【アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ】水切り和綴じ芳名帳

watojinote01
watojinote02
watojinote04


「水切り」と呼ばれる手法で、手漉き和紙ならではの耳(=フチの部分)を作り、アワガミ和紙にプリントした写真を表紙に仕立ててB5サイズの芳名ノートを作ります。
ご自身の写真を使った和綴じの芳名ノート、写真展の芳名帳として使ったり、自由なメモ帳に使ったりと用途は色々。
一度覚えればマスターできますので、家でも作ることができますよ!


アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

写真の御朱印帳作り
ポストカード和綴じブック作り
水張り&水切りパネル作り
・水切り和綴じ芳名帳(このページ)
A4和綴じ写真集

【アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ】 水切り和綴じ芳名帳

◆日時:6月14日(月)~20日(日)13:00~19:00(制作時間約60分、来場時間自由、最終スタート17時/最終日20日(日)のみ16時最終スタート)
※注1:複数作品を制作したい場合はさらに来場時間を早めていただく必要があります。
◆参加費:各 4,500円
◆定員:1時間ごと2名まで
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら

◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「和紙のワークショップ 水切り和綴じ芳名帳作り」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて>
※和綴じ芳名帳の表紙用に、事前に写真を1枚お送りいただきます。(〆切・・・来場日の3日前まで)

※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。
※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

watojinote03
watojinote05
watojinote06
watojinote07

綴じる糸は、何種類かから選べるようにします。

ぜひお申し込みくださいね!お待ちしています。

【畔商店】ホトリオーダーTシャツ、注文受付中です!

orderfotoriTalltitlenew

ホトリオリジナルのコットンTシャツ、夏に向けて絶賛注文受付中です!

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨年リニューアルした、ホトリオリジナルのコットンTシャツ。オーダー販売受付中のこちらに、等高線柄デザインが仲間入りしました!
オーダーはこちら>>>

ベースには、コットン100%の5.6オンス ハイクオリティー Tシャツを採用。
着心地や素材感にこだわった上質なTシャツを探している人のための1枚です。
Tシャツ選びの重要なポイントとなる「よれない」「透けない」「長持ちする」という3大要素をすべて兼ね備えています。

リニューアルしたホトリTシャツは、ベースのTシャツは3色から、プリント柄はホトリカメラ・ホトリバス・ホトリ山・mt.souvenir等高線柄(NEW!)の4柄から、インクの色はなんと19色の中から、お好きな組み合わせでオーダーできます!

そして今まで販売していた旧ホトリTシャツは、あるだけ在庫処分!
今ならセールで1,500円とお値打ちです!
サイズとカラーの好みが合えばラッキー!
セール旧ホトリTシャツのお買い物はこちらから>>>

◆◆◆ホトリオーダーTシャツ詳細◆◆◆

【カラー&デザイン】

以下の中からお好きな組み合わせでオーダーできます!

Tシャツベースカラー・・・バニラホワイト/ミックスグレー/インディゴネイビー
インクカラー・・・19色(下記パレット画像参照)
プリント柄・・・ホトリカメラ/ホトリバス/ホトリ山/mt.souvenir等高線柄

toukouT-blog

Tシャツベースカラー/ミックスグレー
インクカラー/ブラック
プリント柄/mt.souvenir等高線柄 NEW!

2021年4月、山のおみやげクリエイターとしても活動中のsaorinのブランド「mt.souvenir」の等高線柄デザインが仲間入りしました!

fotoriTvanila

Tシャツベースカラー/バニラホワイト
インクカラー/ブラック
プリント柄/ホトリカメラ

fotoriTgray

Tシャツベースカラー/ミックスグレー
インクカラー/スカイブルー
プリント柄/ホトリバス

fotoriTindigonagy

Tシャツベースカラー/インディゴネイビー
インクカラー/ホットピンク
プリント柄/ホトリ山

EPSON MFP image
ホトリ店頭でこのパレット実物を見られます。モニター上では若干色が違って見えることがあります。またTシャツに実際に刷ってみると印象が変わる場合がある旨ご了承ください。濃いベースに薄いインクの色は目立ちません。

toukouT03-blog
mt.souvenir等高線柄アップ

busUPホトリバス柄アップ

cameraUPホトリカメラ柄アップ

yamaUPホトリ山柄Uアップ

※1枚1枚、シルクスクリーンでオリジナルデザインをプリントしています。
手刷りのため、若干のにじみ、かすれ、また印刷の位置のずれなどが生じます。シルクスクリーンの特徴としてご理解ください。

