかわいいなーにやにや。

0315tocolier14

家で飾ってみました。
リースの方は黒い台紙と組み合わせてシックに。

0315tocolier15 0315tocolier16

丸型の方は台紙に付けず、ドアにぶら下げてみました。
通るたびにローズの香りがふわっとしてとても癒されます♪

0315tocolier01

また季節が変わったらやりたいな。
プレゼントにもぴったりだと思うので、ぜひやってみてくださいね!

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 フォトハーバリウム 4/20(金)

harbarium01

写真をビンの中に閉じ込める世界観がギフトにぴったり

実際のお花を閉じ込めたハーバリウムの写真バージョン、フォトハーバリウムが写真の残しかた教室の新作として12月から登場します!

harbarium02

細長くカットした写真をレジンで固め、細長いボトルにとじこめます。
透明感のある写真をお楽しみくださいね。
※ボトルのサイズは長さが約10cm、直径が約3cmと小さ目です。

harbarium04web

ビンの中に写真を閉じ込め、シリコンオイルを注ぐことで独特の世界観が生まれます。
インテリアで飾るのがおすすめです!

皆さまのお申込み、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】  フォトハーバリウム  4/20(金)

◆日時:4月20日(金)14時~(約1.5時間 )
◆参加費:5,000円
◆定員:4名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「フォトハーバリウムWS申し込み」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名(複数でお申し込みの場合、お連れ様の氏名、メールアドレスをお知らせください)
・携帯連絡先

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に写真データを1枚お送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです。またホトリでご用意した写真も使えます!お申し込み時にお知らせください)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※縦写真、しかもかなり細長くなりますのでこちらでトリミングいたします。どの部分を入れたいか、写真送付時にお知らせください。

harbarium03

皆さまのお申込み、お待ちしています!

「ASIA GOHAN 17th by padma design 春タイ料理でデトックス」開催のお知らせ 4/1(日)

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください。>>>

AG17

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
ホトリおなじみのタイ料理を味わい尽くすフードイベント・ASIA GOHAN。今回で17回目を迎えます!
2018年一発目の開催は、新生活が始まる春。冬の間にため込んだ毒をタイ料理でデトックスしましょう!ちょうど桜も見ごろを迎えるかもしれません。
日本の食材をふんだんに使ったタイの春ごはんをぜひ味わってくださいね。
また、今回もファッション雑貨のお買い物も楽しめるタイつながりのゲストも参加されます!
さらに、12時からは初の開催となるヨガワークショップもあります!
おいしいタイ料理と合わせて、ヨガやかわいいアジアンなお買い物をお楽しみください。
ぜひ、皆さまお誘いあわせの上、ご参加ください。

過去の開催の様子は、以下のレポートをご覧ください。

ASIA GOHAN 1st (2013.3.24)
ASIA GOHAN 2nd (2013.6.23)
ASIA GOHAN 3rd (2013.9.1)
ASIA GOHAN 4th (2013.12.15)
ASIA GOHAN 5th (2014.3.22)
ASIA GOHAN 6th (2014.6.15)
ASIA GOHAN 7th (2014.8.23)
ASIA GOHAN 8th (2014.11.15)
ASIA GOHAN 9th (2015.3.22)
ASIA GOHAN 10th(2015.6.13)
ASIA GOHAN 11th(2016.6.12)
ASIA GOHAN 12th(2016.9.4)
ASIA GOHAN 13th(2016.11.13)
ASIA GOHAN 14th(2017.7.2)
ASIA GOHAN 15th (2017.10.1)
ASIA GOHAN 16th(2017.12.9)

以下、ASIA GOHAN主催のpadma design kyokoさんより、メッセージ&イベント概要です。

ag12_24
※写真はvol.13の様子です。

今回のテーマは『春タイ料理でデトックス』。
春は新しい命が芽吹く季節。
冬の間に体の中に貯め込んだ余計なものは、解毒効果のある食材で取り除くことができます。
ハーブをたっぷり使い、酸っぱい、甘い、ほろ苦い、など多彩な味を持つタイ料理は実はデトックスにもとても効果的です。
タイのハーブと春の野菜、旬のお魚で、美味しく楽しく心身をリフレッシュして、新しい季節を迎えましょう。

