【ホトリ写真塾・針穴ワークショップ】HOLGA改造&撮影レッスン 2回目&3回目(10/7・11/4)レポート

1111.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
9月からスタートしていた、全3回の針穴HOLGAワークショップ。
10月に新宿御苑で撮影実習、11月はその講評会で終了しました。
わたくしホトリ室長saorinも参加しました!撮影実習と講評会の様子をまとめてレポートいたしますね。

10月の7日。暦の上ではすっかり秋のはずなのに、季節外れのピーカン&夏日。
すっきり晴れて針孔日和ではありましたが、いかんせん暑かったです(笑)
でも、晴れてよかったー!

1111.2

最初に、集合場所で遠藤先生によるフィルム装填の説明。

1111.3

最初はフィルムを入れるのもとまどいが。
たくさん撮って慣れが必要ですね!

1111.4

ではさっそく撮影開始!
皆さん思い思いの被写体を見つけて撮影していきます。

1111.5

太陽の光がとても強く、日なたでは露光時間は1秒でOKでした。

1111.6 1111.7

さて、どんな風に写るかな~

1111.8

私も撮りました、この道とベンチ!
でも意外と遠くに写るんですよね。

1111.9

寝転んでいた外国人もこっそり撮ったけれど、やっぱり豆粒のようになりました(笑)
どれくらいの距離で撮ればイメージ通りの大きさになるかは、まだまだ修行が必要のようです。

1111.10

新宿御苑、こんなに奥の方まで来たのは初めてでしたが、いいところですね。

1111.11

このプラタナス並木がとても素敵でした!
まるでパリの並木道のようでした。

1111.12

最期の説明があり、この日の撮影実習は終了、解散。

1111.13

そして1か月後、ホトリで最終回の講評会です!
遠藤先生が現像・プリントに出してくれた皆さんのプリントを並べます。

1111.14

ほうほう、いい感じに写ってるね~

1111.15

プリントを見ると、撮影実習の時のあの瞬間がよみがえってくるようです。

1111.17

最後、皆さん自分の針穴カメラを持ち寄り、遠藤先生が最後のメンテナンスと説明。

1111.16

私も撮影してプリントしてもらいましたが、2回目だったのと天気に恵まれたのもあり、なかなかいい感じの仕上がりでした!
先日種子島を旅していたのですが、針穴カメラで1本撮ってみたのでどう写っているか楽しみです。

針穴ワークショップは、また開催いたします!
この全3回の針穴HOLGAも、単発の箱の針穴カメラ&暗室現像ワークショップもまた開催したいね、と遠藤先生と話していたところです。
日程が決まりましたらまたお知らせしますので、ご興味ある方はぜひご参加くださいね。

 

【ホトリ写真塾】自家製写真本を作る!完全マスターレッスン (全3回)12月スタート火曜コース・1月スタート日曜コース

全枠満席となりました。

selfbookallmain
selfbookmain

告知スタートが遅くなりました。
写真企画室ホトリ室長saorinがノウハウ丸ごとお伝えする「自家製写真本を作る!完全マスターレッスン」本日より募集スタートいたします。
気軽なphoto zineから本格写真集まで、本気で自家製写真本作りをマスターしたい人のためのレッスンです!

12月スタート火曜コース1回目(12/11)レポートはこちらから>>>

selfbookmain01
selfbookmain04 selfbookmain03
paper01

1回目は、写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」について。
2回目は、名付けて「製本ノック!」具体的な製本方法をレクチャー。
3回目は、プリント用のデータを作る実践テクニックについて、お伝えします。

講師であるわたくしsaorinのプロフィールと、全3回の具体的な内容詳細は募集概要・下部をご覧ください。

この全3回修了後、オプションコースとして本気の1冊を作る自由レッスンを設ける予定です。

【ホトリ写真塾】自家製写真本を作る!完全マスターレッスン(全3回)

◆日時:2018年12月スタート火曜コース/2019年1月スタート日曜コースをご用意しました。(火曜コースが、11月ではなく12月スタートとなりました。申し訳ありません)

【12月スタート火曜コース】全枠満席・キャンセル待ち2名
(1)12月11日(火)10時半~13時
(2)1月8日(火)10時半~16時
(3)2月5日(火)10時半~13時
【1月スタート日曜コース】全枠満席・キャンセル待ち2
(1)1月6日(日)10時半~13時
(2)2月3日(日)10時半~16時
(3)3月3日(日)10時半~13時

