【妄想畔小屋】新作zine「GO MOUNTAIN BOOK」&「旅と山と、vol.3」販売します!

GMB01

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
妄想畔小屋で販売する、saorinの新作zine・2冊をご紹介します!

1冊目は「GO MOUNTAIN BOOK」
A6(文庫)サイズ/124p フルカラー 2000円

その名の通り、この本を見たら山に行きたくなる、そんな気持ちになってもらえたら、と作った作品。
とにかくシンプルに、素直に、山の美しさを楽しめる写真を入れたくて、でもだからこそ難産でした。つい作品性を考えてしまうと、ザ・絶景山!な写真を選ばない。
でも今回の本はとにかく山に登る人はもちろん、山に登らない人にも見てもらえたらなあと思って、あえて作家性、主観性を封じました。

後半部分のイエローページ、ページ数こそ16pですが、これまた超時間がかかった部分。どうやって山行計画を立てているか、ULブランドを買えるお店はどこか、楽して絶景の山はどこか(笑)
私が山の初心者だったら、こういう情報が欲しいんだよー!というページにしています。
文庫本サイズで120p以上の大作です。

GMB02 GMB03 GMB04 GMB05 GMB06 GMB07 tabiyamavol301 tabiyamavol302

2冊目は、「旅と山と、」vol.3。
B6サイズ/42p 800円

旅と山の写真案内サイト「畔の窓」のアナログ版小冊子、「旅と山と、vol.3」です。
畔の窓

「旅と山と、」シリーズは2018年7月に開催したsaorinの個展「旅と山と、」で展示販売したフォトzine。
zineのイベント・COLLECTIVEにも参加し、そこでPARK GALLERYの加藤さんからとても素敵に紹介してもらいました。
記事はこちらからどうぞ>>>

collective

vol.3は、長崎の廃墟の島・池島と、雪の丹沢山特集、そしてサブテーマは猫です。
池島や尾道の猫たちが登場!猫好きにぜひ手に取ってもらいたいです^^
前作2冊から結構間が空いてしまい、内容的にやや旬を失ってしまったけれど・・・でもやっぱり作っておきたい、と完成。
また毎号のレギュラー連載、今日の山ごはん、手ぬぐいコレクション、心の山小屋など、旅と山好きな人にぜひ手に取ってもらいたいシリーズです。写真集としても、読み物としても楽しめます。
1枚1枚プリントして手で折ってから中綴じしています。

両方とも(旅と山とのバックナンバーも増刷して)妄想畔小屋で販売します。
ぜひホトリで手に取って見てみてくださいね。

tabiyamavol303 tabiyamavol304 tabiyamavol305 tabiyamavol306 tabiyamavol307

 

【妄想畔小屋】旅スル紙の山グッズ、販売します

allnew

松本で生まれたブランド「旅スル紙」さんの北アルプスデザインの商品を、妄想畔小屋で販売することになりました!
松本から見える常念岳がモチーフになったデザインで、どのアイテムもとてもかわいいです。
入荷予定のアイテムをご紹介しますね。(説明テキストは旅スル紙のオンラインサイト、手仕事商會すぐり のサイトより抜粋させていただいています)

alpsthermobottle

ALPSサーモボトル 税込 3,100円

ブルーの爽やかな北アルプスデザインのサーモボトル。

残雪残る「常念岳」(標高2,857m)を中心とした北アルプスの尾根のデザインがサーモボトルになりました。
一本ずつ、回転シルクスクリーンで印刷をしました。
容量は300ml。毎日の持ち歩きにもピッタリなサイズです。
スターバックスなどへの持ち込みタンブラー(トールサイズ)としてもお使いいただけます。

保温効力:(6時間前後) 54℃
保冷効力:(6時間前後) 9℃
本体内側、内びん、本体外側、胴部・・・ステンレス鋼
フタ・・・ステンレス鋼、ポリプロピレン
パッキン・・・シリコーンゴム

alpsthermobottle02 reusebottle

ALPS ウォールマグリユースボトル 税込2,100円

アルプス ウォールマグ リユースボトル
WALLMUG REUSE BOTTELE 500PR

環境を守るために、マイボトルを持ち歩きましょう。
ペットボトルを削減し、山や海などの環境を守ることにつながります。

高い密閉性があり軽量なので登山にも◎
残雪残る「常念岳」を中心とした北アルプスの風景を白いシルクスクリーンで仕上げました。
飲み物を入れると、白いアルプスが、よりくっきりと浮かび上がります。

