PHOTO! FUN! ZINE! WALL 2018 in フォトヨコハマ レポート

pfzwall2018-1

こんばんは。PHOTO! FUN! ZINE! 事務局メンバーのsaorinです。
PHOTO! FUN! ZINE! WALL 2018 in フォトヨコハマがこの週末で無事終了いたしました!
改めまして、出展者の皆さま、ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました。
さっそくレポートいたしますので、ぜひご覧ください。

今回会場となったのは象の鼻テラス。横浜市民の憩いのスペースです。
御苗場やPhotobook JPが開催されていたPHOTO  HARBOUR会場、大桟橋ホールから徒歩5~6分くらいで、皆さん回遊してくださいました。

pfzwall2018-2

今回初めてこの象の鼻テラスを会場で使用しましたが、今までで一番よい会場だったかも・・・という意見で事務局メンバー一致しました(笑)
というのも、こんな感じで自然光が入ってとても明るく、素敵な雰囲気なんです。
「ゆったり見られて雰囲気よいですね!」という声もいただきました。

pfzwall2018-3

土日はにぎわっていましたが、それでもゆったりした雰囲気です。

pfzwall2018-4 pfzwall2018-5

会期中、4日間ともずっとよいお天気に恵まれました。
初日、月がとってもきれいだったんですよー。

pfzwall2018-6

目の前はこんな感じで、皆さん本当に楽しそうでした。
ついつい撮りたくなるシーンがいっぱいでした♪

pfzwall2018-7

出展者の皆さまも、来場されたお客様と楽しく交流できました。

pfzwall2018-3-1-1pfzwall2018-3-1-2pfzwall2018-3-1-4pfzwall2018-3-1-3pfzwall2018-3-1-6 1-121-51-91-201-17

各出展者の壁面作品とzine作品の詳細は、こちらの記事でまとめてご紹介しています。
こちらもぜひ合わせてご覧ください。>>>

pfzwall2018-9

pfzwall2018-10

そして我々事務局メンバーのブースはこちら。ちょっと4人だときゅうきゅうですね(笑)

pfzwall2018-11

私が不在だった土曜日かな?事務局メンバーのこばぽんさんと近さんのツーショット。

pfzwall2018-12

土曜日の昼は林さんも!私はお会いできず残念~。

pfzwall2018-15

象の鼻テラスは、こんな感じで休憩カフェスペースも兼ねているので、とても居心地がよいのです。
カフェのメニューも割と充実していて、

pfzwall2018-16

併設されているカフェではこんなかわいいソフトクリームも!
これはチョコ味のペリー君ソフト。
出展者のtocolier・mimiさん「1個1個微妙に鼻の形とか牙の位置とかで、顔の感じが違う・・・!」

pfzwall2018-17

最終日に食べたトマトキーマカレー。
添えてあるにんじんピクルスが、象さんの形でかわいい!
ちなみにカレーも結構おいしかったです。

pfzwall2018-18
わたくしsaorinは今年はEPSONブースでのセミナー登壇があり、それが無事終了した土曜日、象の鼻ビールでカンパイ。

pfzwall2018-19

最後までにぎやかな会場でした!

pfzwall2018-20 pfzwall2018-21

最後に、出展者の皆さまと記念撮影。
皆さま、お疲れさまでしたー!出展ありがとうございました。

pfzwall2018-22

今年のPHOTO! FUN! ZINE! は、ぎりぎりまで開催が確定しなかったり、諸々の連絡やケアが足りていなかったりと、特に出展者の皆さまにご心配&ご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありません。
それでも、ふたを開けてみたら皆楽しそうでよかったー!
出展者の皆さま、ご来場くださった皆さま、また気にかけてくださった皆さま。
PHOTO! FUN! ZINE! を思ってくださったすべての皆さまに、事務局一同、御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

【CP+2018】EPSONブース作品制作監修を行いました&セミナー登壇します

終了しました。レポートで紹介しています。>>>

cp+2018epson-01

3月1日(木)~4日(日)は横浜で会いましょう!