◆全3回の内容(各回の詳細イメージは募集記事下部をご覧ください)
・1回目:10時半~13時「編集のコツ教えます・zine作りにトライ!」
写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」についてレクチャー。
気軽なzine作りにトライしてもらいます。
(写真組の時間配分によっては、完成zineのお渡しは第2回目となります)

・2回目:10時半~16時「製本ノック!」
自分の写真を表紙に仕立てた計3種類(和綴じ、洋装くるみ、アコーディオン)の製本を一気に仕上げます。具体的な製本方法を学んでもらいます。
※2回目のみ、昼食休憩を挟みますのでご注意ください。

・3回目:10時半~13時「プリント用のデータを作る!実践テクニックとプリントについて」
自家製の写真の本を作るためのデータ作りとプリンター、紙についての知識をマスターしてもらいます。

◆参加費:全3回 税込25,000円(初回に一括でお支払いただきます)
◆定員:6名全枠満席
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:筆記用具、初回はzineに仕上げたいL版写真を20~30枚持参
◆お申込み方法: メールかLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「自家製写真本レッスン申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・希望コース(2018年12月スタート火曜コース or 2019年1月スタート日曜コース)どちらか

※原則としてお休みされても振替はありません。
※同様の教室の指導をされている方の受講はご遠慮ください。

・1回目:10時半~13時「編集のコツ教えます・zine作りにトライ!」
zine04 selfbookmain05 zine03

前半はプロジェクターを使用し、写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」についてレクチャーします。
後半、持参してもらったL判写真(20~30枚)を具体的に組んで、気軽なzine作りにトライしてもらいます。(初回はzineに仕上げたいL版写真を20~30枚持参してもらいます)

・2回目:10時半~16時「製本ノック!」
booksall

自分の写真を表紙に仕立てた計3種類(和綴じ、洋装くるみ、アコーディオン)の製本を1日で一気に仕上げます。具体的な製本方法を学んでもらいます。
※3種類とも、ご自身の写真を表紙に仕上げますので、事前に写真データをお送りいただきます。また、製本方法を習得してもらう回なので、くるみ豆本と和綴じの中身は白紙となります。

mamehon02

洋装くるみ製本の豆本。
手のひらに乗るくらいのかわいらしいサイズです。3種類の中で最も難易度が高い製本方法です。

watoji01

和綴じ本。
ご要望が多い製本方法です。

watoji02

芳名帳などにも使えます。

accordion

アコーディオンアルバム。
写真を保管できるアコーディオンタイプの製本です。

・3回目:10時半~13時「プリント用のデータを作る!実践テクニックとプリントについて」
paper01

ここでは、自家製の写真の本を作るためのデータ作りとプリンター、紙についての知識をマスターしてもらいます。
プリンターで出力する、写真集に適した用紙サンプルを数十種類ご用意しています。

講師はわたくし、写真企画室ホトリ室長・saorinです。

saorin-torico

講師:saorin(写真企画室ホトリ室長)

浅草橋の写真アトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」を主宰。
“写真を形あるものに残そう”をテーマに、写真雑貨制作やワークショップ開催し、また自身のギャラリーでも公募展を企画するなど、様々な写真イベントの企画活動を行っている。
「写真を楽しむ133のネタ帖」「写真でつくる雑貨」「フォトブックレシピ」(雷鳥社)「たいせつなものを撮ろう、残そう」(MdN出版)など5冊の著書がある。
写真家・川野恭子氏との合作「When an apple fell, the God died」がSteidl Book Award Japan 2016 ロングリストノミネート。

皆さまのお申込み、お待ちしています!

【広島出張WS】 写真の残しかた教室 in 広島 10/28(日)or 29(月)開催のお知らせ  ※一つずつ制作可能になりました

・10/1追記:開催が確定しました
・9/24追記:制作する作品を一つずつ選べるようになりました!詳しくは↓をご覧ください。

1028hiroshima

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今年2018年10月、広島での単発の写真の残しかた教室を開催させていただくことになりました!
制作する作品は二種類。ジェルメディウム転写パネルと、活版アコーディオンカレンダーアルバムです。
※9/24追記 制作する作品を、一つずつから選べるようになりました!もちろん、二種類とも制作も可能です。
開催日は10月28日(日)か、翌29日(月)のいずれかです。1日だけの単発開催ですので、お気軽にお申し込みくださいね。
会場は、昨年2017年に、ワークショップ&展示でお世話になったAtelier Foco(アトリエフォコ)さんです!

