【肖像写真館】 暗室でフォトグラム体験 5/31(日)

photogram_1

壁も床も天井も真っ黒にペイントしたホトリの中2階をご存知ですか?
時には写真を展示し、時には映像作品を流し、時には本屋さんに様変わりし・・・。
「ホトリで一番好きなのは中2階!」という方も実はちらほらいるくらい、マニアックな魅力あふれる(?)空間です。
そのホトリ中2階が1日限定で暗室に変身!フォトグラム体験ワークショップを行います。

※フォトグラムとは、カメラを用いずに、印画紙の上に直接物を置いて感光させるなどの方法により
制作された写真作品のこと。

↑はわたくしホトリ室長saorinが、先日Nadarにお邪魔して作ってもらったサンプル作品。
あらかじめ写真データをデジタルネガフィルムにして、印画紙に乗せて焼いてもらいました。
いわゆる密着焼き、ベタ焼きですね。
それに、フォトグラムらしくお花を乗せてみたり、OHPにプリントした素材フィルムを乗せたりして
ホトリでのワークショップ作品らしく仕上げました!
デジタルでのコラージュとあまり大差はないのでは?と私自身も心配でしたが、そこはやはり暗室プリント。
1枚1枚微妙に表情が異なるので、やはりおもしろいです!

photogram_11

これは元々の写真。

photogram_2

ドヤ顔の林さんによる指導が仰げます(笑)

あなたの写真を、暗室フォトグラムでしか生まれえない1枚に仕上げてみませんか?
サンプル制作の詳細は、ワークショップ概要の下部も合わせてご覧くださいね!
皆さまのお申込み、お待ちしてます。

ナダール林の肖像写真館
「暗室でフォトグラム体験」 5/31(土)

◆日時:5月31日(日)14時~17時(30分区切り、1枠につき2名まで)
◆参加費:1,500円(2L1枚)+フィルム出力代500円(※物を乗せるだけのフォトグラム体験の場合、1,500円のみお支払いいただきます)
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10 アクセス詳細はこちら
◆持ち物:フォトグラムで乗せたい雑貨
◆お申込み方法: メールでお申込みください。
メールアドレス:info@fotori.net
タイトルを「暗室でフォトグラム体験 5/31(日)」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先
・希望時間帯 (1)~(6)のいずれかを第2希望までお知らせください。
(1)14:00~14:30
(2)14:30~15:00
(3)15:00~15:30
(4)15:30~16:00
(5)16:00~16:30
(6)16:30~17:00

※ご自身の写真で制作希望の方は、長辺が3,000px以上の写真データをメールでお送りいただきます。

photogram_3

林和美写真画廊にお邪魔し、フォトグラム体験をさせていただきました!
私もワークショップ当日は白衣でのぞみます!

photogram_5

用意したOHPネガフィルムと素材。
皆さんの場合も、お送りいただく写真データをモノクロにしてから明暗を反転させ、ピクトリコさんの
デジタルネガフィルムに出力します。

photogram_4

定着液に浸し中のプリント。

photogram_6

乾燥機にかけて出てきたプリント。すごい!
あ、ホトリにはもちろんこの装置はないので、ドライヤーで乾かします、あしからず・・・

photogram_7

素材を置いた箇所が、白く抜けていますね。
この素材は透明なOHP用紙に、文字が黒くなるようにプリントしたため、黒い文字部分は感光せずに
白いままとなりました。

photogram_8

第2回戦。スクラップブッキング用の透明なミニフィルム素材と、お花を置いてみました。

photogram_9

おお!フィルムとお花の部分だけが白く抜けました!
こんな感じで、アイディア次第で色んな作品が生まれます。

photogram_10

ちなみに、こちらは印画紙の上にコップやフォークを乗せた、ザ・フォトグラムな作品たち。
同じフォークでも、プラスチック素材だと若干光を通すようですね。

いかがでしたか?おもしろそうでしょ?
写真の原点に立ち返るフォトグラム。ぜひあなたの写真で体験してくださいね!

 

 

 


コメントは受け付けていません。