【サイズ】160cm(XS相当)/S/M/L(※XXL以上のサイズをご希望の場合は料金が変わります)
iconsize iconall

【素材】
綿 100% セミコーマ糸
アッシュ: 綿98%、ポリエステル 2%
オートミール: 綿 99%、ポリエステル1%
ミックスグレー: 綿 90%、ポリエステル 10%

ホトリTシャツオーダーフォーム(ホトリ店頭受注会用)
https://forms.gle/D1TPDhURDV3hnDLL8

【アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ】 水張り&水切りパネル作り

panel01

アワガミワークショップでも人気のパネル作り。ぜひお好きな写真で作ってみてください。

11051013.7

こちらは水張りパネル。側面まで巻き込まれているのがポイントです。

panel02

こちらは水切りパネル。色和紙を水張りし、水切りと呼ばれる縁の毛羽を出すやり方で仕立てます。

どちらか一つでも、両方共でもOKです!

サイズは、水張りパネルはA5サイズ、水切りパネルはA4サイズです。


アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

写真の御朱印帳作り
ポストカード和綴じブック作り
・水張り&水切りパネル作り(このページ)
水切り和綴じ芳名帳
A4和綴じ写真集

【アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ】 水張り&水切りパネル作り

◆日時:6月14日(月)~20日(日)13:00~19:00(制作時間約60分、来場時間自由、最終スタート17時/最終日20日(日)のみ16時最終スタート)
※注1:複数作品を制作したい場合はさらに来場時間を早めていただく必要があります。
◆参加費:各 4,000円
◆定員:1時間ごと2名まで
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら

◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「和紙のワークショップ 水張り&水切りパネル」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真をお送りいただきます。(〆切・・・来場日の3日前まで)
水張りパネルの場合は1枚、水切りパネルの場合は希望の写真数(2枚まで)

※水張りパネルには、前面に出る部分と側面部分でちょうど写真がおさまるようにA4サイズで余白をつけてプリントします。
写真のアスペクト比によっては上下左右がトリミングされます。
被写体が端に来ていると、パネルにした時に側面部分に配置されてしまいます。
側面を白くレイアウトすることも可能です。

mizuhari_sokumen
側面を白くレイアウトした例

※ 若干ですが色が沈みます。
色の再現域が光沢紙に比べ狭いので、モノクロの階調を際立たせたい写真には向きません。
暗い部分はモニターで見ているよりもつぶれる可能性があります。

0725.13
1031.30
0725.7

角はこのようにきれいに処理します。
水張りという方法を使った、家庭でお手軽にできるDIYパネル。
ぜひ和紙で作ってみませんか?

panel03
panel04
panel05

水切りパネルは、実はカラー和紙を水張りしてから、さらに水切りをした和紙を貼りこんでいるので、二つのやり方を一度に学べちゃいます!
皆さまのご応募、お待ちしています。

【アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ】 ポストカード和綴じブック作り

0120ws2


IMG_3069

お気に入りの写真10枚を、日本古来の和綴じでまとめます

根強い人気の和綴じブック。ポストカードサイズの和紙を10枚、好きな和紙の表紙と糸で綴じましょう!
タイトルと作家名も入れられますよ。
※3番目の写真は、違うサイズの和綴じも含まれています。

タイトルをトレーシングペーパーに入れるので、最初の写真が透けてとても素敵に仕上がります。

アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

写真の御朱印帳作り
・ポストカード和綴じブック作り(このページ)
水張り&水切りパネル作り
水切り和綴じ芳名帳
A4和綴じ写真集

【アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ】 ポストカード和綴じブック作り

◆日時:6月13日(日)~20日(日)14:00~19:00(制作時間約60分、来場時間自由、最終スタート17時/最終日20日(日)のみ16時最終スタート)
◆定員:1時間ごと2名まで
◆参加費:4,500円
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら

◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「ポストカード和綴じブック作り」とした上で、
以下の項目のご記入をお願いします。。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真を10枚お送りいただきます。
(〆切・・・ワークショップ3日前まで)

データを送る際、写真集のタイトルと作家名も合わせてお知らせください。
(※なければその旨お知らせください)

※可能であれば、写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、
圧縮ファイル一つにまとめて以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。

※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

1103.17
0910.2

中はもちろん、アワガミさんの和紙でご用意いたします!
和綴じ用フォトブックの写真10枚は、事前にお送りくださいね。

0910.3

もちろん、材料も色々選べるようにご用意します。
色んな綴じ糸と、

0910.4

表紙の和紙も、何種類かから選べるようにします。

ぜひお申し込みくださいね!お待ちしています。

【アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ】A4サイズ和綴じ写真集

murmur01

本格的な和綴じ写真集を、アワガミ和紙で作りましょう!