CP+2018 EPSONブースページはこちら>>>

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
3月1日(木)~4日(日)に横浜パシフィコで開催される、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2018」
今年のCP+は、EPSONさんのブースで作品制作&監修を行いました!

cp+2018main

TABI LABOの人気フォトグラファーやフォロワー数多数のペットインスタグラマー、ママインスタグラマーの旅ノートやzine、パラパラブック、日めくりカレンダーなどたくさんの作品が展示されます。
また、そのEPSONさんのブースにて、セミナーにも登壇いたします。
「写真の残しかたセミナー」と銘打っていますが、ぶっちゃけセミナーの内容はこれからですが(笑)、普段私がよく作品制作に利用するプリンター活用術を、具体的にドリル形式でお伝えしようと思っています!
題して「写真の残しかたセミナー・プリンターを使いこなす技術」(ちょっとビジネス本っぽいか?(笑))
(2/26追記:アプリを使ったコラージュや、写真をレイアウトしてミニアコーディオンや旅ノートを作るコツ、プリンターのブックレット印刷機能を使ったphoto zineの作り方など、写真とプリントを楽しむのに役立つ情報をたくさんご紹介します。)

saorinセミナーのタイムスケジュールは以下のようになっています。

3月1日(木)14:40~15:20
3月3日(土)15:00~15:40

ほかにも、写真家・清水哲朗さんや写真家・中井精也さんなども登壇されますよ~
ぜひ、EPSONブースに遊びに来てくださいね!

cp+2018epson-02

CP+2018と同じ会期で開催される写真とzineのイベント「PHOTO! FUN! ZINE! WALL in フォトヨコハマ」の会場は、象の鼻テラスです!
私は2日(金)と4日(日)のほぼ終日在廊予定です。先日の「ペシの恋人展」でお披露目した新作zine「ROAD TRIP」を展示します。出展者の見ごたえある写真とzineも並びますよ!こちらもぜひ遊びに来てくださいね。

wall-main

PHOTO! FUN! ZINE! WALL in フォトヨコハマ 詳しくはこちら>>>

epsonproblog

EPSONさんといえば私の作品制作の要、プリンターメーカーさんとしてずっとお仕事でお世話になっているのですが、以前EPSONさんのプロセレクションブログで、インタビューを掲載していただきました!
私がこの仕事をするまでの話が載っています。お時間がある時にぜひ!

エプソンプロセレクションブログ
「フォトグラファーズレポート ~saorinさん~」>>>

cp+2018epson-03

あと、この告知記事を書くのにEPSONさんのサイトをうろうろしていたら、こんなページを発見(笑)
いくつかのお仕事がまとめて掲載されている(笑)

“思い出写真”の個性的なまとめ方>>>

皆さん、3月頭は横浜で会いましょう!
(※ちなみに、CP+はWEBで事前登録すると入場料が無料になります!)

linenew1

名称     CP+(シーピープラス)2018 http://www.cpplus.jp/
会期     2018年3月1日(木)・2日(金)・3日(土)・4日(日)
10:00~18:00(最終日のみ17:00)
※3月1日(木)10:00~12:00はプレスタイム
(特別招待者・プレス関係者・プレスタイム招待券持参者のみ)
会場     パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール
エプソンブース     プリンティングゾーン P-03

linenew1

 

 

【写真コラム】zineって何?の声にこたえます!photo zine、作ってみませんか?

0215.0

zineってそもそも何?

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2018年3月1日から4日間、CP+フォトヨコハマという写真とカメラの祭典が横浜で開催されます!
その会期中、わたくしsaorinも運営事務局メンバーである、写真とzineのイベント「PHOTO! FUN! ZINE! WALL」も開催されます。
26組の出展者が決定し、もうイベントまで残り2週間を切りました。
フォトヨコハマのサイトでもパートナーイベントとして紹介していただいています!
詳しくはこちら>>>

ですが、今回初めてこのコラムを見る人は、「ていうか、zineって何??」と思っているかもしれません。
というわけで、このコラムで「そもそも、zineってどういうもの?」という疑問にお答えしつつ、zineをばっちり紹介したいと思います!