アイディア次第で保存容器、シェイカーとしても!
スプラッシュガード付きで、ドリンクや、中に入れた氷が溢れるのをガードします。

リユースボトルは、ここ数年世界的に大ヒットしています。様々なメーカーで作られていて、どれを購入したらいいかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。リユースボトルは、日本で販売されている大半が、品質に定評のあるrivers[リバーズ]という会社で作られています。

●リバーズ リユースボトル紹介

2000年度は100億本を下回るレベルだったペットボトルの国内年間出荷本数は、2014年には遂に200億本を超えるところまで拡大した。たしかにキャップを軽くプシュっとひねるだけでおいしいジュースやお茶が飲めるのは手軽であり、それ自体は素晴らしい発明だと思うのだが、そこまで巨大化した市場においては常に他の問題を孕んでいる。

「ペットボトル感覚の水筒」というキャッチコピーと共に販売開始されたリユースボトル。この製品の開発背景には、子供からお年寄りまで、常温でよいのでドリンクを持ち歩きたい(または持ち歩く必要がある人)向けに開発されました。

原 材 料:飽和ポリエステル樹脂 (ボトル本体) /
ABS樹脂 (フタ内側) /
ポリプロピレン (スプラッシュガード) /
ステンレス (フタ外側)
容   量:500ml
サ イ ズ:約 W:65mm×D:65mm×H:198mm
耐 熱 温 度:90℃ (ボトル本体) / 110℃ (フタ) /
160℃ (スプラッシュガード)
耐 冷 温 度:-40℃ (ボトル本体、フタ、
スプラッシュガード)

reusebottle02 ippitunote01

一筆箋 北アルプス 税込 700円

残雪の北アルプス風景を描いた一筆箋です。絵柄は2種類で各10枚ずつ計20枚。
サイズ 約18×8.5cm

ippitunote02 ippitunote03 mttape01

マスキングテープ 北アルプス 税込 600円

松本から見える北アルプスの山並みがマスキングテープになりました。
製造元はカモ井加工紙株式会社(mt)。

約1.5cm×10m

mttape02 stamp

スタンプ 北アルプス 税込 1,050円
常念岳を中央に、蝶ヶ岳、横通岳、大天井岳、北アルプスの夏山の情景スタンプです。

サイズ 約5.8×2.5×2.2cm

「写真展サークル・十人十色」展 Vol.19 レポート

1130.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
この土日の2日間、ホトリでは4回目となる写真サークルグループ展「十人十色展」が開催されました。
もう4回目、早いものですね。毎年ホトリで展示してくださっていることに感謝です!
今回は十人十色さんのトレードマーク(?)だったスクエア縛りがなかったのですが、それでもやはり個性際立つ十人十色節は健在!
さっそくレポートいたします。

1130.2 1130.3

十人十色
Ten billboards,Ten fonts
矢野 巌

1130.4

パムッカレ石灰華段丘
藤井 哲

1130.5

T.Katsukoshi

1130.6

Drop
Kimiko.Kono

1130.7

Landscape of BIEI
武田 かよ

1130.8 1130.9

斉藤 謙太郎

1130.10

夏の忘れもの
小笠原 康子

1130.11

思い出
大野 哲

1130.12

花のある暮らし
Mitsuko Moriya

1130.13

湘南タイム、夏の終わり
兼重 昌行

1130.14 1130.15 1130.16 1130.17 1130.18

オープンから続々とお客さまがいらっしゃいました。
毎回十人十色さんの展示を楽しみにしているとか。

1130.19

作家さんの大野さんによる灯り。中2階が幻想的な空間になっています。

1130.20 1130.21
1130.22
78431353_1250525875155368_5245428693722988544_n

個性が際立つ十人十色展。
出展者の皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

 

12月のイベント予定/営業カレンダー

12

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
早いもので2019年もあと1ヶ月となりました。1年って本当に早いですね・・・
12月は、今まで色んな展示をしてきた中で、ホトリ史上一番気合の入っている(笑)室長saorinの趣味全開・山写真イベント「妄想畔小屋」があります!
山に登る人も、登らない人も、ぜひ山ワールドいっぱいのホトリにいらしてください。
また年末年始には写真展「When pigs fly」が開催されます。