A4サイズの和綴じ写真集が、写真の残しかた教室に登場します!
今まで、ポストカードやL版サイズの和綴じフォトブックの回は何度か開催していますが、サイズが小さいため、どちらかというと少し雑貨のイメージが強かった和綴じ本。
今回ご紹介するワークショップで作る作品は、中身にアワガミ用紙(竹和紙)のA4サイズを20枚使用した、 本格的な和綴じ写真集です。
事前に、中身の写真20枚と、表紙の写真をお送りいただき、当日和綴じ製本の技法を学びつつ世界でたった1冊だけの写真集に仕上げます。(見開きではなく、片ページの仕上がりとなります)

和風な写真が似合うのかな?と思いがちですが、意外にポップな写真でもはまるのが和綴じ&和紙のよいところ。
綴じ糸も色々ご用意しますので、色のセレクトによっては、スタイリッシュな雰囲気に仕上がりますよ!

本格的な写真集を作りたい方、ぜひご参加くださいね。お待ちしています!

awagami2019award01

こちらは2018年のアワガミ公募展でホトリ賞を受賞した方の副賞の写真集。
表紙のデザインはホトリにお任せいただきます。

2020年のアワガミ公募展「旅の記憶」でのホトリ賞です。

murmur03

サンプルの写真集は、麻の葉綴じという綴じ方ですが、シンプルな六つ目綴じで制作します。

murmur04

最初にタイトルと作家名の扉ページを、

murmur10

最後にはタイトルと作家名を入れた簡単な奥付と呼ばれるページも入れます。
希望者はここにキャプション文も挿入可能です。

murmur05

中身の用紙は、竹和紙を使用します。
計20枚です。

murmur06
murmur07
murmur08

表紙は同じ竹和紙ですが、厚めの用紙を採用します。

murmur09

アワガミ公募展開催日の期間中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!
複数内容を連続受講も可能
です。


アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ開催予定内容:まとめページはこちらをご覧ください>>>

写真の御朱印帳作り
ポストカード和綴じブック作り
水張り&水切りパネル作り
水切り和綴じ芳名帳
・A4和綴じ写真集(このページ)

【アワガミ公募展2021・和紙のワークショップ】A4サイズ和綴じ写真集

◆日時:6月14日(月)~20日(日)13:00~19:00(制作時間約90分、来場時間自由、最終スタート17時/最終日20日(日)のみ16時最終スタート)
◆定員:1時間ごと2名まで
◆参加費:12,000円
◆場所:写真企画室ホトリ (〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら

◆お申込み方法:メールかLINE、もしくは予約フォームからお申込みください。

・予約フォームhttps://reserva.be/fotori 各ワークショップタイトル横の予約ボタンをクリックすると、ご希望の日程を指定できます。
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加

メールの場合はタイトルを、LINEの場合は1行目を「A4サイズ和綴じ写真集」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。。
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・携帯連絡先
・参加希望日と時間
・他にも制作したい作品がありましたら、まとめてご記入ください

<ご持参いただくデータ・事前にお送りいただくデータについて>
ワークショップをスムーズに進行するために、事前に写真を20枚お送りいただきます。(〆切・・・ワークショップ7日前まで)

※データを送る際、写真集のタイトルと作家名も合わせてお知らせください。(※なければその旨お知らせください)

※写真はなるべく1枚1枚送るのではなく、一つのフォルダに入れ、圧縮ファイル一つにまとめて以下の写真データ送信サービスを使用してお送りください。
どうしてもわからない場合は、いくつかに分けてメールに添付して送ってOKです。

firestrage(※1ファイル250MBまで。受け取り期限を制限なしに設定してください)
http://firestorage.jp/

※なるべく大きなサイズの写真をお送りください。

※光沢紙に比べると、暗い部分の再現性が少し劣ります。暗めの写真は色がつぶれる可能性もあります。

※個別に、時間もばらばらにお教えするので、作業を少しお待ちいただくこともあります。

4月のイベント予定・営業カレンダー

posted in: 営業日のお知らせ | 0

04desk

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
桜があっという間に咲き、気温もぐんぐん上がってきて、春まっさかりという感じになってきましたね。先日家の近所でつくしを見かけ、ますます春の訪れを強く実感しました^^

さて、4月の展示イベントスケジュールをお伝えします。
4月も、3月より再会した写真の残しかたワークショップや自家製写真本レッスンなど、教室・レッスン関係を開催します。
現在募集中のワークショップ・レッスンはこちらから>>>