0215.1

※ZINE(ジン)・・・有志の人々が制作する、少部数で非商業的な(利益重視ではない)出版物のこと。
リトルプレス、ミニコミ誌とも呼ばれています。

うーんわかりづらいですね(笑)。
簡単に言うと、手製の写真の冊子、でしょうか。
写真集みたいにがっちりした作りでなくてもOK。
ホチキス止めのしおりみたいな感じでも十分zineです!
写真だけでまとめる写真集的なzineでもよいですし、中に絵や文章を入れたりしてもOK!
photo zineは、主に写真をまとめたzineのことを指しますが、本来zineはイラスト、文章、写真、なんでもありなんです。

では、photo zineではどんなものがあるのか、ざっと紹介いたしますね。
すべてホトリ室長saorinの作品です。

0215.2

◆ホチキス留めzine

裏表に印刷したページを重ねて、半分に追ってホチキスで留めたzine。
簡単に作れるのですが、写真の面付が意外に大変かも?
ただし、プリンターを使うのであればブックレット印刷機能があるので、それを駆使するのも手です。詳しくはこちら>>>

0215.3

見開きを考えるのが楽しいです。
これは、「a fine line」という作品。
“a fine line”=紙一重、という意味です。
美しいものも、汚いものも、実は紙一重なのだ。という内容。(ざっくり)

0215.4

◆クリップ留めzineその1

これはとても単純!写真を片ページで印刷し、クリップなど(写真の作品はガチャックを使用)で留めただけ。
考えるのは写真の順番だけ。見開きを考えなくてよいのでとても簡単です。

0215.5

1枚1枚めくって楽しむタイプのzineがよいですね。
これは「Walk around my home」というzine。私の家の半径100m以内を愛犬と歩いたときに撮った写真をまとめています。
それぞれにコメントも付けています。

0215.6

◆糊付け製本zine

これはちょっとだけ特殊。製本機を使って背の部分を糊付けしたzineです。
個人で作る場合、キンコーズに持っていけば製本してくれますよ!

0215.7

昨年訪れた北海道の写真と、旅の日記をまとめたボリュームたっぷりのzineです。
こちらのzine、PHOTO! FUN! ZINE! WALLで展示いたしますので、ぜひご覧ください!

0215.6-1

こんな風に写真日記みたいな部分もあります。とにかく盛り込みたい内容をまとめたら、それはzineです!

0215.8

◆糸綴じzine

紙に穴を開けて、用紙同志を糸で綴じたzine。
ちょっとした製本の技術が活きています。

0215.9

糸の色にこだわるのもかわいいです。

0215.10

このタイプは開きがよいので見やすいのが特長です。
「moment」のタイトル通り、心に残った瞬間をまとめました。

0215.11

◆クリップ留めzine2

クリップと呼ぶべきなのか?ちょっと不明ですが(笑)、穴を開けて綴じるタイプのzineです。
これも片ページ印刷なので、レイアウトはそこまで考えなくてOK。

0215.12

パリに行きたくなる写真をまとめました。

0215.13

◆和綴じzine

製本技術の中でも、日本古来から親しまれてきた和綴じの技術を使ったzine。
和綴じというとどうしても和風なイメージの作品になりがちですが、デザイン次第でスタイリッシュにもなりますよ!

0215.14

和綴じはときどきホトリでもワークショップを開催しています。ぜひご参加ください!

このようにzineってとても自由なんです!
1冊のzineに写真をまとめるのは、ただ写真を撮るのとはまた違う楽しさがありますよ。

0215.15

こちらは昨年2017年のPHOTO! FUN! ZINE!の様子です。
出展者それぞれ、壁面作品と制作したzineを展示販売します。(※今年は展示メインなので、出展者が在廊している時のみ購入可能です)

0215.16

写真作品とzine、両方楽しめるのがPHOTO! FUN! ZINE!です!