<2019年12月のホトリオープン日&ワークショップ>

12月のホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップスケジュールはこちらをご覧ください>>>

11/30(土)12:00:18:00 グループ展十人十色
12/1(日)11:00:17:00 グループ展十人十色
12/8(日)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/9(月)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/10(火)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/11(水)・12(木)休廊
12/13(金)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/14(土)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/15(日)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/16(月)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/17(火)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/18(水)13:00~19:00 妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
12/30(月)13:00~19:00 写真展「When pigs fly」by HiRaKu
12/31(火)13:00~19:00 写真展「When pigs fly」by HiRaKu
1/1(水)13:00~19:00 写真展「When pigs fly」by HiRaKu
1/2(木)13:00~19:00 写真展「When pigs fly」by HiRaKu
1/3(金)13:00~19:00 写真展「When pigs fly」by HiRaKu

<12月のイベント・ワークショップ>

11/30(土)・12/1(日)グループ展十人十色
2019十人十色ホトリ展mini
これまでは自由なテーマをスクエアパネルに統一しての展示でしたが、4回目となる今回は展示方法も「十人十色」。
写真も展示方法もメンバーそれぞれの個性をお楽しみいただけますと幸いです。

12/8(日)~18(水)妄想畔小屋 vol.1 燕岳編
妄想畔小屋燕岳4C
もし写真企画室ホトリが山小屋だったら・・・
山好きホトリ室長saorinのそんな妄想から生まれた、山写真イベント。
記念すべき第1回目の山は、みんな大好き・北アルプスの女王、燕岳(つばくろだけ)!
山の写真展示はもちろん、オリジナルの山グッズやトークショー、山ごはんイベントなど色んなイベント盛りだくさん。
山に登る人も、登らない人も、これから始めたい人も。
ぜひ山ワールド全開のホトリに遊びに来てください。

12/30(月)~1/3(金)写真展「When pigs fly」by HiRaKu
hirakuDM4Cmini
When pigs flyとは
ありえない、不可能だ、といった意味があるそうです。
そんなこと言われたら、​やってみたくなる

作品展 わをん 2+1の情景 レポート

1126.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
先日開催された作品展「わをん 2+1の情景」のレポートをお届けします。
平日水曜からスタートし、計5日間でのべ150人以上のお客さまがご来場されたそうです!週末後半から悪天候だったにも関わらず、会場内はいつもたくさんのお客さまとあたたかい空気に包まれていました。
さっそくレポートいたしますね。

1126.2

まず入口で目を引くのは、こちらの大きな掛け軸タイプの作品。

1126.3

ピュアWプリントという用紙にプリントされており、透け感が出るのが特長です。
光を通すととてもきれいです!

1126.4

入口にはあいさつパネルが。
以下、一部抜粋して掲載します。

~(前半省略)~

今日ここに2+1人の作品として集めています。
二人のフォトグラファーの出会いから今までの時の流れ、感情の変化、感性の形を
風・空・水・光の4つで表現しています。
そこに集う人を描いた絵が寄り添っています。

2+1の表現の集合体。3つが融合するから「わをん」。
4人、5人、6人と仲間が作品とともに「わをん」を奏でています。

今日は、あなたと私たちの「わをん」を奏でましょう。

ここに広がる4つの情景を目の当たりにするあなたにも、きっと、何かが宿ります。

1126.5 1126.6 1126.7 1126.8 1126.10 1126.11 1126.12

たくさんのポストカードも展示販売されていました。

1126.13

スペース奥の棚には、何とも素敵な空間が。

1126.14

こちらは主催の山﨑さんのお母様が絵付けされた作品だそう。
一枚一枚描かれているそうです。素晴らしいですね!

1126.15

絵描き・清水さんの奥様の作品。ペットボトル用のかわいいフタ。

1126.16

Crystal Cocoさんの素敵なボタニカルキャンドル。

1126.17

清水さんの絵画。人を絵で表現しているそうです。

1126.18

オープン初日から大盛況でした!

1126.19 1126.20

会期2日目は、清水さんによるライブアートパフォーマンスも!

1126.21

あらかじめ描かれてきた土台は、なんとホトリのわたくしsaorinをイメージして描かれたそう!なんともうれしいー!

1126.22

一通り描いたら、今度は会場内の皆さんに絵具を選んでもらいます!