4月は、ホトリ室長saorinの趣味全開の山写真イベント「妄想畔小屋 vol.3」が開催されます!また、同会期に写真の残しかたワークショップも開催いたします。

<2021年4月のホトリオープン日&ワークショップ>

4月のホトリ写真塾・写真の残しかたワークショップ詳細&スケジュールはこちらをご覧ください>>>

4月17日(土)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00
4月18日(日)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00
4月19日(月)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00
4月20日(火)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00
4月21日(水)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00
4月22日(木)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00
4月23日(金)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00
4月24日(土)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00
4月25日(日)妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編 13:00〜19:00

<4月のホトリ写真塾レッスン&公募展イベント>

◆4/17(土)~4/25(日)
妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編
アワガミ公募展4C_original
もし写真企画室ホトリが山小屋だったら・・・
山好きホトリ室長saorinのそんな妄想から生まれた、山写真イベント。
第3回目の山は、水芭蕉の花が♪咲いている♪の歌でおなじみの尾瀬!

小屋番saorinだけでなく、山好きみんなが参加する尾瀬の写真展.、山のおみやげクリエイターとして活動をスタートしたsaorinのブランド「mt.souvenir」オリジナルの山グッズマーケットなど、今回も写真展&物販メインでオープンします。
人気ULブランドFREELIGHTのミニ展示も予定しています。
山に登る人も、登らない人も、これから始めたい人も。
ぜひ山ワールド全開のホトリに遊びに来てください。

◆写真の残し方ワークショップ・自家製写真本レッスン(3・4月自由開催)3・4alltext会期中、お好きな日時に、お好きな内容のワークショップを受けられます!複数内容を連続受講も可能です。※山の写真でなくても参加できます

フォトキャンドル
透けないアクリルパネル
半透明アクリルパネル
木のアートパネル

詳細はこちら>>>

【ホトリ写真塾・masa*photo】 スタイリングテク&撮影レッスン(全3回)styling_image IMG_3823

ホトリ写真塾・masa*photo lessonの人気講座「スタイリングテク&撮影レッスン」2021年4月スタート、金曜コース(4/23・5/21・6/18)&土曜コース(4/24・5/22・6/19)です。残席わずかです!

・商品撮影をしたいけど、どうすれば素敵な雰囲気になるのか知りたい方
・自分で被写体を並べて撮っているけど、いまいち素敵な雰囲気にならない方
・masaさんのアンティークな雰囲気や色合いのもの、ちょっと渋可愛いスタイリングをしっかり学びたい方

主に室内で、雑貨などのかわいい小物、スイーツ、お花、料理などをすてきに撮りたい! と思っている人におすすめのレッスンです!

 

第七回アワガミ公募展「自然の恵み」6/13(日)~20(日) 開催のお知らせ ※出展者募集!

アワガミ公募展4C_original

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
ホトリ公募展としては毎年恒例の、第七回アワガミ公募展「自然の恵み」出展者募集のお知らせです。

今年で七回目となるアワガミ公募展。テーマは自然の恵みです!
ご自身で制作した作品はもちろん、データをお送りいただき、ホトリで作品制作も請け負いOK。遠方からの参加も可能です!
また、アワガミ賞、ホトリ賞も設定!受賞者には賞品をご用意しています。(ホトリ賞・和綴じ写真集についての詳細はこちら>>>)

太陽、水、風、土、森、海、山・・・
私たちは自然の恵みの恩恵を受けながら暮らしています。
この地球上であなたが目にした自然の恵みを、ぬくもりのある和紙・アワガミで表現してください。

今回ご用意するのは5つのコース。C~Eコースは出展料に額装・制作費が含まれます。
(※今回のアワガミ公募展以降、ホトリ公募展の出展料の改定を行っています。ご了承ください)

Aコース・・・出展者制作作品・自由設営/6,000円 残枠2
Bコース・・・出展者制作作品・一点委託設営/6,000円
Cコース・・・出展者制作・額レンタルコース/8,000円
Dコース・・・ホトリ制作作品:A4サイズの木製パネル/10,000円
Eコース・・・ホトリ制作作品:A5サイズの水張りパネル/9,000円

詳細は以下の通りです。
皆さまのご応募、お待ちしています!

皆さまの積極的なご参加、お待ちしています!参加要件は以下をご確認ください。

awagami logo
「ホトリ アワガミ公募展用」と注文の際に伝えると、出力料で15%引き、紙代で20%サービス!