0215.17

いかがでしたか?
PHOTO! FUN! ZINE! WALLでは、たくさんの出展者のzineと壁面展示作品を楽しめますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

 

PHOTO! FUN! ZINE! WALL in フォトヨコハマ2018開催のお知らせ

このイベントは終了しました。詳しいレポートはこちらをご覧ください。>>>

wall-main

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2013年から毎年開催している、写真とzineのイベント「PHOTO! FUN! ZINE!」
2018年のPHOTO! FUN! ZINE!は、フォトヨコハマ内の展示メインのイベント「WALL」になります!
写真を見せる自由な形と展示作品販売。写真プリントの可能性と楽しみ方に触れる機会です。
会期はカメラと写真の祭典CP+2018と同じ、3月1日(木)~4日(日)の4日間。会場は横浜市民憩いのスペース、象の鼻テラスです。
ぜひ横浜エリアをお散歩しながら、写真イベント巡りをしてみてくださいね。
写真作品と、zine作品の両方を楽しめますよ!

pfz_imageall

え、ていうかzineって何?という方はこちらのコラムをご覧ください(笑)>>>

linenew1

PHOTO! FUN! ZINE! WALL in フォトヨコハマ2018

会期:2018年3月1日(木)〜4日(日) 4日間 10:00〜18:00
会場:象の鼻テラス(併催:横浜市緑区主催によるフォトコンテスト優秀作パネル展示)
〒231-0002 横浜市中区海岸通1丁目 みなとみらい線「日本大通り駅」出口1より徒歩約3分、出口2より徒歩約5分

linenew1

PHOTO! FUN! ZINE! vol.5 in CP+2017 PHOTO HARBOURレポート

0228.1

こんばんは。PHOTO! FUN! ZINE! 事務局メンバーのsaorinです。
先週末、写真業界における1年で最も盛り上がるイベントが幕を閉じました!
今年もCP+ PHOTO HARBOURスペースにて、PHOTO! FUN! ZINE!を開催できたこと、
事務局メンバー一同感謝いたします!
さっそくレポートいたしますね。

0228.2

まずは、壁面展示のカテゴリー1をご紹介。こちらは入口入って左手すぐの1-A。
レジに近いスペースでした。

0228.3

そしてこちらはカテゴリー1-Bと、カテゴリー2のフロア。
カワマタホールというちょっと不思議な木組みの空間で、やや密室な感じが息苦しいかと思いきや、
意外や意外、こちらのスペースの方が好評でした。こもった空間でゆっくり見られるんでしょうか。

0228.4

土日はこちらの空間はかなりの人口密度。皆さん熱心に作品を見ていました。

0228.5

レジ周り。PHOTO! FUN! ZINE!のイメージカラー、オレンジで統一です。

0228.5-2

PHOTO! FUN! ZINE!のロゴがばばーんとデザインされたレジ壁をバックに、事務局メンバー4人で記念撮影。
今年も何とか無事終わって、我々4人はやれやれです・・・(笑)

0228.6

レジ近くに設置したカテゴリー3、アルバムジャケット。と、事務局メンバーの近さん。

0228.7

写真1枚から参加できるカテゴリー3、アルバムジャケット写真。
いきなりzineから参加は難しい・・・という方におすすめのカテゴリーでした。中には完売した作品も!

0228.8

カテゴリー1-Bへ続くスペース入ってすぐのコーナーには、PHOTO! FUN! ZINE!事務局プロデュースブースが。

0228.9

16名の協力者による、PHOTO ZINEを展示いたしました。皆さん素敵な作品ばかり!

0228.10

そうそう、横浜パシフィコ会場の富士フィルムイメージングシステムズさんのブースで、我々PHOTO! FUN! ZINE!事務局メンバーの作品を展示していただきました!

0228.11

メンバーの林さん、自身の作品を持って記念撮影。

0228.12

会期中、色んなイベントを開催いたしました!