1126.23

絵が生き物のようにどんどん変わっていきます。

1126.24

こぼれた絵具も既にアート。

1126.25
photo by 鶴岡勝
1126.26photo by 鶴岡勝

1126.27
photo by 鶴岡勝

1126.28
photo by 鶴岡勝

1126.29
photo by 鶴岡勝

私も追加で描かせてもらいました!

1126.31photo by 鶴岡勝

1126.30
photo by 鶴岡勝

主催の山﨑さんと、

1126.33

主催の成田さんもどんどん絵を重ねていきます。

1126.34

最期に清水さんが仕上げ。

1126.35

緑色で仕上げるように、と指示されて(?!)完成しました!

1126.36

こちらは山崎さんと成田さんを描いたもの。
どちらがどちらか、わかりますか?

1126.37

正解は、こちらでーす!

1126.38

主催の3人で記念撮影!

1126.39

ひっきりなしにお客さまが来ていて、笑顔が絶えない会場でした。
出展者の皆さまも楽しそうでした~

1126.40

搬出終了後、そろってあいさつしてくれたのを記念にパチリ(笑)

ハートウォーミングな5日間でした!
主催の山﨑さん、成田さん、清水さん、ほか作品を展示してくださったCrystal Cocoさん、お疲れさまでした!
そしてご来場くださった皆さま、気にかけてくださった皆さま。ありがとうございました。

【ホトリ写真塾・masa*photo】 フィルムカメラレッスン 1/18(土)開催のお知らせ

filmcamera
1129.13

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
毎回好評をいただいている「masa*photo lesson」のフィルムカメラレッスン。
次回は2020年1月18日(土)の開催が決定しました。
今まで10回以上開催している人気のこのレッスン。フィルムカメラに興味がある皆さま、ぜひご参加くださいね。
どんな様子だったか、直近のレポートもご覧ください!

2019年2月4日(月)開催のレポートはこちらから>>>
2019年4月12日(金)開催のレポートはこちらから>>>
2019年9月6日(金)開催のレポートはこちらから>>>

IMG_3551

0911.30911.2
0911.10
1129.5

過去に開催したレポートは以下をご覧ください。

2017年8月開催時のレポートはこちら
2017年12月開催のレポートはこちら
2018年2月開催のレポートはこちら
2018年4月開催のレポートはこちら
2018年9月開催のレポートはこちら
2019年2月開催のレポートはこちら
2019年4月開催のレポートはこちら
2019年9月開催のレポートはこちら

・最近フィルムカメラを買ってみたものの、いまいち使い方がわからない
・絞りとシャッタースピードの関係、実はあまりわかっていない
・露出って?フィルムカメラではどうやればいいの?
フルマニュアル中判フィルムカメラでも撮れるようになりたい!

などなど、最近フィルムカメラデビューした人も、前から撮ってるけど実はいまいちわかっていない人も参加OK!
午前の部はmasa*さんが担当し、フィルムカメラの撮り方を実践でレクチャー。
午後は、わたくしホトリ室長saorinによる、フィルムカメラのはじめて物語のトークイベント&撮影した写真プリントの見せ合い会という、1DAYで撮って、プリントも見れて、ついでにフィルム写真の成り立ちまで聞けちゃう、盛りだくさんレッスンです!
ぜひ、ご参加くださいね!

午前の部の講師、masa*さんは、スタイリングレッスンなどの時にはデジタルを使っていますが、作品撮りにはハッセルブラッドやContax Ariaなど、中判・35mm両方のフィルムカメラを使っていて、とても素敵な作品を撮られています。(以下、すべてホトリでのフィルムカメラレッスンで撮った写真だそうです)

masafilmnew02masafilmnew01
masafilmnew04 masafilmnew05 masafilmnew06

ありそうでなかった、ホトリ写真塾のフィルムカメラレッスン。ぜひ、学びに来てくださいね!
カメラをまだお持ちでない方は、35mmフィルムカメラ(Contax Ariaほか)の貸出もあります!※先着3名まで

ことりっぷ・WEBサイトのフィルムカメラの特集「フィルムカメラことはじめ」で、ホトリも紹介していただきました。

【ホトリ写真塾・masa*photo】フィルムカメラレッスン 1/18(土)

