「トリコ」 第六回ホトリ写真部グループ展のお知らせ

DM_fotori2019outlineOK

こんにちは。ホトリ室長兼、ホトリ写真部部長のsaorinです。
今年で6年目を迎えるホトリ写真部のグループ展「トリコ」が5月に開催されます!
ホトリ写真部メンバーそれぞれが、虜(トリコ)になる世界を表現します。
また個々の作品だけでなく、共通テーマとしてMY 平成を写真で表現します!
メンバーにとっての「平成」がどんなだったか、ぜひご覧ください。

毎年見どころたっぷりの、ホトリ写真部グループ展「トリコ」。
ぜひ今年も遊びに来てくださいね。
写真部メンバー一同、お待ちしています!

また、今年はホトリ写真部第五期生を募集します!
こちらの詳細は追ってお知らせしますので、お待ちください。

「トリコ」第六回ホトリ写真部グループ展

浅草橋のアトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」の写真部メンバーが、ファインダーを通して見ているモノ、夢中になっている世界をそれぞれの写真作品で自由に表現します。

◆会期:2019年5月18日(土) ~26(日)13:00~19:00 ※5月21日(火)・22日(水)休廊
◆会場:写真企画室ホトリ(〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10)
詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)

Emi / 佐藤 翔 / satoko* / Satomi Kurosaki / sayaendouh / Chieko Nakata /
ちくわ / Hitomi.I / ぴろ / minico / ヤベタカコ / 友紀 / りった ///
saorin(部長)

saorin photo exhibition 「walk around with him」レポート

0331.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
少し間が空きましたが、先日開催されたわたくしsaorinの個展「walk around with him」のレポートをお届けします。

アビと過ごした日々の欠片たちを展示という形で見たくて、ほとんど自分のために開催したような、本当に、ごくごく個人的な写真展です。
けれども、足を運んでわざわざ見に来てくださった方に「来てよかった」という言葉をたくさんいただいて、私自身も泣きそうになりました。用意した懐かしのアビノートにも、心温まる感想をたくさんいただきました。

急きょ会期を延長したのですが、2週目の週末は休廊ということを強調していたつもりが、やはりわかりづらかったようで、2週目の土日にご来場予定だった皆さまには申し訳なく思っています。

ともあれ、ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった方、ありがとうございました。

0331.2.2 0331.2 0331.3 0331.4 0331.5 0331.6.2 0331.6 0331.7 0331.8 0331.9 0331.10 0331.11 0331.12 0331.13 0331.14 0331.15 0331.16 0331.17 0331.18 0331.19 0331.20 0331.21 0331.22

0331.23 0331.24 0331.25.2 0331.25 0331.26 0331.27 0331.28 0331.29 0331.30

1DAY シュナウザー作品販売イベント 浅草橋シュナシッポ レポート

0401.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先週、1日限定のシュナウザーイベント「浅草橋シュナシッポ」が開催されました。
毎年人気の、化ワ叉堂雑貨店を上回る大盛況っぷりに私もびっくりしました!
整理券を配っても列がはけないこの人気ぶり。かわいいものを求めるお客さまたちの情熱がすごかったです(笑)
レポートいたします。

0401.2

整理券をもらった皆さま。
中には朝9時から並んでいる人もいらっしゃいました。

0401.3

やはり大人気のヒキノユキチュンさんの羊毛フェルトぬいぐるみ。
あっという間になくなっておりました・・・

0401.4 0401.5

イチゴやメロンをかぶってたり、パンダかぶってたり、長靴はいてたり。ほんとにかわいいです。

0401.6

軽くパニック状態(笑)

0401.7

他の出展者の皆さまのブースにも、シュナウザーアイテムがいっぱい!

0401.8 0401.9 0401.10 0401.11

ひゃー!かわいい看板犬・ツナちゃんです。
ぬいぐるみと一緒にぱちり。

0401.12 0401.13 0401.14 0401.15.2 0401.15 0401.16 0401.17

記念撮影コーナーもありました♪

0401.18

私はイベントスタートから1時間後くらいに会場を後にしたのですが、その時間でも見てください!この行列。
おそらく、ホトリで開催される中で最も人口密度が高いイベントだと思われます。

ご来場くださった皆さま、シュナシッポ出展者の皆さま、ありがとうございました。

8月限定!ホトリを格安で貸し出します!

