【ホトリ写真塾・アワガミワークショップ】 水張り木製パネルつくりWS 5/24 レポート

0524.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
先ほど終わったばかりの、ホトリ写真塾・アワガミワークショップ。色々つかえておりますので、
さっそくレポートいたします!

まずは、アワガミの工藤さんからアワガミ和紙の原材料や漉き方、そして特徴や展示方法など
ためになるお話をレクチャーいただきます。
写真は、作品の一例として実物を持参していただいている、写真家川内倫子さんの巻物。
時間的な経過を感じられる作品にぴったりの制作例ですね。

0524.2

レクチャー後は、EPSONの写真用紙にプリントしたものと、今回パネルに仕上げるアワガミ・
楮厚口白のプリントを比べてみます。
同じ写真なのに、やはり印象がまったく異なりますね。

0524.3

さて、いよいよ水張り木製パネル作りです。
皆さん、写真の裏に刷毛で水をたっぷり塗ります。

0524.4
0524.5

1分くらいおきましょう。

0524.9

そして、ガンタッカーで留めていきます。

0524.6

まずは、最初に別の紙で練習した角の処理をしてから、

0524.7

ガンタッカーで打ち付けます。
最初その衝撃にとまどいますが、段々快感に(笑)。

0524.8

できあがりました!今回は、水切りカラーパネルと水張り木製パネル、いずれか選ぶ形で告知していましたが、
ふたを開けてみたらやはり全員水張りパネルを選んでいました。
やはりなんだかんだで、シンプルなものが一番好まれるのでしょうか。

0524.10

さて、いよいよ6月はアワガミ公募展です!
出展者も続々集まってきています。
現在、ホトリ1階スペースでの参加形式(A)は〆切っておりますが、ホトリ中2階はまだ受付中です!
参加形式(B)は、まだ枠に余裕があります。

お申込み〆切は6/10です。ぜひ、ご検討よろしくお願いします!

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。