◆日時:2020年1月18日(土)10時半~15時頃まで(昼食休憩あり:約4時間半)
◆参加費:カメラの種類で異なります。
35mmフィルムカメラの方・・・・8,500円(ネガフィルム現像代・プリント代4枚込)
ブローニーフィルムカメラの方・・・・7,500円(ネガ現像・プリントなし)
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:お持ちのフィルムカメラとカラーネガフィルム1本(35mmの場合は24枚もしくは27枚撮りにしてください。またISO400のネガフィルムでお願いします。ホトリでフィルムをご用意する場合は800円追加料金をいただきます。フィルムはFUJIスペリア プレミアム400 27枚の予定です。)
◆定員:6名残2(フィルムカメラ貸出し残1)
◆お申込み方法:  メールまたはLINEでお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルもしくは1行目を「フィルムカメラレッスン申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・カメラの種類(まだお持ちでない方は、カメラなしと回答ください)
※写ルンですやPENハーフカメラなど、露出を変えられないフィルムカメラは対象外です。また、貸出しカメラは複数人で廻して使っていただく場合もあります。
ご自身でカメラを用意する方は、動作確認を行ってからの参加をお願いします。

masa_profile

講師:masa*
雑貨スタイリスト、テーブルフォト教室講師 masa*photoサイト

文化女子短期大学生活造形学科卒。
全国チェーンの雑貨店にて、店長やエリアマネージャーを経験。
仕事をしながら学んでいた写真やテーブルフォトのスタイリングを活かして活動するために独立。
2015年より、雑貨スタイリスト・テーブルフォト写真教室をスタート。
アンティークな雰囲気の渋可愛いスタイリングが得意。

【妄想畔小屋】スナック畔 山ごはんの回&山へ行こうワークショップ 12/13(金)・12/14(土)

snackyamamain

2019年12月8日(日)~18日(水)に開催する妄想畔小屋 vol.1 燕岳編。
会期中開催する、山ごはん&山へ行こうワークショップ同時開催の、スナック畔イベントのお知らせです。

snackyama01

前半は、ちょっとお勉強タイムの「山へ行こうワークショップ」。
最初は、スナック畔のsaorinママがいつもどのように山行計画を立てているか、具体的にレクチャーする、山へ行こうワークショップからスタートです。
実際に使っているコース計画や天気アプリなど、実践的なお話をします。
(※内容は初心者向けとなりますのでご了承ください)

snackyama02
snackyama04 snackyama03

後半は、燕岳の写真を見ながら「スナック畔・山ごはんの回」。
saorinママがいつも山で食べている鉄板メニュー・ソーセージラーメンと、軽くて優秀なアルミ飯ごう・メスティンで炊くごはんメニューを試食していただきます。
バーナーで調理する山ごはんデモンストレーションをぜひ体験してください。

※前半のみ・後半のみの参加でもOKですが、参加費は一律2,000円頂戴します。

スナック畔 山ごはんの回&山へ行こうワークショップ 12/13(金)・12/14(土)

◆日時:2019年12月13日(金)/12月14日(土)19時~21時(※要予約
※12/4追記 12月14日(土)満席
◆参加費:2,000円(ワンドリンク+saorinママの山ごはん試食付)
※ソフトドリンクお代わり自由
※ワンドリンク以降のアルコールお代わりはワンオーダーにつき500円もしくは+1,000円で飲み放題
※前半のみ・後半のみの参加でもOKですが、参加費は一律2,000円頂戴します

◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆【ドリンクメニュー】
ビール、ワイン(赤・白)、チューハイ、ソフトドリンク(お茶、オレンジジュース)※変更の可能性もあります
◆持ち物:特にありませんが、暖かくしてお越しください。

◆お申込み方法: メールまたはLINEでお申し込みください。メールの場合はタイトル、LINEの場合は1行目に「山ごはんの回参加希望」とご記入ください

メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名(複数でお申し込みの場合、お連れ様の氏名、メールアドレスをお知らせください)
・携帯連絡先
・参加希望日(12/13(金)or 12/14(土))

ねこティブ3 11/16(土)・17(日)レポート

1118.1

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
この週末は、今回4回目となるほっこりイベント「ねこティブ3」が開催されました!
ホトリがインスタフォロワー11万人の大人気ハチワレ猫ちゃん・kikiちゃんをメインモチーフに、ハートフルなイラストとグッズでホトリがほっこり空間に早変わり^^
さっそくレポートいたします。

1118.2

今回の目玉は、この巨大キキ様ぬいぐるみ!
抱っこして写真が撮れちゃうんですよー。

1118.3

顔がすっぽり隠れる大きさ(笑)
キキ様の代名詞、バンニャイポーズ!