詳細・お申し込みは以下をご覧ください。

【広島出張WS】 写真の残しかた教室 in 広島 10/28(日)or 29(月)

◆日時:2018年10月28日(日)or 10月29日(月)

10月28日(日)・・・14時~18時まで
10月29日(月)・・・10時~15時まで(昼食休憩1時間含む)

◆レッスン内容:
・ジェルメディウム転写パネル(F0サイズ)
・活版アコーディオンカレンダーアルバム

※二つセットでも、いずれか一つのお申込みでもOKとなりました。
各作品の詳細は以下↓をご覧ください。

◆制作コース&参加費:材料費、講習費全て含む
A】ジェルメディウム転写パネル+活版アコーディオンカレンダーアルバム両方・・・12,000円11,000円 ※二つセットで少しお値引きしました!
B】活版アコーディオンカレンダーアルバム・・・7,000円
C】ジェルメディウム転写パネル(F0サイズ)・・・5,000円

◆定員:各曜日 20名(最少催行人数・日曜コース・月曜コース合わせて10名以上で開講します)
◆場所:AtelierFoco(733-0011 広島市西区横川町2-4-15) JR横川駅より徒歩5分 アクセス詳しくはこちら
◆お申込み方法: メールかLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「広島WS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日・・・10月28日(日)or 10月29日(月)いずれか
・制作するコース(A or B or C)

※ワークショップ代金は事前にお振込みいただきます。

※出張ワークショップという特性上、1週間前からキャンセル料を頂戴します。
1週間以内・・・50%
前日・当日キャンセル・・・100%

※作品用に写真を事前にお送りいただきます。写真送付の〆切は10月14日(日)です。
各作品の写真についての詳細は、この募集記事下部をご覧ください。

作品の詳細です。

作品その1:ジェルメディウム転写パネル
gelpanel1
【ジェルメディウム転写パネル】(サイズ:F0(18×14cm)

写真がまるで絵画のように仕上がる、インテリアやギフトにぴったりのパネル

ジェルメディウムという転写剤を塗り、写真をキャンバスパネルに転写させます。
少し凹凸のあるキャンバス地が活かされた、インテリアにしっくりなじむパネルに仕上がります。

01-1gelpanel3

作品その2:活版アコーディオンカレンダーアルバム
calendaraccordion_main
【活版アコーディオンカレンダーアルバム】(サイズ:F0(18×14cm)

自分だけのオリジナルカレンダー(ポストカードサイズ)を入れられるアコーディオンアルバム

1月から12月まで、12か月分のお気に入り写真を事前にお送りいただき、皆さんそれぞれの来年2019年のオリジナル活版印刷カレンダーをご用意します。
ワークショップで作るのは、その皆さんのオリジナルカレンダー(ポストカードサイズ)を入れて、広げて飾れるアコーディオンアルバムです!

calendaraccordion_sub1
calendaraccordion_sub4

昔ながらの活字を使用した、独特のかすれやへこみが魅力の活版印刷。
月日の部分が2019年のカレンダーとなっていて、上の部分をご自身の写真でプリントいたします。
日祝日は右下のドット.マークが目印です。
シンプルなデザインで、紙はハーフエアという少し厚みのある柔らかな手触りです。
紙好きは必ず好きなこと間違いなしです。

calendaraccordion_sub3

ナチュラルタイプのデザインの方は、今のところ、ブラックとナチュラルの2色をご用意します。(もしかしたら、もっと増えるかもしれませんが)
古い味のあるラベルを色々ご用意します。ワンポイントに1枚貼りましょう。

calendaraccordion_sub2new

アコーディオン台紙には、このようにフォトコーナーを留めてカレンダーを入れます。

データ送付について(!重要!)
ジェルメディウム転写パネル用に1枚、活版カレンダーアコーディオンアルバム用に12枚、事前に写真データをお送りいただきます。
〆切は10月14日(日)です。

送付先アドレス:info@fotori.net

◆ジェルメディウム転写パネル(必要データ:1枚)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※全体的に、白っぽい部分が多い明るい写真がおすすめです。
※転写する際にひっかきやこすれ、かすれが生じる可能性がありますので、人物やペットの写真などで制作する場合、それらを十分ご理解ください。

◆活版カレンダーアコーディオンアルバム(必要データ:12枚(正方形))

事前にカレンダー用の写真を12枚お送りください。正方形がおすすめです。
長方形の写真は、正方形にトリミングいたします。(※トリミングを希望されない方はその旨お知らせください。)

1月、2月・・・の指定がある場合は、ファイル名をわかりやすいように変更してください。
写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、圧縮ファイル一つにまとめて以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。

メールアドレス:info@fotori.net

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※写真を送るのが難しければ、saorinオリジナルのカレンダーをご用意いたします。
その旨お知らせください。

広島の皆さま、お申込みお待ちしています!