第七回アワガミ公募展「自然の恵み」

◆会期:2021年6月13日(日)~20日(日) 13:00~19:00 (会期中無休/最終日は18時終了
◆会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-10 詳しいアクセスはこちら
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)
http://fotori.net

<参加要件>
・アワガミファクトリーの和紙を使用し、かつ自然の恵みがメイン被写体の写真作品であること。
・人物が写っていても可としますが、主役は自然の恵みが感じられる被写体にしてください。
・撮影地は国内、国外問いません。
・カラー、モノクロ、フィルム、デジタルは問いません。
・展示経験の有無は問いません。どなたでもご参加いただけます。遠方からの参加も可。
・作品下には作家名、タイトル、使用したアワガミ用紙(任意)のプレートも合わせて展示いたします。感想ノート、ポートフォリオブックの設置可能。

<展示作品>
(A)(B)(C)(D)(E)のいずれかでお申し込みください。
※1(A)のみ出展者が直接設営、(B)~(E)はホトリが設営
※2  複数コース、複数口の参加も可能(※Aコースは複数口申込み不可
※3(C)コースのプリントは2021年6月6日(日)までに間に合うようにお送りください。(こちらの畔印刷所でプリントも承ります>>>
※4(D)(E)はホトリ制作請負のため、データをお送りいただきます

11051013.7 tenji_panel_process4
左:(E)の水張りパネル  右:(D)の木製パネル

(A)出展者制作コース (7枠先着順)/6,000円 残枠3
・・・幅90cm以内で自由設営 ※ただし初日2021年6月13日(日)10時からスタートの搬入で直接設営することが条件です。※搬入は6/13のみ。前日搬入もできません。
7名限定


(B)出展者制作コース/6,000円

・・・長辺60cm以内(額含む)のサイズで釘打ちでの設営が可能な作品(裏側に紐やフックなど釘をひっかけられる状態になっていればOK)

(C)額レンタルコース(10枠先着順、写真はA4サイズのみ)/8,000円
・・・ホトリ所有の額(すべてIKEA製・LOMVIKENを黒くペイント済)を貸出ししてこちらで額装します。写真のプリントだけ郵送していただき、額装はホトリで行います。マットの裏側からマスキングテープでマットに固定しますのでご了承願います。
→(こちらの畔印刷所でプリントも承ります>>>

Cコースのプリントは事前・もしくは会期中に申告いただき、梱包費・送料500円の追加料金お支払でクリックポスト便での返送が可能です。前もって返送を希望される場合は、出展料を8,500円お支払いください。

LOMVIKEN1
LOMVIKENは細め金属フレームのシリーズです。フレーム幅1cm。
もともとシルバーだった色をつや消しブラックにペイント済。

(D)ホトリ制作コース/10,000円(データをお送りいただきます)
・・・A4サイズ(約30×21cm)の木製パネルにアワガミ竹和紙(もしくは楮 厚口白)にプリントした写真を貼り、側面をテープで貼った作品
tenji_panel_process42
プリント、パネル制作作業は全てホトリで行います。プリント用紙は竹和紙または楮厚口白の用紙を予定しています。

(E)ホトリ制作コース/9,000円(データをお送りいただきます)
・・・A5サイズ(約21×14.8cm)の木製パネルにアワガミ楮 厚口白にプリントした写真を水張りした作品の水張りパネル(データをお送りいただきます)
※(E)の水張り木製パネルにさらに詳細についてはこちらをご参考ください
11051013.7
プリント、パネル制作作業は全てホトリで行います。プリント用紙は竹和紙または楮厚口白の用紙を予定しています。
基本側面巻き込みありで制作しますが、写真によっては側面白の方がよい場合があり

※展示作品(A)(B)でお申込みの場合、アワガミ出力サービスにてプリント注文される方に朗報!
「ホトリ アワガミ公募展用」と注文の際に伝えると、出力料で15%引き、紙代で20%サービスを提供いただくことになりました!アワガミさん、ありがとうございますー!
また、こちらの畔印刷所でも簡易プリント承ります!