1118.4

オープンと同時に続々とお客さまがいらっしゃいました。

1118.5

kikibekakoさんのハートウォーミングなイラストがたくさんです。

1118.6 1118.7 1118.8

見ているだけでなんだか癒されますね~

1118.9 1118.10

キキ様グッズも絶好調!
バンニャイポストカードはあるだけとのこと!

1118.11

ポチ袋に、

1118.12

小銭入れ、手ぬぐい、カレンダーなどキキ様グッズ勢ぞろいです。

1118.13

ポストカードをホトリでレンタルした額に。
素敵ですね~

1118.14

今回、ホトリで所有する額をレンタルいたしました!
ホトリで展示を予定している方はレンタル可能です。詳しくはこちら>>>

1118.15 1118.16

kikibekakoさんのお母様による素敵なお花も会場を彩りました。

1118.17

ゆるくてかわいい羊毛フェルトぬいぐるみに、

1118.18

今回令和初の展示ということで、昭和を振り返るコーナーも(笑)
お菓子のおまけだそうですが、同じ世代にとっては懐かしい~

1118.19 1118.20

入口の感想コメントポスターです!

1118.21

今回もとても素敵な展示となりました。
kikibekakoさん、ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった皆さま、ありがとうございました。

【ホトリ写真塾】自家製写真本を作る!完全マスターレッスン (全3回)第6期 2019年12月スタート火曜コース・水曜夜コース・土曜コース

selfbookallmainnodate
selfbookmain

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
写真企画室ホトリ室長saorinがノウハウ丸ごとお伝えする「自家製写真本を作る!完全マスターレッスン」12月スタート・第6期を本日より募集スタートいたします。
以下の3つの曜日のコースを予定しています。
今回、初の試みとなる水曜夜コースを設けました!(※夜のコースのみ最少催行人数2名とします)
お仕事帰りに受講が可能です。

火曜コース 12/17・1/21・2/18
土曜コース 12/14・1/11・2/15
水曜夜コース 12/18・1/22・2/19

気軽なphoto zineから本格写真集まで、本気で自家製写真本作りをマスターしたい人のためのレッスンです!

12月スタート火曜コース1回目(12/11)レポートはこちらから>>>
12月スタート火曜コース2回目(1/8)レポートはこちらから>>>
12月スタート火曜コース3回目(2/5)レポートはこちらから>>>

selfbookmain01
selfbookmain04 selfbookmain03
paper01

1回目は、写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」について。
2回目は、名付けて「製本ノック!」具体的な製本方法をレクチャー。
3回目は、プリント用のデータを作る実践テクニックについて、お伝えします。

講師であるわたくしsaorinのプロフィールと、全3回の具体的な内容詳細は募集概要・下部をご覧ください。

この全3回修了後、オプションコースとして本気の1冊を作る自由レッスンを設ける予定です。

【ホトリ写真塾】自家製写真本を作る!完全マスターレッスン(全3回)第6期

◆日時:2019年12月スタート火曜コース/水曜夜コース/土曜コースをご用意しました。(※水曜夜コースは最少催行人数2名とします)

火曜コース 12/17・1/21・2/18
土曜コース 12/14・1/11・2/15
水曜夜コース 12/18・1/22・2/19

【火曜コース】
(1)12月17日(火)10時半~13時
(2)1月21日(火)10時半~16時(昼食休憩あり)
(3)2月18日(火)10時半~13時

【水曜夜コース】
(1)12月18日(水)19時~21時半
(2)1月22日(水)19時~22時半
(3)2月19日(水)19時~21時半

【土曜コース】
(1)12月14日(土)10時半~13時
(2)1月11日(土)10時半~16時
(3)2月15日(土)10時半~13時

◆全3回の内容(各回の詳細イメージは募集記事下部をご覧ください)
・1回目:「編集のコツ教えます・zine作りにトライ!」
写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」についてレクチャー。
気軽なzine作りにトライしてもらいます。
(完成zineのお渡しは2回目もしくは3回目となります)

・2回目:「製本ノック!」
自分の写真を表紙に仕立てた計3種類(和綴じ、洋装くるみ、アコーディオン)の製本を一気に仕上げます。具体的な製本方法を学んでもらいます。
※2回目のみ、午前スタートのコースは昼食休憩を挟みます。

・3回目:「プリント用のデータを作る!実践テクニックとプリントについて」
自家製の写真の本を作るためのデータ作りとプリンター、紙についての知識をマスターしてもらいます。