【2018年10月のホトリ写真塾のワークショップのお知らせ&新講座告知】

calendaraccordion_main calendaraccordion_main2

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
7月以降しばらく開催していなかった(長い夏休みをいただいておりました(笑))ホトリ写真塾・写真の残し方教室。10月にいくつか開催します!
9月は諸事情により開催はありません。

気が付けば秋の風。そろそろ来年のカレンダーも気になる頃ですね。
先日、オリジナル活版カレンダーのオーダースタートをお知らせしましたが、そのカレンダー付のアコーディオンアルバムワークショップ、今年も開催いたします。
また、「写真展のいろはワークショップ」や「透けない透明アクリルパネル」など、新旧織り交ぜて開催いたします。
ぜひご参加ください!

現在募集中のワークショップ一覧は、こちらをご覧ください>>>

それから、いくつか予告を。

filmcameramain

【次回のmasa*photoフィルムカメラレッスンは12/2(日)】

人気の「masa*photoフィルムカメラレッスン」、次回開催は12月2日(日)に決定しました!
10月に入りましたら募集告知スタートしますので、ぜひ予定を空けてお待ちくださいね。

selfbookmain04

【新講座「ホトリ写真塾・自家製写真本を作る!完全マスターレッスン (全3回)」2018年11月スタート】

さらに!ホトリ室長saorinが全力で教える本気の新講座(笑)「自家製写真本を作る!完全マスターレッスン(全3回)」11月開講に向けて準備中です。まずは日程が決まりましたので、先にお知らせします。

◆2018年11月スタート 火曜コース
2018年11月13日(火)・12月11日(火)・2019年1月8日(火)
◆2019年1月スタート 日曜コース
2019年1月6日(日)・2月3日(日)・3月3日(日)

気軽なphoto zineから本格写真集まで、本気で自家製写真本作りをマスターしたい人のためのレッスンです。
写真の組み方、レイアウトの理論などの編集のコツから、手製で作る実践的な製本方法、さらにプリンターでの出力、印刷所に出すデータまでの、印刷の全てをカバーしたプリント方法、プリンターで出力できる自家製写真本におすすめの紙のことについてなど、自分で珠玉の一冊を自由自在に作り出したい人に本気で応えます。
こちらも、10月に入りましたら告知いたしますので、お待ちください。

 

【ホトリ写真塾】写真展のいろはワークショップ 10/11(木)

irohaboard

写真展、初めてなんだけど何から手を付けたらいいの?
作品ってどんな風に作るの?どこに頼めばいい?設営ってどうやるの?
そんな声にお応えして誕生しました。
会場選びから作品制作、設営まで写真展を開くためのハウツーをまとめたワークショップです!

2018年1月に開催した時のレポートはこちらから>>>

tenji_harepane_process5

前半はプロジェクターを使ったセミナー、後半は、ハレパネ貼りの練習と、実際に写真展で使えるリング芳名帳もしくは2Lサイズのプリントを保管できるポートフォリオアルバムのいずれかを制作する、実用的なワークショップです。(※リング芳名帳とポートフォリオアルバムについては概要下部をご覧ください

pictorico_sample1_blog

写真展が初めての方も、復習したい方も、また芳名帳やポートフォリオアルバムを作りたい方も、どなたでもOKです!
皆さまのお申込み、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 写真展のいろはワークショップ 10/11(木)

◆日時:2018年10月11日(木)10時~(約3時間)
◆参加費:5,000円(リング芳名帳 or 2Lポートフォリオアルバム制作費込)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名(複数でお申し込みの場合、お連れ様の氏名、メールアドレスをお知らせください)
・携帯連絡先
・制作希望作品(リング芳名帳 or 2Lポートフォリオアルバムいずれか)