2019Augustrent

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
通常、基本料金 1日/平日 12,000円・土日祝 15,000円で貸出ししている写真企画室ホトリですが、8月期間限定で貸出料金を通常の半額といたします。
諸条件を満たす方に限りますが、かなりお得です!(以下詳細ご確認ください)
ご応募をお待ちしています。

8月10日(土)~28日(水)の間 

平日・・・6,000円
土日祝・・・7,500円

※好きな日からスタートOK、飛び石日程可。
※毎日在廊できる方に限ります。(終日完全在廊を指します。また施錠・開錠、消灯等も会期中していただきます)
※展示・使用内容は自由です。写真展が望ましいですが、厳密には写真でなくてもかまいません。ただし、事前にどのような目的・展示か審査いたします。
※できればこれまでにホトリに来場したことがある方に限ります。これから来場予定も可。

◆お申込み方法:  メールまたはLINEでお問合せください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
LINEでお問合せいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

【ホトリ写真塾・野澤教室】 写真を考える。“Think photo”をはじめよう。 2019年野澤教室、開講!

nozawa-bkboard

写真を考える。“Think photo”をはじめよう。
ホトリ写真塾・野澤教室、2019年も開講します。

「写真を見るのではなく、読みたくなるような写真を撮る」
「写真は全部を見せない、写っていないものや目に見えないもので想像させる、イメージさせる」
写真を表現するとはどういうことなのか、一緒に考えてみませんか。

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
2019年6月スタートのホトリ写真塾・野澤教室のお知らせです。
今年で6期目となる野澤教室。今年は全7回となりました!
講評は昨年同様、プリントのみに限定して、より受講生の作品に寄り添った講座を目指していきます。課題もプリントのみ提出とし、回数は2回を予定。従来よりじっくり取り組んでいただくことになりました。
講座の概要については、ページの下記を熟読してくださいね。
皆さまのお申込み、お待ちしています!

また、昨年2018年開講クラスの卒展が4月14日(日)から開催されます。
ご興味ある方、ぜひご来場ください!

2018年開講クラスの卒展「感じるままに」についてはこちらから>>>

ホトリ写真塾・野澤教室2019

◆日時:全7回/各日14時~ 3時間程度(撮影実習の講座日は、開始・終了時間が前後する場合があります。また内容が変更となることもあります)

2019年
第1回 6月8日(土) オリエンテーション・受講生作品講評 ※課題第1回目
第2回 7月6日(土) 撮影実習1回目
第3回 8月3日(土) 撮影実習講評&第1回目課題の提出・講評
第4回 9月7日(土) 撮影実習2回目
第5回 10月5日(土) 撮影実習講評 ※課題第2回目
第6回 11月9日(土) ホトリ室長saorinによる企画ワークショップ(内容未定)
第7回 12月7日(土) 総評・座学講義・まとめ

※撮影実習の課題とは別の課題が2回出されます。(課題例:雨/手/多重露光/露光間ズームなど)

◆受講料:35,000円(テキスト代込、撮影実習交通費、施設入場料その他などは含まれません)
◆申込み〆切:5/19(日)
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:お持ちのカメラ(一眼レフ、コンパクトデジカメなど。スマフォや携帯カメラはNGです)
◆お申込み方法:メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「野澤教室申し込み」とした上で、
・氏名 ・携帯連絡先 ・メールアドレスをお知らせください。

折り返し、お返事いたします。
新規の方は、初回お申し込み時に、作品としての写真提出とアンケートにご記入いただきます。
昨年からの継続・もしくは過去に受講された方の申し込みも可能です。初回に作品の提出をお願いします。(過去の講義の内容が若干かぶる場合がありますのでご了承ください)

<注意事項>
こちらが定めている最小催行人数に達しない場合、開講しない場合があります。その際は申込み〆切日の5/19(日)までにご連絡します。
◎万が一欠席されても、振替はできません。
◎講座料35,000円は、開講日当日に直接お支払いください。
◎分割でのお支払いはできません。また途中でキャンセルされた場合も返金はできません。
◎全7回の受講終了後、任意メンバーで卒展を行っていただきます。その際、卒展に参加されない方が参加される授業中にも、展示についての講義に時間が割かれることもありますので、あらかじめご了承ください。