<参加費>
(A)6,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)残枠2
(B)6,000円(税込、ギャラリー使用料、DM1人あたり20枚含む)
(C)8,000円(税込、ギャラリー使用料、額レンタル・額装費、DM1人あたり20枚含む)
(D)10,000円(税込、ギャラリー使用料、パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)
(E)9,000円(税込、ギャラリー使用料、パネル作品制作・材料費、DM1人あたり20枚含む)

<注意事項>
※参加費はホトリ店頭でのお支払か、指定の口座にお振込みいただきます。お申し込み後お知らせいたします。
※展示スペースについては先着順で受付いたします。1階が展示可能作品数に達した場合、それ以降は壁・床・天井ともに黒い中2階での展示となります。
※展示レイアウトが意にそぐわない場合もございます。二段組みの展示になる場合もあります。

<応募〆切>
2021年5月9日(日) ・・・DMに作家名が載る〆切です(※DM発送は5月中旬頃となります)
2021年6月6日(日)・・・出展最終〆切です(※D・Eコースは5/31(日)〆切)

<搬入・搬出について>
○持ち込み搬入:ホトリのオープン日(ワークショップ日も含む)にお持ちください。(直近の持ち込み可能な日にちは申し込み時にアナウンスします)

○郵送搬入:6月10日(木)14~16時元払い必着にてお送りください。
※事前郵送はできません。
※B~Eコースの設営はすべてこちらで行います。

○搬出日・・・6月20日(日)18時
来場し搬出される方は、18時までにお越しください。
当日都合が悪い方、また遠方からのご参加の方の作品は着払いにて郵送いたします。

<お申込み>
メールかLINE、または予約フォームのいずれかからお申し込みください。
※スペースの確定ができないため、どのコースも申込みコース・口数が確定してからお申し込みください。

・予約フォームhttps://forms.gle/fUZwymm9EpSvnM2u9
・メールアドレス:info@fotori.net
・ホトリLINEID  @xvi0027l

メールは件名、LINEの場合は1行目を「アワガミ公募展申込み」とした上でお申し込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
ホトリLINEID  @xvi0027l
友だち追加
ワークショップの申し込みや質問などいただく場合は、初回だけ氏名をフルネームをお知らせください。

・氏名
・展示作家名(任意)
・郵便番号
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・展示作品(A or B or C or D or E、点数)
・搬入方法(持ち込みor郵送)
・搬出方法(来場or郵送)

ホトリ公募展「オールドレンズ・オーケストラ #1」 レポート

0315.0

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
昨日、ホトリ初となるオールドレンズの公募展「オールドレンズ・オーケストラ #1」、略してオレオ展の全会期が終了いたしました。
さっそくレポートいたします。

0315.01 0315.1 0315.2

このオレオ展のタイトルロゴ、オーケストラというタイトルの言葉に合わせて五線譜でデザインしました。
かわいい、と言ってくださったお客さまもいて、うれしかったです^^
ちなみに余談ですが、この五線譜、「distracted_musician」という名前のフォントなんです!

distractedmusician
distracted musician

0315.3 0315.4 0315.5 0315.6

では、各出展者の作品をご紹介していきます。
出展者名とタイトルに加え、今回のオレオ展は使用レンズとカメラも合わせて記載しています。

0315.7

Otaru
Emi Ootaka
Ai Nikkor 50mm F1.4 / OLYMPUS OM-D E-M1

0315.8

Wave of Wings
solakazov
Industar 50-2 50mm F3.5 / FUJIFILM X-E2

0315.9

春のまどろみ
うらりん
Primoplan 75mm F1.9  /  FUJIFILM X-T4

0315.10

The secret garden
saorin
Helios 44-2 58mm F2.0  /  SONY α7Ⅱ

0315.11

SPRING
akane
Konica Hexanon AR 57mm F1.2 AE  /  SONY α7Ⅲ

0315.12

燦燦
中村 羽
New Nikkor 135mm F2.8 / Nikon D750

0315.13

スローライフ
とも
Illuminar 25mm  F1.4 / OLYMPUS PEN-F

0315.14

Claire
erico
Canon FL 50mm F1.4 / SONY α7Ⅱ

0315.15

ゆらめく
Yukari.Tera
Minolta MC Rokkor-PF 58mm F1.4 / OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ

0315.16

Crossing
石澤 寛
Schneider-Kreuznach Xenar 37.5mm F2.8(for ROBOT)  / SONY α7Ⅱ

0315.17

おさななじみ
spiral
Carl Zeiss Tessar 80mm F2.8 / Canon EOS Kiss III (銀塩フィルム Kodak C200)

0315.18

crumbling into the dark
tomohan
Carl Zeiss Jena Prakticar 35mm F2.4 / FUJIFILM X-T2