※事前に芳名帳もしくはポートフォリオアルバムの表紙用と、ハレパネ練習用として2枚、写真をお送りいただきます。(〆切:ワークショップ参加日の5日前まで。LINEでのデータ送付もOKです。)

pictorico_sample1_blog

リング芳名帳・2Lポートフォリオアルバムいずれも、お送りいただいた写真を表紙用にプリントしてご用意します。オリジナルの1冊が作れます!

pictorico_sample2

こちらは2Lプリントを保管できるポートフォリオアルバムタイプ。
リング式なので、あとからホルダーポケットを追加することも可能です。

ringbook03

こちらは芳名帳タイプ。
オリジナルの芳名帳を写真展で置けたらよりクオリティがUPしますね!

tenji_harepane_process5

意外と知らない、ハレパネの貼り方も練習します!

皆さまのお申込み、お待ちしています!

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 透けないアクリルパネル 10/12(金)

newacryl01

自分で作るアクリルパネルが登場

2018年4月、ホトリ写真塾・写真の残しかた教室に新たに登場した透けないアクリルパネル。
半年ぶりの開催となりました。

newacryl02

アクリルパネルは業者に頼むのが一般的ですが、工夫すれば自作できるんです!
ワークショップでは2Lサイズを2枚制作します。

newacryl03
newacryl04

裏側に木の棒をゲタとして付けるので、釘や画鋲などで留めることができますよ!

newacryl06

皆さまのお申込み、お待ちしています。

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】  透けないアクリルパネル  10/12(金)

◆日時:10月12日(金)10時~(約2時間)
◆参加費:5,000円(2Lサイズ2枚分)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「透けないアクリルパネル申込み」としてください。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名(複数でお申し込みの場合、お連れ様の氏名、メールアドレスをお知らせください)
・携帯連絡先

<事前にお送りいただくデータについて・注意事項>

※事前に写真データを2枚お送りください。(〆切・・・ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです。)

メールアドレスに直接添付するか、データが大きい場合は無料のデータ送信サービスをお使いください。なるべく大きいサイズでお願いします。(長辺1,000px以上)

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

newacryl05

皆さまのお申込み、お待ちしています!

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】 フォトペーパーバッグ+ロウ引きカード 10/18(木)

photopaperbagroubiki_postcard1
roubiki_postcard4

ロウ引きフォトカードとペーパーバッグのワークショップ、久々に開催です!
10×12cmくらいと小ぶりで、とてもかわいらしい写真のペーパーバッグと、ロウ引きカード2枚をセットにしました。
ペーパーバッグには、ミニLEDライトをおまけでおつけします。バッグは和紙に近い用紙で作るため、中に入れれば、ちょっとした写真ランプに早変わり。
写真好き、雑貨好きにおすすめの内容です。
ぜひご参加くださいね。

ことりっぷWEBサイトの特集「フィルムカメラことはじめ」ロウ引きカードを紹介していただきました!

過去に開催したレポートはこちらからご覧ください

【ホトリ写真塾・写真の残しかた教室】フォトペーパーバッグ+ロウ引きカード10/18(木)

◆日時:10月18日(木)10時~(約2時間)
◆参加費:4,500円(材料費込)
◆定員:6名
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:なし
◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

メールの場合タイトルを、LINEの場合は最初の一文を「ペーパーバッグ+ロウ引きカードWS申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先

※ペーパーバッグに1枚、ロウ引きカード用に2枚、計3枚の写真をお送りいただきます。 (〆切:ワークショップ開催3日前まで。LINEでのデータ送付もOKです)
必ず、3枚のうちどれがペーパーバッグでどれがロウ引きカード用なのか、ファイル名を変えるなどしてわかるように送ってください。
難しければ、別々にお送りください。

※なるべく大きいサイズのデータをお送りください。特にペーパーバッグの方はA4サイズの和紙にプリントします。
サイズが小さい写真は粗くプリントされることもありますのでご了承ください。

A4ひながたzu

A4の用紙に、上の写真のようにレイアウトします。赤い縦のラインのところで折って組み立てます。よって、下の写真のように、赤いラインとラインの細いマチの部分に被写体が来てしまうと見えなくなってしまいますので、お花畑など全体的に同じように被写体が写っている写真の方が無難です。
ですが、こちらでうまいことレイアウトしますので、ご相談ください。

photobag03

詳細は以下もご覧ください。

photopaperbag2

ミニLEDランプをおつけします。バッグの中に入れるとこんな感じになります。

roubiki roubiki01

写真を蝋引きすることで、普通にプリントした写真が全く別物の雑貨カードに生まれ変わります!
蝋引きを覚えれば、包装紙などにも応用できるのでおすすめです。

roubiki02 roubiki03 roubiki04 roubiki05 roubiki06

roubiki05

透け感がとてもきれいです。

roubiki02

紐も何種類かご用意しますので、写真に合わせてお選びくださいね。

roubiki03roubiki04

蝋引きは簡単ですので、覚えれば家でもできます!