0228.13

まずはわたくし、saorinによる「写真の残しかた教室/プリント写真でハードカバー写真集を作ろう」

中身のプリント写真を持参していただき、しっかりした本にまとめるワークショップを行いました。

0228.14

初日は皆さんまさかの横開き!皆さんいい感じですね。

0228.15

そしてこばやしかをるさんによる「Xシリーズ新機種体験 撮影会「フィルムの風合いでスナップ写真を楽しもう!」

0228.16

新機種のX-T20を富士フィルムさんから貸し出し協力していただき、撮影会と講評会を行いました。

0228.17

こばぽん先生による講評会。皆さん自分の作品に対してのコメントに聞き入っていました。

0228.18

こちらは事務局メンバーの近さんによる「フィルム限定!「写真屋さんに好みのフィルムプリントを注文する方法教えます」

近さんは戸越銀座にある写真屋、フォトカノンの店長さん。
写真屋さんに好みのプリントを注文するには?どれくらい色が変わるの?皆さんの疑問、質問に答えました。

0228.19

出展者の皆さまと、事務局メンバー・林さんによる「NADAR林と語らう!アピールタイム」

ナビゲーター・林さんと、任意の出展者の皆さまによるアピールタイム。林さん、楽しそうですねー!(笑)

0228.20

こちらはわたくしsaorinによるセミナー「写真の残しかた教室/PHOTO ZINEを作ろう」

写真集やzineにまとめる時の編集の手順やコツを、実際の写真集の例を参考にお話しさせていただきました。

0228.21

今回は理論ベースのお話しだけでしたが、今後実際にzineを編集して作るワークショップを開催いたします!

0228.22

そして最終日。こばやしさんによる「用紙選びにこだわる。作品プリント体験in PHOTO! FUN! ZINE!」

ピクトリコさんに用紙提供をしていただき、作品のプリント体験を行うワークショップでした。

0228.23

0228.24

カテゴリー1-Bの出展者でもある、写真家 片岡三果さんによるワークショップ「可愛く写真を残そう!チェキdeアルバムカフェ」

スマフォ de チェキを使い、皆さん自身の携帯の中に入っている写真をかわいいアルバムに仕上げました!

0228.25

本当にたくさんの方にご来場いただきました。

0228.26

0228.27

最終日の最後のイベント、事務局メンバー&出展者 記念撮影会。

0228.29

集合写真のほか、カテゴリー1の出展者の皆さまは、ブースの前で撮影した写真をチェキプリントにしてプレゼント。
こういうときスマフォ de チェキは便利ですね!

0228.30

4日間、様々な業務を支えてくれたスタッフの皆さまと一緒に、PHOTO! FUN! ZINE!のポーズで記念撮影。
実は昨年、会場が解体された後に「ロゴの壁の前で記念撮影すればよかったー!!!」と大後悔したので、今年はリベンジです!(笑)

0228.31

というわけで、無事4日間すべての日程を終えることができました!
今年のPHOTO! FUN! ZINE! vol.5 in CP+2017 PHOTO HARBOURは終了したばかりですが、またPFZ事務局メンバー一同、次のさらなる飛躍を目指して精進してまいります。
またお会いしましょう!

CP+2017 PHOTO! FUN! ZINE! vol.5開催のお知らせ

このイベントは終了しました。レポートはこちらからご覧ください。>>>

PFZvol.CP+DM

PHOTO! FUN! ZINE! vol.5は、カメラと写真の祭典CP+2017内、「PHOTO HARBOUR」での開催が決定しております。
前回と同じく、参加型写真展「御苗場」と同じ会場です。
今回、会場をBankART Studio NYKに移し、ますますパワーアップ!
写真を展示し、さらにzineの販売もできる機会はめったにありません。ぜひ、お申し込みくださいね。
前回のPHOTO! FUN! ZINE! vol.4のレポートはこちらをご覧ください

会期中、さまざまなワークショップ・イベントを開催予定です。
詳細はこちらをご覧ください。>>>会期中のワークショップ・イベント一覧

PHOTO! FUN! ZINE! って何?という方、こちらにPHOTO! FUN! ZINE! についてよくわかるチュートリアルツアーをご用意しました。ぜひご覧ください!