0315.19

事実は小説より奇なり
ろびこ
P.Angenieux 50mm F1.5(プロジェクターレンズ)/ OLYMPUS OM-D E-M5 Mark Ⅱ

0315.20

光のリズム
くるりん
Pentacon Domiplan 50mm  F2.8 / OLYMPUS OM-D E-M 1 Mark Ⅱ

0315.21

舞う、春の精霊
うらりん
Domiron 50mm F2 / FUJIFILM X-T4

0315.22

モノローグ〜読めない心〜
ソメっち@somemayu0922
Jupiter8 / OLYMPUS OM-D  E-M10Ⅱ

0315.23

藍に咲く
さつき@may
NiCa-ArtLens.Ver1(CanonとNIKONの前玉を入れ替えた改造レンズ)SONY α7Ⅲ

0315.24

スケッチ
moritani kazusuke
Mamiya-Sekor E 35mm f2.8 / SONY ‪α‬7Ⅲ

0315.25

春のカノン
菓子 京子
Cyclop 85mm F1.5 他 / OLYMPUS OM-D E-M5 Mark Ⅲ 他

0315.26

残像
中耶 莉佐
SuperTakumar 50mm F1.4 / PENTAX ESⅡ

0315.27

水と…
みゆき
Minolta MC Rokkor-PF 58mm F1.4 / OLYMPUS OM-D E-M1

0315.28

写真家は喜び 路地裏を駆け回る。
hide
Helios-103 53mm F1.8他 / SONY α7S

0315.29

One night with her
あかり@akari._u
Angenieux Paris F.90 1:1.8 / SONY α7Ⅲ

0315.30

Slow Lapse
竹生 陽介
PENTAX Supertakumar 55mm F1.8 / SONY α7Ⅲ

0315.31

大志
新関 晃弘
Ai Nikkor 50mm F1.4 / Nikon D610

0315.32

展示されていたブックの数が、いつもの公募展より多かった気がします!
とても見ごたえがありました。

0315.33 0315.34

最終日の前日土曜日、東京はどしゃ降り。。。
悪天候の中ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございます。

0315.35

雨降りですが、オレオ展会場は出展者同士の交流でにぎやかでした!
出展もしてくださったspiralさんは、オールドレンズのブログ「M42 Mount Spiral」のブロガーさんです!改めてみると本当に情報量がすごい。。勉強になります。

0315.36

最終日は搬出の関係で出展者が多く集まり、大変にぎわいました。

0315.37

時々外に出ないと密に(笑)

0315.38

出展者の所有カメラ&レンズが大集合!
オレオ展のDMも一緒に、カメラ&レンズの集合写真を。

0315.39

そして、オレオ展終了後、撤収の前に出展者の集合写真を撮りました。
本当にたくさんの皆さまにご参加いただき、うれしい限りです。

「オールドレンズ・オーケストラ」企画誕生のきっかけは、2020年秋にホトリで開催されたロッコール展「円か」というロッコールレンズ縛りのグループ展でした。

実はわたくしホトリ室長saorin、オールドレンズの公募展を企画・開催しておきながら、レンズについてははっきり言って全然詳しくなく(いや、カメラもか笑)ロッコールレンズの良さももちろん知らなかったのですが・・・
何よりもロッコール展が始まってからの出展者の皆さまや、来場されるお客さまのレンズ愛が半端ない!!!
ロッコール展会期中、交わされる会話の8割はほとんど聞き取れない外国語のような感じでしたが(笑)とにかくレンズに対する皆さまの熱い情熱を感じ取り、「そうか、ホトリでもオールドレンズの公募展をやればいいんだ!」という思い付きに至ったのでした(笑)

公募展のタイトルを考えるとき、単純に「オールドレンズ展」などそのままストレートすぎるとつまらないのでひとひねり考えるのですが、一人脳内会議中ふっと「オーケストラ」という言葉が下りてきました。
きっと色んなレンズを楽しんでいる人がいて、それぞれ楽器(=レンズ)で奏でる音(=写真)も違うけれど、皆が合わさると壮大なオーケストラになりそうだなあ、と。
そして、オレオ展はまさにその通りの公募展になりました。

改めて、出展者やお客さまのオールドレンズ愛をひしひしと感じ、また来年も開催したい!と決意した所存です。
出展者の皆さま、ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった方、ほかたくさんの皆さま。
ありがとうございました。

誕生したばかりのオレオ展。第2回目以降も開催するという決意を込めて(笑)今回「#1」と付けています。「#2」も、また来年のこの時期に開催出来たらと思っております。

【妄想畔小屋】ホトリ山Tシャツ、期間限定オーダー会!

posted in: 04.妄想畔小屋 | 0

2021/3/2追記:等高線柄の新デザインも仲間入りの予定です!

yama_white01_image
yamaT_all

ホトリオリジナルの山Tシャツ、妄想畔小屋イベント会期中限定でオーダー会を行います!

こんにちは。ホトリ室長saorinです。
好評いただいているホトリオリジナル山Tシャツ。妄想畔小屋イベント会期中限定でオーダー会を行います!