皆さまのお申込み、お待ちしています。

 

【ホトリ写真塾・masa*photo】 フィルムカメラレッスン 9/6(木)レポート

0910.12

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
毎回大好評の、masa*photoレッスン。反響の大きいフィルムカメラレッスンが開催されました!最初はデジタルから入っても、撮っているうちにやはりフィルムが気になってくる方が多いようです。デジタルとフィルム、両方いいところを楽しめるとよりカメラライフが楽しくなりますね!

0910.13

座学講義の後は、masa*さんがスタイリングした被写体ポイント3か所を、ゆずりあいながら撮影します。

0910.14

中判カメラのハッセルを持参した方もいました!
またフィルム取り出しのやり方がいまいちだった方も、今回のレッスンで初めて方法が判明。よかったよかった!

0910.15

座学講義の時に教えてもらった露出計アプリで、露出をはかります。

0910.16

最初はおそるおそるですが、撮っていくうちにだんだん楽しくなっていくようです。

0910.17 0910.18 0910.19

途中、masa*さんに使い方のコツなどを教えてもらいます。

0910.20

撮影終了後、お昼をはさんでからはわたくしsaorinによるフィルムのなりたち物語。
ポジフィルムを拡大して見られるルーペをmasaさんが持参してくれました!

と、フィルムカメラの仕組みから実践的な撮影、そしてフィルムがどのように進化してきたか、というお話まで入る、盛りだくさんな内容です。先着3名様までカメラの貸し出し付き!
ここのところ平日開催が多かったので、次回は土日開催を予定しています。
興味のある方はぜひチェックしてくださいね。告知をお待ちください!

 

【ホトリ写真塾・針穴ワークショップ】HOLGA改造&撮影レッスン 1回目(9/2)レポート

0910.21

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
毎回反響が大きいホトリ写真塾・針穴ワークショップ。今月から、HOLGA改造&撮影レッスン(全3回)の第二期がスタートしました!
先日、第1回目となるHOLGAを改造して針穴カメラを組み立てる回が開催されました。
さっそくレポートいたします。

0910.22

毎回カメラを作る時の肝は、やはり文字通り針でレンズ部分となる穴(ピンホール)を開けるところ。

0910.23

ちゃんと開いてるかな~?と、光を通して確認。小さいのでなかなか難しいです!

0910.24

シャッター部分などになる部分は塩ビで。型紙通りにカットします。

0910.25

0910.26

皆さんもくもく作業。集中力がいりますね!

0910.27

カメラの組み立て、終了!それぞれのHOLGA針穴カメラが出来上がりました!
その後は座学で、アプリで測れる露出計などのお話を。

0910.28

そして、遠藤先生が実際に使っているそのほかの針穴カメラを見せてもらいます。
これはHOLGAを2台つなげて作っているパノラマHOLGA針穴カメラ。すごい!

0910.29

これで撮ったポジフィルムでのパノラマ写真。横位置もいいけど縦もとてもいいんだとか。
露出がシビアになる分撮影が難しいそうですが、できあがりは格別ですね!

0910.30

肝油ドロップの缶を利用した針穴カメラ。印画紙がぴったりセットできる絶妙な大きさだそう。

0910.31

今月発売されたばかりのムック本「フィルムカメラ・ライフ 2018-2019」に、遠藤先生の針穴作品が紹介されているそうです。

次回は今回作った針穴カメラを持って、新宿御苑に撮影に行きます!
皆さんどんな写りになるか楽しみですね。

【ホトリ写真塾・針穴ワークショップ】HOLGA改造&撮影レッスン 2回目&3回目(10/7・11/4)レポートはこちらから>>>

【ホトリ写真塾・針穴ワークショップ】HOLGA改造&撮影レッスン(全3回)

holga-main092018

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
今年4月からスタートし、大好評だった全3回コース「HOLGA改造&撮影レッスン」の第2期開催が決定しました!
写真の原点と呼ばれる針穴(ピンホール)。レンズを使わなくても光を流し込むことで撮ることができる、原始的な写真の仕組みを学びませんか?
日本針穴写真協会の副会長、遠藤さんが針穴の楽しさを丁寧に教えてくれますよ!
中国製のトイカメラ、HOLGAをピンホールカメラに改造してブローニーフィルムで撮影しましょう!
ブローニーフィルム(6×6)を入れて撮影できるカメラを作って実際に撮影します。