タイつながりのゲストもお招きします。
タイ料理といっしょに、ヨガやお買い物もお楽しみください。

SomOO(ソムオー)/アジアンファッション、雑貨販売
http://www.somoo.com/
インド、スリランカ、タイなどで買い付けた雑貨と新作のオリジナル衣類を販売します。
201804somoo

・タイ古式ヒーリング Lom(ロム)/タイ古式マッサージ施術、ハンドメイドソープ等販売
https://lomthai.jimdo.com/
lom

ヴァイクンタ・ヨガ”ワークショップ 12時~
ご予約はこちらから>>>波乗りベーカ・ヨガスタジオ
1210.25

ASIA GOHAN 17th by padma design 4/1(日)

【イベント概要】メニュー詳細は公式サイトからもどうぞ>>>

◆日時:2018年4月1日(日)13:00開場~18:00 ☆2部制です
1部:13:00~ 2部:15:30~ のお好きな会をお選びください。
調理実演は13時からと、15:30からの2回。開場時間内入退場自由です。
※11:50までヨガのワークショップを開催しています。
※1部のお客様は、2部が始まり満席になり次第、テーブル席から椅子席に移動していただく可能性があります
◆会場:写真企画室ホトリ(台東区浅草橋 浅草橋駅から徒歩6分)
http://fotori.net/?page_id=94
◆参加費:2,500円(別途ビールやオリジナルカクテルなどの追加販売もあります)
(メニュー予定:春野菜のサラダ、ハーブのサラダ、魚のガパオ炒め、季節の肉料理、スパイシーなハーブスープ、など。春の食材は変動が激しいのでASIA GOHANの公式サイトで随時更新します)メニュー詳細は、でご確認ください。)
5種類のおかずから3種類お選びいただきます。

※料金には1ドリンク、ジャスミンライス、デザートが含まれます。
※追加料金で追加のおかずもお選びいただけます。
※ご注文の多いおかずは、なくなり次第終了します。ご了承ください。

◆ASIA GOHAN予約フォーム
http://goo.gl/forms/noYu1RdCEQ

※キャンセルされる場合は、前日までに必ずご連絡ください。

※混雑時には、お食事提供までに少々お時間をいただいたり、まだお食事がお済でないお客様にお席をお譲りいただくなど、適宜お願いすることもあります。
恐れ入りますがご了承ください。

ホトリ写真塾・野澤教室卒展「目に見えるものと見えないものの間」レポート

0313.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日をもちまして、ホトリ写真塾・野澤教室卒展「目に見えるものと見えないもの夫間」が終了いたしました!
野澤教室史上、最も難しいテーマとなった今年の卒展。それでも、やはり「目に見えるものと見えないものの間ってどういうこと・・・?」と気になった方がたくさんいらしてくださいました。
受講生が悩みながら作品として表現した卒展となりました。
さっそくレポートいたします。

0313.2

初日は、オープニングパーティーを兼ねたギャラリートークを行いました。
まずは、みんなでカンパーイ

0313.3

さて、ギャラリートークのスタートです!
ちなみにギャラリートークというのは、自身の作品についての思い入れや意図、関連する色々な事柄をお話しすること。
トップバッターの方は何と原稿を用意していました!えらすぎる。

0313.4

野澤先生もコメントします。

0313.5

石畳の街
オグチトモコ

0313.6

レイアウトの順番に話していきます。

0313.7


八木田 直樹

0313.8 0313.9

光景
rieky

0313.10 0313.11

越える境界
柳沢武志

0313.12

あっちから・こっちから・そっちなら
せきねまいこ(oyanekocamera)

0313.13

今回DMで使用したせきねさんの写真。とても不思議な世界観で、テーマにぴったりです。

0313.14 0313.15 0313.16

吉岡 明紀
#2017

0313.17 0313.18

ナナイロ
河原 英子

0313.19

ギャラリートークは、こういう意図だったのか・・・!とか、出展者に直接質問ができるなど、作品についての理解を深めるとてもよい機会です。

0313.20

そして、ホトリ中2階では卒展と同時開催で、受講生の河原さんによるミニ個展「かぴ」が開催されました!
階段を上がっていくと入口にカピバラののれんが。かわいいですね!