<Q&A>
[Q] 7回中、1回参加できないのですが、受講できますか?
[A] できます!ただし、振り替えはできませんのでご了承ください。また、新規でお申込みされる方は、なるべく7月初回にはご参加ください。
撮影実習をお休みされる場合、翌月の講評会にそれに代わる写真をプリントでご提出ください。

<ホトリ写真塾・野澤教室について>

この野澤教室は、写真の撮り方、カメラの使い方を教える、いわゆる普通の写真教室ではありません。

写真表現とは何か。
「作品を創る」とはどういうことか。
そもそも、写真ってなんなのか。

数多くある写真教室とは違った視点で、“写真とは何か”を講師から伝え、さらに皆さんと一緒に考えていく講座です。
さらには、中級者向けの教室によくある、撮影会→講評会をひたすら繰り返すわけでもありません。
したがって、写真の技術を向上させたい、または写真の撮り方の手引きに載っているような、教科書的な写真を撮りたい方には不向きの教室です。
また、講師の野澤先生は、表現するということを多角的にとらえて講義されますので、写真ではなく日本画を引き合いに出したり、音楽を聴かせたりと、写真撮影に直結していない内容もあります。
ですが、野澤先生は写真家であると同時に、30年以上も写真を教える講師としての実績があり、講評会も、プロジェクターでコメントをするほか、各受講者に講評シートを送って評価します。
自分の作品作りに悩んでいる方にもがっつり相談に乗ってもらえます。

<こんな人が向いています>
・上手に撮る、すてきに撮るという段階から1歩進んで、写真を作品にすることはどういうことなのか学びたい人
・ひたすら撮影するのではなく、写真表現を勉強してみたい人
・撮る、見る、プリントする、など写真を多角的に楽しみたい人

<過去の課題レポート>

◆雨(2017年1回目)
ame01ame03ame07
ame05 ame06 

◆手(2016年1回目)

hand02hand06hand04
hand03  hand05

<2017年受講生の皆さんの感想>

野澤先生の写真に対峙する考え方や指導方針が僕に合っていました。
例えば
「写真を見るのではなく、読みたくなるような写真を撮る」
「長く撮っていると考えが固定してしまう、違った被写体や違った撮り方にチャレンジする」
「綺麗な写真を撮って先生に褒められて嬉しい、で終わらせないで、遊び心を持って、新しい表現にチャレンジしてほしい」・・・etc.
なかでも、「上手く撮れた写真は持ってこなくていい、表現したいことをいかに頑張って撮ったかがわかる写真が見たい」という言葉に勇気付けられ、いろんな表現にチャレンジすることができました。
また、「写真は全部を見せない、写っていないものや目に見えないもので想像させる、イメージさせる」ことの重要性を改めて認識することができました。(Yさん)
—————————————————————————–
初回の開催から参加しました
そこそこ写真はとれちゃうけど、なんかもう少しうまくなりたいなーと思って
受講しました
理論でもない、テクニックでもないことを学びたい人には刺激をうける講座だと思います
好奇心旺盛で若々しい野澤先生との写真談義もとても楽しめました
それと、複数年参加して感じたのは
1年の受講で写真が格段と変わる方と 2年めに格段に変わる方が
いるようなので、できたら 1年でなく、2年続けて受けることをお勧めします
また、野澤先生の講座の期間中 ホトリ saorinさんのワークショップが
1ないし2回含まれましたが これも写真の可能性の遊び心をくすぐられます(Kさん)
—————————————————————————–
写真表現を楽しく学ぶことが出来ました。

「記録なのか、作品(表現)なのか。何を目的に写真を撮るかを明確にすること。
表現が面白ければ、どこまでも抽象化してよい。判断軸を自身で持つこと。」
野澤さんが初回で仰っていた話が印象的です。
ホトリ(saorin)さんの額装するだけでない、写真の残しかたに触れられるのもまた、良いところです。
今後も、気持ちいい、面白いを大切に、普段の生活から、共感できるものを増やし、写真表現の幅を広げていこうと思います。(Yさん)
—————————————————————————–
今、誰でもスマホで簡単に写真を撮り、SNSを通して多くの人がその写真を見る事が出来る時代ですが、私はもっと被写体と向き合い、写真を撮り、見て、プリントをし《作品創り》をしてみたい、そんな思いで野澤教室に通いました。