ベースはホワイト、ブラック、グレーの3色。
現在販売している山Tシャツはボーダーカラーと山プリントカラーが決まっていますが、その色の組み合わせを自由にオーダーできます!!

お値段は、3,500円(税込+送料370円)です。(※既存の山Tシャツは3,000円)
妄想畔小屋会期中、ホトリ店頭でのみ受付いたします。
ご来場の上、お声がけくださいね。

black_03white_skyblue

Tシャツベース ブラック
ボーダー スカイブルー
ホトリ山 ホワイト

white_02yellow_skyblue

Tシャツベース ホワイト
ボーダー イエロー
ホトリ山 アクアブルー

EPSON MFP image

全部で19色あるインクから、好きな組み合わせでプリントできます。

※ボーダーとホトリ山の色の組み合わせによっては柄が目立たなくなるなど、イメージ通りにいかない可能性もあることをご了承の上、オーダーください。

◆◆◆ホトリ山Tシャツ詳細◆◆◆

yama_black_image

ポリエステル100%でありながらコットンのような見た目と肌触りを実現。
一般的なポリエステル生地特有の光沢感をあえて抑え、コットンが持つ毛羽立ち感のある風合いを楽しんでいただけ、さらにポリエステル100%の機能性はそのままといううれしい一枚に。
吸水速乾性に優れたドライ機能+UVカット機能といったポリエステルの機能性とコットンの毛羽立ち感を掛け合わせた理想の生地です。

※1枚1枚、シルクスクリーンでオリジナルデザインをプリントしています。
手刷りのため、若干のにじみ、かすれ、また印刷の位置のずれなどが生じます。シルクスクリーンの特徴としてご理解ください。

yama_icon

【サイズ】XS/S/M/Lyama_size

【素材】
ポリエステル 100% VORTEX®糸 天竺
※「VOLTEX®」を使用した高品質生地×「ノンブリード」

高級糸「VORTEX®(ボルテックス)」を使用することで、従来品(5600-01)の悩みであった毛玉を解消。毛羽が少なく、クリアーな外観を維持することができます。
VORTEX®とは、村田機械社製の特殊な紡績方法によって作られた短繊維糸のことで、「水を吸いやすい」「毛羽が少ない」といった特長を備えています。
また、染色の工程を見直すことで実現した「ノンブリード生地」を採用。プリント加工がきれいで簡単に施せる理想の生地です。

※ホワイト生地に一工夫。
納得のクオリティーへ

ホワイトカラーの生地のみ、生地目付を12%程度厚くすることによって、透け防止効果をUPさせています。直接着用することも多いTシャツだけに、透け感が軽減されるのは理想と言える生地。
女性も安心して着用することができます。

【カラー&デザイン】
Tシャツのベースカラーはブラック・ホワイト・ネイビーの全3色。
プリント柄はホトリ山です。お好きなカラーをお選びくださいね。

※妄想畔小屋のイベント時は、ボーダーとホトリ山のプリントカラーを好きに選べるオーダーを限定で開催予定です!

ブラック

yamaT_black
yamaT_blackUP

ホワイト

yamaT_white
yamaT_whiteUP

ネイビー(※ボーダーのピンクカラーの変更予定あり)

yamaT_navy
yamaT_navyUP

ホトリ山Tシャツオーダーフォーム

【妄想畔小屋】ドレスコード&ノベルティプレゼント

posted in: 04.妄想畔小屋 | 0

dresscord01 dresscord04
1219.331219.31

妄想畔小屋ドレスコードプレゼント&ノベルティプレゼント!

2021年4月17日(土)~25日(日)に開催する妄想畔小屋 vol.3 尾瀬編。
ドレスコードは当然登山ウェアです!(笑) ※自称含む(笑)

sticker04mt.souvenirpostcard

実際にウェアで来場してくれた方に、ホトリの防水ステッカーまたは、mt.souvenirオリジナルポストカードをプレゼントいたします。
耐水性・耐光性に優れた、屋外での使用もできるステッカーです!
ポストカードは白馬岳稜線上にある小蓮華岳の花の写真。誰かに贈っても、そのままぜひ飾ってOKです。

mtsouvenirtape01
onigiri-all

また、会期中3,000円以上お買いあげの方に、小屋番である山のおみやげクリエイターsaorinのブランド、mt.souvenirオリジナルおにぎり山缶バッジか、mt.souvenirオリジナルマスキングテープをプレゼント!

※なくなり次第終了します。
※小屋番saorinのドレスコードは毎日ではありません(笑)

sticker01

sticker03

sticker04