0313.21

中2階の空間をうまく活かして、作品を展示していただきました。

0313.22

動物たちが生き生きとしていて、この空間がまるで秘密の動物園のようでした!

0313.23

ライトを効果的に利用した作品。
中2階はやはりおもしろいです!

0313.24

0313.25

3日間と短い間でしたが、足を運んでくださった皆さま、気にかけてくださった皆さま、ありがとうございました。

野澤教室は今年2018年も開講予定です!
写真表現について深く学びたい方、ぜひお待ちしています。

野澤教室 2018年開講クラス 募集要項ページはこちら>>>

 

【ホトリ写真部】白川郷合宿2日目レポート/富山編

<<<1日目の白川郷編はこちら

0227.46

さて、2日目!
富山観光をすることになった我々富山チームは、世界で一番美しいと評価されているスタバへ。
緑の季節になると、芝生のグリーンにガラス張りのお店がとても美しいんだとか。
テラス席なんて気持ちよさそうですね!

0227.47

そして、その次に向かったのは富山県美術館
新しくできた美術館らしく、新しくてとてもきれいな美術館でした。
中にはこんなクマさんが。

0227.48

あ、外にもいた!
ちなみに屋上には「オノマトペの屋上」という名の屋上庭園があるそうなんですが、今は残念ながら冬季閉鎖中で見れませんでした。

0227.49

富山は、県をあげてアート&デザインが盛んなのでしょうか?
私たちが訪れた時、富山中(?)の小学校の子どもたちが参加している企画展が開催されていたのですが、その規模が半端なかったです。
これは、富山の薬売りがおまけで渡していた“角風船”だそう。
子どもたちが思い思いの絵を描き、それが風船となって糸でつながったアート作品になっています。
これ、写真でもできそうだな~

0227.50

プラスチックの透明なBOXに、色んな世界がぎゅっと詰まっています。

0227.51

数が集まると結構な大展示に!
なかなかおもしろかったです。
著書『写真を楽しむ133のネタ帖』で、写真ラベルを透明のビニール傘に貼りつける作品をご紹介しているのですが、これ、たくさん作ってホトリでも展示したら素敵かな?と思いました。

IMG_5396

個展「写真を楽しむ133のネタ展」の時に展示した作品。余談ですが。

0227.52

富山美術館を楽しんだあとは、ちょうどお昼時となったので腹ごしらえ!
と、移動中に発見したチューリップデザインのマンホール。かわいい。

0227.53

富山といえばやっぱり新鮮な海の幸!
というわけで、大将が握るお寿司屋さんで握り寿司を堪能いたしました。
おいしかったなー!

0227.54

そしてお腹もいっぱいになった後は、富山市ガラス美術館へ。
ここ、すごくスタイリッシュな建物で、写真を撮るのが楽しかったですよー!

0227.55

建物の中は吹き抜けになっていて、開放感があります。

0227.56

富山市立図書館も併設されているのですが、これがまたオシャレ!
こんな図書館が近所にあったらなーと、富山市民がとってもうらやましかったです!(笑)
毎日通っちゃいそう。

0227.57

大人も子どもも、みんな利用していました。本当に素敵な空間。

0227.58

色んな所からゲキシャする写真部メンバー。写欲、刺激されたねー!

0227.59

富山でアート&デザインを満喫し、我々一行は富山駅へ路面電車で向かいます。
と、乗車してみたらあら、なんだかレトロモダンで素敵な車両です。

0227.60 0227.61

どうやら、たまたまレトロな車両に当たったらしいです。ラッキー!

0227.62

北陸新幹線・かがやきで、一路東京へ。

0227.63

車窓からは立山連峰がばばーん!
うーんかっこいい。(山好きの部長、saorin)

0227.64

というわけで、2日間の冬合宿、楽しく終えることができました!
毎年夏に合宿していたけど、冬もよいです!
今度はどこに行こうかな?とみんなで相談しながらお開きとなりました。

ホトリ写真部の恒例グループ展「トリコ」は5月開催です!
こちらも詳細決まりましたらお知らせします。ぜひ見に来てくださいね。