【ホトリ写真塾・野澤教室】 写真集について語る会 8/1(土)

0805.1

こんにちは。ホトリ室長のsaorinです。
先週行われた8月のホトリ写真塾・野澤教室の様子をお届けします。
今月は、恵比寿にある写真集食堂めぐたまさんにご協力いただき、写真集について語る会を実施しました。

0805.2

まずは、野澤先生の講義から。
2000年、つまり15年前に発行された雑誌『an・an』のGirly Photo特集に掲載されている、
写真評論家の飯沢耕太郎さんのインタビュー記事を題材に、写真というものの価値観について考えます。

0805.3

そして、皆さん各自めぐたまの本棚に納められている写真集を選びます。
たくさんありすぎてわからない!という悲鳴に近い声も多数聞こえます(笑)。

0805.4

一人一冊選び終わったところで、発表タイム。
「この本の被写体が気になる!」とか、「この写真家さんが好き」とか、「この写真集の装丁がすごいと思って」
などなど、最初この企画を生徒さんに伝えた時の反応「ええー、そんな言葉にするの難しそう・・・」
とは思えないほど、皆さんそれぞれ自身の言葉で写真集について話しました。

0805.5

木村伊兵衛賞を取った、川島小鳥さんの写真集『明星』。
この写真集、とにかく装丁がすごいですよね。

0805.7 0805.80805.6

皆さんそれぞれ、一人一人撮る写真が違うように、選ぶ写真集も違います。

0805.10

皆さん、一人一人が選んだ写真集がどういうものなのか、興味津々。

0805.11

そして先生が選んだのは、先生が助手を勤めていた写真家・奈良原一高の『静止した時間』。
今、ちょうど六本木のタカ・イシイギャラリーにて、この奈良原一高「静止した時間」の写真展開催中です。(今週末まで)

撮るということは、写真を会得するのに最たる行為ですが、やはりそれだけでは偏った考え方になりがちです。
野澤教室は、単純な撮影技術を学ぶ講座ではありません。写真という表現方法を多角的にとらえ、
考え、そして楽しむということが一番の目的ですので、今回の企画はなかなか勉強になったのではと思います。(自画自賛)

以下、皆さんが選んだ写真集リストです。

Kさん 川島小鳥 「明星」
Yさん 細江英公 「抱擁」
Hさん Ed Van Der Elsken 「love on the left bank」
Uさん  ハービー山口 「london」
Yさん 森山大道 「ハワイ」
Mさん 都築響一 「賃貸宇宙 下巻」
Fさん 佐治嘉隆 「時層の断片」
Tさん EDWARD S. CURTIS 「INDIAN」
Kさん 橋口譲二 「動物園」
Sさん 永禮賢 「birds of silence」
saorin 山内悠 「夜明け」/川内倫子 「うたたね」
野澤先生 奈良原一高 「ヨーロッパ静止した時間」

0805.12

そして、講座終了。給食(?)の時間です!
皆さん、写真集食堂めぐたまさんのランチを前にして、いただきまーす。

0805.13

ごちそうさまでした!

0805.14

ランチ終了後はめぐたまを後にし、プチ撮影会。
めぐたまから歩いて10分ほどのところにある神社をお散歩しました。

0805.15

その後渋谷に移動し、ファミレスで一休み~
生徒さんの一人がApple  Watchをつけていて(使ってる人初めて見た)野澤先生が食いついておりました(笑)。

8月の講座も、楽しく終了!

9月は、またまたsaorin担当の企画、「デジタルピンホールレンズを作って撮影してみよう」です。
野澤教室は、単なる撮影会だけでなく、色々楽しい写真の企画ができて私も楽しいです!

生徒の皆さま、野澤先生、来月もよろしくお願いします。


コメントは受け付けていません。