◆参加費:全3回 税込25,000円(お申込みから1週間以内に一括で振込していただきます。振込手数料はご負担下さい。入金先は申込み返信でお知らせします。今回からキャンセルポリシーを設けさせていただきます。(詳細以下)
◆定員:4名
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:筆記用具、初回はzineに仕上げたいL版プリント写真を20~30枚持参(デジタル・フィルム問わず。データではなくプリントでお持ちください)
◆お申込み方法: メールかLINEでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

タイトルを「自家製写真本レッスン申し込み」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。

・氏名
・携帯連絡先
・希望コース(火曜コース or 水曜夜コース or 土曜コース)いずれか

※原則としてお休みされても振替はありません。
※同様の教室の指導をされている方の受講はご遠慮ください。

※自宅のプリンターで自家製写真本を作るには、ということに焦点を当てているレッスンですので、スマホのみの受講はおすすめしません。またある程度のパソコンの知識が必要です。

【キャンセルポリシーについて】
入金後レッスンをキャンセルされた場合の返金率は以下の通りです。

2か月前まで:100%
1か月前まで:50%
2週間前まで:25%

2週間を切った場合は返金いたしません。

・1回目:「編集のコツ教えます・zine作りにトライ!」
zine04 selfbookmain05 zine03

前半はプロジェクターを使用し、写真の組み方、レイアウトの理論を網羅する「編集のコツ」についてレクチャーします。
後半、持参してもらったL判写真(20~30枚)を具体的に組んで、気軽なzine作りにトライしてもらいます。(初回はzineに仕上げたいL版写真を20~30枚持参してもらいます)

・2回目:「製本ノック!」
booksall

自分の写真を表紙に仕立てた計3種類(和綴じ、洋装くるみ、アコーディオン)の製本を1日で一気に仕上げます。具体的な製本方法を学んでもらいます。夜のコースは手順を簡略化したショートバージョンとなります。
※3種類とも、ご自身の写真を表紙に仕上げますので、事前に写真データをお送りいただきます。また、製本方法を習得してもらう回なので、くるみ豆本と和綴じの中身は白紙となります。

mamehon02

洋装くるみ製本の豆本。
手のひらに乗るくらいのかわいらしいサイズです。3種類の中で最も難易度が高い製本方法です。

watoji01

和綴じ本。
ご要望が多い製本方法です。

watoji02

芳名帳などにも使えます。

accordion

アコーディオンアルバム。
写真を保管できるアコーディオンタイプの製本です。

・3回目:「プリント用のデータを作る!実践テクニックとプリントについて」
paper01

ここでは、自家製の写真の本を作るためのデータ作りとプリンター、紙についての知識をマスターしてもらいます。
プリンターで出力する、写真集に適した用紙サンプルを数十種類ご用意しています。

講師はわたくし、写真企画室ホトリ室長・saorinです。

saorin-torico

講師:saorin(写真企画室ホトリ室長)

浅草橋の写真アトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」を主宰。
“写真を形あるものに残そう”をテーマに、写真雑貨制作やワークショップ開催し、また自身のギャラリーでも公募展を企画するなど、様々な写真イベントの企画活動を行っている。
「写真を楽しむ133のネタ帖」「写真でつくる雑貨」「フォトブックレシピ」(雷鳥社)「たいせつなものを撮ろう、残そう」(MdN出版)など5冊の著書がある。
写真家・川野恭子氏との合作「When an apple fell, the God died」がSteidl Book Award Japan 2016 ロングリストノミネート。

皆さまのお申込み、お待ちしています!

写真展「When pigs fly」by HiRaKu 開催のお知らせ 12/30(月)~1/3(金)

hirakuDM4C

HiRaKuさんによる写真展「When pigs fly」が年末年始に5日間開催されます。
会期中、トークショーも3回行う予定だそうです!(日時が確定次第追記します)
新しい年を迎えるその時に、ぜひご覧ください。

—————————————-

When pigs flyとは

ありえない、不可能だ、といった

意味があるそうです。

そんなこと言われたら、

​やってみたくなる

写真展「When pigs fly」by HiRaKu  12/30(月)~1/3(金)

◆会期:2019年12月30日(月)~2020年1月3日(金)13:00~19:00
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/526364897923902/
WEB:https://nokuraberi.wixsite.com/exhibition2019