linenew1

PHOTO! FUN! ZINE! vol.5 in CP+2017

会期:2017年2月23日(木)〜26日(日) 4日間 10:00〜18:00(最終日のみ〜17:00)
会場:BankART Studio NYK(CP+2017 PHOTO HARBOUR会場内)
〒〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9 みなとみらい線馬車道駅から徒歩約4分、JR桜木町・関内駅から徒歩約10分

※本イベントはカメラと写真映像のワールドプレミアショーCP+2017「PHOTO HARBOUR」内で開催されます。
参加型写真展「御苗場」との同時開催となります。
CP+2017開場 横浜パシフィコからの巡回シャトルバスをご利用いただけます。詳細
なお、駐車場はございませんので、お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用下さい。

CP+2017公式サイト http://www.cpplus.jp/

一般1,500円(税込) (ただしCP+ウェブ事前登録で無料)
小学生以下の方、障害者手帳を持参の方は無料
出展者には、「PHOTO! FUN! ZINE!出展者パス」が配布されます。

linenew1

CP+2017 PHOTO! FUN! ZINE! vol.5丸ごとチュートリアルツアー

PFZvol.CP+DM

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
かねてよりちょくちょくお知らせしているイベント「PHOTO! FUN! ZINE! vol.5 in CP+2017」まで、あと1ヶ月ちょっとに迫りました。
ちなみに、各カテゴリーごとに若干空き枠がまだありますので、滑り込み申込みが可能です!
ここで、「zineって何?」「カテゴリーで何が違うの?」「PHOTO! FUN! ZINE! 」ってどういうイベントなの?」など、色んな疑問を、ここでまとめてお知らせしちゃいます。

PHOTO! FUN! ZINE! について、改めてどんなものなのか、ぜひ復習してくださいね!

PHOTO! FUN! ZINE! vol.5イベント概要はこちら

0124.10

PHOTO! FUN! ZINE! とは、写真にたずさわる4人のメンバーが、2012年に始めた写真とzineの展示即売会イベントです。
写真の展示だけではなくて、自分で作った写真の冊子も販売できるイベントがないね、とTwitterでやり取りしているうちに生まれました。
これは昨年2016年の様子。会場は横浜の大桟橋ホールでした。
会場はPHaT PHOTOの御苗場と同じということもあり、多くの人でにぎわいました。

pfz_zineimage

フォトジン(=photo zine)とは、要するに写真の本、小冊子のこと。
写真集やフォトブックほどかっちりしていなくてもOK。自分でプリントした写真を糸綴じしたり、ホッチキスで綴じたりと、手作りならではの作品も多いです。
ちなみに箱にばらばらの写真を入れるなど、本の形になっていないものでもOK!
もちろんフォトブックでもエントリーできます。
フォトジンの定義は、かなり広いんです!
ジンって何?とよく言っているあなた。既にフォトジンと呼ばれる作品、作っているかもしれませんよ。

0124.2

PHOTO! FUN! ZINE!では3つのカテゴリーからエントリーできます。
壁面に作品を展示できて、さらにフォトジン作品を販売できるのが、カテゴリー1。
今年は会場が2つのスペースに分かれるため、カテゴリー1にはAとBの2種類がありますが、まだカテゴリー1-Bは空きがあります!
多くの人に、自身の作品を見てもらうチャンスですよ!

0124.3

カテゴリー2は、フォトジンの展示販売のみ。このようにテーブルに作品を展示します。
自分の作ったフォトジンを販売したい方におすすめです。
ちなみにこちらのカテゴリー2も、若干空きがあります!

0124.4

カテゴリー3は、アルバムジャケット型作品の出展です。
インスタグラムなど、スクエア写真をフォトカノンさんに出せばOK!
あとは、アルバムジャケットのカバーやプリントは仕上げてもらえるので、あまりたくさん写真がないけど、参加してみたい人におすすめですよ~。

0124.5 0124.6 0124.7 0124.8 0124.9

各カテゴリーの詳細・お申し込みはこちらへどうぞ。>>>

0124.11

今年は会場がBankARTとなりました。
倉庫みたいなおしゃれな空間です!
写真を撮りたくなるスポットもちょこちょこあります。

0124.12 0124.13

ここに、前回のような壁と棚が設営されます。
どんな空間になるのか楽しみですね!