講義では、自分自身で気が付かなかった点に気づく事ができ、写真を撮った後工程(用紙やプリント方法)を、多角的に考えながら、写真表現について自身の写真とじっくり向き合い考え学ぶ事が出来ました。

また課題提出などで他の受講生の作品を見て、その作者の作品への想いを聞き、とても刺激を受けました。(Oさん)
—————————————————————————–
3年連続で参加しています。
基本的に各年でメンバーが違うので(続けてる方もいらっしゃいますが)、
その年で、少しずつ印象が異なりました。
でも教室の根本的な部分は変わらなくて、基本的に自由です。
自由だから、自分の裁量(というか努力?)次第でプラスになるし、何も変わらない可能性もあります(マイナスはないです)。
とはいうものの、短い期間ではあっても、自分ではない人の写真を見続けることができるので、それだけで面白かったです。
あと、クラスが終わったあとの懇親会(というか飲み会)が楽しかったです。(Yさん)
—————————————————————————–

<講師 野澤 勝先生について>

nozawa

野澤 勝 略歴
1943年東京生まれ。
東京綜合写真専門学校、阿佐ケ谷美術学園にて学ぶ。
写真家梶原高男、奈良原一高、園部 澄の助手を経て野澤写真事務所設立。
モータースポーツカメラマンとして活動(日本レース写真家協会所属)。
その後広告写真分野に移行し現在に至る。

執筆&講師経歴
1972年から各種カメラ雑誌で新製品レポートや撮影テクニック記事を執筆。
早稲田情報ビジネス専門学校編集制作科にて写真・デジタル画像処理演習講(1981~2003年)
日本カメラ誌月例コンテスト審査員(1999~2003)
フォトテクニック誌ファミリー写真部門コンテスト審査員(2000~2002)
新宿フォトコンテスト審査員(2002~2012)
コダックフォトクラブ季刊誌コンテスト審査員(2006~2010)
日本ハッセルブラッドフォトクラブ全国フォトコンテスト審査員(2001~現在)
高円寺阿波踊り写真コンテスト審査員(2003~2012)
ペンタックスリコー写真講座講師(1970~現在)
朝日カルチャーセンター講師(2009〜現在)

写真展&著書
<個展>
「レーシングサーキット」ペンタックスギャラリー
「TOKYO逍遥」UP40ギャラリー

<著書>
「暗室技法入門」日本カメラ社/「カラーリバーサルフィルム初級講座」フジフイルム
「やさしいストロボライティング」コメット/「林檎の秘密デジタル編」ペンタックス

ほとり写真講座用画像
01020304
ほとり写真講座用画像  ほとり写真講座用画像
撮影:全て野澤勝

<野澤先生からのコメント>

シャッ ターを押せば失敗なく写るのが今のカメラです。
その便利さに安住し、いつもカメラ任せのAE・AFで撮るなら、スマホ写真と変わりありません。カメラを使うということは、絞りやシャッタースピードなどを撮影意図に合わせて自在にコントロールして写すということだし、そこにカメラを使う意義があるのです。
言い換えれば、同じ被写体でも、絞りやシャッタースピード、WBを変えるだけで、全く違った写真になるということです。
また、いまはパソコンやインターネットも含めた写真の利用・活用の知識も必要な時代となっています。
こうした多岐にわたる写真の知識を、講義と撮影実習によってわかりやすく解説します。

皆さまのご応募、お待ちしています。

4月のイベント予定/営業カレンダー

04

こんにちは。ホトリ室長saorinです。4月のホトリスケジュールのお知らせです。
今日から私の個展「walk around with him」後半戦がスタートしました。本日25日(月)~29日(金)まで毎日13~19時にオープンいたします。(※最終日は~17時まで)
ホトリ近所の公園の桜も先日開花、今ちょうど2分咲くらいです。今週末~来週あたりが見ごろでしょうか。お花見も楽しみですね^^

新生活がスタートする4月は、毎年この時期おなじみのイベント「#travelian 4th flight」や、ホトリ写真塾・野澤教室2018年開講クラスの卒展「感じるままに」が開催されます。
お近くにお立ち寄りの時はぜひいらしてくださいね!

