ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.4 」レポート

0127.1

こんばんは。ホトリ室長saorinです。
昨日をもって終了した、ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.4」のレポートをお届けします。

0127.2 0127.3
0127.4

DMと一緒に。

0127.5

特に初日と最終日は、たくさんの人にご来場いただきました。

では、出展者一人ずつ作品をご紹介していきます。

0127.6

「fragments art」
saorin

私の作品です。
数年前に訪れた、長崎の廃墟の島・池島で撮った、何かの欠片と刷毛。
打ち捨てられたごみ同然のものですが、どこか美しさを感じて撮りました。

0127.7

「Skin and Bone」
フルヤ マモル

0127.8
「最後まで美しく」
Ruby

0127.9

masa*

0127.10

「時の重なり」
草野 美加

0127.11

「猫錆」
とにゃまま

0127.12

「白昼夢」
Terumin

0127.13

「往年の勇者」
大高 江美

0127.14

「戦争の記憶」
金子 美香

0127.15

「クチル」
hide

0127.16

「朽ちる。朽ちれば。朽ちる時。」
金子 明美

0127.17

タガワ アユコ

0127.18

ブックも。
見ごたえ充分でした!

0127.19

展示とは直接関係ないのですが、ホトリの物販コーナーも。
今年から、物販に力を入れていきます!

0127.20 0127.21 0127.22

最終日は人口密度がすごかったです。

0127.23

最後の2時間は、出展者によるギャラリートークイベントを開催しました!

0127.25

作品を撮影した時のシチュエーションや気持ちなど、出展者から直接話を聞けるのは貴重な機会ですね。

0127.26

差し入れのイチゴ。ごちそうさまでした!

0127.27

いっつも出展者の集合写真を撮り忘れていたのですが、今回は思い出した!!
謎のすしざんまいポーズでパチリ。
出展者の皆さま、本当にありがとうございます!

0127.28

錆と廃墟展も、もう今年で4回目となります。なんだか感慨深いですね。
もともと私が朽ちてゆく錆、廃墟が好きで(とはいえ、そんなにしょっちゅう撮り歩いているわけではないですが)始めた公募展ですが、根強いファンがいて、出展してくださる皆さまもいて。
企画を立てた本人としてはうれしい限りです。
また来年も、同じ時期に開催出来たらと思っています。

ご来場くださった皆さま、出展者の皆さま、気にかけてくださった方、ありがとうございました。


コメントは受け付けていません。