0124.14

PHOTO! FUN! ZINE! 丸ごとチュートリアルツアーでした。
ぜひ、あなたもご参加くださいね!

PHOTO! FUN! ZINE!の公式サイトはこちらです。
http://pfzine.com/

 

 

【CP+2017】 写真の残しかた教室/編集のコツを伝授!PHOTO ZINEを作ろうセミナー 2/25(土)

着席枠は満席となりました。立見は予約不要・見学自由です。(※PHOTO ZINEクーポン配布なし)

IMG_4574

2月末に開催されるPHOTO! FUN! ZINE! in CP+2017の会期中、土曜はsaorinによる「編集のコツを伝授!PHOTO ZINEを作ろう」セミナーを開催します。
写真のセレクト・編集レイアウトなど、zineや写真集を作る上で必要となる基本的な知識やコツをレクチャーし、実際に編集アプリを使ってPHOTOZINEを作るデモ体験を行います。
事前予約でご参加くださった方には、PHOTO ZINE無料クーポンを差し上げます。
皆さまふるってのご参加をお待ちしています。

実際に写真集を制作する「写真の残しかた教室/プリント写真でハードカバー写真集をつくろうWS」はこちらをご覧ください。

IMGP9853

【CP+2017】写真の残しかた教室/編集のコツを伝授!PHOTO ZINEを作ろうセミナー 2/25(土)

◆日時:2月25(土)16:00~17:00
◆参加費:無料
◆定員:12名(着席)着席枠は満席 ※予約なしで立ち見可能(クーポン配布なし)

◆場所:BankART CP+2017 PHOTO HARBOUR会場内 PHOTO! FUN! ZINE! ワークショップスペース〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9 みなとみらい線馬車道駅から徒歩約4分、JR桜木町・関内駅から徒歩約10分

◆お申込み方法: メールにてお申し込みください。
info@fotori.net 宛に、タイトルを「CP+セミナー」とした上で、以下の項目をご記入の上お送りください。
・氏名
・メールアドレス
・日中連絡のつく電話番号

 

 

 

【CP+2017】 写真の残しかた教室/プリント写真でハードカバー写真集をつくろうWS 2/23(木)・2/24(金)

saorin_printbookWS

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
2月末に開催されるPHOTO! FUN! ZINE! in CP+2017の会期中平日に、昨年開催して好評だった「プリント写真でハードカバー写真集をつくろう」ワークショップを開催します。
プリント写真をアルバムに保管するのではなく、大胆にも1冊の本に製本しちゃうという、ありそうでなかったワークショップです。
プリント写真を、そのままハードカバー写真集に仕上げられますよ!
事前予約制ですが、空きがあれば当日受付可としています。(※表紙に貼る写真なし、無地でお持ち帰りとなります)
皆さまのお申込み、お待ちしています。

ちなみに、2/25(土)はPHOTOZINE作りのセミナーを行います!
こちらは無料ですので、ぜひふるってご参加ください。

saorinWS_main
DSCF9170
昨年CP+2016でのワークショップの様子 撮影:こばやしかをる

【CP+2017】写真の残しかた教室/プリント写真でハードカバー写真集をつくろうWS 2/23(木)・2/24(金)

◆日時:2月23(木)14:00~16:00 /2月24日(金)14:30~16:30
◆参加費:4,000円(材料費込)
◆定員:各日8名

◆場所:BankART CP+2017 PHOTO HARBOUR会場内 PHOTO! FUN! ZINE! ワークショップスペース〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9 みなとみらい線馬車道駅から徒歩約4分、JR桜木町・関内駅から徒歩約10分
◆持ち物:
ポストカードサイズのプリント写真(10~最大30枚まで)※用紙の指定はありませんが、ある程度厚みがある用紙でご用意ください