<2019年4月のホトリオープン日&ワークショップ>

4月のホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップスケジュールはこちらをご覧ください>>>

4/6(土)12:00~20:00 #travelian 4th flight
4/7(日)11:00~19:00 #travelian 4th flight
4/14(日)13:00~19:00 ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「感じるままに」
※4/15(月)・16(火)・17(水)ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「感じるままに」休廊
4/18(木)13:00~19:00 ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「感じるままに」4/19(金)13:00~19:00 ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「感じるままに」
4/20(土)13:00~19:00 ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「感じるままに」
4/21(日)13:00~19:00 ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「感じるままに」

<4月のイベント・ワークショップ>

4/6(土)・7(日)
#travelian4_mainmini
#travelian 4th flight 〜わたしの旅とあなたの人生〜
トラベリアンは、2016年からスタート。「わたしの旅とあなたの人生」をテーマにして、写真、映像、絵、音楽など様々なジャンルで表現して展示やトークを行うサロンのような場所/イベントです。

4/14(日)~21(日)※15(月)・16(火)・17(水)休廊
写真を楽しむ133のネタ展_4c

ホトリ写真塾・野澤教室卒展「感じるままに」

写真企画室ホトリの写真表現の中級クラス、ホトリ写真塾・野澤教室。昨年2018年開講クラスの卒展が4月に開催されます!卒展参加メンバー10名それぞれ素直に感じる心を表現いたします。

ホトリ写真塾・野澤教室卒展「感じるままに」4/14(日)~21(日)開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください>>>

写真を楽しむ133のネタ展_4c

写真企画室ホトリの写真表現の中級クラス、ホトリ写真塾・野澤教室。昨年2018年開講クラスの卒展が4月に開催されます!
毎年この時期月の卒展、今年で5回目となり、おなじみの展示となりました。
今年の卒展のテーマは、一見シンプルそうに見えますが、実はけっこう難しいかもしれません。
“感じるままにです。

野澤教室は、写真の撮り方、カメラの使い方を教える、いわゆる普通の写真教室ではありません。
写真表現とは何か。
「作品を創る」とはどういうことか。
そもそも、写真ってなんなのか。

数多くある写真教室とは違った視点で、“写真とは何か”を講師から伝え、さらに皆さんと一緒に考えていく講座です。

卒展参加メンバー10名それぞれ素直に感じる心を表現いたします。
ぜひお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

また、今年もホトリ写真塾・野澤教室2019クラスの開講を予定しています。
詳細はこちらのページをご覧ください>>>

ホトリ写真塾・野澤教室卒展 「感じるままに」

青柳 文恵 / idumi / オグチ トモコ / 草野 美加 / 坂井 けいこ /
simarisu /古庄 和代 / Miho naoi / 雪見しずく / Roco

◆会期:2019年4月14日(日)~21日(月)13時~19時(※月火水休廊、最終日18時まで
◆会場:写真企画室ホトリ
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813 (営業日以外はつながりません)

グループ展 N creation レポート

0311.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
この週末は、N高の在校生・卒業生による自主的文化祭「N creation」が開催されました。
写真作品やハンドメイドアクセサリーなど、6人の個性が集まったイベントでした。

0311.2

メーラさんによる写真作品。
ポジフィルムを透明キーホルダーに閉じ込めています。

0311.3 0311.4

つまみ細工や、

0311.5

ハンドメイドのアクセサリーなどがずらり。

0311.6 0311.7 0311.8

ガラスのアクセサリー作品もありました。

0311.9

このカラフルなフープピアスがかわいくて、私も一つお買い上げ。
ガラスの玉の中は空洞なので、とても軽いんだそうです。
春・夏につけたいなと思っています。

0311.10 0311.11 0311.12 0311.13

とんぼ玉作り体験ワークショップもありました!