今年4月に開催された全3回のレポートはこちらをご覧ください。

1回目(4/21):HOLGA改造ワークショップ>>>
2回目(5/19):撮影実習(日比谷公園)>>>
3回目(6/16):プリント講評会>>>

HOLGA

HOLGA本体、ブローニーフィルム1本、ミニ三脚、現像代、同時プリント代が全て参加費に含まれているお得なレッスンです!
また、前回参加された方は、2回目の撮影会から参加できるオプションコースも用意しました!
第二期は、9月スタートの日曜コースです。
講師・遠藤さんのプロフィールと、実際にHOLGAピンホールカメラで撮影した作例、内容詳細は募集概要・下部をご覧ください。

【ホトリ写真塾・針穴ワークショップ】HOLGA改造&撮影レッスン(全3回)

◆日時:9月スタートの日曜コースをご用意しました。

【日曜コース】
(1)9月2日(日)/(2)10月7日(日)/(3)11月4日(日)

◆全3回の内容
1回目:10時~16時/HOLGAをピンホールカメラに改造
2回目:午後予定(詳細時間未定。追って連絡)/ピンホールカメラの撮影会
3回目:13時~15時/ホトリにて講評会

◆参加費:
<通常全3回コース>・・・25,000円
※HOLGA本体、ブローニーカラーネガフィルム1本、ミニ三脚、現像代・同時プリント代(L判)全て込)

<2回目撮影会&3回目講評会のみオプションコース>・・・8,000円
※ブローニーカラーネガフィルム1本、現像代・同時プリント代(L判)、全て込)
※前回参加された方に限ります。

※撮影会の入園料、交通費は含まれておりません。発生する場合各自お支払いいただきます。
◆定員:10名(最少催行人数3名)
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:筆記用具(ボールペンもしくは細めの油性ペン)
◆お申込み方法: メールかLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「HOLGA針穴ワークショップ申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先

講師は、針穴写真家の遠藤志岐子さんです。

endo_profile

講師:遠藤志岐子(針穴写真家)

1967年1月2日生まれ。江戸っ子。
2000年頃にひょんなことから針穴写真に惹き込まれ、以来、針穴写真を撮り続けている。
個展、グループ展、ワークショップの開催、雑誌掲載、メディア出演を通じ、針穴写真の魅力を伝えるべく活動している。
日本針穴写真協会の副会長。2008年国画会の国展で新人賞受賞。

ブログ「はりあなのこころ」http://hariana.exblog.jp/

遠藤さんよりメッセージ

1回目は、HOLGAというカメラのボディをピンホールカメラに改造します。
ブローニという中判サイズのフィルムを使用します。フォーマットは6×6の正方形です。
ピンホール板は、アルミ缶を紙やすりで薄く削って、まち針で穴を開けて作ります。カメラにはスライド式のシャッターを作って取り付けます。特に難しい作業はありません。
2回目は、撮影会を行います。基本的な撮り方や露光時間の考え方などを経験します。3回目は、講評会です。2回目の撮影会で撮ったものをプリントし、それを見ながらの講評会になります。
この講座には、ミニミニ三脚、カラーネガフィルム1本、フィルム1本分の現像代とL版プリントがセットになっています。

ピンホール写真というと、印画紙や空き箱などを使ったモノクロで自家現像というイメージがありますが、ロールフィルムを使いカラーで撮ることもできます。
このHOLGAはピンホールカメラへの改造が簡単で、プラスチックなので軽く雨にも強いです。ブローニーという中判サイズのロールフィルムは、カラーのネガとポジ、モノクロと、種類も豊富です。フィルムが大きいので描写がきれいで、大きく引き伸ばすこともできす。
フィルム交換も手軽で現像も町の写真屋さんに出すことができます。
手軽で機動力があるため、長くピンホール写真を楽しむのに最適なカメラです。

003 004 008 012 014

皆さまのお申込み、お待ちしています!