◆お申込み方法: メールもしくはLINEにてお申し込みください。友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。
info@fotori.net 宛に、タイトルを「CP+WS」とした上で、以下の項目をご記入の上お送りください。
・氏名
・メールアドレス
・日中連絡のつく電話番号
・参加希望日(2/23(木)or2/24(金))

※表紙に貼る用に写真を1枚事前に送付していただきます。(〆切 2/17(金))

※お持ちいただくポストカードサイズのプリント写真は、縦・横どちらでも結構ですが、縦なら全て縦、横なら全て横に統一した方が出来上がった本が見やすいです。

ワークショップで作るハードカバー写真集の詳細は、以下をご覧ください。

saorinWS2

大胆にも、プリント写真をそのまま綴じこんでいます。
よって、本のページとページの継ぎ目の奥部分は、少し写真が隠れて見づらくなります。
製本機をご用意して中身を作るので、割としっかりくっつきますよ。

printbookws7

このように横開きの写真集も作れます。

saorinWS4

saorinWS5

写真をアルバムではなく、本にする!というありそうでなかったワークショップ。
皆さまのお申込み、お待ちしています!

【写真の本展】 スナック畔/写真とフォトzineについて話そう

pfz_snack

5月28日(土)夜は、お久しぶりのスナック畔(ほとり)がオープン!
今回のテーマはPHOTO! FUN! ZINE! 事務局メンバーと「写真とフォトzineについて話そう」

「どんな写真を撮るのが好き?」 「このzine、どんな風に作ったの?」 「紙はどんな種類?」
飲み物片手に、写真とフォトzineの話でPHOTO! FUN! ZINE!事務局メンバーとわいわい盛り上がりませんか?
既にフォトzineを作っている方は、ぜひ作品を1冊お持ちください!
もちろん、これからzineを作ってみたいという方もお話をぜひ聞きに来てくださいねー。

スナック畔(ほとり)のママsaorin、おいしい飲み物とおつまみをご用意いたします!
あ、ソフトドリンクもご用意しますので、お酒が苦手な方でもお気軽にどうぞー。
事務局メンバーに写真を見てもらいたい!という方も歓迎です!
PHOTO! FUN! ZINE! について詳しくは、募集要項の↓もご覧くださいね。

【写真の本展】 スナック畔/写真とフォトzineについて話そう 5/28(土)

◆日時:5月28日(土)19時半~21時半(約2時間)前半はトークショー形式で、後半はパーティー形式といたします。
◆参加費:1,000円(ドリンク・食べ物付)差し入れ大歓迎!
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
タイトルを「スナック畔申込み 5/28(土)」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・フォトzine作品を持参するか YES/NO


pfzmember

PHOTO! FUN! ZINE! の事務局メンバーは、↑の写真左から、写真ギャラリーNADARオーナー林和美さん、写真家・講師のこばやしかをるさん、写真屋フォトカノン店長の近一志さん、そして私、写真企画室ホトリ室長のsaorin、の4人です。
PHOTO! FUN! ZINE!は、撮ったら自分で本の形にして販売できる、写真とzineを楽しむ人のための展示即売会イベントです!フォトzineとは、いわゆる写真の小冊子のこと。
PHOTO! FUN! ZINE! vol.4は、今年2月のCP+2016 PHOTO HARBOURスペースにおいて、御苗場さんと同じ会場の大桟橋ホールで開催されたのは記憶に新しいところです。(レポートはこちら)

PHOTO! FUN! ZINE!って何?と思っていた方、また、次回参加したいけど、ぶっちゃけフォトzineってみんなどんな風に作ってるのか知りたい方、ぜひぜひご参加くださいませ!

皆で、写真とフォトzineについてゆる~く語りましょう!

この「写真の本展」を皮切りに、ホトリにはフォトzine閲覧ラックがお目見えします。
ホトリ室長saorinが今までコレクションしたフォトzineが色々見られますよ!(完成したら、写真追加します)
こちらもぜひ見てみてくださいね。