0311.14

こういう持ち運びができるガラス用の機械があるのですね。

0311.15

バーナーの熱で刻々と形を変えていくガラスに見入ってしまいました。

0311.16

N高の皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

 

レイヤードコラージュフォトパネル・オーダー受注会のお知らせ

layeredpanel_main

saorin個展「walk around with him」会期中、こちらのレイヤードコラージュフォトパネルのオーダー受注会を行います。
(※またこちらは、ワークショップとしても開催いたします。ご自分で作りたい方はこちらをどうぞ>>>

個展会期中、ホトリで私saorinに「レイヤードコラージュフォトパネルのオーダー希望」とお声がけください。

DSC_2030

かわいいペットやお子さま、また結婚式の新郎新婦など、スマフォなどで撮ったお気に入りの写真が、小さなアクリルパネルになりました。
厚みがあって自立するので、お部屋のちょっとしたところに飾れます。
インテリアの邪魔をしないシンプルなデザインなので、ギフトにもぴったりです。

厚さ5mmのアクリルパネル3枚が重なっており、その中に写真がはさみこまれているので、まるで浮いているかのような立体的なパネルに仕上がっています。
こちらでご用意している美しい風景写真の中から背景をお選びいただき、お好きな英語書体でメッセージ吹き出しを入れられます。
背景はもちろんご自身で撮られた写真でもOKです。
一つ一つハンドメイドで仕上げる、世界で一枚のオリジナルパネルです。

サイズ:10cm×10cm
厚さ:約1.5cm
料金:4,000円(送料込)

今回の受注会では、私の個展会期中にホトリに直接ご来場いただき、写真データをお預かりして後日発送いたします。(お届けまで2週間程度かかります)
パネルが実際にどんなものなのか、直接見ながら相談ができます。

ちなみに、ホトリに来場が不可の方も、オンラインで注文を受け付けておりますのでこちらからどうぞ。注文はこちらから>>>

【STEP1】

2019年3月16日(土)~29日(金)のsaorinの個展「walk around with him」会期中(ただし※22日・23日・24日を除く)ホトリにご来場いただきます。
パネルにしたい主役の写真をお預かりします。スマホの場合はLINEかメールで送付していただきます。あらかじめSDカードに入れて来ていただいてもOKです。
また背景の写真も自分のもので作りたければそのデータも合わせてお持ちください。会場で、入れたいメッセージ文面と書体の相談を行います。

【STEP2】

一度、メールかLINEで完成予想図の仮コラージュ写真をお送りし、サイズや位置などをご確認いただきます。OKでしたら、本制作に入ります。

【STEP3】

納品です。

<注意事項!必ずお読みください!>

※制作するのにまず写真データをお送りいただきます。
データをお送りいただいてから、納品まで最長で2週間程度お時間をいただきます。

※主役写真はなるべく輪郭がくっきりしているものをお選び下さい。
一部体が切れているものは、配置場所が端に限定される場合があります。

※日本語のメッセージでも可能です。ご相談ください。

layeredpanel_caption

layeredpanel_3

裏側はホトリのロゴマークをエンボスでお入れしたペーパーを張り付けています。

layeredpanel_2

約1.5cmの厚みがあるので自立します。

font

吹き出しメッセージは、お好きな書体をお選びいただけます。
日本語も可能です。ご相談ください。
ちなみに、「Hello, What up?」とは「こんにちは、元気?」という意味です。

layeredpanel_5

このサンプルのように、複数の主役でも制作が可能です。
ただし、主役が増えるほどサイズが小さくなります。

layeredpanel_4

少し浮いているような立体感が楽しめます。

注文はこちらから>>>

basephoto

お好きな背景をお選びください。
また、ご自分で撮られた背景写真でも制作可能です。
主役の写真と合わせてお送りいただきます。

base_flowerA

FLOWER-A(国営ひたち海浜公園)

base_flowerB

FLOWER-B(八丈植物公園)

base_flowerC

FLOWER-C(世良高原農場)

base_skyA

SKY-A

base_skyB

SKY-B

base_seaA

SEA-A(オアフ島・ハナウマ湾)

base_seaB

SEA-B(種子島・浦田海水浴場)

base_grassland01

GRASSLAND(宗谷丘陵)

base_mountainA

MOUNTAIN-A(北アルプス・燕岳)

base_mountainB

MOUNTAIN-B(北アルプス・雲ノ平)

注文はこちらから>>>